こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語の翻訳お願いします

Although OTs do not usually evaluate auditory acuity, information may be found in the patient’s medical record and through discussion with the patient or family. When possible, discussion with the audiologist or speech and language pathologist provides more detailed data about auditory and receptive language skills. Since hearing deficits are common and can affect function, routine evaluation of elderly patients by an audiologist soon after admission to a rehabilitation facility is suggested. If access to these resources is limited, the OT can ask the patient to respond to simple one-step commands, such as “shake your head no,” or “give me the pencil..” The therapist must be careful to avoid gestural cues that would allow the patient to respond without clearly hearing the instructions. Long commands should be avoided due to the need for more advanced attentional and motor planning skills. If the patient is unable to respond to simple verbal commands, the therapist must determine whether the difficulty is due to impaired auditory acuity, poor attention, motor planning deficits, receptive language disturbance, or noncompliance.

投稿日時 - 2011-12-17 16:23:50

QNo.7194887

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

OT(= occupational therapist: 作業療法士)は通常聴力を評価しませんが、情報は患者の医療記録の中や、患者あるいは家族との話し合いを通して見つかるかもしれません。可能な場合、聴覚科学者または言語聴覚士との話し合いは、聴覚的、受容的言語技術について、より詳細なデータを提供します。聴力障害は普通にみられて、機能に影響を及ぼす可能性があるので、リハビリテーション施設への入所直後に聴覚科学者による高齢患者のルーチン評価が薦められます。これらの方策を利用することが制限されるならば、OTは患者に例えば「あなたの頭をいいえと言うように振って下さい」とか「鉛筆を私にください」..の様な、単純なワンステップ指示に応えるよう頼むことができます。患者が指示をはっきりと聞き取れないのに応えることができる様にしてしまう身振りによる合図を避けるように、セラピストは注意しなければなりません。長い指示は、より高度な注意や運動計画技術が必要なために避けられるべきです。もしも患者が単純な口頭の指示に応えることができないならば、その困難が、聴力の障害か、不注意か、運動計画の欠点か、受容的言語障害か、不服従によるものかどうか、セラピストは判断しなければなりません。

投稿日時 - 2011-12-19 05:43:00

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)