こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ネガティブ思考からの脱却

自分は超がつくほどのネガティブです。19歳のころから21歳の現在まで酷くマイナス思考な人生でした。
明確な原因はなんだったのか忘れてしまいましたが、友達もおらず他人と関わることがほとんどなく内に閉じこもりがちだったため、常に自分の心と対面するしかなく、また自分の心を痛めつけることにどこか快感がありました。「お前はダメなやつだ、不細工で怠け者だ、お前は死んだ方がいい」と自分を責め続けることで自分を可哀想な人間だと思い込み、自分で自分を哀れみ、悲劇のヒーローでいることに甘えていました。
しかし、それも度が過ぎたのか体調が悪化するようにもなり、本格的に自殺しようと思うようになりました。何かマイナス要因があると「死のう」と思い、首を吊って自殺を図りますが、意識を失う寸前になって怖くなりやめる……というのを何度も繰り返します。徐々に精神が壊れていきました。

私はとにかくポジティブ思考な人間になるつもりはありませんし、人生は喜ばしい事象ばかりが起こるわけではないので、常にポジティブでいることは不可能だと思っています。
しかし、そろそろ飛翔のときではないかと思っています。長いこと、とにかく死ぬことしか考えられないドン底を見てきました。それはそれで良い経験だったと思います。一つの視点、経験を得られたと思えば。ネガティブ思考が絶対悪だとも思っていません。しかし、いつまでも人生のドン底ツアーをしていてはいつの間に衝動的に自殺してしまうかもしれないですし(実際、最近自殺をしようとして生命の危険を感じることが多くなった)、人生がもったいない。ここからはプラスな経験も積みたいと思っています。

そして、それは30秒程度で簡単に達成されました。できるだけ物事を肯定的に捉えようと思ったら実際にポジティブな気分になることができ、今もどこか楽しく積極的な気分です。
しかし、未だに超ネガティブな思考に対する恐怖心があります。落ち込む程度ならまだ良いのですが、また死のうと思うまで落ち込んだらどうしようという恐怖心です。それに、今はたまたま調子が良いのかもしれません。
良い経験だったとは思いますし、忘れてはいけない経験だと思っています。しかし、もうあそこには引き戻されたくありません。
どうすれば完治するのでしょうか。それとも、一生この影は自分につきまとうのでしょうか。

投稿日時 - 2012-01-03 12:29:15

QNo.7222556

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

なるほど、素晴らしいことですね。

おっしゃっているように、マイナスな思考というのは自分と向き合うことで起こることが多いかと思います。
他人や世の中に意識が行っているときというのは、あまりマイナス思考ににはならないかと思います。
かなりお辛い時期を過ごされたようですね。
忘れてはいけない経験だとおっしゃっていますが、
僕は忘れてもいいと思っています。
というのは、「どういう感情だったか」ということは忘れてもいいですし、
むしろ自然に忘れる(実感を伴わなくなる)と思うんです。しかし
「忘れてはいけない経験」とおっしゃるとおり、
「そのような状態だったこと」は忘れ得ないでしょう。
ことあるたびに思い出すことだと思います。
そこは受け入れるべきだと思います。

そういう意味で、根治(そういう経験の存在を完全に消し忘れること)はできないと思いますが、
完治は充分ありえるし、もうできているとも感じます。

すなわち、今後死ぬまでそのことを忘れていれば万々歳です。
今後思い出したら、今回の完治した経験を思い出せば、また乗り越えられますよ!

素晴らしい未来が待っていると感じます。

投稿日時 - 2012-01-03 19:27:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

中高年です。

私もネガティブな面が多いです。
家庭の崩壊、手の振るえる病気、会社への失望と仕事への行き詰まり、辛いですよ。

先ず、貴方は苦渋の末の行為を良い経験と捉えたこと、これは一歩成長ですね。
人は経験を積んで成長する、時に経験は知識へと発展することもある。

ネガティブ思考→リスク管理として処理すること。
ポジティブばかりだと、悲観の設計が出来ず、悲惨に陥ったときのショックはそれ以上に大きい、だからリスク管理が大事になってくるのです。
リスク管理といっても、広義的すぎて、じゃあ何を?となると貴方の場合は先ず自分の身を守る為のリスク管理を行うことです。
但し、慎重になりすぎたりしては、行動もあったものじゃないので、大雑把な問題を挙げて、ひとつずつ、リスクの大小を決めていくのですよ、小さいものは放っておいても良しとして、大きい、特に最大のものに注意を置くこと、貴方の文面より鑑みると、具体例としては、又死のうと思うほどの落ち込みですね、忘れらない経験、と貴方は解いてます、その時の恐怖心で踏み切らなかった-この思いなのですよ、思うだけの恐怖心と実行前の恐怖心では、大違いということ、この恐怖心を忘れてはいけません。
次に大切なのは視野を大きく持つこと、これは苦悩しているのは貴方だけじゃない!ということ。
他にも沢山、苦悩している人はいます、でも踏ん張っているのですよ、人前で表面上は楽しそうに振舞っていても一人になると泣いている人も多いということです。
更に、現実とはこんなもんだと受け入れる気持ちがあれば(既に文面にもありますね)時間が解決していきます。
どの程度時間がかかるかは、何とも云えませんが、要点は、「焦らないこと」 です。

投稿日時 - 2012-01-03 13:06:05

ANo.2

19歳頃にはよくあることです。

投稿日時 - 2012-01-03 12:40:14

ANo.1

ネガティブに生きることのメリットとデメリット、ポジティブに生きることのメリットとデメリット、両方を紙に書き出してみて、メリットが多い方を取ればいいと思います。

投稿日時 - 2012-01-03 12:38:04

あなたにオススメの質問