こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どうすればいいの?決算整理事項。

決算整理事項
   1.期末商品棚卸高 ¥730,000
   2.貸倒引当金 売掛金残高の1.5%を見積もる。(差額補充法)売掛金800,000
   3.備品減価償却 (定額法)減価償却の計算を行い(直接法)により記帳している。
    なお備品の取得原価は¥1,500,000であり耐用年数は5年残存価格はゼロとする。
   4.現金過不足の残高は、原因不明につき、雑損とする。
   5。引出金の整理

この場合の仕分けと精算表の完成図を教えてください。

投稿日時 - 2012-03-01 15:42:36

QNo.7336309

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

簿記1級を持っている者です。
えっと、質問の文章から読み取れる情報でわかる範囲でお答えします。


1.売上原価の計算のための情報です。『???』には前T/Bや問題中に記載されている期首商品棚卸高を記入。

  (仕入)???    (繰越商品)???
  (繰越商品)730,000 (仕入)730,000



2.差額補充法なら、前T/Bなどにある前期に設定した貸倒引当金の金額が必要です。この問題の場合、後T/Bの貸引の金額は12,000となる必要がありますので、12000-(☆前期に設定した貸倒引当金の額)=???の金額となります。

ここで、12000>☆ なら
  (貸倒引当金繰入額)??? (貸倒引当金)???

となり、12000<☆ なら
  (貸倒引当金)??? (貸倒引当金戻入益)???

です。大体繰入額になると思います。


3.定額法とは、毎期同額減らすのでDepの額は300000となります。←(1500000-0)/5
仕訳は
  (備品減価償却費)300000 (備品)300000


4.現金過不足の金額は、問題文にあるか、自分で計算が必要です、今は不明なので現金過不足の額を???として、
  (現金過不足)???  (雑損)???


5.質問者様のこの情報だけでは回答できません。問題文にもっと引出金の情報があるはずです。


精算表の完成形ですが、おそらく問題に様々な勘定や数字が並んでいるので、5.の回答と同じく、この情報だけでは完成形が作成できません。
上記の仕訳をもとに精算表に記入・計算していけば、貸借を逆にしたりしなければ完成できると思います。

投稿日時 - 2012-03-01 22:19:07

お礼

とても分かりやすくて一気にできるようになりました。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2012-03-02 14:13:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問