こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

テレビのサイドカットズーム(上下の黒帯が無い)

映画を視聴するときにサイドカットズーム(パナソニックのTV)モードにして上下の黒帯が無い状態で視聴しています。若干字幕が切れる場合もありますが、このほうが画面が大きくなり迫力を感じます。
TVはフルハイビジョンの解像度1920×1080なのですが、このサイドカットズームのモードではブルーレイの画像を視聴した場合、TVの解像度1920×1080で見れていることになるのですか?ブルーレイプレイヤーでドットを補間してTVの解像度1920×1080にして見せているのでしょうか?

投稿日時 - 2012-03-17 15:11:51

QNo.7367356

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>TVはフルハイビジョンの解像度1920×1080なのですが、このサイドカットズームのモードではブルーレイの画像を視聴した場合、TVの解像度1920×1080で見れていることになるのですか?ブルーレイプレイヤーでドットを補間してTVの解像度1920×1080にして見せているのでしょうか?

どちらも正解ですが、1920×1080 再生が可能な TV で Side Cut Zoom を使用していると言うのが解せません。

Blu-ray Disk は 1 層型で Video 収録時間 2 時間強の Media の場合は 1920×1080 Dot (Pixel)、3 時間強の Media の場合は 1440×1080 Dot (Pixel) で記録されていますので、1920×1080 Pixel で記録されている Blu-ray Disk を再生する際は Side Cut Zoom などしなくとも上下に黒帯は出ない筈ですし、1440×1080 Pixel で記録されている Disk ならば上下に黒帯が出るのではなくて左右に出る筈です。

Side Cut Zoom は横:縦が 16:9 となっている 1920×1080 を 1440×1080 の 4:3 に Cut することにより昔の TV と同じ 4:3 の比にするものであり、1920×1080 再生が可能な TV で行ったら左右に黒帯が出るか、縦横比が狂って横長に引き延ばされた (4 等身が 3 等身になる(笑)) 映像になる筈です。・・・迫力はあるでしょうが(笑) 字幕が切れてしまうように、正しい縦横比ではない筈です。

更に 1920×1080 対応 TV というものが CRT (Color ray Tube) 型である場合は 1920×1080 Pixel (水平解像度 960 本) などの解像度はまず持っていませんし、LCD (Liquid Crystal Display:液晶) の場合は仕様書に記載されている 1920×1080 とか 1440×810 などの画素数が実際の画素数になりますので、この画素数が 1920×1080 でないのであれば Display 側で補間 (正確には縮小演算) が行われています。

ちなみに Blu-ray Player で Dot 補間などということは行われおらず、Blu-ray Player の出力は Blu-ray Disk の信号を正確に出力しています。

投稿日時 - 2012-03-17 17:29:45

お礼

丁寧な回答をありがとうございます。
当方DVDはたくさんもっているのですがブルーレイはあまりないので今回の質問は主にDVDに関しての話でした
ブルーレイは黒帯がでないのですね、私のブルーレイは主に音楽コンサートのものが多く、そのディスクは4:3で収録されているものだと勝手におもいこんでいたので今回のような質問になってしまいました

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2012-03-18 08:37:30

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問