こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

血液検査と画像検査での信頼度は

48歳男性です。
個人病院の耳鼻咽喉科->総合病院(内科、耳鼻咽喉科、外科)->大学病院(耳鼻咽喉科)と
紹介され、
大学病院->総合病院に戻されています。

総合病院の外科で昨年、血液検査と画像検査(CT、MRI、PET-CT)から判断したら、
もう概に、濾胞性悪性リンパ腫で間違いないんだけども、
調べたい組織が胸骨の裏側で、PET-CT受けて直ぐだったら、積極的に調べるんだけど、
CTで見つかって1年以上経って、大きさも変わらないので、
放っておいていいでしょう、また、何かあれば、見せにきてと言われてます。

その時に、「直ぐに組織を取って調べないでいいんですか?」と聞きました。
過去の経過と血液検査それに画像検査で濾胞性リンパ腫に間違いないんだけども、
調べる組織は胸骨の裏側で、胸骨を割って取り出す必要がある、
全身麻酔のリスク(高血圧・喘息あり)と組織を取って確定したとして、
骨髄に浸潤があるか調べ、なければ経過観察ということもあるから、
そのまま放って置きましょう、「微熱が続く」、「背中が痛む」などの症状が
出て長く続くようだったら、見せに来てと言われてます。

まず、血液検査と画像検査で病名は分かるものなんでしょうか?
放って置いて良いということは、大したことはないんでしょうか?

悪性リンパ腫を調べてみたら、確かに経過観察もあるし、
病変を調べないと確定できないともありました。

また、日常生活でどのような注意が必要なんかなと言う不安もあります。

血液検査と画像検査で言い切ると言う事は、ほぼ間違いないんでしょうか?

投稿日時 - 2012-01-05 12:01:51

QNo.7226362

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

補足の記載でDr.のことが良く分かりました。
どっちなのか?・・・ご自身は早くはっきりして欲しいでしょうが、今診てもらっているDr.を恵贈していいと思います。
お薬を出すには病名を記載せねばなりませんが、今のところお薬の処方はないと思います。
私の読みお年かもしれませんが、診察にいたったのは何か症状があったのでしょうか?

投稿日時 - 2012-01-06 17:08:03

補足

十年前に耳が聞こえなくなり(中耳炎)、その際原因を調べようと喉頭ファイバーで、覗いて頂いたら、咽頭が腫れており、ブツブツのデキモノもあったのが最初です。
その時の生検では異常なしでさた。
一昨年には背中が痛くなり、X線では異常は見つかりませんでしたが、念のため撮ったCTで胸腺が腫れているのが見つかり、PETなどの検査を受けました。
また、昨年右腕が浮腫やすくなり、外科で調べて頂きました。
その際に過去の検査結果などを見て言われました。

投稿日時 - 2012-01-06 17:41:31

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-01-06 17:29:19

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

(Q)血液検査と画像検査で病名は分かるものなんでしょうか?
(A)それだけで、判断しているのではありませんよ。
先生が、「微熱が続く」、「背中が痛む」などの症状が
出て長く続くようだったら、見せに来て……と言っているように、
総合的に判断しているのですよ。

(Q)放って置いて良いということは、大したことはないんでしょうか?
(A)いいえ。大したことない……という意味ではありません。
例えて言えば……
一般の人が道を歩いている(大したことない)のではなく、
曲芸師が綱渡りをしているようなものです。
やっぱり、すごいことなのですよ。
でも、落ちるとは限らない。無事に、向こう側にたどり着く場合も多い。
ならば、無理をして、バランスを崩す必要はないということです。
でも、バランスを崩しかけたら、落ちる前に、何とかしましょう、
ということなのです。

(Q)血液検査と画像検査で言い切ると言う事は、ほぼ間違いないんでしょうか?
(A)はい。ほぼ、間違いありません。
命に関わる問題なので、いい加減な判断はしません。

(Q)周囲の理解が得られません。
ガン=早期発見、早期治療と言われてるのに、放置って有り得ないとも言われたり、陰口として嘘つきとも言われてます。
(A)これは、残念ですが、ご自分で理解を得るように努力をするしかありません。
例えば、下記のサイトを紹介するとか……
http://www.gsic.jp/cancer/cc_01/hc/index.html
質問者様の場合には、低悪性度リンパ腫の「経過観察」の状態なのです。
濾胞性は4ページに解説してあります。
「悪性度は低く、進行は遅いのですが、抗がん剤の効果は十分とはいえない」
という話を聞けば、決して楽観できる状態ではなく、
むしろ「抗がん剤が効かないので、経過を見るしかない」ぐらいに
厳しい状態だと言うことが理解していただけるでしょう。

投稿日時 - 2012-01-06 11:16:11

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-01-06 14:51:39

ANo.1

生体検査(BP)をするにせよ、原発部位がわからねばできません。だからPET-CT。
現行ではほぼできることをやっているように思います。
BPでの組織摘出は内視鏡を上手く駆使すればできそうに思えますが、医師の腕次第。
といって、BPで診断しても治す方法が確立されていなければ心配ですし、逆に刺激して進行を早めることも考えると無駄足になりかねません。
判断(診断)は医師にしかできませんのでここでは言及できません(すみません)。
その医師と細かく相談されてはいかがでしょうか?その医師も悩んでいるはずです。
参照URLは一般的ですが、医療現状に近いと思います。

参考URL:http://ganjoho.jp/public/cancer/data/follicular_lymphoma.html

投稿日時 - 2012-01-05 15:12:08

補足

調べる組織は、胸腺腫も疑われる為、拡大胸腺摘出術しかないそうです。
画像と血液では、ろほう性悪性リンパ腫が濃厚だが、部分採取したら胸腺腫だった、また、逆もあるため、他の症状がない今、放置しかないそうです。
どちらも比較的進行が遅いから、敢えてリスクを侵して迄検査の必要がないとも言ってました。
ですので、決まって何時診て貰うと言うのがありません。
後は、無理をしないように言われてますが、周囲の理解が得られません。
ガン=早期発見、早期治療と言われてるのに、放置って有り得ないとも言われたり、陰口として嘘つきとも言われてます。

投稿日時 - 2012-01-06 00:18:50

お礼

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-01-06 00:01:09

あなたにオススメの質問