こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

一つの銀行に複数の口座を持つメリットとは何でしょう

一つの銀行に複数の口座を持つメリットとは何でしょうか?

銀行の機能で「振替」と言うものがありますが
これは同一銀行で複数の口座を持ってる場合、第一口座から第二口座へとお金を振り返るときに使う機能ですが
そもそもなんで複数も口座を持つのでしょうか?
メリットがわかりません。

一つは預金・貯金用、一つは出金用にしたいなどでしょうか?

投稿日時 - 2012-02-07 22:02:21

QNo.7291832

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>一つは預金・貯金用、一つは出金用にしたいなどでしょうか?
それもあるかと思います。
他銀行の複数口座でしたら、銀行の破綻に対する資産分散の効果があります。

預金口座は、普通、定期、当座、外貨などがあります。
普通預金は一番利用するかと思いますが、ペイオフが1000万までです。利息がつきます。
定期預金は、基本的に一定期間引き出すことができません(途中解約できますが)。利息がちょっと高いです。
当座預金は、ペイオフの上限がありません。また、小切手や手形が利用できます。利息はつきません。

それぞれ口座間のお金の行き来を振替えと言います。

投稿日時 - 2012-02-07 22:48:02

お礼

詳しい説明ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-02-08 22:54:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

ひとつは嫁はんに公開の給与振込口座。
もうひとつは、私のへそくり口座。
会社から給与以外にも、日当など嫁が知らないお金が振り込まれるので。

あとはローンを組む時の返済口座が、店舗を指定され、
それが給振口座がある店舗と別の店舗だったので、もうひとつ口座を作りましたね。

投稿日時 - 2012-02-08 07:21:02

お礼

なるほど。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-02-08 22:54:25

ANo.1

「口座」とは、「普通」「定期」「当座」「外貨」等がありますが、これらが「総合口座」として一括される場合が多いです。

「普通」から「定期」へ資金移動したり、カードローン等を借りた場合は、「普通」から「当座」へ移動して返済という形を取ったり、「普通」から「外貨」へ移動したり、といった場合が多いと思います。

その際に、「振替」処理を行うのが一般的です。

恐らく、「普通」同士の振替を想像なされたのかも知れませんが、現在は同一店舗で複数の普通口座開設は困難ですから、上記のような形で「振替」を行うのが通常だと思います。

投稿日時 - 2012-02-07 22:38:21

お礼

詳しい説明ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-02-08 22:53:31

あなたにオススメの質問