こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

大学一年生です。国家公務員を目指すことにしました。

国家公務員の一般職を目指そうと思いました。決めたばかりでまだ分からないことが多いです。特に受験に必要な科目と、大学での履修について悩んでます。いくつか質問です。

自分は、公務員には向いてなさそうな学部(「文化」とつく学部)にいるので、結構な科目を自分で勉強しなければいけません。
専門試験の科目を見るとその中に経済学がありましたが、自分は文系なので、そういうのは苦手でできれば避けたいです。数IIBまでしか習ってないし、独学なんてとてもじゃないけど難しい気がします。
でも、経済がないと地方公務員試験は受けられないことになりますよね。地方と国家併願するのが普通だってネットで読んだのですが…。
一つ目の質問は、「地方と併願するために無理して経済をやるべきか」ということです。
予備校に行く余裕はあまりありません…。行くとしても単科か通信教育です。

それから、「教育学」とありましたがそれはどのような科目ですか?教職志望向けの「教育学概論」というのが大学にありとろうと思っていますが、それだけで足りませんか。


3つめの質問です。
ほぼ独学でやらなければいけない者にとって、比較的やりやすい科目はどれですか?法務省の入国管理局に就職できたらなと思って国家公務員を目指しましたが、法務省志望なら民法は避けてはいけませんか…?

ちなみに大学では「政治学原論」「法学原論」「経済学原論」「憲法」などの授業がとれますが、教職の人がやる授業みたいなので合うかわかりません。


質問4つ目です。
こんな学部に入った自分ですので、個人的に興味がある授業は別の所にあります。公務員試験で使われる社会学や心理学を優先して、好きなものは諦めるべきですか?
春季は特に選べる上限が少なくて…。
法学部や経済学部の人と競争しなきゃいけないと思うと、一年生から勉強は始めたほうがいいかと思ったんですが、やりたいことが一つもやれないのでは大学に行きたくなくなってしまうかもしれません…


たくさん質問をしてしまいましたが、どれか一つだけでも回答していただけたらとても助かります。
お願いします。

投稿日時 - 2012-04-01 04:21:40

QNo.7395644

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

 国家公務員総合職に関していえば、学部選びも大学選びも、この試験に合格してキャリア組となり、霞ヶ関の中枢でいつか国家・社会に奉仕する人間になりたい・・というところから始まります。これまで上級職・I種といわれてきたこの試験の合格者の2/3が東大と京大卒の学生で占められてきたのは偶然ではありませんし、東大、京大の法学部が文系ではもっとも難関である理由もそこにあります。


 一方、中級・II種と呼ばれてきた一般職試験は、そこまでのこだわり持つほどの難しさではありません。途中から公務員志望へと就職の希望先を変えたり、運悪くか何かの理由で、公務員というのはキャリアとノンキャリアに別れていて、合格も出世も東大、京大でなければダメなんだということを大学入学後に知った方などがこの試験の主な受験者です。

 従って人文系の学部にいるあなたが総合職ではなく一般職を選んだのは賢明な選択ですし、試験科目を見て自分の学習分野との乖離について悩むのも当たり前です。しかし、この試験には様々な学部からの合格者がいることもまた事実です。

 ですので、大学での勉強と公務員試験の勉強とは別物と割り切った方がいいと思います。大学ではご自分の所属する学部で興味ある専攻を選んで存分に深めて学んで下さい。
 一方、一般教養などで学ぶ経済や法学関係の科目はそのまま公務員試験に役立つかというと・・あまり役に立たないといっていいと思います。ただ全く役に立たないわけではありませんので、選択して学べる科目は履修しておくとよいでしょう。

 実際の試験は選択式となりますから、別口で公務員試験対策の勉強を行う必要があります。専門試験だけではなく教養試験も同じ事がいえます。別に微積分を駆使した計量経済学の論述問題が出るわけではありません・・総合職の試験とは問題のレベルも違うんです。

 多くの学生はダブルスクールで公務員予備校に通うわけですが、独学でII種試験に合格した某国立外国語大学の学生も知っています。したがって、予備校に通う余裕がないのなら早いうちから、通信教育などで試験対策用の勉強にも時間を割くのがあなたの場合はベストな選択ではないかと思います。

 めでたく合格して採用されることになっても、いろんな省庁・出先機関を回って「お見合い」をするわけですが、希望者が多い職種、分野はどうしても筆記試験の上位者から優先して採用されます。どこの学部卒であるか、試験科目は何を選択していたかは関係ないんです。

 就職した後に必要な知識は仕事をやる中で覚えられます。かなり高度の知識が必要な専門的業務は、総合職試験の合格者、または専門職試験の合格者の担当となります。この試験の合格者の就く仕事の主な業務はいわゆる「一般事務」です。特に高い専門性は求められていません。

 あとは大学図書館や書店などで、これまでのII種試験の専門・教養問題をごらんになって下さい。長々と書きましたが、納得していただけると思います。

 最後に合格者のほとんどは国公立、私立大は関東ではMARCH、関西ですと関関同立レベルの大学が最低ラインとなります。入試偏差値50程度のレベルの大学からの合格は難しいというか、ほとんどいないことも合わせて申し上げておきます。大学名で決まるというわけのではなく、そもそもの基礎学力の違いが理由です。

 忘れてました。地方上級との難易度の比較ですがこれは文句なしに・・地方上級>国家一般職となります
 
 頑張って下さいね。

投稿日時 - 2012-04-01 08:20:51

お礼

ていねいなご回答ありがとうございます。とても参考になりました。

大学のキャリアセンターでも少し相談をしたら、興味のある科目があるならそれをとって、一つか二つ公務員関連の科目をとればよい、と言われたのでそのように履修しました。
ただ、時間割が変なところにあったという理由で政治学をとらなかったのでは若干失敗だったかもしれません…

早いうちから勉強したほうがいいのですね。
4月なかばに1、2年生を対象とした説明会がありそこで科目の説明も行われるようなので、その後参考書などを買ってみようと思います。

地方上級がそんなに難しいとは知りませんでした。大学の最低ラインはクリアしていますが、目指すのはやはり国家一般職にしておこうと思います。

キャリアセンターの方には、これから志望も変わるかもしれない、と言われました。
しかし、自分の興味のあることをやり、かつ親を安心させたいという事を考えると私には国家公務員しかないと思います。頑張ります。


他の方のご回答も待っています。

投稿日時 - 2012-04-03 10:00:22

あなたにオススメの質問