こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

裁判

質問です 大変困っています。私は建築関係の仕事をしています。

6年程前の話なのですが、Aさんという工務店からよく仕事を依頼され仕事をしていました。

そんな状況の中でAさんの親戚のCさんの家の新築をすることになりました。

もちろんCさんは建築のことは全くの素人ですし親戚の工務店Aさんに全てを任せている状態です。

無事契約も終わり工事に入りましたその工事での私の仕事内容は、現場管理でした。

そして無事工事も終わり、私も管理費用をもらいました。ただ私も20年近く住宅建築に関わって

いますので、このCさんの家の工事費が幾らぐらいなのかは大体予想でき、AさんとCさんとの請負

金額は細かい数字まではわかりませんが大体の金額は知っていましたので、

Cさんの新築工事では

いい利益がでたのではないのかと思っていました。

そんなある日Aさんの兄Bさんと話をしている中

(兄Bさんも以前から知り合いですし彼は別の業種です)兄Bさんが「親戚のCさんの新築は儲かったか?」

みたいのことを私に聞いてきました その時Aさんはその場にはいません

私としては普通の世間話みたいな気分で「はい細かいことはわかりませんがそこそこ利益は出たと

思います」と答えましたし  もしかしたら大体の利益の金額も答えたかもしれません

なにしろ本当に世間話の中だったのであまり性格には、覚えていません。ただそれはあくまでも私個人の予想で話をしただけで確たる証拠はありません

そんな状況の中で、兄Bさんが親戚のCさんに「あんたAにぼったくられたぞ!現場管理していた○○さん(私の名前)が言っていたぞ」みたいなことをCさんに告げ口しました。

その事で今工務店AさんとCさんは裁判になっています。
裁判内容はおそらく過分な工事費の返還だと思います。
わたしも根拠のない軽はずみの事をいってしまったことは反省しています。

私が今聞きたいことは

Aさんはもしこの裁判に負けたら私と兄Bさんを訴えると言っています。
私はそんなにお金もなく弁護士に依頼するのも難しいかもしれませんし裁判とかに関しても
全くの無知です。
私はどうすればいいのでしょうか?


補足 Aさんと兄Bさんはあまり仲のいい兄弟ではありません

    Cさんとは工事中には何度かお会いしましたが、工事終了した時点から 
    いままで一度も会っていませんし話もしていません

    兄Bさんとも2年程会っていませんし話もしていません
    なぜBさんは告げ口したかはおそらくもし勝訴したとき
    Cさんからいくらかお金がもらえるからだと思います。

    Cさんの弁護士も一度も会っていませんし話もしていません

    Aさんとは、何度か会って話をしています
    私が軽はずみの事を言ったことも知っています。
    BさんやCさんやその弁護士から何か聞かれても
    よけいなことはしゃべるなと言われました
    もし負けたら私を訴えるとも言いました
    正直私はAさんBさんCさんの誰かの見方になるつもりは全くありません
    あくまでも中立でいたいです

    あと何度もいいますが、軽はずみの事を言った内容は本当に私が勝ってに思ったことですし
    証拠は私は持っていません。

    AさんとCさんは契約書は交わしています

    


    ただただおそらくそこそこの利益はあったと思います
    理由
      普通仕事が終わればどの現場でもどんだけ利益がでたとかこの現場の利益率
      は必ずデーターとしてあるはずですそれなのに昔すぎてデーターはないと言っています
      絶対そんなことは有りませんうまく誤魔化そうとしていると思います。
      あと前記していますがわたしも住宅建築20年仕事しています。
    


   長文になりました、誰か勝つとか負けるとかは正直あまり気にしていませんが
   自分が訴えられるのだけは、本当に困っています 
   助言をお願いします 私は法律の事は全くの無知です。   
  

投稿日時 - 2012-02-08 12:08:56

QNo.7292825

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

特に心配する必要は無いと思います。

AさんとCさんの裁判ですが、常識はずれで法外な利益をとっていたならば問題ですが、
それならCさんも契約時におかしいと気づくはずです。
利益率の高い契約は星の数ほどありますので、いちいち訴えられたら裁判所がいくつあっても足りません。

いくらまでが法外なのか非常に定義が難しいのでCさんが勝つのはなかなか難しいでしょう。

ですからAさんがあなたを訴えることも無くなりますし、
裁判になったとしても根拠も証拠も無く、あなたが裁判で負けることは無いでしょう。

最悪のパターンで、Aさんが裁判に負け、利益の一部をCさんに返金することになった場合ですが、
利益の一部ですから数十万から百万の範囲ではないでしょうか?

あなたはさらにその一部を負担するよう裁判をおこされることになりますが、
まったくあなたは契約にかかわっていないのですから無罪でしょう。
Cさんが証言に立って(まず無いと思いますが)、あなたから金額をはっきり聞いたと証言した場合で、
Aさんとあなたとの管理契約書の中に守秘義務契約が結ばれていた場合にかぎり、
10万円程度の罰金が科せられる可能性が少しあります。

投稿日時 - 2012-02-08 12:48:08

お礼

ありがとうございます
気分が少し楽になりました

私も建築士です守秘義務ですね
軽率でした今後注意しいていきます。

投稿日時 - 2012-02-13 11:56:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

#1さんと同じ回答ですが 一応私も建築士なので


>私はどうすればいいのでしょうか?
何もしなくていいです。
法律的に何も罪に問われることはしていません。

現場管理業務で知りえた情報を第三者に漏らしてはいけません。管理業務の契約が
口頭でなされたとしても、工事費などの情報に関して守秘義務があると考えられます。
守秘義務違反で損害が発生した場合Aさんから損害賠償請求があるかもしれません。

利益を上乗せして工事をするのは通常の商行為です。高いと思うならネゴをするのが
この世界。まず請負契約では先に金額が決まるわけです。
その金額が納得できなkれば契約をしなければいい。
あとから、材料をケチられたとか仕様書と違うとかいうのなら、その分を減額すればいい。
それを「えらくもうけたらしいぞ」という噂話で裁判を起こしても、何が不法行為なのか
はっきりしません。
本来坪単価45万くらいの家を75万で請求したというのならわかりますが、そこまで
仕様を落とせば素人にもわかるでしょう。せいぜい坪単価60万であがったものを
75万くらいで見積もった程度の話ではないですか?
おそらく工務店Aさんは裁判では負けないでしょう。

投稿日時 - 2012-02-08 13:35:07

お礼

ありがとうございます
気分が少し楽になりました

私も建築士です守秘義務ですね
軽率でした今後注意しいていきます。

投稿日時 - 2012-02-13 11:55:45

あなたにオススメの質問