こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

リフォーム 大学 ヨーロッパ

こんにちは。高校1年生女子です。


最近、自分が将来どんな職につきたいのか悩んでいました。

NHKの世界ふれあい街歩きという番組に憧れて
将来ヨーロッパ(イギリス・フランス・ドイツなど・・)に住みたいというものしかありませんでした。


でも自分でなんでヨーロッパなんだろう?って考えた時
1番最初に古い城壁などを改築して住んでいること。
そして美しい風景や建物や人に憧れていたんだなと思いました。

考えてみたら、テレビで改築した古民家に住んでいたりすることに憧れている自分がいました。


なので将来はリフォーム系の仕事に携わりたいと思いました。

ここで質問なのですが・・・

リフォームと言えば、大学に行くのなら建築学系ですよね?
それならば一級建築士という資格の取得を目指す大学に行けばよいのでしょうか?


また「リフォーム 大学」というキーワードで検索してみたのですか
岐阜女子大学という大学しかでてこなかったのですが、
他にはどのような大学に行けばリフォーム系について学べるのでしょうか?
親は国公立大学じゃないと行かせられないといっているので、
できれば国公立大学で教えてください。


ここまで読んでいただいたらリフォームに興味があるなら別にヨーロッパでなくても?
と思われるかもしれませんが、
やはりヨーロッパに住みたいと思います。

今まで「ヨーロッパに憧れているのですがどのような職があるのか?」と質問してきて、
何か強みややりたいことがないと海外にでることは難しいのかなと思いました。

なのでリフォーム系の仕事で手に職をつけ、ヨーロッパに行くことはできないでしょうか?
言葉の壁があることは重々承知の上です、
でも自分が将来本当になりたい職が見えればやる気がでて語学の勉強も頑張れると思います。

ご回答よろしくおねがいします。

投稿日時 - 2012-03-12 00:29:58

QNo.7356965

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 まず、外国で働くことは大変困難なことです。日本でも大学卒業生の就職がなかなか決まらないということが話題になりますが、特にヨーロッパでは日本以上に若者の失業率が高いのが現状です。

 その理由は、職能別組合・・「ギルド」という言葉を聞いたことがありません・・が伝統的に強いため、日本のように高齢者からクビにする、ということがほとんど不可能なんです。従って若者の失業率が高くなります。

 さて、そんな社会で「外国人」にたいする雇用はというとこれはもう「3K」しかありません。いわゆる、きつい、汚い、危険という職業です。主に中東・トルコからの移民がこの仕事をしています。しかしこの人々への憎悪が社会に蔓延しています。移民労働者・外国人労働者の排斥を掲げる政党が選挙で議席を増やしつつあり、また外国人への暴力(殺人も含む)が激増しています。

 旅行者にたいする態度とは天と地の違いです。それは当たり前ですよね。外国人に仕事を一つ与えればその国の誰かが職を失うか、職に就く機械をなくしてしまうからです。

 それでもそんな物騒なところで働きたいというのなら、日本で建築関係の大学を卒業して仕事に就きまず日本で実績を積んで下さい。その上で海外での働き口を探すことです。
 
 また日本国籍を捨てて、結婚などを通じてその国の国籍を取得すれば、俄然職を探すのは有利になります。しかし日本国籍を捨てるとなると99%の方はあなたを「馬鹿」というでしょう。日本という国は外から見ると本当に住みよい国なんです。

 私には何人も海外で暮らしている知人がいますが、日本国籍を捨てた人は一人もいません。現地の方と結婚して永住権は入手していますけどね。今自分の子供達の国籍をどうするかで悩んでいます。ほとんどが現地の国籍を取得させているようです。子供達の大半が日本語が出来ない士、学校もその血ですのでそれを選択せざるをえないようです。

 言葉の壁などたいした問題ではありません、外国に憧れる、旅行をする、一年ほど住んでみる・・これに対して外国で職を経てそこに永住するというのはものすごい困難なそして大変なことだということは知っておいていください。


 高校一年生ということなので、外国に住みたいというのはまあごく普通の夢でしょうが、そこで職を得ることの困難さはTVでは教えてくれません。

 

投稿日時 - 2012-03-12 11:29:57

ANo.2

住居学

http://shingakunet.com/net/gakumon/detail/f1030

しかし住居というのはその土地々々に固有のものだから、日本で手に職をつけても、ヨーロッパでは役立ちません。

そもそもリフォームという概念が日本では新しい。
火事で焼けてしまってから立て直す。
というのが日本の建築の発想。

欧米では、100年をこす住居が普通にあります。
なので、欧米からリフォームの発想が来たので、日本でリフォームを勉強しても 屁 です。

アメリカ人が、寿司職人として、適当な寿司を握っていて、日本に来て「一人前の寿司職人として扱え」と言っても普通無理だよね?

それと同じことを逆向きで考えている

投稿日時 - 2012-03-12 01:57:50

ANo.1

こんばんは。大学生、二十歳の女です。
私の個人的な意見を述べるので、参考にするかしないかは
そちらで決めてください。

まずヨーロッパに住みたいから、建築系の仕事を選ぶのは動機があやふやです。
ヨーロッパに住みたければ外国人と結婚することでも叶えられます。

私は進路選択を間違えた人間なので、あなたも同じ目に遭わないことを願います。

私は高校1、2年生のときマンガが好きでした。進路選択のときはマンガ家になりたいからといって
マンガの専門学校にいくつもりでいて、勉強は全然しませんでした。

結局偏差値48のクズだめ大学に入学。マンガが好きだったのはたったの2年間。
しかも絵すら描かない人間でした。

投稿日時 - 2012-03-12 00:52:53

あなたにオススメの質問