こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

雑損控除の更正について

東日本大震災の雑損控除について、この3月に22年分の更正の請求を予定しています。その際、損失が繰り越されるのですが、23年の確定申告は、繰越損失を前提に申告するのでしょうか。それとも、23年の確定申告は更正の請求がない状態で申告し、22年の更正の請求が認められた後、23年の更正の請求(繰越損の計上)をすべきなのでしょうか?
普通に考えると、22年の更正はまだ認められたわけではないので、23年分は認められていない前提で申告すると思うのですが、そうすると、23年分で損失全額を計上し、22年分が認められた後、23年分を大きく修正する、というあまりやリたくない処理になりそうで迷っています。アドバイスよろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-03-09 13:58:39

QNo.7351883

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

23年の申告は欠損金の繰越を前提として作成します。
申告書の作成前に、更正の請求をしてるのですから、時系列的には正しいです。

仮に更正の請求が却下されたとしたら修正申告をしますが、その場合でも、加算税延滞製の免除に該当するjものです。

投稿日時 - 2012-03-09 21:20:32

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問