こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

説明能力が苦手な天才肌の人間

お世話になります。
よろしくお願い致します。
現在就職活動中の20代の男性です。

自分はどちらかと言うと天才肌の人間であると思います。
それなりに人からすごいねと言って頂けるような成功体験なものもいくつか持ち合わせているのですが、確かに後から整理してみるとしっかりと事業がセグメンテーションやマーケティングができていて分かりやすい成功例になっているものの、実際感覚的にやっている部分がほとんどで、説明能力というものが壊滅的に欠落しています。

例えば私は英語をそれなりに不自由なく話し、先日初めて受験したTOEICでも高得点と呼ばれるであろう900オーバーの点数を獲得することができたのですが、英語も感覚的に話している(もちろん参考書や単語帳は手垢で真っ黒になるくらい使い込んで勉強しましたが、言葉に直して覚えられない)ので、いざ人に仮定法を説明しろ、教えろと言われても全くできないというのが現状です。

そんな私なので、現在就職活動をしていても、どう頑張っても論理的な話し方というものがうまくできず非常に苦戦しています。頑張って論理的に話しているつもり(PDCAをまじえて)ですが、実務で同じように結果を出せと言われた場合に、順を追ってやれと言われてもできる自信がありません。
私のような先天的に説明や論理的な考え方の苦手な人間は説明能力は伸ばせば伸びるものなのでしょうか?
仮に伸ばすことができたとしても、その際に自分のセンスや勘のようなもの(動物的だとしばしば言われます)が落ちてしまわないか不安です。

また、将来部下などができて教える立場に立った時に自分がこんな性質で、部下を育てたりすることができるのだろうか?とも不安になります。
現在は営業職での就労を考えているのですが、私が一端の社会人、営業マンになるためには、どの部分を伸ばしてどの部分を伸ばせばいいのでしょうか?
社会人基礎力と呼ばれるようなチームワークや協調性、論理的思考能力が致命的に欠けているので、むしろ芸術家や漁師にでもなった方がいいのではないかと考えています。
こんな私に適正のありそうな職業も教えて頂けたら幸いです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-12-02 22:41:26

QNo.7167598

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

他の方と同じ趣向の回答をしてももはや質問者さんの参考にはならないと思いますので、あえて逆の新しい切り口にします。そそのかしたり褒め殺したりしない代わりに批判としては過剰になります。自信回復というご趣旨ではなさそうなので、苦言の方が分析の足しになると思うのです。
悪いように受け取らないでいただきたいです。お願いします。

国語カテですのでまずは言葉から始めますが、文章力というか日本語力はないと思いますよ(笑)TOEICで高得点を取ったり、英語日本語共に日常会話が達者だったりしても、その構文が論理的構文とは限りませんよね。タイトル「説明能力が苦手な天才肌の人間」は日本語として可笑しいでしょう。自己推薦文ならこの表題の国語力でアウトかもよ。

あなたに向いている仕事は、悪い例で言うと、詐欺師です。タイトルの非論理性に気がつかせない洗脳力があります。宗教産業の勧誘みたいです。
TOEICで何点取ったか知れたものではないのに自称天才肌のあなたの弁を前提に協力者が集ります。水商売や女たらしの適性があるかもしれません。面接官なら証拠持ってきてからにしろとなります。就職対策でTOEICを取ったとすれば芸術家肌とは言えません。他に箔をつけるような物がないのでしょうか。
天気予報の説得力は言葉遣いの物々しさに他ならないというような既出回答もありましたが、質問者さんの「セグメンテーションやマーケティング」がまさにそれです。その文の頭を「確かに」から始めているのが詐欺っぽいです。
世の中、目明き千人目暗千人ですので、営業の成否は相手次第にもなります。

>「参考書や単語帳は手垢で真っ黒になるくらい使い込んで勉強しましたが、言葉に直して覚えられない)ので、いざ人に仮定法を説明しろ、教えろと言われても全くできないというのが現状です。」
天才肌ではなくて短期集中型の努力者です。論理的に詰めていく作業よりも化粧するのが得意なのです。小手先で作家になれるかどうか。天才肌と自己紹介するあなたの文章にそういうだけの創造力を感じさせる箇所が一つもないのです。変な色気を出されて道を誤まるのは無駄なので、断定形にしますが、芸術関係者が惚れるような才能はないと思います。芸術家には創造力が必須です。ありますか。当座の偏見で極論すれば、あなたは高い論理力も創造力もなく、人並み外れてとても器用な方なのです。お客という素人を取り込む能力は平均以上にあると思います。が採用する組織側としては使えるかもしれないその器用さの前に、天才肌らしいそのイイ加減さにリスクを感じるでしょう。詐欺商会でもトラブルが一番困りますので。
>「チームワークや協調性、論理的思考能力が致命的に欠けているので、むしろ芸術家や漁師にでもなった方がいいのではないかと考えています。」
これは名文です。論理的思考能力が致命的に欠けている人が、もし「むしろ芸術家になるのが相応しいと考えています」と論理的に結論する作文をしたら、前提が偽りになります。漁師なんかはどうせチームワークや論理的思考がいらないからと言いたげな文はあなたの論理的思考力が致命的に欠けている前提と矛盾しません。漁師には一番要るんじゃないの?自然が相手ですので、サラリーマンみたいに世間を誤魔化せば飯が食えるという稼業じゃないです。真に受けて言えば、漁師の仕事そのものは実力勝負ですから厳しいですよね。英会話のように相手が人間ではありませんからTOEIC何点だろうが魚は一匹も振り向いてくれません。
質問者さんは直感的なんです。ずっと直感的に生活してきた人の論理力が自然に育つということはありません。論理力も語彙と同じで習慣の賜物です。いざとなると日頃の積み重ね、素性の勝負になります。
ただ、「説明能力がない」と自己批判なさる点は冷静で、あなたが正直で貪欲だからでしょう。
>「仮定法を説明しろ」
と質問されたらネイティブでも困ります。

質問者さんは根が真面目な人のように感じました。地味でも努力しながら自分の腕を磨けるような仕事が宜しいのではありませんかね。巧みな会話で派手な稼業に変えることができるかもしれません。カリスマ美容師みたいに。
天才肌と言われる事もあるかもしれませんんが、それはたいてい組織型ではなく個人型の人の印象を与えるという事です。
文章を見ただけで言うのも軽薄ですが、質問者さんには小洒落た魅力がありますので、適正な仕事探しをするよりも、経験の方が後の人生にとって得になると思いますよ。英語会話の経験がない人ならば天才ですが、ある人だったからこそ、学習もスムーズにTOEICの楽勝を獲得できたのですよ。論理的にそう分析できませんかね。
良くも悪くも気の毒な事に、他人に対して、君はしっかりしているから、大丈夫だろうという印象を与えてしまうのです。既出回答を見てもそうですが、あなたは馬鹿にされにくいタイプなのです。有名無実であったとしても営業には必要な才能です。私に言わせれば、「説明能力が苦手」とおっしゃりながら最後は営業職を志望するという支離滅裂な強引さは(ギャグなのですが)、やはりご自身でもそう思われるだけのことはあって、あなたの総合力はきっと営業マンに向いていますよ。契約が全てですので。ただ漁師に営業力があっても得しますがね。芸術家肌なら営業即営業職の詰まらぬ発想をしないでしょう。また漁師にでもなろうかと言えば奇想天外というセンスは、安直だし陳腐ですね。ついでに言うと、「また、将来部下などができて教える立場に立った時に自分がこんな性質で、部下を育てたりすることができるのだろうか?とも不安になります。」は妄想型のギャグです。「こんな性質」などと科学的な文面に仕上げていますが、本質的に事実主義者ではなく主観論者でいらっしゃる。本当のあなたは客観的にはまったく違う性質のような気さえします。ですので何が足りないかなどと聞かれても分りませんよ。日々の生活全般において、習慣的に、思考の客観性を高められていく事です。まずは天才肌の否定でしょう。

以上、好き勝手を書きましたが、あなたの描かれたキャラクターにひかれるものがあったからです。ご健闘をお祈りします。

投稿日時 - 2011-12-04 09:00:46

お礼

鋭い分析とご回答をありがとうございました。
非常にためになるコメントで、何が足りないかという部分では新しい見識を得ることができたかな、と思います。

タイトルに関しては書き終わった後に文章表現として破綻しているということには気付いたのですが、
修正ができなかったためそのままになってしまいました。
自分も仮に試験管でこのタイトルで論文を書かれたらまず落とすと思います(笑)

>あなたに向いている仕事は、悪い例で言うと、詐欺師です。
このコメントはなかなか本質をついていらっしゃるなぁと感じました。
というのも私は比較的交友関係も広い方ではあるとのですが、対等の関係性である友人というものは非情に少ないと自分でも思います。
極端に言えば、『今から◯◯するから△△分後に××に来い(来て)』と呼び出して来る人間は多いと思いますし、”顔見知り”程度の社会人の先輩や何か特定分野で活躍されていらっしゃる方の数は多いと思いますが、対等な関係性で素直に”友人”と呼べる人の数は日本人で言えば10人以下であると感じます。
基本的に我儘で全て自分で決めたがるorもしくは無理なら全て相手にイニシアチブと執らせる関係性しかうまく相手との信頼を築けないような気がします。

>天才肌ではなくて短期集中型の努力者です。
この表現も腑に落ちるものでした。
英語も未経験から1年程度でこのレベルまで高めることができたため、周りから煽てられていい気になっていましたが、この1年の間は毎日人と話す以外はほぼ英語漬けの一日を過ごしていました。ただ、周りにそれを極端に見せないので『器用な人、しっかりしている人』という印象を抱かれがちな面もあると思います。
また、短期間で100点満点のテストで80点を取る能力は人よりは優れていると自覚していますが、80点から100点に詰めていくような作業は根本的に向いていないとも感じます。TOEICも自分の中では満足できましたし、これ以上やるのは自分の適性から考えても、生産性から考えても無駄だと思うのでやめて新しい言語を勉強し始めました。ただ、企業との面接などでこういう話をすると『注意力散漫』や『飽きっぽい』→社会人として不適格というようなレッテルを貼られる(事実ではあるのですが)ので非情に対応に困っています。

(補足ですがToeicのスコアを記したのは日本ではTOEICが英語力を計る分かりやすい評価であると考えられていると自分が感じていたため、具体的な点数を記せばイメージし易いかなと思ったからです。英語は外人とシェアハウスをして身につけたので、解くよりも話す方が得意ですが、就職活動で『英語話せます』と言っても『でもToeicのスコアないんでしょ?』という一言で一蹴されることがかなり多かったので一応日本での常識に従って書いてみました。)

>変な色気を出されて道を誤まるのは無駄なので、断定形にしますが、芸術関係者が惚れるような才能はないと思います。芸術家には創造力が必須です。ありますか。当座の偏見で極論すれば、あなたは高い論理力も創造力もなく、人並み外れてとても器用な方なのです。

自分でも芸術家的なセンスはないな、と感じます。ただ、芸術家や職人の方からお話を聴くことは好きですし、そういう方々に多い偉人や奇人との付き合いは苦にならない人間でお付き合いも多い方なので、そういう方々と一般の人々をつなげるお手伝いができたらいいなと思い、なんとなく営業を志望しました。(論理的に破綻しているような気がしますが、いつものことなので気になさらないで下さい。)

色々とご批判も頂きましたが、総合的には自分に対して好意(少なくとも悪くはない印象)を持って頂いているということは理解できました。指摘して頂いていた部分を真摯に受け止め、思考能力を伸ばしつつ愛嬌のあるキャラクターを活かして『顧客に最善のご提案をしつつ、最後はキャラ勝ちで物を買ってもらえるような愛される営業マン』を目指して頑張ろうと思います。
見ず知らずの私のために貴重なお時間を使って的確なコメントを頂けたことを嬉しく思います。
ありがといございました。

投稿日時 - 2011-12-06 20:27:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

詐欺師に馬鹿はなれません。
j秘書に「師」は学芸、技芸を教授する人と載っています。
詐欺師はワルサをする職業の中でも頭を使う仕事です。
医師・絵師・彫師・摺師も普通の人間ではできません。
こrwらは特殊な職業で5年やそこらの修行で一本立ちできません。
チョッと「師」という漢字の意味を考えればわかる筈だのに、小学生並の頭だと無理なのかなぁ。
それとハナシと文章が長く、論旨不明で論理がノタクリ回ってるのは「あほ」です(爆笑)。
質問者さんの場合はセールスマンが向いていると思います。

投稿日時 - 2011-12-08 11:37:45

ANo.12

一応国語カテですのでね。ナッチョリませんよ。
その専門において有能というだけなのに、賢い人にまでなるのは飛躍です。昔から賢いという意味はありません。単独の師と詐欺師の師は違う意味の師なのです。絵師・彫師・摺師を考えれば明らかです。漁師も師です。師がついたら賢いんですかね。数学の教師というのにも同じ解釈ができます。教師、それだけでは単独の師にはならないのです。師弟という熟語を思えば同じにはできません。そもそも馬鹿の対義語が師というのでは国語もいい加減です。師がつきゃ偉いは単純肌です。
詐欺師を数学の証明にたとえれば、途中の式に間違いがあるのに証明を終わりにしてしまう人です。馬鹿というのは天然の詐欺師みたいなものです。有能というよりも、嘘つき専門の人を、詐欺師というのです。単に嘘つきと言ったのでは恒常的な専門性を表現できていないからです。詐欺師とは嘘つき常習犯の別名です。果して賢い詐欺師がどこにいるのでしょうか。たいてい馬鹿がやっていると思いますが。それこそ詐欺師が賢く見えるというのは馬鹿の証明ですかね。
>「どんな仕事でも一から十までステップごとに説明できなければ、お金の取れるしごとにはなりません。」
なんても大間違いです。説明する能力は評論能力です。自分の仕事を説明できない匠の方が多いのです。
どの分野でも超一流の人は質問者さんのような直感型の人が大半です。説明できるレベルの仕事ではないのです。お金を取る人、つまりプロは、説明の巧拙よりも実現性です。教師も営業マンも説明力が求められますが、説明するのが目的の仕事ではありません。説明の勝負である、いわば説明師と呼べるプロはマスコミなどで解説業を専門にする人ぐらいです。数えるほどしかいません。

国語は論理性の要です。詐欺師の話は飛躍します。話の中の飛躍に気がつく人は騙されません。飛躍している張本人が脈絡をかたるのも詐欺の上塗り。セールスじゃなくて自動車の方の脈絡だろうに(嘆)不備は発言者の理解力です。
★金の恐ろしさよりも話が通じない方が恐ろしいですよ。
軽い冗談ならともかく天才肌とか自己欺瞞一般は論理的思考にとっての致命的障害になります。国語カテとしては言葉の意味を客観的に考える習慣が、説明力向上につながると思いました。
質問者さんのお話はお礼文を含めますと飛躍と思われる箇所はありません。やはり営業というのは、「付き合い」とも言い換えられるように対話を重積させてからの勝負になりますね。面接のような一発勝負とは似て非なる才能だったのですね。門前払いされたかどうかは営業力の真価を問うものではないのです。時間を取って接してみれば質問者さんの底力が感じられてきましたよ。本物はそういうものだと思います。本物は詐欺師になろう思えばいつでもなれるだけの専門的実力があるのですから、詐欺師の必要条件は満たしているのであって、観察者は受け取った情報量の少ない時点では本物を誤解することもあるでしょうね。
★結果主義とは言うものの、営業職は詐欺師のように虚実皮膜論にかぶれたらいけません。それは二流です。芸術よりも誠実です。
ただ馬鹿には嘘の方がもっともらしく感じる場合が多いんですね。その逆説こそが人類最大の敵です。世の中それで悪くなるのです。

(No.10のお礼文)
>「そういったイニシエーションを全て乗り越え、お金を超えた真のノブレス・オブリージュというものはどういうものなのか、というのは気になりますがまだ自分はその段階には達していないと感じているので、できることから始めていきたいです。」

面白いですね。カタカナが多いとインチキ臭く感じるのは私だけでしょうか。「お金を超えた真のノブレス・オブリージュ」はなかなか芸術家肌(天才肌)のご指摘です。金持ち(成金)の使命感の話じゃないんだよね。西洋の貴族が金持ちだっただけで。
思ったのですが天才肌というのはあんまり良い意味ではありませんよね。

(No.10のお礼文)
>「日本社会から大分浮いている人たちばかり」
沈んでいる人ばかり。
浮いているというと浮気な外れ方をしている感じですね。躁病的な。みんな明るいわけ。

(No.10のお礼文)
>「政治力などとか無縁な自分らしく無理のない範囲で成長ができるような組織で仕事をできる場所を探してみたいなと思います。」
成長と出世は異なります。成長の環境条件ですが、個人の中に広大な成長余地があると思います。

親が無類の本好きならば親(世代が上の親切者)にあなたの考えた文を直してもらうと勉強になりますよ。親子間でも勘違いには差があるから救われます。宗教的に画一化すると勘違いを指摘し合えなくなります。日本の組織はなぜか宗教的です。組織があなたの成長を阻む面が大きいです。組織に、教育を期待したり、判断を依存したりするのは間違いです。何かにつけて、組織や社会にすがる様な情けない発言「どうにかしてもらいたい」などの口癖を恥ずかしげもなく日本の有権者は正論だと思っています。間違いです。あなたのような天才肌が一億種類いたとしても全部芽をつまれます。日本人には生物多様性の心配をする資格がありません。大企業や行政というのはパターン化の賜物です。

(No.10のお礼文)
>「成金の人を見ていて周りはみんな金目当てに寄ってくるので自然と冷たくなりますし、孤独だなぁと感じます。」
その図式は変なドラマの影響でしょうか。成金は圧倒的に明るいです。それで自滅するんです。
あなたの意見になるほどそうだよねと同意する人が後で騙された詐欺だとならないように信頼関係が必要です。
ここ四、五年、どこもかしこも窓口の対応が慎重すぎて冷淡ですね。成金じゃなく慎重な組織が自然と冷たくなってきています。昭和の熱気はもう見られません。今は相手に不足して自転車まで管理社会に組み込もうとなにやら蠢動していますね。お役所依存性ノイローゼです。世の中、冷たいというか機械みたい。非常に馬鹿っぽいし、人間かと感じることもしばしば。そのうち質問者さんは天才肌ではなく生き残りとか記念物とか呼ばれるようになるかも。

投稿日時 - 2011-12-07 23:21:51

ANo.11

私は議論をするつもりはありませんが、私の言い分を勝手に取り上げ、またわざと間違えて取り上げるのは失礼で卑怯なやりかたですので、ここで一言申し上げておきます。
詐欺師の「師」は有能な人に付ける言葉です。
馬鹿の「馬」も「鹿」も動物です。
私は詐欺師を正当化したことは少しもありません。
ただ、馬鹿で思慮短絡な人間には詐欺師が勤まらないと申し上げているだけです。
古代よりそういうことにナッチョリます。

自動車の立派なセールマンは立派な営業マンです
>脈絡もなく自動車のセールスマンはどっから出てきたものか、可笑しいですね。
脈絡という言葉を師らない人の回答はなんだかおかしいですね。
長文を「熱い気持ち」で書くとこうなるんでしょうか(爆ッ)。
こんな人には「師」は付けられませんね(爆ッ)。

投稿日時 - 2011-12-07 07:57:03

お礼

ご回答ありがとうございました。
馬鹿には馬鹿なりの使い方があると思うので、その中で世の中にうまく貢献できる仕事を見つけられたらいいなと思います。
>古代よりそういうことにナッチョリます。
余談ではありますが、この表現はなかなか秀逸でいい響きをしていますね。
私もいつか使ってみようと思います。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-07 12:55:51

ANo.10

(No.6のお礼)ありがとうございます。
>「修正ができなかったためそのままになってしまいました。」
大変失礼を申しました。ケアレスですね(笑)あなたが宣伝した商品を購入したクレーマーぐらいに思って下さい(笑)
No.6のお礼の内容に対して反論する言葉はありません。説得力があります。クレーマーの期待に沿うには文量が要るということですね。ご説明ありがとうございました。決して鋭いわけではないただ遠慮の足りない私の回答をすべての質問者さんにご理解していただけると限りませんので今回は当たりです。

詐欺師を正当化して、罪のない被害者の方を動物とするのは失言ですから、少しも悪びれていない態度になります。騙されるお客を馬鹿にするのが詐欺師の始まりです。「師」ならではの自己欺瞞の露悪です。詐欺師という言葉に反応しただけ。
「師」だから「偉い」いう説明ではまったく字面馬鹿です。馬鹿が「詐欺師」をやっている実例です。
残念ながら反面教「師」です。余談ですが字面を言い出すと年というか脳が老化しているんです。ダジャレの得意なのも、同じ要領で、実は思考力のひずみなんです。ですのでお笑いや社交などの芸術方面ではいいのですがちゃんとした仕事を成し遂げようとする人は言葉遊びの巧みさなどを歓迎してはいけないのです。学者が言葉遊びをするのは自滅というか能力の限界を露呈しています。
脈絡もなく自動車のセールスマンはどっから出てきたものか、可笑しいですね。

現実的に商売人は売り手側しか知りようのない商品内容について好き勝手な事を言える立場にあるのですからお客を騙すのはわけないのです。どんなに賢いお客でも契約に臨んでは、セールスを信じるしかないのです。馬鹿でも人を騙すのは簡単というこの事実から、商取引は信用第一となります。後でバレるバレないの差は詐欺行為の成功に関係ありません。詐欺は金を取った時点で成功です。
詐欺師が己の詐欺能力を肯定したどころで詐欺師が馬鹿であることに変わりありません。
一方、利口な商売人は詐欺をせずに儲けられるのです。馬鹿はリスクを考えません。


(No.7のお礼)
>「直接お客さまの喜ぶ顔が見られる職業の方が自分には向いているかなぁと感じます。」
そのお気持ちがあればどんな商売をしても成功します。騙されたと思って信じてください。質問者さんは営業マンとしての適正があります。姿勢が何よりです。

(No.7のお礼)
>「ちなみにお金にそんなに固執しているわけでもないので、詐欺師にはなる予定はありません。」
あなたは簡単におっしゃいますが、世の中、それが出来ない人ばかりなのです。
すっかりあなたを殊勝な人物だと認識しているのですが私は天才肌的に人を見る能力がありますので、合格です。
採用にならなかった件については採用にならなかった方が良かったのです。騙してまでも儲けたくないなどという正義感は我が社に要らないという理由なのです。
>「そういう方々と一般の人々をつなげるお手伝いができたらいいなと思い、なんとなく営業を志望しました。」
その純粋な動機を詐欺外車に利用されては悲しいです。

お願いという形で申します。
できるだけ清潔な組織の一員に成られて下さい。あなたは自身の能力低下を心配されるよりもバカ共に人生を汚されないよう仲間を選ばれた方が最終的に誇らしい過去を手に入れられるでしょう。
>「対等な関係性で素直に”友人”と呼べる人の数は日本人で言えば10人以下であると感じます。」
まったくです。それは外人の方が個人として真剣に生きているからです。世間の日本人に任侠を見出せないのは今日に始まったことではありません。というか10メンもいますか(笑)
自己流で高得点を取ったTOEICしかり、専門家を頼らずに、あなたは独力で能力を高められる希少な人材です。あなたの能力向上にとって真面目な同僚の存在こそが一番良い環境だと思いました。どこに移植されようが、良い方向へ、自然と伸びてしまう天才肌なのだから。

>「ありがといございました。」
>「ありがといございました。」

長文を熱い気持ちで書くとついタイプをまちがいんです。
何をするにも心根が一番大事。お客も同僚も自分もみんな心根に救われます。
君にこれ以上伸ばすべきだという点はないよ。君みたいのはそうそういない。昔の自分よりも遥かに立派な若人に年の功のつもりで講釈ならべすぎるとこっちが恥ずかしくなるよ。外れでも当たりでもいいから人生経験を積んでみればいいよ。
経験の少ないあなたはいとも簡単に、老若男女をイチコロにするようね青年の主張をなさる(それをどこまで守れるか、やってみろ)

これからもっともっと魅力的人間に成長して行くのでしょうね。気分転換のお役にでも立ちましたら幸いです。

投稿日時 - 2011-12-07 04:00:12

お礼

ご回答ありがとうございます。

>現実的に商売人は売り手側しか知りようのない商品内容について好き勝手な事を言える立場にあるのですからお客を騙すのはわけないのです。どんなに賢いお客でも契約に臨んでは、セールスを信じるしかないのです。

セールスの心構えについて大事なことを学べたと感じました。
情報の非対称性はセールスがその商品にコアに関わっている以上、解消しようのないことではありますね。
だからこそ、お客さまに対して騙すことも親身になって常にお客さま目線のご提案をし、信頼を構築できるかも営業マン次第なのだな、と思います。
仮に雇用主である会社の利益と顧客の利益が二律背反になった場合にどちらを取ることができるのか、
単に法律に背かない範囲でなら設けるためには何をしても構わないと、商業主義に走るのではなく、その中で自分なりの哲学を貫き通すことができればと思います。

余談ではありますが、私の母はとある出版社の営業をしております。
無類の本好きが高じてそのまま出版社の営業となったわけですが、彼女は販促物以外にも他社の出版物でも自分が読んで面白いと思った本を好き勝手に書店さんにも薦めていると聞きました。書店側は彼女の推薦物が実際に結構売れるので彼女を信頼しているようで、そんな顧客の強い信頼を獲得している彼女を会社もなかなか勝手に切れないというのが現状のようです。
自分はこういう存在の母親を見て育ってきたので、営業というものの前提を世の中が考えるそれと大分勘違いして捉えている部分はありましたが、結局顧客と強い信頼関係さえ築きあげて結果を出すことができれば、自分の主張やエゴを突き通すことはある程度できるのだという信念は間違っていないのだと思います。(ただ、採用の面接でこんなこと言って受け入れてくれるような企業はまずないと思いますが(笑))

>あなたは簡単におっしゃいますが、世の中、それが出来ない人ばかりなのです。
>すっかりあなたを殊勝な人物だと認識しているのですが私は天才肌的に人を見る能力がありますので、合格です。

そう言って頂けて光栄です。というかそこまで言って頂けるとなんだか面映く感じます(笑)
お金に関しては全く欲しくないというわけではないですが、それが目的化してしまうのはつまらない人生だなぁと個人的には感じます。
またまた身内話で恐縮ですが、親族で”ゆかしメディア”に登録できるレベルの成金の方がいて、自分は親族なので限りなく援助などをして頂けることは素直に嬉しく思う反面、なぜこの無償の優しさを他人に振る舞うことができないのかな、と寂しく思うこともあります。
彼が北海道旅行に行った際に、飛行機の上から東北の震災後の瓦礫の山を見て興奮した様子でその破壊具合を語るのを見て、『自分はこうはなりたくないな』と強く思いました。(別に寄付をしたからと言って偉いわけでもありませんが、同じ日本人として無理のない範囲で彼らが抱えている重荷を共有したい、シェアできたらと考えるのが常識的な人間の考え方だと思います。)
結局お金というのは良くも悪くも自分の生活を一変させてしまう恐ろしい力のようなものを持っていて、適正に使いこなすことができれば人生を豊かにすることができるかもしれませんが、本人にお金を使いこなす能力や資格がなければ単に人生を狂わすだけの恐ろしい諸刃の剣のようなものだな、と思っています。
単純に、今の自分ではそれを使いこなす自信がないので、お金が欲しいとも思えないだけです。
そういったイニシエーションを全て乗り越え、お金を超えた真のノブレス・オブリージュというものはどういうものなのか、というのは気になりますがまだ自分はその段階には達していないと感じているので、できることから始めていきたいです。
成金の人を見ていて周りはみんな金目当てに寄ってくるので自然と冷たくなりますし、孤独だなぁと感じます。
まぁ良くも悪くも庶民的であるということでしょうか(笑)

こんな自分ですが、仲の良い友人は本当に限られた数ですが数人います。
社会的地位も人間的魅力も申し分ない、自分の言動に責任を持って生きている人たち(彼らもどちらかと言うと日本社会から大分浮いている人たちばかりですが)で、こういう立派な人たちと一緒に仕事ができたらいいなと思っています。
政治力などとか無縁な自分らしく無理のない範囲で成長ができるような組織で仕事をできる場所を探してみたいなと思います。

私もthegenus様からは多くの学びを頂くことができました。
後ほど質問歴をオープンにしておくので、定期的にご回答頂けましたら幸いです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-07 12:52:31

ANo.9

私は議論するつもりはありません。
前回の回答の補足として少しばかり申し述べます。
馬鹿に詐欺はできません。
用意周到な人が詐欺をするんです。
用意周到に馬鹿を騙して銭儲けする人が詐欺師です。
騙される人は「馬鹿」と言われます。
騙す人を「詐欺師」と言います。
一方には「師」がついていますが、もう一方は動物並の扱いです。
これでどっちがアホかわかるでしょう。
私は議論するつもりはありません(爆笑)。

投稿日時 - 2011-12-06 12:47:19

お礼

ご回答ありがとうございます。
馬鹿というのは相対的な尺度なので、騙される人が騙す人よりも馬鹿なのならば、
詐欺師が仮に回答者様から見て”馬鹿”でも騙す可能性はあるのではないかと思いました。
実際にオレオレ詐欺もそうですが、傍から見ると『なんでこんなのに騙されちゃうの?』と思うようなことでも結構騙されたりしています。
そのような人たちを動物並みと形容することも、善人と形容することも自由ですが、
例え動物並みの知能と言われても私は騙すくらいなら騙される方がまだマシだなと思います。

ちなみに詐欺師になる予定も興味もないのでこれ以上詐欺師の定義について議論は深めて頂かなくても結構ですよ(笑)
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-07 12:02:12

ANo.8

議論するつもりありませんが、私の回答の補足として。詐欺師の仕業は用意周到な作業じゃないんです。こうしたら簡単に引っ掛かる奴もいるだろうぐらいの軽いノリで機敏に実行するんです。機と人を見ているだけです。軽薄単純な仕事です。用意しなくても馬鹿を騙させるから詐欺師をするんです。用意周到な人は詐欺師にはなりません。論理的な人にとって論理的でなくても可能な、詐欺ほどつまらない仕事はありません。口先の上手い馬鹿が詐欺師になるんです。天気予報のようにもっともらしい権威的な口調を使ったり。間違いなく、詐欺師は、馬鹿がするんです。質問者さんが馬鹿という意味ではありませんよ。詐欺師の馬鹿より馬鹿なお客がたくさんいます。詐欺師には整合性のある理屈や長期的な現実性は要らないのです。それが短期的に実行可能かどうかなのです。会話や投稿のように。
機械を販売するセールスマンは、論理力(自分の論理)がない人には辛いと思います。文系理系は関係ありませんが理屈嫌い人に自動車セールスの適正はありません。お客にはなれます。お客には多いでしょう。質問者さんのように説明に慎重な人ではなく、自分の説明(思い込み)を過信している自己欺瞞気味の人(マニアックな人)が自動車セールスに向いています。割高の自動車を勧められるように技術の効用を誇大広告できる人です。もちろんトップセールスマンは理論屋よりも接客力の高い人だと思いますが。高額商品の販売は、財布の紐をいかに弛めやすくするかですからね。商品の実質や難点など、総合評価はどうでもいいのです。その意味で成績の良い営業マンは詐欺的なのです。

>「説明能力が苦手な天才肌の人間」
のような文は質問者さんが若い証拠です。一般的に、日本語力は年の人にはかないません。ただ競争社会では受験がそうであるように小さいケアレスミスではじかれます。人は余っているのですから。

芸術家や漁師の適正は限りなくゼロだと思います。

>「仮に伸ばすことができたとしても、その際に自分のセンスや勘のようなもの(動物的だとしばしば言われます)が落ちてしまわないか不安です。」

ナルシストです。だから詐欺的なのです。宗教の勧誘と同じで、世の中には断定的な弁を信じる人が腐るほどいます。宗教同様、末端におけるセールスの基本は論理力ではないんです。陶酔力です。天才肌というように。
もともとセンスや勘のある人ならば、むしろ論理的思考の配分を増やした方が、センスや勘の精度が高まります。客観的には、山勘は大して当たっていないのですよ。だから論理的に自己分析した方がセンスを修正できます。
傾向を掴んでいるのが勘です。TOEICもそうです。決断理由が抽象的であっても、等しく学習や思考の結果なのです。勘と論理を対峙させているようですが、本質的に比較してみれば、論理とは、断片的な文を並べているだけのことであって、その出発点や行間は勘に等しいのです。つまり厳密性の高いセンスの集合体です。ですから、結論に飛躍する勘の持ち主の質問者さんは繊細なセンスを連発できないとの見方もできます。非論理的思考、質問者さんの表現で言うセンスは粗いセンスです。

勘だけで仕事をさせてくれる組織はありません。世にも珍しい、あなたの才能を言い値で買ってくれる独裁的なボスに出会わなければ夢物語です。
論理力と説得力は違います。ピタリと的中の占い師にでもなりますか?質問者さんもお分かりのように組織的な仕事をする時は正しくなくても説得力のある事が重要です。組織の一員は、単独で決断実行できませんからね。その手続きを求められます。
あくまで勘で商売したいのならば労働者ではなく個人事業主になるしかありません。

>「動物的だとしばしば」
言われなくなった方がいいと思いますよ。それは褒め言葉ではありません。半分以上馬鹿にしています。私の詐欺師発言は完全な褒め言葉ですがね。スポーツ以外の分野では、世の中、何をやっても詐欺師にはかなわないんです。愚民相手ですから。

どこからそういう発想(言い訳)が出てきたものか、「センスが落ちる」とか言っている自分の問題点は、典型的な人生相談カテの質問になりますよね。それを認めたくないから国語カテになったのだと勘ぐられます。動物的に嫌かもしれませんがまずその執着に見られる幼稚性を克服されることです。質問者さんは、人並み以上に瞬間的な判断力をお持ちなのですから自分の本音もお分かりになるでしょう。難しい問題は何もなく、ご本人の性格が難しいんですよね。将来の部下の心配までなさらずに失敗しても適当に短期的でも経験を積まれた方が得ですよ。経験も論理的思考もないままで行くと、今でこそ受験などで発揮されたあなたのセンスや勘は、たぶんですが、まるで使い物にならない錯乱精神にまで劣化するような気がします。センスの安全のためにもセンス次第ではない仕事につかれた方が宜しいと思います。高学歴やマニュアル仕事などで、普通の人が摩滅しているのに、そうならない、タフなあなたのセンスは、大丈夫です。なるようになれで、別にチームワークとか気にしなくていいんですよ。個人のセンスで、人並みの結果を出せば。

投稿日時 - 2011-12-06 06:26:12

ANo.7

>社会人基礎力と呼ばれるようなチームワークや協調性、論理的思考能力が致命的に欠けているので、むしろ芸術家や漁師にでもなった方がいいのではないかと考えています。

よく自分のことがおわかりです。
詐欺師には全く不向きです。
用意周到な準備作業を要する仕事はできそうにありません。

自動車のセールスマンがよろしいでしょう。

投稿日時 - 2011-12-05 16:08:06

お礼

ご回答ありがとうございます。
ちなみにお金にそんなに固執しているわけでもないので、詐欺師にはなる予定はありません。
自動車のセールスマンもそうですが、直接お客さまの喜ぶ顔が見られる職業の方が自分には向いているかなぁと感じます。
ありがといございました。

投稿日時 - 2011-12-06 20:57:09

ANo.5

小説家の適性がありそうですよ。まずは芥川賞を目指しましょう。

投稿日時 - 2011-12-03 19:16:11

お礼

ご回答ありがとうございます。
常々短編小説のようなものを書いてみたいなぁとは思ってはいるものの、何から始めればいいかすら分からない上に、自分が敬愛する近現代小説家の偉人達の文章を見ていて、自分にはそれほどの文章力も才気もないだろうという状態で、なぁなぁでここ数年を過ごしています。
いつか行動に移せるといいのですが。。。こう言ってる時点でおそらく適性はないんだろうなぁなんて考えています(笑)
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-06 19:41:24

ANo.4

あなたの仕事ぶりは危なっかしくて非常に危険な状態です。
現在はうまく行っていても、いつかはアナポコに落ち込みます。
今後は着実に最終目標まで書きとめ、穴がないかどうか確認しなkればなりません。

最終的な答が直感的に見つかっても、それが正しいかどうかチェックできなければ、何にもなりません。

絵描きでもデッサンから始めます。
どんな仕事でも一から十までステップごとに説明できなければ、お金の取れるしごとにはなりません。 

投稿日時 - 2011-12-03 18:52:15

お礼

ご回答ありがとうございます。
危なっかしいながらも今まではそれなりにやれてきてしまったというのが現状であります。
直感+それを1から詰めていく能力を磨いて総合力を高めていけたらいいなと思います。

立川談志も言っていたように型に命が宿るから”かたち”になるのであって、最初から我流で全て通用する程ビジネスの世界は甘くはないですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-06 19:33:58

ANo.3

>こんな私に適正のありそうな職業も教えて頂けたら幸いです。
 
スティーヴ・ジョブズ的なイノヴェイター
隙間産業の起業家
職人
蜘蛛助

営業のお仕事はあまりお奨め出来ません。
一流は一流を見抜くといいます。
人生の金字塔を打ち立ててくださいね!
期待しています!

投稿日時 - 2011-12-03 17:11:59

お礼

ご回答ありがとうございます。

芸術家タイプや職人気質の方の知り合いは比較的多いのですが、
彼らを見ていて自分との共通点は見出すことはできるものの、そこまで自分は偏れないなぁとも感じます。
タクシードライバーはいいですね。
アジア系の言語を複数言語を話すので、そういう特技を活かして外国人向けのタクシードライバーなんかをやってみてもいいかなと思っています。
自分なりに折り合いをつけられる場所を頑張ってみつけたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-06 19:30:47

ANo.2

質問者さんは「右脳型」っぽいですね。

直観力などはイメージ脳・芸術脳などとも言われる右脳で、説明力や論理性などは、言語脳などとも言われる左脳です。
左脳(言語脳)を活発化させたからと言って、右脳が鈍ると言う様なモノではないですから、ご心配無く。
右左脳をバランス良く使えば良いだけです。

ただ、質問者さんのご質問文を拝見して、「言語脳が弱い」などとは全く感じません。
右脳とか左脳などと無関係に、理知的・知性的と感じますよ。
充分に右左脳も使役したと思われる文章です。

更に言いますと、知識は得やすいですが、「センス」はなかなか身に尽きません。
説明力や論理性は身についても、直観力などはなかなか身に付かないんですよ。

例えば、イチロー選手が100mの陸上競技をやれば、高校生の県大会記録くらいは軽く出すと思いますが、ボルト選手が野球をやった場合、恐らく高校野球のレギュラーにもなれないでしょ?

スポーツで言いますと、「体力はあるけどセンスは無い」は有りますが、「センスはあるけど体力が無い」って言うのは、ほとんど無いんです。
「有っても無意味」と言いますか・・・。

質問者さんが持ち合わる「センス」とは、このイチロー選手型のモノですから、「左脳がダメ」なんてコトは非常に考えにくいです。

質問者さんのセンスが、美術センスとか音楽センスなどならともかく、「TOEICでも高得点と呼ばれるであろう900オーバー」って言うのは、そもそも語学が左脳を駆使しますので、右脳のみが優れるとか、左脳が劣るなどと言う状況は、ほぼ全く有り得ないんですよ。

感覚的にでも「正解」が出せると言うコトは、知識・知恵はあるってコトです。
それにも関わらず、質問者さんは、「100m走は苦手」的に、単に苦手意識を持っているだけである可能性が高いと思います。

その証拠に、ご質問文は、むしろ「非常に」判り易い文章ですから、簡単に言っちゃうと、この文章を書いた様に話せば良いだけですよ。

相手に「判り易く説明する」と言うのは、最終的には、自分が相手と共通の認識が持てれば良いと言うコトですよね?
仮に相手が判らない・知らないコトを説明する場合は、相手の知っているであろう知識に置き換えて、説明することになります。

本来、直観力に優れている人は、ソレが得意なハズで、実際に直観力に優れる質問者さんも、ご質問文の中でもソレを駆使してますヨ。

具体的には「説明能力というものが壊滅的に欠落しています。」「例えば私は英語をそれなりに不自由なく話し・・」「手垢で真っ黒になるくらい・・」などの部分です。
これらは全て「レトリック(修辞法)」と言われるものの一種です。
「壊滅的に」は誇張法で、「例えば」など例え話や、「手垢で真っ黒になるくらい」は比喩法です。

質問者さんは、無意識的でしょうけど、社会人として充分に通用するレベルのレトリックを駆使してます。
それってスゴいですよ。

逆に言えば(逆説法ですね)、質問者さんの場合、優れた直観力で、直観的に相手に最も判り易い方法(例え話など)で、説明を行っていると言うコトになるかも知れません。

確かに直観力に優れると言うコトは、瞬時に「最適な例え話が思い浮かぶ」と言うコトにもなりますね。
しかし、前提に例え話に関わる知識が無いと、直観力があっても何も出てこないと言うコトでもあります。

現実的なコトを言えば、仕事も含め普通の社会生活において、論理的に説明せねばならない様な状況などは余りないです。
求められるのは、整合性くらい。
「論理的っぽく」説明しているだけです。

「論理的っぽく」説明するなど簡単です。

天気予報で言いますと、「明日は多分、雨だと思います」では、全く説得力は有りませんし、説明ではありません。
だから、ニュースキャスターは、「明日は西からの低気圧が、東の高気圧とぶつかり合い、前線が発達するので、明日は雨が降る可能性が高いです」と言ってるんです。
この方が楽でしょ?

実際に「論理的な説明」と言うのは、「なぜ、低気圧と高気圧がぶつかった場所では雨になるのか?」で、その先・その上の話しですが、日常的には、そんなコトを説明する必要はありません。

仮にそう言うコトを聞かれた場合、それこそ聞いた相手は、そのメカニズムが判っていないから、質問者さんが得意な「例え話」などのレトリックで説明してやれば良いワケです。

「家の中を『低気圧』、家の外を『高気圧』、その境界の窓を『前線』とすれば、外の温度が下がれば結露しますよね?ソレが雨で・・・」って感じですかね?
そういう『例え話』を瞬時に思い付くのが直観力(センス)で、この直観力の前提には知識・知恵(体力の様なモノ)は必ず有ります。

投稿日時 - 2011-12-03 14:30:46

お礼

分かりやすい解説をありがとうございました。
また、文章が理性的であると言って頂けて、自信回復に繋がりました。
自分の周りの友人が比較的文章表現などが得意な人間が多いため、どうも苦手意識を持っていた部分があったのですが、
そういって頂けると少し救われた気持ちになります。

実は英語を話している時は論理的に話せるのですが、日本語を話している時は始点と終着点を結べなくなってしまい途中で『結局何が言いたかったんだっけ?』となってしまうことが多々あります。
文章で書いたような分かりやすく簡潔な話し方を目指して話してみようと思います。

言語脳も発達させて、持ち前の”センス”とシナジーを生み出していけるような人材になれたらいいなと思います。

投稿日時 - 2011-12-06 19:25:45

>説明能力は伸ばせば伸びるものなのでしょうか
日本語の言語能力も申し分ないようデスので
その気になれば水準以上にできるはずです。
天狗にならず注意深く一匹狼的な方向で最高の嗜好を選んでノーベル賞を目指してください。貴方の禁じ手は政治家、公務員、セールスマン、教師 などでしょう。もちろん漁師もありです。民間の会社でも部下をつけずに存分にやらせてくれるポストはあります。貴方の将来は至高無限に近いデス。

投稿日時 - 2011-12-03 09:51:49

お礼

ご回答ありがとうございます。
日本語の言語能力が問題ないと言って頂けて安心しました。
自信過剰なところがあると自分でも認識しているので、時には真摯に批判を受け入れながら
適度に自分の主張を貫き通すことが出来る場所を探していきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-06 19:11:02

あなたにオススメの質問