こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

私はアジアという表現が好きではありません。

アジアという表現はギリシャ人が自分達を清く美しいヨーロッパ人、東の敵国の住民を邪悪なアジア人と言ったことに始まります。
中国人が中国の西(中東、ヨーロッパ、アフリカ)を西域と呼んだのと同じで、アジアというのは非ヨーロッパという意味合いしかありません。
ヨーロッパに匹敵するのはイスラム圏でありインドであり中国であり日本です。ヨーロッパ人がアシアという表現を使うのは勝手ですが、日本人や中国人が自分達をアジアと言うのはヨーロッパ人やアフリカ人が自分達を西域人を呼ぶのと同じく滑稽だと思いますが皆さんはどう思いますか?

投稿日時 - 2012-01-02 12:13:01

QNo.7220859

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

無知・無学で恐縮ですが回答します。

乱暴な表現で言いますと、所謂言葉の主格において、
1.「Aさんの家にBさんが訪ねていったら、Aさんが主人であり、Bさんが客人である」
そして逆に
2.「Bさんの家にAさんが訪ねていったら、Bさんが主人であり、Aさんが客人である」
という言い方になるべき所を
3.「Bさんの家にAさんが訪ねていっても、Aさんが主人であり、Bさんが客人である」
(そしてBさん自身がそんな言い方をしていて、しかも誰も疑問に思わない)
という状態に違和感がある、と言った感じでしょうか。

私は歴史に無知なので、アジアという呼称がそのような経緯で始まった、というのは知りませんでした。
これが正確であれば質問で仰るように歴史的経緯から考えますと我々がアジア人であるという言い方は確かにおかしいのですが、これはいまだ「極東」という日本語が生きた言葉として使用されている事が示すように、かつて欧州が地理的用語を掌握した際のデファクトスタンダードが残っているから、その主導権を握れず、しかし日本はそれを上手く取り入れつつ発展してきた、とも言えます。
主格転ずる状態において滑稽と言えば滑稽なのですが、これらは我々がヘゲモニーを文化面、経済面、強力行為面(戦争)で掌握できなかった証でもあり、ジレンマを抱えながらもそれらを覆せる実力が今の我々にはありません。地理的・地政学的にアジアに替わる一般に通底する言葉があるかと言えば無いのが現状ではないでしょうか。ただ、かつてのインディアンがネイティブアメリカンという呼称になったように、世界の文化潮流はある種の正義を基に動いているので、アジアという呼称をやめよ、というムーブメントを起こせばそれに替わる呼称が比較的短期に適用されるかもしれません。

逆に我々はアジアだとか極東だとかの言葉を使っても、現状そこそこの生活ができているので、強情に主張せずともそれはさほどの影響は無いのかもしれません。
ただし、かつてのプロイセン人がプロイセン語を話さなくなり、ドイツ語を話すようになったときにドイツにあっという間に同化した、という事例を聞いた事があります。文化は政治決定に直結する要素を持っています。
(昨今の韓国ブランドなんたら委員会が活動するのを耳にしますが、文化の浸潤と共に政治決定への影響まで加味した行動を織り込んでいるのであれば、よくそこまで考えたなと感心します。)

こうした浸潤する外部の文化に拮抗して行く気持ちは持つ事は主権を守っていく上で間接的でありながらも非常に大事な事ですが、それに対してどう返し技をかましていくのかというのを、歴史から勉強しなければいけないのではないでしょうか。
2000年前のヘゲモニーを構築していたローマで使用されていたラテン語、更に遡ってギリシャ語ではその言語の源流が見られます。現在のtechnologyはギリシャ語の経験知であったtechne + 知体系のlogicで構成されます。これをしてテクノロジーはギリシャに端を発する言葉であり、欧州の言葉なので使用はしません、と今の日本で主張してもそれは無理でしょう。
これらが世界を席巻した時にその地理的用語までがその影響を受けるのは必須でありますから、歴史の中では必然の流れになっています。
尚、大西洋などは英名Atlantic Oceanで西の要素が入っていませんが、日本語読みですとしっかりと入っている事から言語的なイニシアチブは若干握れている状態です。「若干」という言葉を使いましたが、Wikipediaで大西洋の項目を参照しますと、元々ヨーロッパを指す中国語「泰西」に基づくという説が記載されています。ここから考えると、その源流はいずれにせよ日本がオリジナルではなく、中国がスタート地点である為です。
そもそも日本という国はゼロから何かを生み出す所ではなく、生み出されたものを成長させる場所のようなものなので、日本限定で言えばこうした主客転倒はヘゲモニーの変遷から見ればある程度仕方ないのかな、とも思います。表面上は主客転倒しているが、外来文化を上手く取り込み、自分化へ同化させ、その実態の部分において政治決定的なイニシアチブが握れていれば良いのではないでしょうか。

回答に直接関係無い追記ですが、他回答者様の回答が非常に面白いです。EU内でのギリシャ破綻においてコルプス・クリスティアヌムを適用して救済するか否かという論も見ましたが、EU内での国内テロ組織が現在どう噛んでいるのかについては、イスラム過激派の動向ばかり注目していたので、私が国際情勢に詳しくないのも手伝いこの話題は新鮮でした。

投稿日時 - 2012-01-04 19:50:48

お礼

色々興味深い事を教えて頂きまして有難うございます。

投稿日時 - 2012-01-15 07:58:07

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

アジアというのは非ヨーロッパという意味合いしかありません。

◎いやーその点が便利なので使う訳です。政治的にも・・
他にも沢山。白人と非白人。西と東。北と南。右と左。陸と海。
旧と新。若と老。敵と味方。 それらを二元論と呼んだ気が・・・
もっとも単純な政治的概念かも。

投稿日時 - 2012-01-03 10:46:08

お礼

回答有難うございます。
私はアジアが差別用語だから嫌いだといってはいません。
日本人や中国人が自分達はアジア人だと言うのは北欧人やアフリカのマサイ族の人が自分達は西域人だというのと同じレベルの滑稽でナンセンスな表現であると主張しているのです。

投稿日時 - 2012-01-03 21:52:49

ANo.5

私はヨーロッパもアジアもアフリカも地区の名称としか考えていません。オリンピックやワールドカップなどのアジア地区予選といった用法です。それ以上の意味もそれ以下の意味もない。

そうでない使い方をする人の言語感覚は警戒するようにしています。同じ言葉を使っていても意思疎通ができているのかどうかを疑うということです。特に最近の日本人は馬鹿になっていて、幼稚園児程度の語彙しかありません。

質問者さんが嫌いなのは、アジアという表現なのではなくて、邪悪な意味を言外に含めて言葉を使う人の腹黒さなのではありますまいか。

投稿日時 - 2012-01-03 04:22:29

お礼

回答有難うございます。
私はアジアが差別用語だから嫌いだといってはいません。
日本人や中国人が自分達はアジア人だと言うのは北欧人やアフリカのマサイ族の人が自分達は西域人だというのと同じレベルの滑稽でナンセンスな表現であると主張しているのです。

投稿日時 - 2012-01-03 21:52:32

ANo.4

 ヨーロッパから見て「太陽の昇る東の国」が語源のようです。その言葉に差別的なニュアンスがあるのでしょうか?中華思想は「東夷」「南蛮」「北狄(ほくてき)」と、極端な差別思想です。「アジア」がこれに匹敵する差別用語なのでしょうか?

 しかし仮に元の言葉に差別性があっとしても、今はないのだから、私は気にせずに使います。知識として「昔は『アジア』という言葉には…」と知ってたら、少し世界が広がるような気がします。せっかくのご意見を覆して申し訳ありません。

 「西域」ではなく「西戎(せいじゅう)」が正しい言葉です。

投稿日時 - 2012-01-03 04:03:04

お礼

回答有難うございます。
私はアジアが差別用語だから嫌いだといってはいません。
日本人や中国人が自分達はアジア人だと言うのは北欧人やアフリカのマサイ族の人が自分達は西域(西戎)人だというのと同じレベルの滑稽でナンセンスな表現であると主張しているのです。

投稿日時 - 2012-01-03 21:51:07

ANo.3

 御質問の中には幾つかの概念が混在しています。
(1)ギリシァや中国などの「国家」
(2)イスラム圏に見られる「宗教」および「文化」的共有制を有する地域
(3)もう一つの概念としての「圏」のありかた(同じ価値観を共有する人々の集まり)
と分類することができます。
 地理的に「中東」「極東」とはどこから観たこととお考えでしょうか?。答は「イギリス」です。かつてのイギリスは世界の各地に植民地を持ち、ユーラシア大陸の中ではインドがその東限でした。そのためイギリスから見た場合の地理的な遠近に基づいてこの様な区分がなされたと言われています。イギリスとインドの間にある地域が中東であり、インドより更に東にある地域が極東。
 「ヨーロッパに匹敵するのはイスラム圏でありインドであり中国であり日本である」との御指摘ですが、これはどの様なレベルにおいての設定要件がなされているのでしょうか。
 「イスラム圏」から想像できるのはイスラム教を信仰する文化圏を世界地図上に示したモノと考えられますが、イスラム教を信仰の対象とする人々は中国をはじめ東南アジアの各地にもいます。オバマ大統領のカイロ演説の内容が世界各地で報道されましたが、この時の世界各国、殊に日本とそれ以外の温度差からそれをうかがい知る事が出来ます。中国では国内に多くのムスリムを抱えることから国内の公式文書やウェブサイトでは「イスラム世界」との言葉は微妙な存在であり禁句に近いとされています。それは中国国内にいるイスラム教徒が自らを「中国人」ではなく「イスラム教徒」として強く意識するようになった場合、中国政府にとっては厄介な存在になることもあります。ではなぜ「厄介な存在」なのか。それは中国国内にいる少数民族、たとえばウイグル族の様なイスラム教徒が自らの不安定な立場を解消するために国外にいるイスラム教徒と手を組んだ場合に、それこそ中国の国家体制を揺るがせかねない事態が生じないとも限らないことに起因します。それほど「イスラム世界」とは中国政府にとって「対岸の火事」として傍観視できないデリケート且つ危険な空間概念にあたる問題といえます。
 これに対し日本では「イスラーム世界」との言葉が如何に無神経且つ無限定に使用されていることでしょう。就任演説でこそオバマ大統領は「イスラーム世界」との言辞を使用しましたが、その後は使用していません。「イスラム世界」といった場合に、さもその空間が「一枚岩」であり国民国家の様に均質で一つの意思を持った存在であるかのように感じられるからでしょう。
 インドとて同様です。80年代に当時のガンジー政権が行ったゴールデンテンプル焼き討ち事件に端を発する一連の宗教弾圧はガンジー首相の暗殺という最悪の事態で幕を閉じました。インド国内はそれこそ無数の少数信仰と少数民族が同居する世界であり、インドを挟んで東西にあるパキスタンとバングラデシュ(独立以前は東パキスタンと称していました)更にはスリランカ(以前はセイロンと呼称されていました)も宗教対立から始まる政治闘争へと深刻な事態に及んでいます。
 この様に質問者様が安易に「ヨーロッパ対非ヨーロッパ」と片付けるほど「ヨーロッパ」も「非ヨーロッパ」も一枚岩ではありません。「ヨーロッパ」に目を向ければ。コンティネンタルとイギリス、EUとそれ以外、スペインでも「バスク」の問題があり、イギリスでも「IRA」の問題があります。
 ここまでは「文化」の問題に目を向けた場合の話でしたが、次に「実態としての陸塊」つまり「物としての大陸」に関してはどうかと考えてみます。
 実際のユーラシア大陸は一つの陸塊であり、その上に幾つもの独立国家や文化が混在していると定義づけることが可能です。それを無理矢理「ここからここまではヨーロッパ人が作った陸塊」「ここから先は非ヨーロッパ人が作った陸塊」などと区分することはそれこそナンセンスであり、噴飯モノと言わざるを得ません。では質問者様が「何に拘ってアジア地域に住む人間が自らの地域をアジアと呼ぶことは不自然」と考えるのか。それは他ならぬ質問者様自らが「物理的空間」と「文化的空間(もしくは歴史的空間)」の相違に気が付かずに混同しているとも考えられます。
 ごく普通に理解するならば「アジア」は「陸塊としてのユーラシア大陸の上にある地域」であり、さほど意識的にヨーロッパから見ての東方を示しそこには一種の侮蔑の意味が込められているなどの意識を持つとの必然性があるのかと疑問を感じてしまいます。
 なお「中国」で使われた西域のことですが、これは古代中国に発生する「中華思想」に基づくもので自らを世界の中心として政治的・文化的に位置付けて優位を示しその他の周辺地域を東夷・西戎・南蛮・北狄として教化の対象とするとの考え方に基づくものです。こうした点を見れば、質問者様が「アジアは東洋に対する西洋による蔑称」との主張と何ら変わらないものであることがお判りいただけたと存じます。何ら意味のある提言であるとは僕には思われません。

投稿日時 - 2012-01-03 00:53:20

お礼

回答有難うございます。
私はアジアが差別用語だから嫌いだといってはいません。
日本人や中国人が自分達はアジア人だと言うのは北欧人やアフリカのマサイ族の人が自分達は西域人だというのと同じレベルの滑稽でナンセンスな表現であると主張しているのです。

投稿日時 - 2012-01-03 21:53:41

ANo.2

「アジア人」という呼び方は、日本人に限った話ではなく他の国の人もあまり呼ばれるのを好まないらしいです。アメリカでも「アジア系アメリカ人」と呼ばれるのは嫌がるんですって。「中国系」とか「フィリピン系」と呼ばれるのを望むんだそうです。

>ヨーロッパに匹敵するのはイスラム圏でありインドであり中国であり日本です

さりげなく朝鮮半島の人やインドネシアなどの他のアジア諸国に対して「日本や中国より劣っているよな」って思っていません?

投稿日時 - 2012-01-02 14:27:37

ANo.1

アジアというのはアッシリア語で東を意味する「アス」に語源をもつのだそうです。
たとえヨーロッパ人が差別して言ったとしても語源は東という意味ですから別に問題ないと考えます。問題は語源です。たとえば倭のように本来「チビ」の意味があるのでは良くありませんが、東であれば日本は日の出る国ですから東で良いと思います。あんまり難しく考えなくて良いと思います。

投稿日時 - 2012-01-02 12:29:49

お礼

回答有難うございます。
私はアジアが差別用語だから嫌いだといってはいません。
日本人や中国人が自分達はアジア人だと言うのは北欧人やアフリカのマサイ族の人が自分達は西域人だというのと同じレベルの滑稽でナンセンスな表現であると主張しているのです。

投稿日時 - 2012-01-03 21:49:51

あなたにオススメの質問