こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

神はいない?

神がいなくてどうしてこの世界が成り立ってるんですか?
今この瞬間を偶然で済ますの?

投稿日時 - 2012-02-12 18:04:11

QNo.7301097

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まず、「確率」だとか「偶然」と言うものは、他ならぬ「人間」が自然を理解するために考え出した言葉であり、ここへ「神」と言われるものを出して同列に議論するのは、何か違うような気がする。

例えばあるコンサートで1万人の人が集まっており、その観客の中に一輪の花を投げ込んで、受け取る確率は1/10000ですが、受け取った人に言わせれば100%であり、受け取れなかった人は0%なんです。
「確率」は、起こるであろう未来の事象に対して、あくまで人間が考える「統計的手法」で導いた結果への「予想」であり、「偶然」と言うものは、結果から見た過去の「確率」を言っているものだと思う。

自然界は自然界の法則に従い、非常に複雑に互いに影響し合い、結果も多種多様なものになりますが、ここへ人間が解釈しようとして確率なるものを放り込み、確率の低い方の結果になると「偶然」と言う言葉で片付けているだけだと思いますが如何でしょうか。

自然界には「確率」などと言う概念はなく、自然界はただ自然の法則に則って変化して行くものなので、それを人間が理解しようとすることこそ「無理」があるわけで、人間の概念である「神」を持って理解しようとするには、聊か議論する次元が違うのではと思います。



>この宇宙の存在も何かの値が少しでも違えば存在しないとか地球の存在、生命の存在は偶然だけでは説明できない奇跡を越えたものを考えたりしませんか。

これらの文章の内容も、自然界が自然の法則に則って変化した結果について、人間の考えとして非常に稀な結果になったことを人間が作った考え方で表現しているだけのことと思います。
まだ人間が知らない宇宙の自然法則もあるでしょう。その自然の法則に従って変化して行った結果、宇宙が存在し、地球も存在する。加えて地球には生命も存在してしまった。だけ・・・。

確かに人間の考え方であれば、想像を絶するそれこそ「偶然」が重なってできた結果となりますが、自然界であれば、極々自然な流れなんではないでしょうか。


>科学的立場から見た神の存在です。

これは確かに「定義」が必要となるでしょう。


>神は宇宙、地球、生命を創った存在でしょう。

これが「神」の定義であると考えれば、その「神」と言うのは「自然界」そのものではないでしょうか。



人間が考えて、物凄く低い確率で起きる現象であっても、起きれば100%となり「偶然」に起きたと考えるでしょうし、起きなければ0%なわけで、自然界から見ればすべて「普通の出来事」になるわけです。


所詮、自然界を人間がすべて理解しようなんて無理な話しで、そんな無理な話しを理解しようと「神」を出して考えているだけに過ぎないことと思います。
仮に人間が考えている「神」が存在していても、今の人間は知りませんし、知る手段も持ちません。
しかし今回言われている「神」とは、まったく次元の違う「神」なわけです。



余談ですが・・・
よく宇宙人の写真なるものがメディアから出ていますが、人間が言うところの「偶然」が重なって、地球には地球の生命が誕生したわけですが、違う星で誕生した生命が、人間と同じ姿であることに驚きです。
非常に胡散臭い。
と言うより、真偽を問えば、「偽」の「確率」が高いです。
自然界の自然の流れの中で、「同じもの」ができることはまずない。
人間が知る同じ自然の流れを与えても、違うものができるのが「自然界」なのですから。
これが本当に別の星からやってきた生命であれば、100%・0%の考え方で言うと、知的生命の基本形なるものが、自然界のどこかに組み込まれている可能性があるわけです。
自然界(神)の成せる業は、到底人間に理解できないことです。

投稿日時 - 2012-02-13 21:20:13

ANo.12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(14)

ANo.14

ANo.12のご回答は大変良いポイントを突いていて参考になりました。
私は少し別の角度から回答してみようと思います。

> 今この瞬間を偶然で済ますの?
質問者さんは、
・地球上の複雑な生態系や、
・一個の生物(例えば人間)の身体の複雑精妙な仕組みや、
・物を考えたり感じたりする人間の精神能力や、
その他もろもろの世界すべてが「偶然」の結果できあがったなどとは信じられない、とお考えなのでしょう。
その気持ちはよくわかります。

しかしやっぱり、この世界が成り立っているのは、神様が作ったからではないのです。

こう考えてみたらどうでしょう。
1等2億円のジャンボ宝くじがあたる確率は約1000万分の1だそうです。
いま宝くじが全部売れたとして、そのうちの何枚かを私とあなたが買ったとしても、私やあなたにはまず1等は当たらないでしょう。
しかし1等2億円が当たった人がどこかに必ずいるはずです。
その人に向かって「あなたはなぜ当たったのですか?1等が当たる確率は1000万分の1なのに!」と問うのは意味の無いことですし、仮に聞いたとしても、その人は「偶然の結果です」としか答えようがありません。
その確率が2分の1だろうと1000万分の一だろうと1兆分の1だろうと、その人の答えは変わらないし、確率には意味がありません。

同じ事が地球に生きている我々にも言えるのではないでしょうか。

太陽がちょうどほどよい大きさで、太陽からの距離がたまたま生命の発生に適した位置に地球があり、何十億年かの間に生命が完全に絶滅するほどの致命的天変地異は起こらずに進化を重ね……そのうち数百万年前に「何かの弾み」でたまたまサルの一種から私たちヒトという知的生命が進化して来たわけです。
ヒトを生み出した「何かの弾み」が起きなかったらむろんヒトはまだ地球上に存在していなかったし、ことによると6500万年前に恐竜を絶滅させた天変地異が起きなかったらとっくの昔に別の知的生命(恐竜人?)が生まれていたかも知れません。

私たちヒトは偶然の結果として先祖が大当たりを引いてくれたおかげで、今この地上に生きて物事を考えたりすることができるのです。
「なぜ我々はここにいるのか?確率は低いのに!」と問われたら「偶然の結果です」としか答えようがないのです。
> その偶然を確率で求め科学的に解釈した結果ですか。
この問題を科学的に解釈するにあたって、偶然の確率を計算することに意味はありません。

> 科学的立場から見た神の存在です。
人間はずっと大昔から「なぜこの世界はあるのか、この世界はどういう仕組みになっているのか」「自分はなぜ、何のために、生きているのか」「死んだらどうなるのか」……など疑問に思い、それを説明するための様々な解釈や考え方を多くの人々がひねり出しまとめ上げてきました。
そのうちで最も早く考え出されたのが「神様が世界と人間を作った」という考え方です。
現実とつきあわせて正誤を確かめなくても済む=頭の中で考え出すだけでOKで手軽なので、どの人類社会でも基本的には共通の、もっとも原始的でいまだに根強い考え方の体系です。

ですが、「神が世界を作った」と解釈して全部を説明できたように錯覚して早々と納得してしまうよりも、「神が作ったのでなければ、どんな具合にして出来上がったのだろう」と考えて自然界の不思議さ奥深さを科学の観点から知れば知るほど、より神秘的に思え深い畏敬の念に打たれることは確かです。

> その確率から起こりえるのか起こりえないのかを知った上で初めて
ことによるとあなたは『偶然で高等生命が発生する確率は、バラバラに置いてある部品が台風で巻き上げられてジャンボジェット機が組み立てられる確率と同じだ』という言説を、どこかで読んだか聞いたことがあるかも知れません。

この言説の考え方は間違っています。
生命の進化で偶然がどう働くかの考え方を例えると、以下のようになります。

いま、100個のコインを同時に投げて全部表が出る確率は2の100乗分の1で、途方もなく低い確率です。
しかし、あるルールを適用すると、実にわずかな回数で投げたコインが全部表になるのです。
そのルールとは、表が出たコインはそのままにして置いて、裏が出たコインだけを集めて投げ直す、と言うものです。
こうすれば7回も投げ直せばコインは全部表になるわけです。

むろん上記は乱暴なたとえですが、生物はこんな風に「偶然に起きた」良い形質を持った個体が繁殖して次世代にそれを引き継ぐことを何十億年もの間積み重ねた結果、進化してきたのです。全部が全部一度に出来上がったわけではありません。
その時々の環境に合うように少しづつの変化が積み重なってきた結果なので、そんなに「起こりえない確率」と言うわけではありません。

投稿日時 - 2012-02-14 02:28:47

お礼

皆さん回答ありがとうございました。
いろいろ参考になりました。

投稿日時 - 2012-02-14 10:00:37

ANo.13

>科学的立場から見た神の存在です。

再現可能な実験で神を実証することができないので、
科学の世界にて、神の存在の有無はなじまない。

更に、神の概念は、宗教によって異なっており、
神と世界の関係も、
宗教の教義により異なる。

投稿日時 - 2012-02-13 21:48:39

ANo.11

 お礼、ありがとうございます。#9です。

>その偶然を計算したことありますか?

 大雑把には。ここらは量子力学の解釈問題ともいえます。

>その確率から起こりえるのか起こりえないのかを知った上で初めて偶然と言う言葉が使えるんだと思います。

 ところが、似たような当たり前が起きえていた可能性を考慮すると、どれでも当たり前で普通なんですね。

 人類が量子力学を知る前には、宇宙は誕生から終わり(それらがあるとして、ですが)まで、全てが決定済みだという、決定論的な考えを持っていたんです。

 これは、「もし無限の計算能力があり、いつでもいいから、全宇宙の全ての粒子の位置と速度が分かれば、どんな遠い過去でも、どんな遥かな未来でも、確実に分かる」という例え話として、「ラプラスの悪魔」として知られています。

 少なくともミクロの世界では、確率が現象の主体であると確定して行き、世界は未来はもちろん、既に起こってしまった過去すら、昔になる程、計算ではぼやけてしか見えなくなりました。

 計算だけならいいんですが、その数式が示す物理的実体を知りたくなるのは人情です。ただ、観測していなければどうなっているか、という、ある意味、不可知なものを知りたいということでもあり、解釈はいろいろです。

 上で述べた「大雑把には」というのは、そのうちの一つ、「エヴェレットの他世界解釈」と呼ばれるものです。この宇宙が、時々刻々、あり得る可能性の数だけに分岐していくというものです。
 我々も宇宙と共に、どんどん分岐しています。今、認識しているのは、可能性だけある分岐した宇宙の一つでしかありません。
 しかし、あり得るものはなんでもあるのだけれど、当たり前の世界の数が多過ぎて、普通は当たり前のことしかないわけです。

 物凄くたくさんの目がある、サイコロを振って、進むべき道を選んでいるのだけれど、宝くじにあたる自分がいるのは、1億以上の目があるサイコロのうち、たった1つにしか対応していない。残りの自分は、外れたり買わなかったりと、突如として大金を手にしてない。そんな感じです。

 ただ、こうした量子力学の解釈は、なんでも言えてしまう側面があります。実験や観測で確認できないことですので。あまり踏み込んでも、物理学から離れるだけという気もします。

 また、この宇宙が人間に都合が良すぎるとして、人間原理と言われる、宇宙が人間に都合よく出来ているのは、人間が宇宙に存在して宇宙を眺めているからだ、という考えもあります。これも個人的には、人類の自意識過剰な気もします。

 ただ、幸運を喜ぶのも、不運から立ち直るのも、そうした人生に関わる全ては、こうした物理学的な世界観は何も関係ありません。

投稿日時 - 2012-02-13 19:39:48

ANo.10

偶然と自然科学の法則と人為的な結果でしょう。
それ以外に何が有るの?

投稿日時 - 2012-02-13 15:45:09

>神はいない?

 生物でなく、物理法則を超えた力を持つ存在という意味で、神いるかもしれません。
 ただ、人類の知り得る限り、一切、この世界には介入していないようです。

>神がいなくてどうしてこの世界が成り立ってるんですか?

 偶然でしょう。

>今この瞬間を偶然で済ますの?

 生物が発生して以来、生物は偶然だけでなく、生存を含めた必然を模索して活動しています。
 生物以外の偶然の上に、生物の必然への努力の結果が積み重なって、今のこの瞬間になっているのでしょうね。

投稿日時 - 2012-02-13 10:00:01

お礼

その偶然を計算したことありますか?その確率から起こりえるのか起こりえないのかを知った上で初めて偶然と言う言葉が使えるんだと思います。

投稿日時 - 2012-02-13 13:52:02

ANo.8

あなたはグジャラは存在すると思いますか。
多分、グジャラとはなんですかと反問されるでしょう。

では神とは何ですか。私も反問いたします。
神の定義を教えて下さらなくては、存在するかと問われても答えられません。

これは真面目な話です。
西洋から、god (仮に英語で書きますが)という言葉が入って来たときに、日本人の誰かが、神と訳しました。しかしこれは誤訳であったかも知れません。神とgod は異なるもののようです。

ですから、神は存在するかという質問は、god は存在するかという質問も異なるのです。

投稿日時 - 2012-02-13 09:38:44

お礼

神は宇宙、地球、生命を創った存在でしょう。その後は何も手は出していないと思います。それから、今に至るまでが神の意図した結果なのか偶然なのかは分かりませんが、偶然にしては良く出来すぎてると思います。

投稿日時 - 2012-02-13 13:50:10

ANo.7

神は居ます・・・それだけじゃいけませんか?

私は天地創造の物語など信じていません。
なぜなら人は自分の知っていることしか事実を書けません。理解できませんから。

私は予言を信じません、予言というのは何もしなければそうなるということ。
信じて対処すれば予言は外れます。運命とはそういうものです。

だけど神を信じます。
無条件で信じるから、誰がなんと言おうと気にもなりません。
神が何をしたか、何をするのか。そんな事は存在性と無関係の意味のないことです。
信じない者だって何の確証もないのです。放置すればいいんです。

神の存在の確証を求めなければ・・つたない知能の人間ごときがそんなことを考えること自体
信じ切れていない証拠です。
神の存在の証拠が欲しい、そう考えるのは神を矮小化しているに過ぎません。

自分を信じるから、神を信じる。それだけで十分ではありませんか?

投稿日時 - 2012-02-13 09:05:14

お礼

神を信じているのではなく神の仕業としか思えないから存在を疑ってしまうんです。

投稿日時 - 2012-02-13 09:20:17

ANo.6

神がいるとどうしてこの世界が成り立つんですか。
神がこの世界を作ったから。

神はだれが作ったのですか。あなたでしょう。
あなたがいなくてどうしてこの世界が成り立ってるんですか?

「今この瞬間を偶然で済ます」つもりなんかないとしても、済んでっちゃうからどうしようもない。
今この瞬間が偶然だと何か困ることがあるの。

今この瞬間が必然だとすれば、その一瞬前も、そのまた一瞬前も、・・・・初めがあったとすればその初めからみんな必然になって、全く自由度がなくなりはしないか。おもしろくもなんともない。それでいいのか。

神が必要な人は神を飼えばいい。必要のない人にペットは要らない。
神も大勢いるようだから、選ぶのが大変のようだが。

投稿日時 - 2012-02-12 23:11:30

お礼

偶然で済ますのは楽観的過ぎるのでは。
偶然で済まないからこそ疑問に思うわけです。

投稿日時 - 2012-02-13 09:14:30

ANo.5

神様がいるからこの世界が成り立っていると思いますがね
この瞬間も必然だと思いますが。

投稿日時 - 2012-02-12 21:14:19

お礼

必然と言うか奇跡を超えてますね。

投稿日時 - 2012-02-13 09:12:38

ANo.4

神は宗教の世界ですからね。

宗教、哲学、科学が分離していない
ルネッサンス以前のヨーロッパ中世では、
神に関する疑問は科学の分野でしたね。

時代背景又はカテゴリーが違うのでは。

投稿日時 - 2012-02-12 20:46:25

お礼

宗教と言う意味ではなく科学的立場から見た神の存在です。

投稿日時 - 2012-02-13 09:11:52

偶然以外何があるの?
もちろん神が居ても良いけど、何も変わらないよ。
だって神は沈黙しているから。

投稿日時 - 2012-02-12 18:31:22

お礼

偶然で済ますのは楽観的過ぎるのでは。
その偶然を確率で求め科学的に解釈した結果ですか。

投稿日時 - 2012-02-13 09:10:55

ANo.2

 神はこの世界にはいない。

 神は、精神世界にだけ存在する。

 偶然こそ、何よりも貴重で重要なもの。

投稿日時 - 2012-02-12 18:17:01

お礼

偶然で済ますのは楽観的過ぎるのでは。
その偶然を確率で求め科学的に解釈した結果ですか。

投稿日時 - 2012-02-13 09:10:10

>どうしてこの世界が成り立ってるんですか?今この瞬間を偶然で済ますの?
ある意味、そのとおり。

投稿日時 - 2012-02-12 18:09:50

お礼

偶然で済ますのは楽観的過ぎるのでは。
この宇宙の存在も何かの値が少しでも違えば存在しないとか地球の存在、生命の存在は偶然だけでは説明できない奇跡を越えたものを考えたりしませんか。

投稿日時 - 2012-02-13 09:07:06

あなたにオススメの質問