こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

投資信託の複利効果について

初心者な質問です。
見当はずれなことを書いているかもしれないのでご了承ください。
以下の三つの複利効果について教えていただきたく思います。

(1)毎月分配型
(2)年一回分配型
(3)無分配型

以上の3つに対し、勉強不足な自分の認識が以下のような感じなのですが…。
いずれも再投資をするという考えです。

(1)毎月の普通分配、もしくは特別分配で口数が増えていくことによる複利効果
(2)毎年の普通分配、もしくは特別分配で口数が増えていくことによる複利効果
(3)分配がない分、ファンド全体の資産額が増加し、結果基準価額が上がっていくことによる複利効果

以上のような認識であっているでしょうか?
だとしたら(2)は年に一度の分配日までならいつ投資しても複利効果が得られないということでしょうか?
それならばその分配日まではとにかく基準価額が少ない(円高)時期をじっくり待って投資した方がいいのでしょうか?
さらに(3)なら、とにかく基準価額が少ない時に投資するのがベターな選択なのでしょうか?
あと、特別分配だと複利効果は得られないでしょうか?
質問が多くてすいません。
ご教授願います。

投稿日時 - 2012-03-19 19:37:04

QNo.7371720

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

分配によりキャッシュをファンドから出すと、ファンドの価値が下がります。そのキャッシュで生活するなら、分配金は有意義です。しかしそのキャッシュをまた投資に回すなら、それは往々にして効率的ではありません。何故なら、分配された時点で税金を引かれるからです。分配がなければ、税金を払う必要はありません。税金は、投資をキャッシュにした時に払うのです。

例えば、毎年10%の利益が出るファンドに10,000円を投資して、10年後にキャッシュにしたとします。税金は30%としましょう。

分配なしの場合:
今の10,000円が、10年後には25,937円になります。(=10,000 * 1.1の10乗)
税引前利益は15,937円です(= 25,937 - 10,000)
税金は4,781円です(=15,937 * 0.3)
税引後利益は11,156円です。(=15,937 - 4,781)
元本を含めると、手元に21,156円残ります。

分配ありの場合:
今の10,000円が、一年後には11,000になります。(=10,000 * 1.1)
利益の1,000が分配されます。
そのうち、300円を税金で払います。手元には700円が残ります。
分配したために、ファンドの価値は10,000です(=11,000 - 300 - 700)
10年後までこの調子です。
10年間で、3,000円の税金を払うことになりました。(= 300 * 10)
10年間の利益は7,000円です。(= 700 * 10)
10年後に、元本を含めて17,000円が残ります。

分配なしの方が、税金も利益も多いのが分かります。分配金が生活の中で絶対に必要だという状態ではないなら、分配は少ない方が良いと思われます。分配なしが最適です。尤も、分配された700円をこのファンドの利率(上の例だと10%)より高い利率で運用できるのなら、分配を受取り、税金を払ってから再投資という手もあります。何%以上だと得になるかは、ご自身の税率を考慮しながら計算機を叩けば解りますよ。

投稿日時 - 2012-03-20 07:17:49

お礼

やはり分配なしの方が利益が出るのですね。
ただ海外ファンド、しかも資産構成が国際債権が希望なのですが、ほとんどが毎月分配なんですよね。
毎年分配になると株式が多かったり。
無分配に至ってはほとんど見つからず…。
自分のスタンスとしては、インフレなどによる日本円の暴落とまではいかないまでも、円の価値が下がった時のリスクヘッジとして余裕資産で投信を利用するという考えなのですが。
人気の海外ファンドに投資するには我慢して毎月分配を選ぶしかないのでしょうか。

投稿日時 - 2012-03-20 15:22:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

#3です。

自分はファンドは使っていないので、どんなファンドがあるかは詳しく知りません。手数料の安い、ヴァンガードやアイシェアーズに良いのがありそうですよ。もし興味があれば調べてみると良い発見ができるかもしれません。

投資における配当(=分配)に関して、フィリップ・フィッシャーの言葉(1957年):

「何年あるいは何十年後に巨大な利益を手にし、やがては子供たちに莫大な資産を残すこともできる投資に比べると、税引き後に手渡される小額の臨時収入は、どうにもつまらないもののように思えます。」

投稿日時 - 2012-03-21 04:56:26

ANo.2

3つの同じファンドなら(3)が一番複利効果がでます。
(1)(2)とも配当時に所得税と購入手数料がかかります。
当然に売り手は(3)を嫌がります。
*日本では「さわかみファンッド」が(3)です。

特別分配金て自分の預けてお金が戻るだけです。
ファンド手数料があるわけですのでマイナス金利の貯金です。

投稿日時 - 2012-03-19 21:16:45

お礼

なるほど、分配金だと口数が増えても基準価額が結局下がるから分配なしの方が利益が出るということですね。

投稿日時 - 2012-03-20 15:20:31

ANo.1

投資信託の分配を再投資することによる複利効果については、初心者が必ず持つ疑問といっていいと思います。
証券会社の広告や投資信託の入門者などにもそういうことが書かれていることが多いですが、私の理解では分配再投資による複利効果などというものはありません。

銀行預金は利息がついても元本が減るということはありませんが、投資信託は普通、特別に関わらず、分配を出すと必ず基準価額がその分下がるので、複利効果などというものはありません。むしろ普通分配が出た時に10%源泉徴収され、投資信託を換金する時に基準価額が個別元本を上回っている利益分について再び源泉徴収されるので、分配に対して二重に課税されることさえあるので、全くメリットがないといっていいと思います。投資信託の分配金は再投資せずに受け取った方がいいと思います。

投稿日時 - 2012-03-19 20:35:21

お礼

分配ありだと手数料の分マイナスということですね。

投稿日時 - 2012-03-20 15:20:58

あなたにオススメの質問