こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

真空管アンプのスピーカーのインピーダンス

真空管アンプ・6SL7.300Bシングルアンプの出力トランスのインピーダンス8Ωに使用するフルレンジススピーカーは何処に? 市販のスピーカーのインピーダンスは6Ωばかりみたいでインピーダンスが違うとどうなる?
インピーダンス・て・いったい何者?

投稿日時 - 2003-11-30 14:34:36

QNo.718631

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 インピーダンスとは、早い話が「抵抗」ですが、中学校で習ういわゆる「抵抗」と違います。コイルやコンデンサーが絡むと電流の周波数によって抵抗値が変わってくるからです。それらを含めた形での抵抗を総括してインピーダンスと言います。
 スピーカーのインピーダンスを選ぶ時、何を基準にして選ぶかというと、アンプの出力回路のインピーダンスです。すなわち、互いの出口と入口のレベルを合わせる必要があるからです。普通はローインピーダンスですから気にする必要はありません。
 スピーカーのインピーダンスは8Ωが多いですが、6Ωであろうが16Ωであろうが、ほとんど変わりません。変わるとしたら、50kΩなどの場合です。
 こういうのはどこで使われるかというと、館内放送などの場合です。接続ケーブルが長いので、音声電流を高い電圧で送らなければならず、アンプもスピーカーも高電圧仕様、すなわちハイインピーダンスになっています。

投稿日時 - 2003-11-30 14:55:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問