こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ結婚には妥協の2文字があるのですか?

10年以上の結婚生活を経験された方からのご意見をいただけるとものすごく助かります。もちろんそうでない方のご意見から学べることも沢山あると思います。よろしくお願いいたします。

1.なぜ結婚には妥協の2文字があるのですか?

2.結婚は妥協してもお互いに幸せを感じるものですか?

3.結婚によって起こる変化(出産、仕事、住む場所 etc.)は最終的に愛で克服できますか?


私は自分の人生に選択肢がある限り、人生に妥協をしたくありません。

不幸な子供はぜったいに増やしたくないという思いから、子供についてもかなり慎重です。共働きで離婚になるなら働きたくありません。そして、そうなると私の理想の男性は最初から「ある程度の裕福なかたで、私と愛し合えて、子供を愛せて、生きるにあたって柔軟なかた」でないといけません。このままですと、理想が高いので無謀です。でも妥協の意味もわかりません。このままの価値観ですと私は結婚しないつもりで生きていきます。幸せな結婚と家庭を手に入れるにあたり、私にもなにか方法がないものでしょうか。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2012-04-10 14:43:32

QNo.7413499

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.15です。再度。

>そのなかから一番ましな人と一緒になるべきでしょうか?

結婚は、妥協していける人とするもの。
結婚=妥協・・ではないですよ。

この質問&回答をみて、ちょっと気づきましたよ。
私達は愛情だけ、肝心なことも何にも考えずに、もう簡単に結婚してしまいました。
何故30年続いているか?
二人とも妥協線が低くて、要求が少なかったからかも。

投稿日時 - 2012-04-11 08:06:36

補足

あてはまらない=妥協することができない人
という意味でした。

投稿日時 - 2012-04-12 04:21:54

お礼

度々お答えいただきまして大変ありがとうございます。
なるほど…まさにそこです。あてはまらない人とはやっぱり結婚を考えないことにします。ありがとうございました!!

投稿日時 - 2012-04-11 16:51:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(20)

またまた 出しゃばって来ました
私は今思うのですよ

何故結婚するのですか

それはやっぱり幸せになってほしいという
親の愛情ではないでしょうか
松下村塾に行った時に私は以下の様な句を見ました

親おもう 心に勝る親心

この句は一度詠んでも意味ははっきりとは伝わらないものですね
でもね 何回も詠んでいる内に意味が伝わってくるものですね
このサイトでこの質問に回答なさっておられる方々は
結婚が女性の生理から来る本能の幸福を司っていると言う事を
質問者に伝えたいから この様に多くの回答を寄せておられるのではないかと
考えるようになりました
皆さんが書いておられる様に 
幸せは家族・夫婦・子供・皆で築いてゆくものだとおもいます
他人を頼るもよし
自分を信じるもよし
貴方の幸せを踏みにじる人はいないと考えての事ですから
如何でしょうか この答えは一度結婚してからでも
出してみるという事にしては如何でしょうか
案外と幸せなんて 足元に転がっていますよ
勿論貴方の足元の事を申し上げております
だから 私は思います

好きになった人に寄り添ってみてください
駄目でしょうか

※私は個人的にこのサイトが好意的に積極的に発展していって欲しいと思うものです
だから批判も書くことが多いのですが もっと幸福に関して挑戦的でも良いとも考えるのです

投稿日時 - 2012-04-12 23:25:55

お礼

ありがとうざいます。寄り添いたいと思える人ができたらそうしたいと思います。

投稿日時 - 2012-04-13 15:57:53

ANo.19

ANo16です。幸せな結婚と家庭を手に入れるためには、お金・愛情・子供への愛・生き方などについて素敵なカードを一杯お持ちの方と結婚すればいいはずだと信じてこられた訳です。しかしながらこの世には思いがけない病気・不幸・災難がやってくることがあるのです。「無常の風」が吹くことがあります。これを予め知って対処することは不可能です。
しかし貴方はこうお考えになるのでしょう。「この苦難に対して私と貴方の努力では対処し切れないわけはないでしょう。問題は貴方のカードに不足があるからでしょう。もっと愛情と努力のカードを切りなさい」と要求なさるはずです。貴方の目下のお考えではこのようになります。地獄の家庭となりそうです。貴方ご自身もこれではまずいとお気づきになって来られましたね。
この世の「無常の風」には予めカードを沢山準備しておくことでは不十分なのです。予め「覚悟と努力=愛情」を準備することが必要なのです。「妥協」ではないのですよ。この覚悟の共有をしてくれる伴侶が見つかるためには貴方の覚悟の強さとその美しさが役に立つといいですね。

投稿日時 - 2012-04-11 14:25:37

お礼

度々ありがとうございます。柔軟な人同士じゃないと協力も幸せも長くうまくいきませんよね。ということで、頭がかたい人と結婚ても最終的に幸せになれるかという疑問は、NOで終わりになりました。ご協力大変ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-04-11 16:54:08

ANo.17

1…自分の理想の人なんて、実際にこの世にいないよ。

妥協しても問題ない所を、妥協しているだけですよ。

2…無理して妥協しているわけではありませんので、もちろん幸せです。

3…克服以前に、愛がないとそうしようと思いませんよね?

質問者様って、理想論ばかりで、実際に恋愛やお付き合いしてます(した事あります)?

妥協って恋愛を重ねないとわからない物だし、お付き合いの中で自然と受け入れられていくもんですよ。

恋愛と結婚の発想が普通と逆じゃないですか?

投稿日時 - 2012-04-11 02:06:01

お礼

ありがとうございます。
独り身よりも妥協して結婚したほうが最終的に幸せだとおっしゃっているのでしょうか?

投稿日時 - 2012-04-11 05:29:22

ANo.16

<<人生に選択肢がある限り、人生に妥協したくない>>とお望みならば、シングルマザーを選択なさることで妥協のない家庭作りが出来ましょう。しかし結婚は独りでは出来ないものとお考えのようです。二人がそれぞれの役割を「補い合い許し合い」ながら築くものでありましょう。
夫婦生活での重要関心事であるセックスにおいても同様です。「私の浅ましさ・至らなさを貴方が受け容れて喜んで下さる。それがまた私を喜ばす」この思いをお互いに投げ合いしているはずです。これが結婚の「儀式」なのです。「お互いの要求に完全に応え合うべきである」とのセックスがいつもうまく成り立つことはないでしょうね。
お互いの至らなさを理解し、許しあい、補い合って営む生活、これが嬉しく実行できるお互いの関係が確認できるような結婚生活を思い描いて下さい。愛があればこのことが可能と考えないで、これを可能とするお互いの許しあい・補い合いを育てようとお考え下さい。

投稿日時 - 2012-04-10 19:51:45

お礼

ありがとうございます。子供が欲しいと思っているわけでもなく、協力して育てたいと思っているだけです。愛の少ない結婚をしたくないだけです。愛の少ない結婚から最終的に幸せになることは可能なのかが知りたいです。私は努力できますしすすんで改善策を探します。相手も最低限「乗り気」でいないと結論が出ても現実に反映されませんよね。そんな男性とも結婚したら最後にはみんな笑えて幸せを感じているのかってことです。私はそう思えません。なのになぜこんなにも結婚できる人がいるのでしょう。

投稿日時 - 2012-04-11 05:28:11

ANo.15

30年近くなります。

1.2.3.妥協=許す、受け入れる、認め合う。
愛し合うとは、お互いにこれが出来る、それを幸せに感じることです。

>幸せな結婚と家庭を手に入れるにあたり、私にもなにか方法がないものでしょうか。
方法も何も。
pikopiko5さんは、まず愛する喜びを知ることからじゃないでしょうか?
相手が幸せでなければ、自分は幸せにはなれないことに、いずれは気づくでしょう。

投稿日時 - 2012-04-10 19:26:51

お礼

ありがとうございます。
愛だけで結婚して大失敗した両親を見ていますから、愛だけではやっていけないと思っています。他にも地域的に片親の友達が多く、そう思う理由なら散々あります。私は尽くす人ですよ。お互いに協力できない(相手からの歩み寄りが足りない)とはっきり思うような男性しか出会いのなかにいない場合、そのなかから一番ましな人と一緒になるべきでしょうか?それなら孤独を選びたいです。孤独を選ばない価値はどこにあるのでしょうか。

投稿日時 - 2012-04-11 05:24:44

ANo.14

1.妥協しなきゃいけない人達が意外に多いからじゃない?

2.妥協って言葉意識しないで結婚生活続いてるからわからない

3.愛で克服できますかという質問の裏には、他の何かが大事と言いたい気持ちがあるのかね。

おたくさー矛盾してる。

ある程度の裕福なかたで→はいはい確かに では相手にそれを求める分おたくは、ある程度の何が与えられるかな

私と愛し合えて、子供を愛せて→相手に言うけど、それをおたくはできるのかしら?その前に「はい でも条件が。何々でこれこれでないと【いけません】」ってくるんでしょ?

単なる書き方の問題なのかなあ。なんだか、おたくは自分側だけが婿選びのハードル高くさえすればいいと思ってない?問題は相手にはないはずだがなあ。そういうご立派な男性がいたとしても、おたくがキャー素敵って思ってるだけじゃ結婚できないんよ?相手の要求をおたくが満たしてないと。
つまりね。おたく自身が「そういうご立派な方とお似合いな方、求められるようなお方」になりさえすれば、男について、あーでもないこーでもないと難しいマニュアルなんか作らんでもいいのよ。突き詰めれば自分の問題。

生きるにあたって柔軟なかた→・・・・・・・

・・・よく言えるね(笑)生きるにあたって柔軟な方って、今回の質問文のような、がっちがちの「べき」論なんかのたまわない人だと思うのよ。なんとなく好みなんかはあっても、思いつめたりなんかしてなくて、自分向きの女性に会ったら、あ、この子だと。チェックリストなんか作らんでも、もともとバランスよく心身発達してるから、人の判断も直感的だが外さない。

まあ失敗から、気張ってしまうんだというのはわかる。ただ、なんだろ質問の書き方のせいなのかね。相手に柔軟さとかすごーく高度で繊細ななもの求めてる割に、おたくの思考回路すっごくマニュアル的よね。

それがなんだか、世間にあふれかえってる、自分はさておきますが理想の王子様は王子様ですから絶対こうあってもらわないと困るんですという、行き遅れがちな女性とかぶってしまうのよね。

男について書いたとおり。女だって本当に立派な人物は。細かく意識しとらんでも、いい判断できると思うわよ。

おたくもあんまり。頭でっかちでマニュアル作成におぼれないように。

投稿日時 - 2012-04-10 18:46:47

お礼

ありがとうございます。
マニュアルなんか気にしなくてもいいと思えるほどの恋愛ができるならこんな話になっていません。 学生の頃に出会った人とはそう思えましたが、社会人になってからはみなさんマニュアル型なので合わせています。結婚したいと思えません。でもいわゆる安全で継続力があって誰からの評価も高い人だって多くいます。だからといって結婚したらただの亭主関白になると予想できる人とは結婚する意味がわかりません。愛がさめます。そういう人とも結婚したら努力しだいで最終的に幸せになれるものですか?私だけが幸せにする努力をして、相手は私を奴隷のように扱うでしょう。

投稿日時 - 2012-04-11 05:21:23

ANo.13

いやいや、夫婦を維持する秘訣が「妥協」なんですよ。
夫婦とはいえ所詮は他人です。
他人を変えることはできませんから、自分が変わるしかないのです。
これを積極的選択と取るかあるいは「妥協」見るかでしょう。

一番幸せなのはお互いに妥協する事です。

結婚で妥協をしないと結婚生活で妥協を余儀なくされます。
なぜならその結婚があなたにとって理想だからです。
理想を維持するには妥協が必要と言うこと…
結局はそういうことです。

我を通せばどんな関係も必ず崩れます。
幸せは妥協の上に成り立つのです。
相手の為に妥協することが愛だとも言えますね。
これが結婚が恋愛とは違う所だと思います。

投稿日時 - 2012-04-10 17:43:02

お礼

ありがとうございます。
愛があったら妥協に感じないと思っています。自分が出会っていないと思うなら結婚しないほうがいいと言う人の意見も、結婚してみなきゃわからないでしょという意見も、どちらもわかります。私は容姿や年齢などは全くきにならず、一部の譲れない部分を書き出してみただけです。むしろ、他はほとんど気にしません。私が働いてよければ子供を任せて仕事に行きます。でも母乳は彼から出ません。柔軟な相手にいは私も100%柔軟です。そういう人に出会わないなら結婚したくありません。この感覚を変えることができずに悩んでいるのです。

投稿日時 - 2012-04-11 05:11:39

ANo.12

#4です。
質問者さまは今の考え方では、理想の人に巡り合っても結婚はできませんよ。

だって
>「ある程度の裕福なかたで、私と愛し合えて、子供を愛せて、生きるにあたって柔軟なかた」
というのは、今後そうでなくなる可能性は
>少しでもあったら
ですから
>結婚するべきではないと
なり、結婚はできません。

言葉尻だけを捉えて嫌な奴だとお思いかもしれませんが、ご自分の価値観ですらブレています。
こうなってしまうと
>私にもなにか方法がないものでしょうか。
と聞かれても、“ない”になってしまいます。

方法としては自分の価値観を堅持しつつ、譲れないところは代案などで調整することになります。
つまり“少しでもある可能性”に対してどうするのかという考え方も重要になるわけです。
これが質問とお礼でブレているようではダメですよ。

>子供がいなくていいのにセックスするのも先が思いやられます。
についたってそう。
別に避妊すればいいわけであって、思いやられる必要などないのでは?
セックス自体がいやなのか、避妊すればいいのか、避妊の方法はどうするか、それによって条件をクリアできる可能性だってあるわけです。
(あっ答えなくても結構ですよ)

質問者さまはずいぶんおモテになるようですが、しっかりとした自分の価値観と冷静な代案作りができなければ、それこそ「拒否一辺倒、妥協しない!」となり、結婚したいと思っている人は離れていくでしょう。

投稿日時 - 2012-04-10 16:18:10

お礼

度々ご回答くださり大変ありがとうございます。とても貴重な助言です。
おかげさまでずいぶん考えがはっきりしてきました。無理やり答えを出すことができない状況なのだ、ということもわかってきました。いただいた情報はものすごくありがたいです。今後とても大きな手助けになること間違いなしです。避妊は健康な体であればどうにでもできる世の中ですよね。私も諸事情でピルに出会ってからは感謝しています。
蛇足ですが、実際に言い寄ってくれる男性がいても一緒にいてお互いが満たされていると感じることができない限りは嬉しくも楽しくもありません。相手が頑固に出てきて、それを受け入れろという「命令を受けるかたちで」結婚したがるのはどのような考え方なのでしょうね。堂々の却下です。笑

投稿日時 - 2012-04-10 16:45:55

ANo.11

私もバリバリの非婚主義だったのに妥協しちゃったよ~。
妥協・打算・惰性の3D結婚です。
でも後悔はしてません。充分幸せです。
妥協しない生き方を一生貫くのはスゴイことですが、
言わば、ゴム紐をいっぱいいっぱいに引っ張り続けるようなものです。
いくら伸びるからといって、ずっとやってたら劣化するし、切れちゃいます。
人間の心も緩急や余裕がないと幸せを感じることさえできません。

ちなみに、コロッと宗旨替えしたのは
「私も別にそう大した女じゃないしな…」と気がついたからです。

投稿日時 - 2012-04-10 16:06:45

お礼

なんと(笑) ありがとうございます。おかげさまで質問して良かったと思っているところです(笑) 結果的に幸せになれるのはどんな環境(状況)なのでしょうかね。やわらかい風をあびるような幸せのことを家族愛だと思っています。自分自身が落ち着いてからの結婚がよさそうにも思えますね。

投稿日時 - 2012-04-10 16:18:16

※配偶者
※お金
※経済力
以上の全てが貴方の元に元々あれば
貴方は貴方が希望する様な幸せな結婚生活を送れると
私は考えます
貴方は自分に無いものを全て配偶者に依存しながら
幸せになりたいと考えるから無理が生じるのですよ
貴方に元々無いものには
他人を頼らなければ仕方が無いと考えないから
自分が不幸だと思っているだけではありませんか
この頼る事が 即ち 妥協になると私は思いますが
違いますでしょうか

投稿日時 - 2012-04-10 15:47:19

お礼

ありがとうございます。
譲るべきではないとおもっている部分が多いのだと思います。だからといって家族になるには子供への最低限の配慮をしたいのです。お金がなくて親が八つ当たりするような環境をつくりたくないのですが、女性が働くと男性は気分を害する傾向があまりに強くて。性格と生活で分けると、性格の欠点は大歓迎です。価値観の違いによる嫌な態度は愛がさめてしまいます。そうです。ひとりなら問題ないのです。なぜ結婚するのですか?

投稿日時 - 2012-04-10 16:12:57

ANo.9

妥協というよりも、譲り合う、寄り添う、尊重し合うと考えています。

異なる環境で育ち、違う人生を歩んで来たんですから、価値観も、考え方も違うのが当たり前ですよね。どちらか一方が、もう一方にすべて合わせる、自分の考えを捨てて合わせるのでは、いつか身が持たず行き詰まる可能性が高くなりますね。夫婦として生活していく、人生を共にするに当たり、話し合ったり、相手の意見を受け入れたり、自分の考えを聞いてもらったりしながら、二人共通の新しい価値観を作っていくことが、結婚だと思います。

それまでは、一人で決めてきたことも、価値観の違うパートナーと決めるのですから、食い違ってくるのは当然です。その時、価値観の比較的近い人となら割とスムーズなので、「価値観の同じ人と結婚した方が良い」とよく言われているのだと思います。実際には価値観が全く同じ人はいないので、様々な場面で摺合せや譲り合いが必要になってくるわけです。

尊敬、尊重し合っているパートナーであれば、考えが違っても耳を傾けることができます。また、自分ではそれがベストだと思ってきたことも、もっと良い考えがあったり、相手に救われることも当然でてくると思います。

もし、譲り合うこと、違う考えを受け入れること、尊重し合うことはイコール妥協だし、そななこと絶対にできないと本心から思うのであれば、誰かと暮らすこと、人生を共にすることは相当難しいと思います。ご自分でも絶対に自分の方に譲ってくれることのない人と生活をおくることは嫌ではないですか?

子供を離婚によって不幸にしたくないという強い意志はとてもすばらしいことだと思います。子育てに関しても、パートナーとの考え方の違いに戸惑ったり、悩んだり、迷ったりすることがあると思います。子供のためと思って我慢しているうちに、そのうち自分の考えの足りなかった部分に気が付くことがあるかもしれないのに、我慢せずに別れてしまっている夫婦も多いと思います。

誰かと人生を歩むということは、変化も含めて、楽しいものですよ。楽しみは倍、悲しみは半分です。
良いお相手に出会えると良いですね。

投稿日時 - 2012-04-10 15:43:22

お礼

ありがとうございます。譲り合う、寄り添う、尊重し合うは私も重要視しています。そこに当てはまる男性がいなくても結婚されますか?

投稿日時 - 2012-04-10 16:56:23

ANo.8

ははぁ。。。
何を言いたいかはとても良く分かります。
しかし、まだまだ若いっ(笑

あなたは今まで、決められたレールの上を歩いてきた人生だったのですか?
違いますよね?

結婚だって同じですよ(笑

いくら「結婚に妥協は付き物だ」とは言え、「人生を妥協」する必要はありません。

意味分かりますかね?
つまり、自分の人生に妥協しない為にも、結婚生活で妥協するんですよ。

自分は、結婚してもうすぐ十年になりますが、それこそ結婚当初から妥協してばかりです(笑
もしくは諦めに近いのか。。。

でも、何も妥協しているのは、自分だけではないでしょう?
相手にも、妥協させたり諦めさせてしまったりしている部分はあるのだと思います。

「自分だけが大変だ」と思っていては、誰と結婚しても生活は続きませんよ。
自分だけが大変な訳じゃない。だから結婚に妥協は付き物なんです。

自分から見れば、あなたの理想、

>「ある程度の裕福なかたで、私と愛し合えて、子供を愛せて、生きるにあたって柔軟なかた」でないといけません。

と言っている方が、人生を妥協しているように見えて仕方ありません。

初めから、決められた人生なんて、妥協よりもつまらないですよ。

愛は、その状況、その環境、その都度、形を変えて行くものです。
一つの形に収まって、それにこだわってしまうのであれば、どんな変化にも対応していけないのではないですか?
あなた自身が、もっと考えを柔軟にして行かなくては、どんな柔軟な人が相手でも、窮屈で仕方ないと思います。

>私は自分の人生に選択肢がある限り、人生に妥協をしたくありません。

人生の選択肢は確かにありますが、決めただけで答えが出るものではありませんよ?
選択した後の努力が、答えを正しいものにして行くのですから。

あなたの質問を拝見していると、どうも相手次第であなたの人生が決まるような言い方に聞こえてしまうのですが。。。
少なくとも、「人生の妥協に相手はいません」よ?

参考程度まで。。。

投稿日時 - 2012-04-10 15:41:00

お礼

私は気にすべき、気にしないことができる部分を把握しているだけです。相手の欠点は歓迎です。譲り合いの精神が足りないというような大きな欠点を持った男性とは結婚したくないのです。ケンカだって愛があるからできます。興味がない男性にいちいち自分の意見を伝える意味もわかりません。女性は子供を産む側です。安心できないとか命かけて産みたいと思えない人と結婚してもいいものかと悩みます。母と同じにはなりたくないのです。

投稿日時 - 2012-04-10 17:01:28

結婚35年子二人孫二人です。

 妥協とか我慢とか言うと、辛くなりますね。
気配りなどと言い換えてはいかがですか?

非常に豊かな時代になって、食べ物も、衣服も、住居も
 快適になってきました。
二人で力を合わせなくても、勝手に生きていけるのです。
 食品も本当にやすくなりました。
  おなかをすかせて寝ることも無いのです。

子どもや孫を育てる意味も道徳も変わって来ました。
 犬や猫に衣服を着せて、抱いて寝ることもできるのです。

◇結婚して、伴侶がいれば、テレビも入浴も食事も
  相手と相談して決めなくてはなりません。
これを、我慢と言えば、やがて破裂します。
 気配りと言えば、気持ちよく返せますね。

交尾して、子どもができれば、扶養の義務があります。
 最近は、捨てたり、遺棄したり、折檻したり大変ですね。
人の子は、一旦生めば、成人するまでは、育てなくてはなりません。

家庭を作り、子育てをして、成長を喜び合い、年老いた父母を慈しむことが
 人間です。気配り・心配りです。

ただ、交尾するだけなら、結婚するする必要は有りません。
交尾時の快感を得るためにドラッグを使うなどとんでもないことです。

無理に交尾しなくても、子どもや孫・親に対する慈しみの感情がもてれば、
 人生はそれなりに有意義なのです。
時には、少しのお酒はかまわないでしょう。

刺激を求めて、夜の町を徘徊するのはいかがな物でしょうか?

子育てや、孫の面倒・親の物日に意見があった時、本当にさわやかな幸せを
 感じます。

相手の心配りを感じたとき、子リスのようにかわいい孫娘にじっと見つめられたとき
 幸せを感じます。

激しい喜びではありません。穏やかな喜びです。

冷たい雨の中を走ったり、おなかを空かせていたときに、暖かい金鍔とか
 貰ったときの喜びは、忘れません。

にぎりめしに、味噌を付けただけでも、おいしかったのです。

結婚とは、家族を作り、慈しみ合うことです。

都会で、激しい喜びの感情をお金で得てしまったら、何事も『我慢』となり、
 結婚は難しいでしょう。

幸せな結婚とは、子の誕生を待ち、それを祝うことです。
 家族の、誕生日とか、何かの式の時には、お祝いの気持ちを伝えます。
頂いた心配りには、返礼をします。相手の物日をメモして忘れないようにします。

 これができれば、幸せな結婚と考えます。
結婚式には、これから交流したい親族・家族を招きます。
 懐妊や出産も知らせましょう。
経済的に無理のない範囲にします。 

投稿日時 - 2012-04-10 15:40:18

お礼

ありがとうございます。te9koさん、どうかte9koさんの結婚前の価値観がどのようなものだったかを教えていただけませんか?te9koさんが結婚されたのはどのようなかたですか?たとえば、te9koさんが苦しいときにどのような対応をされるかたですか?どうか教えてください><

投稿日時 - 2012-04-10 16:07:19

ANo.6

1.
男と女はどうやっても相容れない存在だから?
もしくは、根本的に、他人を100%理解するなんてことは不可能だから。

2.
妥協って考えたら、そりゃなんだって楽しくないですし、そこに満足は無いですよ。
そうじゃなく、「この人はこんなところが素晴らしい、他に代えられない価値」って感じるものがあって、それがその他の不満や短所をはるかに上回り「共にいる価値がある」と思えるなら、(それは確かに「妥協」とも言えるのかもしれませんが、)本人は「妥協」って気はしないと思います。

3.
それは本人・・つまりpikopiko5さん次第ですよ。「我慢して克服する」のではなく、自然とそう思えるくらい人間的に敬える相手を選べばいいのです。逆に、そう思えないなら結婚なんてしなくていいですよ。


>不幸な子供はぜったいに増やしたくないという思いから、子供についてもかなり慎重です。共働きで離婚になるなら働きたくありません。
この論理はちょっと理解し難いです。不幸になる子供はみんな両親が共働きなのでしょうか・・・子供の幸せには、奥さんが主婦になればそれで解決なのですか? 主婦なら離婚も絶対無いのですか?
これだけ立派に働いている女性が大勢いるこの時代、ありとあらゆる働く大人達、そしてそれに育てられた子供達を全て敵に回す発言ですね。かなり失礼です。
単に、pikopiko5さんが仕事と育児の両方同時にしたくないってだけの話では? 現に仕事と家庭を両立している親なんて今日日珍しくもないです。

もし子供の成長や幸せの足かせになるのだとしたら、おそらくそれは「親が共働きである」ことではないです。親がpikopiko5さんのように頑固で柔軟性の無い発想を持っていたり、多様性(他者の生き方)を排除するような姿勢だったりすることなのではないでしょうか。
親があまりにも浮世離れしていたり、思い込みが激しかったりするせいで、それにがんじからめにされ苦悩する子供や、社会に適応出来なかったり、人から愛されるような人間に育たない子供は実際います。そんな親にならないよう要注意です。

投稿日時 - 2012-04-10 15:27:13

お礼

ありがとうございます。「結婚しなくていいんだ」と思いました。私は看護師になる予定です。ものすごく働きたいです。教育ママになる気はありません。教育は大切ですが(笑) 離婚率や実際に母が職場に復帰してから離婚がすすんだことと、たくさんの片親家庭を見てきていまの価値観にいたっています。離婚で幸せをつかむこともあります。私は生まれなきゃ良かったとおもっていたのですが、生まれてしまったあとは逃げれないので「親の離婚で幸せになれた」と思っています。ただ母の苦労を見てきて、自分の苦労も知っているのでとてもじゃないけど同じことはしたくありません。見てきたどれにも当てはまる家庭にしたくないのです。。子供がいなければいいのかな。。子供のいない結婚…

投稿日時 - 2012-04-10 15:37:29

ANo.5

>幸せな結婚と家庭を手に入れるにあたり、私にもなにか方法がないものでしょうか
答えは単純ですよ。難しいかもしれませんが。
いつ問者様が十分魅力的になればいいんですよ。
そうすれば、相手に妥協させずこちらも妥協しなくてよくなる確率が上がりますよ。

こうしてくれこうであってくれ、と相手に望むだけじゃまあどうにもなりませんよ。

投稿日時 - 2012-04-10 15:22:51

お礼

ありがとうございます。ありがたいことに、結婚したがってくれる人は選べるほどいます。勝手に私の帰りを待っている人もいます(笑)しかし、だからといって私が幸せにできる範囲ではないと思う人だったりするわけです。言い寄ってくれる男性と結婚したら幸せにできる自信もついていいのかななんて思ったりもしましたが、どうも価値観が男尊女卑の人に感じてならず何年も断っています。結婚するならこういう人、この人だなと思う人もいます。ただ、最終的に理性が働くとまったくその気になれせん。そしてこうして解決策を探しています。

投稿日時 - 2012-04-10 15:47:43

ANo.4

“妥協”なんてみんなジョークで言っているんですよ。
結婚関係の話題ではジョークや皮肉、下ネタは付き物です。

正しくは“調整”です。

質問者さまが書き連ねたのは、ただのワガママです。
(自分の意志だけを書いただけ)
ワガママを妥協するのではなく、お互いに調整することが大事だと思いますよ。

投稿日時 - 2012-04-10 15:16:08

お礼

ありがとうございます。はい。調節の意味はよくわかります。妥協するべきでないと思っているところについてはどうしたらよいのでしょうか。私は自分が嫌な思いをして育ったので、どうしても離婚の可能性が少しでもあったら結婚するべきではないと思うのです。子供がいなくていいのにセックスするのも先が思いやられます。計画倒れ前提にしか思えなくて。。人間不信のような面があるようです。どうしたら一緒にやっていけると思えるのでしょう。

投稿日時 - 2012-04-10 15:29:56

ANo.3

結婚10年。嫁との付き合いは20年。子供は9歳です。

妥協は何にでもつき物です。結婚に限らず。子供が出来た時の得る物に較べたら、妥協や我慢は何の苦でもありません。妥協せずに全て最上級の物を手にし続ける方が、よっぽど不幸ではないでしょうか。

有る意味、結婚とは妥協でなく譲り合い。違った感性の人間が一緒に暮らすのですから、これは当たり前。家庭でなくても、学校でも、会社でも、ご近所同士でも、全てこれが先に有り気でないと衝突の連続です。

色々不満もない訳ではありませんが、取り敢えず凸凹なく過ごせています。

投稿日時 - 2012-04-10 15:05:25

お礼

ありがとうございます。素敵ですね。
はい。ものすごく理解できます。わかりやすいです。私が妥協と言っている部分は、「譲り合いをできない人しか候補が(失礼)いなくても結婚しますか?」というような意味です。好きな人の欠点なんて、私には魅力でしかないです。手がなかったら私に任せてって思いますし、毎日体も洗いたいと思います。私には「相手に強い魅力を感じないのに結婚する利点なんてあるの?」といった疑問ばかり残ります。私に忍耐力がないということなのでしょうか。

投稿日時 - 2012-04-10 15:24:47

ANo.2

そうですね、若い時は気がつかない事かも
知れませんね。

もうすぐ結婚20年の男です。

>1.なぜ結婚には妥協の2文字があるのですか?

 妥協というか、長く一緒に生活し居ていると、
 恋愛時には見られなかったギャップみたいな
 ものが出てくるんですよ。
 こーじゃ無かった、あーじゃ無かったってね。
 色々嫌なところも見えてくるんです。
 そう言うので離婚する人もいるのでは無いかな?

>2.結婚は妥協してもお互いに幸せを感じるものですか?

 感じますよ。
 若いときは恋愛ですが、子供が出来、家族が増えると
 今度は家族愛になるわけですよね。
 そこにも、妥協で、もうこの人はこういう人だと
 解っている訳ですからね。(お互いに我慢の出来る範囲内ですよ)

>3.結婚によって起こる変化(出産、仕事、住む場所 etc.)
   は最終的に愛で克服できますか?

 最終的には、家族愛ですよね。
 まーそこまで考えて結婚はしていませんけどね

投稿日時 - 2012-04-10 15:03:11

お礼

ありがとうございます!そこなんですよ。性格の欠点ではなく、「家族愛になれる自信がない人とでも結婚して大丈夫なのかな?」だったり、「子供を欲しくないくせに体を求める人でやっていけるの?」だったり、私の重要視している場所がだめなのです。価値観の違いを無理やり受け入れてまでの結婚の価値があるのかな、と…価値観と言う言葉で質問できたらもっと明確でしたね。ちなみに私は離婚により片親で育っています。定年になってもキスしたりセックスできるような、「一緒にいたいと思い合える」人と結婚したいのです。出会っていないなと思ったら結婚なんかしなきゃいいのかな、なんて思っているのです。

投稿日時 - 2012-04-10 15:18:41

ANo.1

 妥協ってのはね、人生に妥協するのではなくて、自分の理想にパーフェクトなヒトは居ないことを知り、妥協するんだよ。プラスマイナス含めて寄り添わなきゃ、いい部分だけ感じる人とは疲れて別れてしまうのよ。

投稿日時 - 2012-04-10 14:58:35

補足

早いご回答ありがとうございます。人に対する妥協というか、幸せ度合いの妥協です。結婚相手の性格がいいだけでは共に生きていけないと思うのです。

投稿日時 - 2012-04-10 15:09:55

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-04-10 15:25:35

あなたにオススメの質問