こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

バイクの修理について

最近エンジンがかからなくなってしまいました。
スタートスイッチを押すとスターティングリレー(?)の音(カチッという音)はなりますが、スターティングモータが動きません。
少し時間をおくと、モータが動きエンジンが正常にかかるときもありますが、何回かON、OFFを繰り返していくと、リレーだけの音でモータが回りません。
ON,OFFスイッチを分解してみましたが、特に断線及び接触不良はないように思います。
また、スタンドが降りているとエンジンがかからなくなるスイッチは圧着端子でカシめて殺しています。
やはりモータ近辺の配線が断線しているのでしょうか?
バイクはXLR125です。総走行距離は20,000kmです。
どなたか詳しい方教えてください。
また、電気回路図などあれば助かります。

投稿日時 - 2011-12-11 18:25:01

QNo.7184206

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

始動方式:セルフ式
点火装置形式:CDI式バッテリー点火
バッテリ:MF
ですから、キックはないし、バッテリは寿命が2年ぐらいなので
冬の初めでこの状態なら、バッテリを交換するしかないと思いますね。
ブースターケーブルで車から電源をもってきたり、
バッテリが充分に充電されていてもそうなるなるなら、
セルから順番にコネクタを抜き、CRC5-56などを塗布し
何回か抜き差しを繰り返します。リレー周りも重点的にみます。
セル周りもこの機会にグリスを足しておいたほうが良いでしょう。

投稿日時 - 2011-12-11 19:49:52

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

バッテリーでしょうな。
いずれにしても、トラブルの原因は消去法で直していくしかありませんわ。
その順番はお手軽なところから。

まずはバッテリーを充電してください。
充電器を持っていないなら、GSなどでも行ってくれます。
充電後に電圧値やバッテリー液の比重も測って貰うと、ある程度の寿命は判断できます。
充電できないようなら、バッテリーの買い替えとなるでしょう。
書かれている症状を見ると、いずれかの方法で回復すると思いますよ。

また、ジャンプコードを持っているなら、車とXLRのバッテリーを繋いで、エンジンを掛ければ、その辺りの確認がすぐに出来ます。
この時エンジンが普通に掛かれば(セルが普通に回れば)、やはりバッテリーの充電不足か、寿命ですな。

投稿日時 - 2011-12-12 00:55:21

ANo.4

始動方式:セルフ式
点火装置形式:CDI式バッテリー点火
バッテリ:MF
ですから、キックはないし、バッテリは寿命が2年ぐらいなので
冬の初めでこの状態なら、バッテリを交換するしかないと思いますね。
ブースターケーブルで車から電源をもってきたり、
バッテリが充分に充電されていてもそうなるなるなら、
セルから順番にコネクタを抜き、CRC5-56などを塗布し
何回か抜き差しを繰り返します。リレー周りも重点的にみます。
セル周りもこの機会にグリスを足しておいたほうが良いでしょう。
リレーも接点の接触抵抗が上がっていないか確認されておいたほうがよいでしょう。
焼けているかもしれません。

投稿日時 - 2011-12-11 19:52:26

ANo.2

バッテリーの不良ですね。
お疲れ様でした。

投稿日時 - 2011-12-11 19:22:58

ANo.1

バッテリーがあがっているだけではないんでしょうか?
冬季に弱ることは珍しくないですからね。

ウチのコマジェもセルモーターが回りにくくなっています。
幸い充電器もキックペダルもありますから始動には困っていませんが、輸入車ゆえライトスイッチがついているのでこれをOFFにするだけでセルモーターはなんとか回って始動できています。
ライトをOFFにできない国産バイクだと押しがけでしのぐか充電するしかないよ。

投稿日時 - 2011-12-11 18:49:28

あなたにオススメの質問