こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

建築請負契約について

初めて新築を建てようとする者です。
昨年末、新築を建てるための土地を探すうちに、とある建築と不動産業を手掛ける業者さんのもとで
紹介された土地を気に入り、そこの業者のモデルルームの雰囲気なども好きだったため、
その土地に注文住宅を建ててもらうことに決めました。

家の間取り(概略)や予算を何度か相談し、「とりあえず土地を押さえるために契約を」とのことで、
12/28に契約をしに行きました。
しかし出てきたのは建築請負契約書のみで、概略の間取りや予算が記載されており、約款が書いてありました。
備考欄に「間取りと金額は今後打ち合わせの上決定する」と書かれていました。
土地売買契約書はありませんでした。

これは独占禁止法にも抵触するやり口ではないでしょうか?
建築条件付きの土地を、請負契約と一緒に契約させることを遠回しに強要された感じがしてなりません。

「年内の契約であれば、総工費から4%値引きします。」との文言で契約を迫られましたがとりあえず年始まで猶予を頂き帰ってきました。
宅建指導課に相談すればよいのかも分かりません。

何かアドバイス頂けたら光栄です。

投稿日時 - 2012-01-03 22:50:36

QNo.7223656

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

土地がないのに建物の契約を結ぶというのは、建築主としては異常な事態だと思います。当たり前の順番として、土地を確保した(見通しが立った)うえで建物の契約を行わないと、トラブルのもとになりそうです。
仮に購入希望の土地が建築条件付きであったとしても、まずは土地の売買契約を結んで、一定期間内に建築請負契約を結ぶのが正しい方法なので、この業者のやり方に合わせるのは建築主としてはメリットがないですね。それどころか、不誠実な業者という印象がしてあまり近づきたくない感じがします。
建築条件付きの土地というのは、契約をしたら何が何でも建物を作らなければならないわけではありません。その業者のプランが気に入らなければ、土地の契約を解約できるのです。しかし、先に建物の契約を済ませてしまうと、解約にいろいろと障害が出てしまいます。
詳細はあとで決めるというドンブリ契約だけは避けた方が身のためだと思います。

投稿日時 - 2012-01-04 09:20:01

補足

その業者さんいわく、「宅地造成した会社が別のためそれを買い上げています。」とのことでした。
ここのやり方は、建築契約したのちに土地売買契約をするそうです。
標準的なセオリーに反している気がしてならないのですが…。

私自身、その業者さんの建物は気に入っていますし、土地も良い場所なので今後何も問題が起きなければ良いのですが、なぜこのようなやり方をされるのか分かりません。

投稿日時 - 2012-01-04 10:41:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

本来ならば、土地の売買契約から設計監理の委託契約、設計図書に基づいた施工の請負契約とながれていくことが、順当で確実な流れです。
施工金額が割高だろうが、気に入った設計にならなかろうが逃げられないためにおさえたい業者のやり方かもしれません。
施工者としては、仲介料も取れず(?)土地を紹介しただけで他に逃げられては何をやっているのかわからなくなってしまうわけです。
設計(基本設計含む)~見積もりがサービスだと思っている施主が多いので、
設計料の委託契約は飛ばし、設計施工という形で請負契約にいれてしまう業者も多いです。
請負契約をしなければ、失注したとき基本プランや見積もる手間がタダ働き(外注なら持ち出し)になるのも防ぎたいのでしょう。

順当な流れで進めたいのであれば、基本プランも有料だという意識で
交渉されてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2012-01-04 21:01:46

お礼

とりあえず担当の方に話をして順当な方法で話を進めて頂くように約束しました。
悪徳業者ではなく端に契約を取りたいだけなら良いのですが…。
慎重に話を進めてみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-01-04 22:43:37

ANo.2

バリアフリーと叫ばれている世の中で、結構専門家と一般人の格差は見逃されている
其れに人は欲得が絡むとつい追従している
其処に眼をつけているのが、建築条件付土地+工事契約でしょう
土地から建物迄、相手は凡て専門家群で、客の貴方の専門知識は?
相談されて第三者設計監理として、条件付建設に関り良く見ます
客は一式頼んだから安くなると心中考える処に業者は付け入る

投稿日時 - 2012-01-04 08:39:54

お礼

きちんと建物を建ててくれて、それなりの利益を得て頂くのは一向に構わないのですが、このようなやり方をされると悪徳にしか見えなくなってきます。
少しでも疑念を残すなら契約はしないほうが良さそうですね。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-01-04 10:44:07

ANo.1

まずその土地は建築条件がついていないのですよね。

そうであれば土地の購入手続きになります。

建築条件付きの土地であれば、打ち合わせを進めてから目途がついたところでの土地と上物の請負契約に
なるのではないでしょうか。

いずれにしても疑念があれば聞いてみることで、気に入らなければしないことです。

投稿日時 - 2012-01-04 06:50:38

補足

この業者では、請負契約→土地売買契約が一般的なようです。
地元密着型の業者さんで、特に問題も起きていないようなので、このやり方でもきちんと希望の家を建ててくれているみたいですが、建築法にのっとったやり方で進めて頂かないと不安です。

投稿日時 - 2012-01-04 10:46:21

あなたにオススメの質問