こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

イラク戦争とは何だったのですか?

イラク戦争とは何だったのでしょうか。
アメリカとイギリスが、核兵器を保有及び生産しているとの理由でイラクを攻撃した訳ですよね?
しかし、現状は何もなく撤退。
その被害者数は絶大。
そして、何も見つからなかったにも関わらずイラク大統領を殺害。
ここで一つ疑問が浮かびました。
アメリカ軍はなぜ核兵器を保有していると完全にわかっている北朝鮮を攻撃しなかったのか
と、いうところです。
だってそうですよね、核兵器を保有しているから攻撃したのならば、
北朝鮮を攻撃するのなど恐れるに足りませんよね?
ロシアへの攻撃は確かに核の抑止力などの影響もあり、少々できませんが、
北朝鮮へにも核の抑止力が働いたため攻撃をしなかったのでしょうか?

一度このようなことを聞いたことがあります。
イラクを攻撃した理由をブッシュ元大統領のご兄弟?の方が会見を開いた時、
ある記者の方が、私と同じ質問を投げかけました。
すると、彼はこう言いました。
「あぁ、あそこには石油が無いからね。」
結局のところ自分の利益を得るために攻撃したのでしょうか?

この情報弱者に有益な情報を!

投稿日時 - 2011-12-20 17:51:26

QNo.7200488

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

国際政治学者の高橋和夫教授は、イラク戦争は
石油目当ての戦争であった、これは政治学者の
間では通説だ、と明言しています。

教授に言わせると、米国にとって石油は人権
みたいなもので、これを充分に確保できない
政権は国民の支持を失うそうです。

そういう前提があります。
そして。

米国軍がイラクに攻め込み、真っ先にやったのは
石油基地の確保でした。
フランスの石油基地まで確保しようとしたので
フランスが猛反対しました。

北朝鮮には石油はありません。

大量破壊兵器が無いと解ったら、途端に民主化に切り替え
ましたが、米国がイラク国民の人権など心配すると思いますか?
民主化が目的なら、なぜサウジアラビアに攻め込まない
のでしょうか。
答えは簡単です。
あそこは、親米で、石油の供給に支障は無いからです。

戦争の原因は、その殆どが領土と資源です。
これは30年戦争以後顕著になりました。
あのEUは、石炭と鉄鋼という資源を争って
発生する戦争を防ごうとしたのが、そもそもの原因です。

こういう例は日本史にもあります。
徳川家は、豊臣家を攻撃する口実として、鐘に書かれた
文字を理由にしたのは有名な話です。
大量破壊兵器とか、民主化、てのは鐘に書かれた文字と
同じで、ただの口実でしょう。

投稿日時 - 2011-12-21 08:23:09

お礼

やはり石油目当てだったんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-21 16:07:15

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

北朝鮮のバックには中国がいるが、イラクのバックには何も無い。1939年ドイツとソ連はポーランドを東西から侵攻しました。英仏はドイツには宣戦布告したが、ソ連には見てみぬ振りをして、そうしなかった。どちらも同じことです。戦いたくない相手とは戦いたくないというだけの話。アメリカは朝鮮戦争で懲りたんだね。

投稿日時 - 2011-12-20 19:15:59

ANo.1

北朝鮮はアメリカにとってあまり害がない。
フセインは非常に邪魔な存在だった。
アメリカにとって大きなマイナスだった。
大量破壊兵器はこじつけ。

投稿日時 - 2011-12-20 17:55:30

補足

なるほど、ではどのような面でフセインが邪魔だったのでしょうか?
やはり石油関連でしょうか?

投稿日時 - 2011-12-20 17:58:00

あなたにオススメの質問