こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ピアノが他楽器と合奏するとき他楽器の音律は?

題名の通りですが、平均律であるピアノが他楽器と合奏するとき、他楽器の音律はどうなるのですか?

例えばヴァイオリンはピタゴラス律の5度で調弦しますが、これではピアノとあいませんよね?
調絃はピタゴラス律でやって、演奏は平均律にあわせるのですか?

また、管楽器はどの音律で吹くのですか?

投稿日時 - 2012-01-28 20:38:58

QNo.7271964

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

管楽器専攻の音大卒です。

管楽器は全て、ピアノに合わせます。

最初のチューニングも、もちろんピアノから音を貰います。
「同じ音内での音程の微妙な変化(変更)」はピアノでは出来ませんが
管楽器ではそれが出来ます。

伴奏合わせ等をする時は、
最初よりも楽器が温まってくると
管楽器は音程がだんだん高くなります。
そんな時は、管を少し抜いて全体的に音程が下がるように調節します。

その演奏の主役がいくら「管楽器」だとしても
音程はピアノに合わせます。

投稿日時 - 2012-01-28 22:28:54

お礼

回答ありがとうございます。
管楽器専門の方からの回答をいただけて嬉しく思います。

チューニングというのはピアノのAの音でですか?
オーケストラではオーボエのAの音を元にチューニングすると聞きましたが、ピアノがある場合はオーボエを無視してピアノにあわせるのでしょうか。

投稿日時 - 2012-01-30 15:37:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

こんばんわ。再度ANo2です。

そうです。チューニングはAの音です。
オケでは質問者様が仰る通りオーボエのAで合わせます。

オケの場合、チューニングの基本はオーボエです。
例えばオケにピアノが入る曲がありますよね?
その時もピアノ以外の他の楽器はオーボエに音を貰います。
これはオーボエがオケ内のピアノとピッチが違っても
どうしようもありません。
ピアノがとても重要な曲である場合は
オーボエの方が予めピアノが何ヘルツで調律されているか確認します。
その音程でチューニングをします。
ですが、ステージ上でピアノから音を貰うことはまずありません。
(1部、特殊な場合を除く)

ですが、「ピアノを含む室内楽」では
ピアノのAに合わせます。
ピアノ以外の楽器にオーボエがあっても
ピアノに合わせます。

また、オーボエの伴奏をする時も
オーボエがピアノから音を貰って合わせます。

ややこしいですね^^

投稿日時 - 2012-01-30 21:22:18

お礼

再び回答ありがとうございます。

オーケストラと室内楽で音のとり方が違うのですね。

投稿日時 - 2012-02-01 16:12:19

ANo.1

ピアノは調律を専門家に依頼するので、ピアノに合わせることになります。
演奏家次第ですが、でくるだけ濁って聞こえることのないよう調整するようです。
ただ、ピアニストのなかには平均律ではなく純正律やミーントーンの調律を採用している人もいます。

投稿日時 - 2012-01-28 21:16:02

お礼

回答ありがとうございます。

やはりピアノにあわせるのですね。

投稿日時 - 2012-01-30 15:33:39

あなたにオススメの質問