こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

高額医療費控除について教えてください。

すいません、いまいちよく理解できないので、どうか教えてください。

病院で、会計した後「医療費控除してくださいね。」といわれました。
私は、1年間で医療費を72万円支払いました。
生命保険で5万円だけいただけました。
私は収入が102万円でした。

どれだけの医療費?が戻ってくるかしりたいのですが、よくわからないのです。
収入が少ないのに、医療費ばかり出て行って困っています。
まぁ、体が弱い自分が悪いのでしょうが。。。

確定申告のとき、医療費控除をすればいいといわれたのですが、実際どれくらい戻ってくるものなのでしょうか?

病院で、会計の方に、支払った人ご自身で、申告してくださいね。といわれました。


すみませんが、どなたか教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-01-03 22:54:49

QNo.7223667

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

給与所得者で年収が102万円ということであれば、所得税は発生しませんので、医療費控除をしてもお金が戻ってくることはありません。
医療費控除というのは払いすぎた所得税を返してもらう(あるいは安くしてもらう)制度ですので、所得税を払っていない場合は返ってくるお金自体がないというわけです。
では、医療費控除をする意味がないかと言えばそうではありません。
給与収入が102万円だとすれば、所得税は非課税であっても、住民税(市・県民税)は課税されているはずです。
確定申告で医療費控除を申請することで、住民税も非課税になったり、国民健康保険料が安くなったりしますので、やはりやっておくべきです。

投稿日時 - 2012-01-04 09:03:30

お礼

回答ありがとうございます。
確定申告で、いろいろ相談してみます。

とりあえず、確定申告に行く前に電話で問い合わせもしてみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-01-04 11:12:05

ANo.1

>私は収入が102万円でした…

所得の区分 (種類)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm
は何でしょうか。

>確定申告のとき、医療費控除をすればいいといわれたのですが…

パートやバイトを含む普通のサラリーマンで「給与」が 102万円ということなら、それだけでは所得税が発生しませんので、医療費控除をする意味はありません。

給与ではなく、株の売買だと家事分で八百屋を開いているとかなら、それぞれ「収入」を「所得」に換算するといくらになるかを見極めないと、話は先に進みません。

>どれだけの医療費?が戻ってくるかしりたいのですが…

医療費が戻ってくるのは、税制上の医療費控除ではなく、健康保険の高額療養費補填制度です。
1ヶ月におおむね 8万円程度以上使った場合に、それを上回る部分を補填してくれるのです。
ただ、この詳細はあなたが属している健保によって異なりますので、具体的なことはそれぞれの健保にお問い合わせください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2012-01-04 07:49:54

お礼

ありがとうございます。

わからないことだらけなので、貼ってくださったリンクなど、見にいってみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-01-04 11:15:11

あなたにオススメの質問