こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

未成年 堕胎の慰謝料

未成年 堕胎の慰謝料

友人から相談を受けたのですが、回答出来なくて困っています。詳しい方アドバイスをお願いしますm(_ _)m
友人(28歳)には付き合って3年になる彼女(19歳)が居たのですが彼女が妊娠をしました。
おろすか産むかでごたごたしていたのですが、友人の子ではない可能性が高いようなのです。
友人は避妊(コンドーム)も確実に行っており、妊娠はおかしいと疑っていた様ですが
彼女を問いつめると妻子ある男性とも頻繁に関係を持っていたようなのです。
本人(彼女)もどちらの子供であるかはわからないそうです。
ただ友人も避妊をしていたとはいえ、100%自分の子ではないという断言は
出来ないので困っているようなのです。彼女の方は最初は絶対に産むといっていたようなのですが、
他の男性と事が発覚した後は子供はおろすと言っているそうです。
※ 妻子ある男性は友人の友達で、友人はこの事を相談していたそうです。
その男性からは「生まれたら一生養育費を払ってあげなさい」
「入院費も全て払って誠意を見せるように」といわれていたようです。
妊娠が発覚したのは、彼女が体調不良で病院に入院したのがきっかけで
入院費等も友人が払ったそうなのですが、子供をおろすという事で、
彼女の両親から堕胎代+入院日数分の生活費+慰謝料70万を請求されているようなのですが、
この場合友人は慰謝料を全額払わないといけないのでしょうか??
(彼女の親は、彼女が妻子ある男性と関係を持っていたというのを知った上で慰謝料を請求しているようです)
両親の言い分としては、[高校生の頃から付き合っていて問題だ、訴える]と言ってるようです。
つきあい始めの方は、彼女の親も交際には反対していた様ですが、
年数がたつにつれて交際を認めていたのに、今更そんな訴える事など可能なのでしょうか?
あと、おろす場合にDNA鑑定等行う事は可能なのでしょうか??

投稿日時 - 2003-12-16 11:39:53

QNo.731450

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

「男と女の道のりは、拾うか捨てるかである。」
こんな名言を吐いた人がいましたが正にその友人はその瀬戸際に立っているのでしょうね。

日本の法律は結構いい加減にできており、相手がかくたる証拠が無くても、請求する事を制限する法律はありませんので、請求自体はまったくご自由に!というのが日本の法律です。
しかし支払いをしなくてはいけないかと言いますと、確(かく)たる証拠が必要になってきます。
堅い話をしますと、「では証拠を出しなさい!。」と言う話しに進むことになってしまいます。
ですが現状の中の一つの問題は解決するとしても、本来の解決にはほど遠いものがあるように思えてなりません。

要は着地点をどこに設定するか!という座標を見つけていないのがあなたの質問ではないでしょうか。

支払わなくてはいけないのか?も大切な問題ですし、DNA鑑定も必要になってくるかもしれません。しかし相手の女性とご友人にとってそれぞれの人生でなにが必要になり何が不要なのかと言うことだと思います。

冒頭に書きました、何を『拾うか捨てるか・・・』が必要になってきます。
ご友人にあなたが与えるべきアドバイスは、DNA鑑定や請求に対して請求が可能かどうかの回答ではないはずです。

現在は頭に血が上っている女性のご両親の対応に不審を持たれているようですが、手塩に掛けて育てた娘が不倫と不貞を働けば普通は娘を叱るのが父親であり、母親なのになぜこちら側に金額の請求を・・・。
考えたことがありますか?。親の気持ちは本当に広く深く包み込むように子供の体も心も将来も案ずるものなのです。

ご友人だけでなく相手のご両親も苦しんでいるのです。本来は怒りを娘にぶつけたくても妊娠して精神的に動揺していれば、もしかして「死」に向かうことだって親とすれば危惧してしまいます。ならば人の心理として「誰かを悪者に!」と動くことは自然といえるのかもしれません。
ご友人が「DNA鑑定を!」と口にすれば火に油を注ぐ事になるでしょう。

私はあなたに対して申し上げたい。
相談を受けるのなら相談全体を見通せる見識をもつ人でないとアドバイスは出来ないものだと。

辛口が多く不快な思いをさせてしまったかと思いますが、お気軽に相談が出来るここの掲示板で、回答を探そうという考え方に問題があるように思えてなりません。
人々の一生が掛かっていることを再度熟考していただきたいと思います。
ろくなアドバイスもしないまま、説教めいた書き込みをしてしまいお詫び申し上げます。

投稿日時 - 2003-12-16 12:41:08

お礼

回答ありがとうございました。
逆に不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2003-12-16 13:05:44

ANo.1

訴えることは可能です。
全額支払う義務があるか否か、を判断するのは司法です。
DNA鑑定も可能です。費用やタイミング等は別途調整の必要がありますが。

投稿日時 - 2003-12-16 12:18:08

お礼

お返事ありがとうございました。
ただ、ここで質問するような内容でなかった事をお詫び申しあげます。

投稿日時 - 2003-12-16 12:58:57

あなたにオススメの質問