こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

P型拡散層抵抗で20kΩを設計するには

P型拡散層抵抗で20kΩを設計するにはどうしたらよいでしょうか。ただし、パタン幅は3μm、シート抵抗は300Ω/、コンタクト抵抗は1個あたり20Ωです

投稿日時 - 2012-01-11 19:46:47

QNo.7238777

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ANo.1です。
間違ってました。修正します。

パタン幅というのは拡散層抵抗のパターン幅のことですね?
抵抗は2箇所のコンタクト(メタル配線との接続点)があるので、全体で 20 kΩ の抵抗を作るには、拡散層抵抗の抵抗値を 19960 Ω とすればいいことになります。シート抵抗というのは、幅と長さが等しい正方形(□)の抵抗値の意味なので、幅 W (μm)、長さ L (μm)のパターンの抵抗値 R(Ω)は
   R = シート抵抗*L/W
になります。今の場合、シート抵抗 = 300 (Ω/□)、W = 3 (μm)なので
   19960 = 300*L/3 → L = 199.8 μm

投稿日時 - 2012-01-11 20:17:44

お礼

非常に分かりやすかったです。ありがとうございます!!

投稿日時 - 2012-01-11 20:53:16

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

パタン幅というのは拡散層抵抗のパターン幅のことですね?
抵抗は2箇所のコンタクト(メタル配線との接続点)があるので、全体で 20kΩの抵抗を作るには、拡散層抵抗の抵抗値を 1960Ω とすればいいことになります。シート抵抗というのは、幅と長さが等しい正方形(□)の抵抗値の意味なので、幅 W (μm)、長さ L (μm)のパターンの抵抗値 R(Ω)は
   R = シート抵抗*L/W
になります。今の場合、シート抵抗 = 300 (Ω/□)、W = 3 (μm)なので
   1960 = 300*L/3 → L = 19.6 μm

投稿日時 - 2012-01-11 20:12:52

あなたにオススメの質問