こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

眼に見えない電磁波を悪用する完全犯罪

1.概要

防衛省情報本部及び自衛隊の工作員が、
電磁波が人体に作用することを悪用して、完全犯罪を行っています。

マイクロ波を用いる通信設備からマイクロ波を人体に照射して、
人の頭の中に声を聞かせています。
マイクロ波パルスが直接、人の脳で認識されるマイクロ波聴覚効果(フレイ効果)は
一般に知られていないので、簡単に完全犯罪を達成できます。

マイクロ波は、300メガヘルツから3000メガヘルツの電波です。

2.情報公開

 2006年12月13日に、米国陸軍省 情報保全隊 情報公開プライバシー室(日本の防衛省情報公開室に対応する)スーザン J.バターフィールド室長は、極秘事項を機密解除し、カリフォルニア州ナッパに住んでいるドナルド・フリードマン氏に対して、「非殺傷性兵器の選択的な生体効果」という表題の文献を開示しました。

 この文献には、遠距離からマイクロ波パルスを照射することにより、人間の脳が音を認識する現象(マイクロ波聴覚効果、フレイ効果)を応用した非殺傷性兵器が記載されています(6~8ページ)。これは幻聴発生装置そのものです。この文献は下記サイトで確認できます。

http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavef

 マイクロ波パルスとは、1~30マイクロ秒(1秒の百万分の1秒~1秒の百万分の30秒)の時間だけマイクロ波を照射するパルスです。マイクロ波パルスの間隔を変化させながら、1秒に100回~1000回程度、マイクロ波パルスを照射します(パルス間隔は、下記のモトローラ・フロリダ研究所の文献)。

3.MEDUSA

 上記の情報公開後、米国ネバダ州に本社があり、軍用通信システムを製造、販売するシエラ・ネバダ・コーポレーションがMEDUSAという商品名でマイクロ波を用いて脳内に音を発生させる装置を公表しました。日本語では、米軍の軍事技術を始めとして技術関連に強いwired.jpのサイトのアーカイブにMEDUSAの記事が掲載されています。urlが長くなるので、省略しています。

4.米国特許

(1) 米国特許第4,858,612号は、マイクロ波を大脳の聴覚野に照射して、脳内で音声を認識させる装置について記載されています。米国特許商標庁の審査官が、このような装置を製造することができると認定して、特許されています。

(2) 米国特許6470214号は、米国空軍大臣が特許権者であり、ラジオ波聴覚効果を応用した装置について特許を受けています。ラジオ波聴覚効果とは、マイクロ波聴覚効果と同じ意味であり、多数のマイクロ波パルスを照射することにより、人間の脳内で音声を認識させる技術です。

(3) 日本ソニーと米国ソニー電子は、幻視発生装置について米国特許を取得しています。発明者は、トーマス・ドーソン氏(Thomas Dawson)です。

5.高周波電磁気学の論文

 モトローラ・フロリダ研究所がマイクロ波聴覚効果について論文発表しています。

http://grouper.ieee.org/groups/scc28/sc4/Auditor

モトローラは、米国の通信大手企業です。この論文には、マイクロ波聴覚効果が発生する電波(マイクロ波)の波長、パルス条件、パルスの繰り返し頻度、電波強度などが明記されています。

6.結論

 米国では、陸軍情報保全隊(情報保全隊はスパイ組織です)が情報公開しており、海軍がMEDUSAの開発に資金提供し、空軍が関連特許を取得していることから、米国防衛総省の関与が明らかになっています。

7.質問

日本の自衛隊にも情報保全隊が設けられています。情報保全隊が、特殊な無線設備からマイクロ波パルスを人に照射して、幻聴を引き起こし、癲癇も引き起こしています。

皆さまはどう思いますか?

投稿日時 - 2011-12-23 23:05:15

QNo.7206005

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

んで、何かこれらのことで被害を受けた方いらっしゃるのですか?

日本の自衛隊にも情報保全隊が設けられています。情報保全隊が、特殊な無線設備からマイクロ波パルスを人に照射して、幻聴を引き起こし、癲癇も引き起こしています。

この件で、被害者がいらっしゃるのであれば、皆さんも回答しやすいですが・・・

貴方がその被害者?
それでしたら、診断書をもらい、新聞社および警察にとしか言えないような。

それも、国家権力で黙殺されるっていうのなら、警察等にでの会話の内容を録画して、ネットで流す。
あと、ニコ生で流すで、頑張ってください。

投稿日時 - 2011-12-26 09:52:55

補足

戦後直後、現在の防衛省は警察予備隊だったこともあり、
警察幹部が警察予備隊に出向していました。

現在でも、防衛省情報本部電波部の部長は、
警視庁公安部から出向しています。

警察は防衛省の電波を凶器とする犯罪を摘発しないという実務を続けています。

国家犯罪は、ヤクザよりタチが悪い。
ヤクザは法に触れた時点で、警察が逮捕できるし、
暴力団対策の条例もある。

これに対して、防衛省、自衛隊の国家犯罪は、ヤクザよりひどく、
横暴の限りを尽くしています。

投稿日時 - 2012-01-08 04:27:57

お礼

ありがとうございます。

新聞社などマスコミにこの情報を流してみます。

国家権力が証拠を残さず、電磁波で横暴の限りを
尽くしているので、大問題です。

投稿日時 - 2011-12-28 00:30:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

特に科学に詳しくない一般人ですが、人間の脳の生理的部分を言語に表現するのは有り得ないと思います。

喜怒哀楽の感情を感知することは可能でしょうが、それは人間として共通の部分が興奮するでしょうからそれを何らかの方法で感知する機械はすでの存在するでしょう。 但し、それぞれの回路で思考する人間の言語を表示させるのは、論理的に不可能のような気がします。

SFやどらえもんの世界だったら、あり得ますけどね。

・・・と真面目に回答してしまいました。 つられやすい性格なもので^^;

投稿日時 - 2011-12-25 10:14:51

お礼

回答ありがとうございました。

「人間の脳の生理的部分を言語に表現する」とは、
人間の脳から生理的情報を取りだすことを意味しているのでしょうか?

医療装置には、ブレイン・マシン・インターフェースという分野がありまして、
人間の脳波を検知する電極とコンピュータを接続して、
人間の思考に基づいて電動車イスを制御したり、
人間の思考に基づいて脳波でコンピュータ・ゲームを制御したりすることは
既に成功しています。

これらの装置は実験段階であり、量産化はされていません。
実験段階の動画はyoutubeで見ることができます。

コンピュータのピンポン・ゲームを脳波で行っている画像を見ましたが、
脳波で操作するのは操作性が悪く、
手でコンピュータを操作したくなるような画像でした。

ところで、質問に記載したのは、人間の脳に言語等、情報を入力することです。

何れもSFでなく、最先端科学の世界です。

投稿日時 - 2011-12-25 15:34:53

ANo.3

現時点では途轍もなく対費用効果が悪い。
幻聴や癇癪を引き起こして何になるのでしょうね。気の長い完全犯罪だな。

排除するのだったら、権力組織が実行するなら冤罪をでっち上げた方が簡単だし、実際には、大規模立地などに関連した不審死は既に多数起きているということなので(これは伝聞)、わざわざそんな方法を採らなくても排除するのは簡単と言うことでは。

投稿日時 - 2011-12-24 00:37:51

お礼

対費用効果が悪くても、
防衛省は戦争がないのに毎年5兆円の予算がありますからね。
毎年1000億円使うだけで、
マイクロ波レーダーなどの
マイクロ波パルス照射装置を整備することができます。

この質問をしたという理由で、
私に冤罪をでっち上げたり、不審死で暗殺しないで下さいね。

米国陸軍省の情報公開、軍事産業の製品発表、公開されている米国特許などから
明らかになった情報を組み合わせただけですから。

故意に精神疾患を罹患させると傷害罪が成立するところ(生理機能傷害説)、
大がかりな通信設備を使うと、実行犯は疑われなくてすみ、
国家が犯罪に関与していることを否定しやすくなりますからね。

投稿日時 - 2011-12-24 01:39:51

ANo.2

>皆さまはどう思いますか?

何とも思いませんが、マイクロ波の照射装置は危険だと思います。


我が家のお料理実行部隊は、箱形の特殊な装置を使ってマイクロ波パルスを冷やご飯や日本酒に照射して、加熱を引き起こし、酒燗も引き起こしています。


先日、サバの味噌煮に対してマイクロ波パルスを照射していたところ、サバが装置内で爆発して飛び散り大変な事態になりました。

マイクロ波の照射装置は非常に危険です。

投稿日時 - 2011-12-23 23:59:15

お礼

電子レンジは便利ですよね。
マグネトロンを加熱に使うのと通信に使うのでは、
用途が違いますよね。

投稿日時 - 2011-12-24 00:24:41

ANo.1

アナタは、オウム真理教の信者ですか?

もっともらしいことを書き連ねてますが、マイクロ波パルス信号で人間の脳が直接的に音声などの情報を認識出来るなら、世の中に携帯電話などの通信機器は要らなくなりますよ。

電磁波兵器に「赤外線」を利用する技術は既に開発されてますから、日本の防衛省も研究してるようですが、マイクロ波の波長は300MHzで1λ(1波長)が1メートルと長く、3GHzでも10センチメートルの長さですから、巨大なパラボラアンテナでも鋭い指向性は生み出せません。
このような性質のマイクロ波をどうやってピンポイントで特定の人物を狙うことが出来るのでしょうか?
人工衛星からの電磁波(電波)も拡散して減衰されて地上に届いてるのですよ。

投稿日時 - 2011-12-23 23:49:01

補足

オウム真理教でなく、自衛隊が完全犯罪をしているのですよ。
電波は眼に見えず、証拠が残らず、
国家の関与が否定できる。

オウムのサリンガスは化学兵器ですが、
オウムより組織が大きい国家機関が、
電磁波兵器を用いて、
極めて悪質な完全犯罪を実行しているのです。

投稿日時 - 2011-12-24 13:48:43

お礼

回答ありがとうございます。
当然、オウム真理教とは無関係です。

さて、マイクロ波パルス信号で人間の脳が直接的に音声などの情報を認識できる
証拠を質問に記載しているのですよ。補強証拠も持っています。

質問とは別箇の電磁波兵器として、マイクロ波、ミリ波、サブミリ波を使って、
人体を加熱してヤケドさせるものが開発されていますよね。

>マイクロ波をどうやってピンポイントで特定の人物を狙うことが出来るのでしょうか?

フェイズド・アレイ・アンテナのような指向性アンテナを用いると、
マイクロ波ビームは直線状に伝搬します。

投稿日時 - 2011-12-24 00:21:59

あなたにオススメの質問