こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

虚偽の求人情報の告発について

はじめまして

約二ヶ月前にタウンワークで見つけ、夜勤のアルバイトとして入った大手コンビニエンスストアについてです。
どうもタウンワークに載っている情報と実際の待遇が異なっているので、辞めようと思っております。
詳細は以下の通りです。

(1)まず入社前~入社直後

・タウンワークの求人情報では、
「深夜0時~翌朝9時 時給1000円(研修期間1ヶ月時給-50円)」
と記載されてされていた。(店の前にもバイト募集のポスターが張っており、これにも全く同じ情報が記載されている)

・交通費は支給されない(面接時、待遇関連の説明はこれだけ)

家からあまり遠くないので、交通費無しの条件は呑み、採用されました
(面接時の最後に給与の振込先を記入する用紙を頂く)。

(2)そして入社~現在に至るまで

一ヵ月後の給与明細を見ると、いろいろ問題点が出てきました
・深夜0時~翌朝9時 時給1000円と聞いていたのに、実際は午前0時から午前4時までが時給1000円で、午前5時から午前9時までは時給800円になっていた。

・客数が多くとても忙しい店舗でどんなに仕事の早い人でも定時に終わることが不可能な実状なのに、、残業代の支給が無い
(この会社は15分単位で時給が発生するシステム。つまり、時給1000円を例にすると15分残業すると4分の1の250円が本来は付く)。

これらの問題点のおかげで予想より少ない収入という結果になり、入社前に考えていた今後の生計プランが台無しになってしまったので、辞めた上、労働基準監督署に告発、TW、求人ポスター記載された本来の時給に基づいた給与と、残業代を請求したいと思っておりまが、
可能でしょうか・・・?

労働基準法第15条によると、

「使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。(中略) 明示された労働条件が事実と相違する場合においては、労働者は、即時に労働契約を解除することができる。」

とあるので、即日辞めることは出来そうですが(その前に店長と話し合って詰問するつもりではありますが)、正しい給与請求に関してはどうなるか見当もつきません。

どなたかこういった問題に詳しい方おられましたらアドバイスお願い致します。
乱筆乱文お許しください。

・補足
この会社にはタイムカードが無く、事務所のコンピューターに入力するというシステム(しかも賃金計算の担当者が自由に修正できる)なので、タイムカードを証拠として労働基準監督署に提出できません(退勤時間を欠かさず書いたメモ帳はありますが)。

投稿日時 - 2011-12-23 11:25:30

QNo.7204933

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

日記やメモ帳があれば、労基署も動きやすいです。タウンワークの広告より個別の労働契約の条件が優先されます。広告はあくまでも人集めのための広告なので、契約内容で判断されます。

まずは関係資料を全部持って労基署に相談です。雇用契約書があれば絶対に持って行くこと。給与明細も大事です。メモ帳も持参しましょう(社会保険料が引かれていれば雇用の証になります)
最初の相談で、色々と問題点だったり、御質問者様の弱い点や確認しなければならない点を教えてくれるでしょう。最初の1日は相談で終わりです。流れが良ければ請求書の書き方を教えてくれます。請求書のサンプルもあったりすると見せてもらえますので、参考になります。

請求書を送っても、無視されたり・要求には応えられないという回答が来る場合もあります。こんなときは労基署に2回目の相談です。
本格的に労基法違反の申告をして、労働基準監督官による立ち入り検査(臨時検査)の請求をできます。書式さえ整えば意外と速いもので私の場合は申告の翌日に事業所への臨時検査でした。この時期は年末年始なので、役所も対応が遅いかもしれません。

臨時検査の内容は、責任者(社長と管理者)を呼び出し、タイムカード等の書類のチェック、違反の事実があるのか、給与計算の妥当性等を検査し、違反があれば行政指導&支払うように指導してくれます。(後日労基署から連絡が来てどんなことを指導したのか教えてもらいました)

私の場合は最初の相談から半月~1ヵ月程度で解決。検査の翌々日くらいに給与差額分の入金がありました。

解決しない場合でも、その後の手順を教えてくれるのでまずは労基署に相談だと思います。
個人的には店長に詰問はお勧めしません。度が過ぎれば脅迫・強要罪になりますし、店長が法律に長けているとは限らないので、根本的な問題解決になりません。店長も雇われだった場合には、その上のオーナーが全てを管理しているので、差額分を支払うとも何とも言えない場合があります。言った言わないの水掛け論にもなりますし、書面で一筆みたいな流れにはならないと思われます。(仮に応じた場合、その書面の効力も怪しいです)

投稿日時 - 2011-12-23 12:03:28

お礼

どうもありがとうございます。
ご丁寧なご回答、感謝いたします。

労基監督署利用のご経験もあるようで、心強いです。

私の方の証拠品としては

(1)店の求人広告が載っているTW
(2)店に貼られているスタッフ募集広告のデジカメ画像
(3)給与明細
(4)退勤時間を記したメモ帳

が今のところ全てです。

雇用契約書はもらってもいません。
給与振込先を記入する紙を一枚書いたのが全てで、こちらの控えももらいませんでした。
あとは初勤務の時に身分証のコピーをとらされたくらいです。

アルバイトなので社会保険加入は無く、給与から天引きされるのは所得税だけです。

店長はバイトから昇進したらしいので、おそらく雇われかと思います。

ご助言の通り、店長への詰問は避けようと思います。
ですが、何も言わずに仕事を辞めるとこちらがかえって悪者扱いされそうなので(人手不足のようですし)、辞める理由を話すために一度は会談しようとは思いますが。
その際も淡々と話すよう極力努力します。

仰る通り,労基所への相談を基本に事を進めたいと思いますが、
相談は辞める前と辞めた後のどちらがいいのでしょうか?

投稿日時 - 2011-12-23 13:48:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

店に貼ってある求人募集のポスターをよくご覧下さい。
できれば虫眼鏡を持って、もちろん昼間に、特に下の方、はじっこに書いてあるはずです。
(時間給は深夜割増済)とか何とか。よくある手口で、、

という事で、結論だけ言えば、請求できるのは残業代だけ。
分単位で計算しますが、それにしても1日10分とかそのぐらいですよね?
40日全部としても400分、6時間40分ですから1万円にもなりません。
114条を援用してもやっと2万円いくかいかないか。監督官の経費にすらならずあちらもやる気は出さないでしょう。
(よ~~~っぽどいい人に当たれば真剣に動いてくれるが、確率は低いですね。宝くじよりはマシだけど)
しかも、残業時間を証明する必要があり、それなりには認められても全部は無理という場合が多いです。
(単なるメモだけでなく、制服のまま店の時計を背景に写メを撮り、それを自分宛にメールする、という方法をいつも勧めています。時計とメールのタイムスタンプの2つで時間が証明でき、店にいる以上、その直前くらいまでは仕事を「ほぼ」していたと主張できます)
店に問題はあると思いますが、1日に何時間もサービス残業しているならともかく、忙しいから少し残った程度だと上記のレベルですから、手間暇かける意味があるのか疑問です。

投稿日時 - 2011-12-23 18:23:49

お礼

回答ありがとうございます。

求人募集のポスターですが、おっしゃられるような補足は一切書いておりませんでした。

この国の司法、公的機関のポンコツさや、役人が怠惰三昧なのは百も承知ですが、
労働の基本は結局は賃金だと思っておりますので、賃金に対して不誠実な会社は私は断じて許せません。
残業量が多かろうが少なかろうが、金額が高かろうが低かろうが、不正は不正だと思いますので
妥協する気にはなれないのです。

ご助言、参考になりますし、とても現実的だとは感じます。
ですがやるだけのことはやってみるつもりです。

投稿日時 - 2011-12-25 11:53:24

ANo.3

>相談は辞める前と辞めた後のどちらがいいのでしょうか?
経験的には最初の相談だけは辞める前がいいです。就業規則が問題点となったときに、退職後だと会社も労基署も開示してくれません。(法律上、開示義務がないので)
在職中ならば、就業規則の有無の確認だとか、閲覧の権利があります。

請求書を送る段階になると「何これ?」と業務中にオーナーから質問される可能性があるので辞めてしまった方が精神衛生上良いです。

投稿日時 - 2011-12-23 15:22:54

お礼

何度も回答かたじけないです。

仰るような方法、ベターだと思いますので実践してみようと思います。

色々ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-12-25 11:26:33

ANo.2

>タウンワークの求人情報では、
 「深夜0時~翌朝9時 時給1000円(研修期間1ヶ月時給-50円)」
 ・この求人内容は誤解を招くので、面接の時に詳しく説明する必要が有るのですが
  (深夜0時~翌朝5時まで時給1000円(深夜割増込)、翌朝5時~翌朝9時まで時給800円)
 ・>実際は午前0時から午前4時までが時給1000円で、午前5時から午前9時までは時給800円になっていた
  本来の時給は800円、深夜割増(25%、22:00~5:00)が付いて1000円
  >午前0時から午前4時までが時給1000円・・・時給800円+深夜割増200円
   午後4時から午後5時まで休憩時間としている
  >午前5時から午前9時までは時給800円・・・・時給800円

・労基に資料を持って行くのなら、タウンワーク、店頭の募集ポスターの写真、給与明細
 残業に関しては、出勤、休憩時間、退勤時間をメモしたメモ帳(休憩時間が上記の時間とずれている場合時給の修正に使えます)
 で、ご相談下さい



  

投稿日時 - 2011-12-23 12:52:38

お礼

どうもありがとうございます。
詳しいご回答、感謝いたします。

現職場の給与形態の実態はまさに仰るとおりだと思います。
前述の広告、募集ポスターの情報では勤務開始から終了まで全て時給1000円だと思ってしまいます。
面接時、初勤務時にもこの事については一切説明がありませんでした。

実は以前にも同じ会社の違うフランチャイズ店舗で夜勤アルバイト勤務したことがありまして、
その店では残業代もしっかり出ましたし、求人広告どおりの内容で勤務開始から終了まで全て時給1000円でした(しかも夕方のシフトに穴が開いて急遽夕方勤務をさせられたことがしばしばありましたが、その時の時給すら全て1000円でした)。

なので今回も求人広告を信じきっていて、迂闊にも警戒心が弱かったと言えるのでしょうけど・・(T-T)

資料に関しては仰るものは全部揃っているのですが、時間のメモに関しては退勤時間しか書いておりませんでした。この点は揚げ足を取られるかもしれませんね。

投稿日時 - 2011-12-23 14:15:52

あなたにオススメの質問