こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

MBR 隠しパーティションのバックアップ

いつもお世話になっております。

最近のWindows パソコンは DTODというハードディスクにOSのイメージをもっていて、そこから復元するものが多いです。私が現在持っているパソコンもそうなっているものがあります。
UbuntuやFedora、CentOSなどのインストールをするときに間違って消してしまいそうで心配です。

VMWare Player や Virtual Boxを使って仮想環境で利用するのもよいですが、
実際に入れてみたい気もします。
購入直後に下記ツールを選んでバックアップを取ったようなのですが、
どうして選んだのかを忘れてしまいました。

EaseUS Todo Backup
http://www.todo-backup.com/


幸い、そういった重要なパーティション等を消してしまうような自体にはなっていないのですが、
今後の為に何かお勧めのツールはないでしょうか。

理想としてはフリーソフトで、
CDブートのソフトでインターフェースはGUI
NTFSの無圧縮、無暗号化の領域アクセスに対応していて
USBの外付けハードディスクが認識できて
そこにMBRの情報やパーティション情報、各パーティションの中身のデータの情報を書き込める
復元時もCDからブートして、保存した外付けUSBハードディスクのデータから
MBRやパーティション情報を復元できる。
さらに欲を言えば、パーティションのサイズを変更(拡張)したりカスタマイズできる。
メジャーで人気のあるソフトがいいです。(マイナーだと無くなったりしそうなので)


何かお勧めのソフトなどございませんでしょうか。
みなさんのお勧めをお伺いできればと思います。

投稿日時 - 2012-01-26 23:56:22

QNo.7268708

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

CDブート可能となると、フリーソフトウエアでは "Easeus Disk Copy" ですね。最新版は、Version 2.3.1 です。
http://gigazine.net/news/20080821_easeus_disk_copy/
http://www.ne.jp/asahi/tomo/hp/anna/paso/EaseusDiskCopy.htm

クローンディスクを作成します。下記のTodoでも "Clone Disk" がありますが、CDブートには対応していません。
http://gigazine.net/news/20090811_easeus_todo_backup/http://gigazine.net/news/20090811_easeus_todo_backup/

USBの外付けHDDも認識しますので、書き込みも当然出来ます。クローンニングは、そもそもHDDの情報をそのまま変更せずに書き込みますので、MBRなどの情報もそっくり移りますので、HDDを交換すればそのまま起動します。ただし、隠しパーティション(D to D 領域など)のコピーは行われますが、上手く起動するかどうかはやってみなくては判りません。これは、後に出てくるTrue Imageでも同じなのですが、D to D 領域を起動する際にセクター数などで指定している場合、このようなクローンソフトウエアでは、正確なコピーがされない場合もあるため、起動に失敗する恐れがあります。まあ、D to D 領域は、同じことをやるためにあるようなものなので、このようなソフトウエアを使って、初期段階のシステムのイメージバックアップやクローンを作成しておけば必要無いのですが。

パーティションを拡張する場合は、別途下記が必要になります。パーティションの操作ソフトで、パーティションの確保や削除、リサイズや結合等、大概の操作が可能です。最新版は、Version 9.1です。窓の杜からダウンロード出来ます。
http://gigazine.net/news/20101118_Easeus_Partition_Manager/
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/defrag/easeuspart.html

もし、商用でも構わなければ、Acronis True Image 2011 があります。小生は、2010を持っていますが、最近新しいバージョンで2011が出たようです。"ハードディスクのクローン作成 "の機能があります。自動や手動モードがあり、移行先に合わせて自動でパーティションを拡張したり、任意に設定が出来ます。当然CDブート可能で、USBの外付けHDDやネットワークにも対応しており、かなり高機能です。それと、商用版なので日本語化されています。
http://www.acronis.co.jp/homecomputing/products/trueimage/?source=jp_googleATIH&source_detail=APAC-JP-FY12-Q1-SEM-jp_googleATIH&ad=ati&c=15779584279&k=acronis%20true%20image%202012&gclid=CPn1hraN760CFQJKpgod_F-rsw

あと予算が許すならば、最初のHDDはそのまま保存しておき、クローンで作成したHDDを使っていろいろ操作することがお薦めです。これならば、購入当時のHDDがあるので、いつでも再びクローンしたり、D to D のリカバリすることが可能ですよ。

投稿日時 - 2012-01-27 11:22:26

お礼

air_supplyさんご返答ありがとうございます。
お勧めしていただいたフリーソフトに関しては、すべてとりあえずバックアップをとる作業まで行っておこうと思います。いつか万が一、重要なパーティションを損傷した際にいずれかのソフトで復元ができれば幸いと考えています。

パソコンの中身を差し替えるのは苦手で、自作機は昔1度作ったくらいで、後は、メモリの増設と
ハードディスクの増設、PCIのボードの追加くらいしかやったことが無く、いずれもデスクトップです。

今回のパソコンはノートなので、一度も開いたことがありません。ノートパソコンは小型の為、中身も精密そうで、空けるのは少し怖いので、ハードディスクを取り外すのはやめておこうと思います。

投稿日時 - 2012-01-30 23:59:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

ANo.1です。

Acronis True Image 2011 は、2012でした。訂正します。

投稿日時 - 2012-01-27 11:24:31

あなたにオススメの質問