こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

女性宇宙飛行士の身体が小さい問題はどう解決したのか

昔、女性がスペースシャトルの乗員として、宇宙飛行士になり始めたとき、
女性は男性宇宙飛行士に比べて身体が小さいので、
宇宙服がぶかぶかだったりする問題があると言われていた気がしますが、
その問題はどう解決されたのでしょうか。

女性宇宙飛行士の身体が男性より小さいことによる、
宇宙服のサイズが合わない等の問題はどうなったのでしょうか。

投稿日時 - 2011-12-15 20:28:29

QNo.7191781

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>その問題はどう解決されたのでしょうか。

軍隊では人間が服に合わせるんです。
もちろん、ソ連の宇宙服はサイズはありません。(・_・;)

ナサもM以下はありません。
この方程式を用いれば、自分で合わせろですが、アメリカは自由主義。

なので採用時に身長、体重も考慮するんです。

スチュワーデスは身長制限があります。
昔は容姿端麗も条件でした。

これに比べればまだまし!(ドタマと体力任せ)
まるで防大です。

戦闘機にも身長制限があるんです。

小さいと前が見えません。
しかし、身長が2mもあると頭が入らないんです。

こたえ > 体格で採用を決めていた。 

投稿日時 - 2011-12-15 21:36:03

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

マーキュリー計画ではカプセルが小さいために身長制限がありました。180以下。
のちのアポロ計画でもガス・グリソムやピート・コンラッドのような小柄な飛行士がおります。

身体サイズ問題にになるのは宇宙服と高高度与圧服です。シャトルクルーは全員与圧服を着用します。
これら宇宙服や与圧服は基本構造のサイズが用意されており、なおかつスーツの内側にサイズ調節機構があります。腕の長さは肩と肘間に、脚の長さは股と膝の間設置。
ピッタリより少々窮屈になるよう各個人に合わせて調整します。それは、圧力が加わるとぱんぱんに膨らむため手袋やブーツは引っ張られてブカブカになり、ヘルメットはせり上がって視界が悪くなるからです。
ヘルメットのネックリングは股間からのストラップでギリギリ縛られます。
ちなみに打ち上げ時のシートベルトも複数のホワイトルームクルーからよってたかって締め上げられます。
上からのしかかられ、足で踏まれて、、。

女性飛行士の場合問題になったのは与圧服および船内に設ける「採尿器」だったハズです。
それとプライバシー。
 
以上 参考までに

投稿日時 - 2011-12-17 08:37:09

ANo.2

fba

…スペースシャトル時代はサイズ3種類とか聞いたけど。

 グローブはさすがに完全オーダーメードだそうですが。

 アメリカの基準では身長149~193cmだそうですから、この基準を満たす体格をカバーするようになっているという事でしょう。

投稿日時 - 2011-12-15 21:36:01

ANo.1

そうなのかな?

あれってオーダーメード(キッチリサイズを計測して一人一人専用に製造する)で無かったのか?

まさか、S、M、L、LLなんて事はあり得ないしょ。

投稿日時 - 2011-12-15 20:47:09

あなたにオススメの質問