こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

助けて下さい。

源泉徴収票を頂き、自己申告しようと申告書の作成にとりかかったのですが、支払金額と源泉徴収額しか数字は入っておらず(社会保険料等の金額は数字が入っている)、算出方法もわからないので、教えて下さい。

支払金額;\2,764,911-
給与所得控除後の金額;数字のゼロとだけ印字されています
所得控除の額の金額;数字のゼロとだけ印字されています
源泉徴収額;\54,788-
社会保険料等の金額;\427,839-

「給与所得控除後の金額」と「所得控除の額の金額」の算出が出来ず、非常に困っております。
ネット上で調べて、「所得控除の額の金額」を入れたのですが、「源泉徴収額」とあわず、困って
おります。
助けて下さい。宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2012-02-10 09:14:45

QNo.7296527

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

へんな源泉徴収票ですね。支払金額\2,764,911-で所得控除後の金額0なんてありえません。
多分、年末調整をしない源泉徴収票という意味なのでしょう。それならその欄は空欄にしておかなくてはなりません。それは貴方の責任ではないので、この際おいておきます。

1)所得控除後の金額は1,754,800円です。その源泉徴収票に書き込んではいけません。
確定申告書の、所得金額の給与という欄に書きます。他に所得がなければ合計も
1,754,800円です。

2)所得控除の種類は次のとおりです。
 雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、 小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、 地震保険料控除、寄附金控除、障害者控除、寡婦(寡夫)控除(この控除は女性の場合と男性の場合とで要件に差があります。)、勤労学生控除、配偶者控除、配偶者特別控除、扶養控除、基礎控除
このうち貴方に該当するものをすべて選らび、合計を求めます。

1)の金額1,754,800円から 2)の合計額を引きます=3)の金額とします。


それを下の式にあてはめて税額を計算します。税額を4)とします
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm


===ここで税額控除額を引きます。なければ無視====

源泉徴収票に書かれた金額54,788円が4)の金額より多ければその分は還付を受け、
4)より少なければその分を納付する
ということです。

>「源泉徴収額」とあわず、困っております。

上で述べたように、合わないのを調整する(不足であれば納付、過納であれば還付)ための確定申告ですから、合わなくてよいのです。合っていたら確定申告の必要がありません。

投稿日時 - 2012-02-10 14:45:25

ANo.3

>「給与所得控除後の金額」と…

2,764,911円なら 1,754,800円。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>「所得控除の額の金額」の算出が…

お書きの情報だけで分かるのは、
・基礎控除 38万
・社会保険料控除 427,839円

ほかにも該当するものがないか、良く探して記載することが肝要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>「源泉徴収額」とあわず、困っております…

合わなくて当たり前です。
そもそも所得税というものは1年間の所得額が確定してからの後払いが原則です。
自営業者等が、年が明けてから確定申告をするのはこのためです。
サラリーマンの場合に限り (ほかにも一部あるが)、源泉徴収の名の下に分割前払いさせられます。
源泉徴収は、あくまでも取らぬ狸の皮算用ですから、1年間が終われば過不足を生じることも多々あり、これを是正するのが年末調整もしくは確定申告です。

皮算用と狩りの成果が異なるのはごく自然なことということです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2012-02-10 10:03:37

ANo.2

 通常は、専任の事業所での給与だけを受け取っている場合は、年末調整で精算がなされており、自己申告は必要ないはずで、自己申告の必要があるというのは、複数の事業所から給与をもらっている場合なのでしょうか。所得総額が増えると、それに応じて所得控除の総額、支払うべき所得税額も変動し、過不足金額を精算することになります。したがって、合わなくて当然です。確定申告の時期には、税務署から計算表が送られてきたり、または国税庁のホームページでも申告書の作成ができるので、その通りにやればいいだけです。不安なら、確定申告の時期に、書類を揃えて会場で直接相談されたら良いです。

投稿日時 - 2012-02-10 10:01:20

自己申告?
 確定申告では?

源泉徴収票があるということはサラリーマンですよね。
年末調整はされたのではないですか。

サラリーマンが確定申告をする必要があるのは収入が2000万円以上とか、医療費控除のためなのですが?
それとも年末調整後に扶養の移動があったとか

源泉徴収額」とあわず、困っております。
 意味不明、同じ金額であれば確定申告をする必要はないのですが
 源泉徴収額より少ない金額になれば還付され
 源泉徴収額より多い金額であれば追徴です

はっきりいって、質問のい意図がわかりません。

投稿日時 - 2012-02-10 09:59:43

あなたにオススメの質問