こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

母親、家族関係について

私を育ててくれた大切な人、ということを大前提で相談させていただきます。

母は、昔から心配性でヒステリック、ものすごく歪曲した物の見方をする面があります。
娘が心配なあまり、不安をどさっと押し付けられたり、「○○しないと大変なことになる!」と恐怖心をあおるようなことばかり言われて育ったせいか、私は「ま、いいか」となかなか思えないキツキツな性格になってしまいました。

また、気分の浮き沈みの激しい母の顔色をうかがって、沈んでいるときは何とか元気を出してほしくて相談にのったりしていました。
母の気分次第で、私に落ち度がないことでも、時にものすごく叱られることがありました。
次はいつ叱られるんだろう、と思うと心が安らぐ時がなくて、疲れ切っていました。

進学をきっかけに家をでて一人暮らしを始めてからは、外圧がなくなって、本当に自分のためだけに過ごせるようになりました。
余計な不安や恐怖から解放され、楽になりました。

このことがあってからか、あまり実家には帰りません。すごく疲れる思いをするので。家族が遊びに来ても、長く一緒にいると非常に疲れるので、一人暮らしの家には泊まらず、ホテルを取ってもらっています。。。家を出て10年近くになりますが、やはり感情に変化はありません。

周りの友達は、社会人になって親孝行したり、美味しいものをごちそうしたり買い物、旅行にいっています。育ててくれた親を大切にできないなんて、自分に問題ありなんだろうか?自分は今後家庭を築けるのだろうか?と不安になります。
やはりおかしいでしょうか?
結婚して家庭を持って、なんだかとても窮屈に思える自分にも嫌気がさします。
その割にさびしがり屋なので、いつかは結婚したいです。

投稿日時 - 2012-03-14 19:53:42

QNo.7362169

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

27歳、二児の母です。

私もそうでした。
家庭環境のせいで、実家大嫌い、家族大嫌い。

しかし、結婚して子供を産んだら変わりました。
自分が「母」になって分かったことがたくさんあったからです。

やっと母に感謝できるようになったのが3年前。
それまでの20年以上は全くでした。

いつか変わります。
しかしそれは、あなたが結婚や家庭に対する「窮屈さ」を覆せる強さをもてたら、の話。

私には良き夫がいます。
可愛い子供達もいます。
自分で産むまでは子供は苦手でした。
でも変わりました。
夫が、自分の産んだ子供たちを愛してくれているからです。
本当に幸せです。

今までの家庭はどうにもできませんが、あなたはあなたが望む家庭をつくることが出来ます。
反面教師でいいじゃないですか。
母親にそうされて嫌だったなら、「自分は違うように子供を育てよう」
この考えがあれば十分です。

投稿日時 - 2012-03-14 20:53:15

お礼

ありがとうございます。母親になったらわかることも多いんですね。
そんな風に思えるようになられて素晴らしいですね。
私も結婚して子供を授かったら変われるのかも?
と思ったら少し楽になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-03-20 20:14:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

自分が楽な用にしたらいいですよ!↓の方がいってるように、環境が変わり変化があれば気持ちも変わりますょ。
私は両親と仲いいですけど、家をでたのが早かったせいか、実家に1週間も帰れば、疲れる部分もあったりしますょ!

投稿日時 - 2012-03-14 22:37:03

お礼

そうですね、自分が楽でいられるようにした方がいいですよね。
あまり思いつめず、気楽にいるようにします。ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-03-20 20:16:32

ANo.1

この質問を見て、あなたのお母様は、あなたを独占したくているのでは?
自分の思うとおりにしたいのですね。

私の母親もそうだったんですよ。現在は私は一人暮らしですので、衝突することはないですが、実家に行くと、やはり衝突してしまいます。私が何かをしようとすると、ダメダメとなります。私は聴覚障害があるのですが、日常生活などは工夫をして、不便なく過ごしています。
例えば、一人で遠くへ行くとなると、猛反対するんです。でも私は実行しています。
母親は一人では電車とか新幹線に乗ることも、自動改札では切符を入れることすらできません。人任せなのです。
私が障碍者だから、何もできないと決めてかかっているところが、私からしたらばかげた差別をしていると感じているのです。
今では、私が自分で突き進んでいます。もう子供じゃないから、自分のことは自分でと思い、やっています。


あなたも、母親に束縛されてきたことが心の片隅にあって、なかなか許せない部分があると推察されます。
でも、あなたは悩んでいらっしゃいますね。
こうやって悩んでいるところを見ると、親を大事になさっていると感じますよ。本当に親を大事にしないなら、悩むこともしないはずです。心の葛藤です。

私もそうなんですよ。親孝行をと思ったりしますが、私が思春期の頃、しつこく補聴器をかけろと言われたのが、いまだに許せないでいるんです。そんなこと言うのは親じゃないなどと思うことがあるんです。
そこが複雑なんですよね。

不快を感じたらごめんなさいね。

投稿日時 - 2012-03-14 20:32:36

お礼

>母親に束縛されてきたことが心の片隅にあって、なかなか許せない部分があると推察されます

本当にそうです。suiennさんのお母様も私の母も、心配のあまりの行動だったっていうのはよくわかるんですが・・・。やはりまだ許せない部分があります。複雑ですね・・・今は無理はせず、自分の時間を大切にしつつ接していきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-03-20 20:11:56

あなたにオススメの質問