こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

特別清算―被害者と債権者の優先順位について教えて

ください

―――
ある会社が何らかの不法行為で顧客などに多大な損害を与えた。もともと会社は負債だらけの赤字会社。さらに顧客が民事裁判を起こしたことで、清算が困難=債務超過な状況になる。会社は廃業、事業を解散させ、清算会社へ移行した。特別清算の申請、開始の決定がなされた。
たとえば不法行為の被害総額50億、事業行為による負債50億、会社の資産10億(清算前)だったとします。


という場合で、
不法行為の被害者側が損害賠償訴訟を起こしたとき、
(1)会社の資産は被害者と債権者にどういう基準で分配されられるのでしょうか?
(2)抵当権などを持つ債権者たちが優先され、被害者に配分される財産がなかった場合、被害者にはまったく分配されないということはありますか?
(3)逆に被害者は優先順位最下位にて按分されるのでしょうか?
(4)債権放棄について、債権者が債権を放棄するとその分、被害者に分配される額が増えるということですか?
(5)通常、このような事例の被害者と債権者は同じ被害対策弁護団に属すのでしょうか?

無知な質問で申し訳ありません。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-01-02 01:30:34

QNo.7220432

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。法律の条文からわかる分について回答いたします。

不法行為の被害者側が損害賠償訴訟を起こしたとき、
(1)会社の資産は被害者と債権者にどういう基準で分配されられるのでしょうか?
→会社法上,被害者(つまり不法行為債権者)は一般債権者と特に区別されておらず,民法上の先取特権もありませんので,同じ割合で弁済されます。本件においては,単純計算すれば10億円の財産のうち5億円が被害者への損害賠償にあてられます。

(2)抵当権などを持つ債権者たちが優先され、被害者に配分される財産がなかった場合、被害者にはまったく分配されないということはありますか?
→抵当権など担保権のある債権,先取り特権の対象となる債権,租税債権等が優先されますから,被害者にはまったく分配されないということもありえます。

(3)逆に被害者は優先順位最下位にて按分されるのでしょうか?
→他の一般債権者と同じです。

(4)債権放棄について、債権者が債権を放棄するとその分、被害者に分配される額が増えるということですか?
→お見込みのとおりです。実際,何の事例だったかど忘れしましたが,被害者救済のため,有力債権者が債権放棄した事例があります。

投稿日時 - 2012-01-02 22:00:00

お礼

詳しい回答ありがとうございます。助かります。

投稿日時 - 2012-01-02 22:30:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問