こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

敬語の分類教えてください

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語がありますが
その分類のしかたがよくわかりません。
特に尊敬語と謙譲語の分類ができません。

たとえば「うかがう」、「いらっしゃる」、「~なさる」、「いただく」
などは尊敬語なのか謙譲語なのか全くわかりません。


どなたかよければ教えていただけると
嬉しいです。

投稿日時 - 2012-03-03 10:15:25

QNo.7339451

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

敬語は5つに区分されるとお考えになったほうが良いでしょう。

1.
尊敬語とは、相手(第三者)の行為・ものごと・状態などについて、その人物を立てて述べるもの。
たとえば、
「言う」という行為は「おっしゃる」。
「カバン」という所有物(ものごと)は「おカバン」。
「美しい」という状態は「お美しい」。
のように表現します。
「言う・カバン・美しい」などが全て【相手(第三者)の】行為・ものごと・状態であることが尊敬語の要点です。

2.
謙譲語とは、相手(第三者)へ向かう自分の行為・事柄などについて、謙った(へりくだった)表現をすることによって、相手(第三者)の人物を立てる用法。
「これから先生のお宅に伺います」の「伺う(行く の謙譲語)」。
「社長へのご説明はわたしが担当いたします」の「ご説明」。
などです。
「行く・説明」という行為を行うのは自分ですが、「行くという行為の向かう先」は先生のお宅であり、「説明する相手(説明という行為の向かう先)」は社長です。
同じ自分の行為でも、「きょういつもより早く学校へ行きました」などの「行く」の場合には「向かう先」がないので謙譲語を使う必要がありません。
これが「相手(第三者)へ向かう自分の行為・事柄」の意味です。
このような場合、謙譲語を使わないで、
「これから先生のお宅に行きます」
「社長への説明はわたしが担当いたします」
のように言うと失礼になります。

3.
丁寧語とは、相手に対して丁寧に述べる表現。
尊敬表現の文でも謙譲表現の文でも使います。
「~です・~ます・~(で)ございます」などがあります。

4.
また、一種の丁寧語ではありますが、「お酒・お料理」などは「美化語」と呼ばれます。
この美化語というのは、単にものごとを美化して述べる用法です。

5.
2でお示ししたのは「謙譲語I」と呼ばれ、基本的な謙譲語です。
実は、謙譲語にはもう一種類あり「謙譲語II」と呼ばれるものです。
これは別名「丁重語」とも呼ばれます。
「謙譲語I」は、あくまで「相手(第三者)へ向かう自分の行為・事柄などについて」使われますが、
「謙譲語II(丁重語)」は、自分(自分側)の行為などを、会話の相手に対して丁重に述べる用法です。
つまり、「向かう先」とは関係ありません。
これが要点です。
「わたしが先に参ります」の「参る」
「そのようにいたします」の「いたす」
「母は出かけております」の「おる」
など。
「参る・いたす・おる」という行為は純粋に自分の行為であって、謙譲語Iの「先生のお宅へ行く」「社長への説明」などのように「立てるべき相手」は存在していません。
単に、会話や文章を読む相手に対して丁重に表現しているだけです。

以上、尊敬語・謙譲語I・謙譲語II(丁重語)・丁寧語・美化語について述べてきたことは下記 URL 「敬語の指針(たたき台)ー文化審議会国語分科会報告案」をわたしなりに噛み砕いたものです。
わかりやすく書かれていると思うので、ご自分で一度じっくりと目を通してごらんになると良いでしょう。
http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_shouiinkai181002_siryou_2.pdf

  

参考URL:http://www.bunka.go.jp/1kokugo/pdf/keigo_shouiinkai181002_siryou_2.pdf

投稿日時 - 2012-03-03 17:59:32

お礼

とてもわかりやすい説明でした!
ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-03-03 20:23:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

回答致します
と申し上げるよりも このサイトを参照なさってください
尚敬語は無くなりつつあるようですが これも時代でしょうか
このサイトの最後の部分に注意しなければならない事柄が記載されています
どうぞ お読み下さい

※この文書は概ね 丁寧語で作成致しました

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%AC%E8%AA%9E

投稿日時 - 2012-03-03 10:53:57

お礼

ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-03-03 14:55:58

ANo.1

尊敬語は相手を敬って使う言葉
謙譲語は自分のことをへりくだって
言う言葉です。

ですから、「いらっしゃる」と「なさる」は尊敬語
「うかがう」「いただく」は謙譲語

http://park2.wakwak.com/~lion/benkyou/kotoba-tukaiwake.htm

投稿日時 - 2012-03-03 10:32:32

お礼

ありがとうございました!
わかりやすかったです。

投稿日時 - 2012-03-03 14:54:35

あなたにオススメの質問