こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電気契約従量電灯B契約からAに変更したい。

今までペンションとして使用されていた物件を別荘として購入しました。
電力会社に電話したところ、今までがBで25kw契約されていたため、基本料金が1万円近くかかると言われました。
これをA契約にしたいのですが、契約だけでは変更できないのでしょうか?
工事が必要ですか?

投稿日時 - 2012-03-26 23:32:46

QNo.7385903

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

従量電灯Bで25KVA(25kWではないと思います)ということは関西から西の電力会社かと考えて回答します。
基本的に最大6KVAを超えて使用できる場合は従量電灯Aの契約はできません。
6KVA以上使用できない状態に変更する必要があります。

選択肢は2つです。

1.すべての電気機器の合算容量が6kVA以下とする。
 これは空きコンセントもすべて含めて撤去(取り外し)する必要があります。
2.主開閉器(主幹ブレーカー)の容量を30A以下とする。
 これは200V×30A=6000VA=6kVA

1も2も電気工事が必要ですが、2の方法が現実的かと思います。
2の方法であれば数万円で工事できます。

ただし、どちらの方法でもせっかくペンションの規模の別荘を買ったのにすべての部屋をフルに使えなくなります。
これを承知であれば電気工事の上、契約を落とせば良いと思います。


ついでに1点、お節介を、

基本料金というのは1か月の使用料が0kWhの場合半額となります。
ブレーカーを取り替えて10kVA程度の契約にしておいて、使用しない月の基本料金は2000円以下としておいて、使う月のみ基本料金と電力量料金を払うという使い方があります。
従量電灯Bは従量電灯Aより3~5円/kWhほど安いですから。
使わない月は全く使わず、使う月は精一杯使うと使い方に合う方法です。

以上、電力会社と電気工事店に相談をしながら良い方法を考えて見られたらよろしいかと思います。

投稿日時 - 2012-03-27 22:00:06

お礼

>2.主開閉器(主幹ブレーカー)の容量を30A以下とする。
 これは200V×30A=6000VA=6kVA

こちらが、いいですね。
B契約でもよいのですが、容量を10KVA以下にしたいです。
電機工事店に見積り依頼したところ、Aでも可能かもしれない。
最悪B契約の少ない分でどうでしょう?
という話でした。

現実問題として、少なく契約できたとしても、容量オーバーに悩まされるようになれば工事代金が無駄になります。
よって、10kvaが妥当かなと考えています。
いろいろとアドバイスありがとうございました。
ようやく先が見えて来ました。

投稿日時 - 2012-04-04 22:36:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

悩ましいところです。

私は事務所を買って居宅に変更しましたが、エアコン、その他に動力が入っていました。動力は使用量に対する金額は安いのですが、使わなくても高額な基本料金がかかってきます。営業している訳ではないので、100Vエアコンに替えて、動力は撤去しました。

質問者さんのペンションにどんな設備が入っているか?ですね。別荘なら、器具の変更をした方がいいのかも知れませんね。質問内容からは、こんな回答になります。

投稿日時 - 2012-03-27 11:36:20

ANo.2

B だの A だの言ってもらっても、電力会社は全国一社ではありませんから、電力会社名を明記しないと何を言っているのか分かりません。。

いずれにしても、電力会社に電話だけで済む話ではなく、電気工事店に一度見てもらうことが肝要です。
メーターや分電盤回りで若干の工事が発生するかと思います。
電力会社への契約変更申込は、電気工事店が代行するのが一般的です。

要するに、お金さえかければできないことはないわけです。

投稿日時 - 2012-03-27 07:39:55

ANo.1

電気契約「従量電灯B契約」は、一般的に言うところの「A」アンペア契約の事です。
25kWのキロワットは動力契約に適応する読み方ですが、動力で25kWの基本料金は2万5千円を超えるハズ。

従いまして、電気契約「従量電灯C契約(25kVA)」から「従量電灯B契約(○○A契約)」に種別変更したいという事じゃないかと想像します。

電気契約「従量電灯C契約(25kVA)」から「従量電灯B契約(○○A契約)」に種別変更する事は可能です。
種別変更は電力会社へ電話1本というわけには参りません。
手続きは、電気工事店により分電盤の工事が必要で、電力会社との手続きも電気工事店が行います。

なお、
実際に物件を見たわけではありませんが、ペンションから別荘に変わったのならば、25kVA~12kVA~6kVA(60A)程度に種別変更が可能だと想像します。

投稿日時 - 2012-03-27 00:14:31

あなたにオススメの質問