こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

B型肝炎について、ご存知の方教えて下さい!!

会社の検診で肝機能障害とでて、再検査をしたところ、エコーでは問題ないものの、
B型肝炎の抗原があるといわれました。ただ、親に確認したところ、親からの母子感染
や子供の頃にしたことがあるというわけではないようです。まだ精密検査の結果が
でておらず、今の段階では先生も数値的に心配のあるものではないといわれているのですが、
大変不安です。(GPT90、GOT159)これはどういうことでしょうか?つまりB型肝炎に感染
しているということでしょうか?どのようなことでも構いません。このままでは安心して年を
越せそうになくご意見を頂ければ幸いです。又、インターフェロンということもきいたのですが、
どういうことでしょうか?

投稿日時 - 2003-12-26 14:06:52

QNo.738982

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。前回の回等が多少なり参考になったようで、よかったです。
aftereight-chocさんが、まず確認しなければならないことは、一過性の肝炎であって、持続性肝炎や無症候性キャリアーでないことを医師に確認してください。一過性の肝炎の場合は、ほとんど治りますが、無症候性肝炎、持続性肝炎(慢性肝炎)は、残念ながら長い年月を得て、肝硬変、肝がんに進む可能性があります。無症候性キャリアーでも、一部の人は免疫反応が突然起こり、HBe抗原陽性からHBe抗体陽性へと変化し( seroconversion といいます)HBVキャリアでの肝炎から脱出する方もいます。
 感染しても急性肝炎を発症(もしくははっきりと分かるほどの症状がでる)するのは3割ほどで、その他は全く無症状か風邪程度の症状で治癒します(もちろん特に治療も必要なく、経過観察する)。夫婦間感染の殆どがこのパターンです。
 また肝炎の症状が強くなってきた場合には、劇症肝炎(一気に肝細胞のほとんどがウイルスに破壊されること)が怖いので、入院し経過観察します。症状、臨床所見および検査所見の経過から、このままでは劇症化に向かうと判断した場合、ステロイドやインターフェロン、ラミブジンなどあらゆる手段をつかって劇症化を防ぎます。
 あとB型肝炎の治療はいろいろとホームページに載っているので、検索してみてください(B型肝炎+急性肝炎、一過性肝炎など)。ただし、慢性肝炎(持続性肝炎)、キャリアーの治療(肝硬変だとか)とごちゃごちゃに書いてあるので、それは無視してください。しかし、まれですが、大人になって感染し、免疫がうまく働かずキャリアーになる方もいますので安心しすぎないでください。
 また、肝炎の抗原と抗体など勉強してみてください。抗原には、3つあり、抗体には3つあります(本当はもっとあるのですが、簡単に勉強するだけでいいです)。それぞれ、一過性肝炎で、でてきたり、消えたりします。早く、HBs抗原は消失しHBs抗体ができる(完治した!)といいですね。以下に、少しだけ参考URLをのせておきます。
http://www.naoru.com/b-gata.htm
http://glaxosmithkline.co.jp/healthcare/medical/hbv/about/index.html
http://www.kushiro-ishikai.or.jp/Byouin/kango/kanzou/bgata.html

投稿日時 - 2004-01-06 00:59:31

お礼

お礼が大変遅くなり失礼致しました。
とても参考になりました。深謝致します。有難うございました。

投稿日時 - 2004-01-23 09:23:34

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

こんにちは。
親からの母子感染や乳幼児(2歳以下)にキャリアの人に接触した可能性がないのであれば、あなたは、キャリアーの可能性は低いです。
キャリアーになるためには、免疫のできていない乳幼児などに感染すると、それがウィルス(異物)だと体が免疫反応を起こさず(つまり抗体を産生せず)、ずっとウィルスの抗原をずっと持ち続ける人のことを言います。また、母親がキャリアーの人は母子感染の予防のため、免疫グロブリンやワクチン投与が行われているので、新生児HBキャリアーはほとんどいません。
 ということで、現在のB型肝炎の原因のほとんどは、Sexal contactによるものです。
 また、成人発症では、多くは一過性に経過し(自分の免疫でウィルスに対する抗体をつくってくれて、ウィルスをやっつけてくれる)、キャリア化はまれで、慢性肝炎、肝硬変にはほとんど進展しません。
ということでB型肝炎には、持続感染(キャリアー)と一過性感染があり、ぜんぜん経過と治療が違うものなので、一応コメントさせていただきました。

 

参考URL:http://www.toshiba.co.jp/hospital/kensamame/hbv.htm

投稿日時 - 2003-12-27 00:15:06

補足

ikkame様、大変為になるご投稿をありがとうございます。
親に確認したところ、親はB型肝炎のキャリアーではないとのことでしたので、性交渉による感染ではないかとおもっております。ただ、直近の検査ではまだ抗体ができていないとのことでした。いまいち状況がまだ把握しておらず、また改めてはなしをききにいくことにしているのですが、
もし、一過性のものであるとしたならば、治癒による完治は可能なのでしょうか?また、その治療に際して入院などが伴うのでしょうか?お手数ながらご存知の範囲でお教えいただければ幸いです。

投稿日時 - 2004-01-05 21:12:23

ANo.3

抗原があるということは体内にウイルスがいる状態だと思います。

http://www9.ocn.ne.jp/~sirakaba/chishiki/kankinoukensa.html

↑にはGOT 11~32前後、GPT 6~39前後だと書かれているので
GOT 159、GPT 90 というのは高めです。ですが、気休めを言っていいなら
他のB型肝炎患者さんの記録などを読むともっともっと高い数値の方がたくさんいます。
1000をこえてやっと入院した人もいますし、400でもダルさ等の自覚症状無し、な人もいます。
注射や飲み薬で炎症をおさえて、体を休めるようにすれば
多くの人は徐々に数値は下がると思います。

ウイルスが体内にいても発症しない人も中にはいますが
GOT、GPTがちょっと高めなので肝臓が炎症を起こしているのでは?

インターフェロンというのはB型肝炎よりも、
よりC型肝炎に効果がありますが、B型でも使っている人は多いです。

http://kaneninfo.at.infoseek.co.jp/index.htm

↑こちらの方にも情報があるので読んでみてください。
他の薬についても書かれいるので
もし感染していて何らかの治療をすすめられたら
ここに書かれている副作用、効果を思い出してみて下さい。
最終的には、費用、仕事の都合で治療方法を自分で選ぶ事になると思うので・・・。

わからない事&不安な事は、どんなに些細な事でもお医者さんに質問してみて下さい。
ネット上にもいろんな情報がありますよ。
同じB型肝炎の患者さんのページもあるので訪れてみては?

参考URL:http://www9.ocn.ne.jp/~sirakaba/chishiki/kankinoukensa.html,http://kaneninfo.at.infoseek.co.jp/index.htm

投稿日時 - 2003-12-26 15:28:11

ANo.2

抗原(HBs抗原)があるということは現在B型肝炎に感染している、ということです。過去に感染したのなら抗体(HBs抗体)が陽性になります。
GPT・GOTは肝細胞の中にある酵素です。肝細胞が破壊されると血液中にでてくるので、肝臓に起こった障害の程度を知ることができます。一般的に両者とも30以下が正常といわれます。でも、急性期には3桁・4桁いくくらいになりますから、まだ数値的には低いほうです。
インターフェロンというのはウィルス性肝炎の治療薬で、人間の体内で作られる物質(タンパク質の1種です)でウィルスの増殖を防ぐ効果のあるものです。
インターフェロン療法はウィルス性肝炎に効果的とされています。しかし治療には入院が必要なこと・薬が大変高価であること・副作用が強く出る場合があるなどの問題もあります。
この辺は詳しい検査結果が出次第医師との相談になると思います。
肝炎専門のURLを残しておきます。
全く知らない人にでも理解できるようにかなりやさしく書いてありますので覗いてみてください。
B型肝炎は血液感染です。性行為でも感染の可能性があります。はっきりしたことがわかるまでは注意したほうが良いかもしれません。

参考URL:http://kaneninfo.at.infoseek.co.jp/

投稿日時 - 2003-12-26 15:19:32

お礼

ご丁寧に有難うございました。
URLの方と合わせて参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2003-12-26 15:23:06

ANo.1

あなたと同じB型肝炎のものです
キャリアと呼ばれつまり感染者です
かつ抗体が出来ない体質です

B型キャリア20年ほどですが
今の所肝機能や健康状態に不都合はありません
ワタシの場合献血で発覚しました
母子感染ではなく幼少期の注射の使いまわしが
怪しいと言われています

肝機能においてGOT(基準10~38) GPT(基準4~35)
γ-GTPっていうのもありますので間違えないよう
ワタシの場合いずれも基準値内です
ご質問者の場合数値が高いので
肝機能について精密検査をお勧めします
ただ、実際のところ自覚症状が無ければ
問題なしとされることが多いようです
決定的な治療方法は確立されているとは
言えず(私も見解)自身がこれに感染している事を
知らず天寿を全うされる方も多いのも事実です

ワタシは現状ではこの先何もするつもりは
ありません 手を加える事でかえって問題が
大きくなるという事もあるとの事です

ワタシは医学については素人ですが
以上についてワタシ論として結ばせて頂きます
今日明日の話ではないのでゆっくりと
正月を迎えてくださいな

追伸、
実は本日付で会社の退社勧告を受けました
新しい会社に入って2ヶ月(試用期間)です
原因はこれです 入社時には特にこれについて
触れていませんでした(健康上問題がないのと
日常生活では周囲へ影響を与える事がないと
認識していたから)、いらぬ心配と誤解を受けたく
無かったからですが 会社の健康診断で
B型肝炎であることを医師に告げ、診断結果に
これについて記載、又は連想させる言葉を書かないよう
お願いし受理されたのですが、書類作成において
”手違い”という理由で書かれてしまい
会社に発覚しました 
会社には仕事柄お風呂があります
他の社員への配慮やメンタル部分での
問題が少なからずこの先出てくるであろうという事で
苦肉の結果とはいえ「自主退職」を勧告されました

病院を正直恨んでいますが、どうしようも無い事です
出来るならばこの事は他言しないほうが良いかと思います 生命保険も通常契約はまず無理かと思います
ワタシは既得権として加入していますが

投稿日時 - 2003-12-26 14:53:44

お礼

有難うございます。いづれにせよ結果を待ってみます。

投稿日時 - 2003-12-26 15:04:35

あなたにオススメの質問