こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

NIKONのマウントについて

NIKONの一眼レフのFマウントについてなんですが、

AIレンズ対応のマウントを付けて、他社のレンズを付けたいと思います。
デジカメ、フィルムと両方についてですがこの場合のAIってどのような意味合いになるのでしょうか?

Fマウントのレンズであれば全て使えるという事でしょうか?
何か支障が出ますか?
(露出がマニュアルになるなどは構いません。)
また、デジカメ用のレンズをフィルム一眼に、
フィルム用のレンズをデジタル一眼に付けるとどうなりますか?

また、無限遠が出ない物を使うと具体的にどのような写りになるのでしょうか?

多くの質問になりますがどうかお教えください。

投稿日時 - 2012-04-10 19:57:52

QNo.7414023

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Aiレンズ対応のマウントを付けて……とのことですが、ニコンFマウントのカメラであるとして、説明させていただきます。

まず、Aiについてですが、レンズの絞り情報をボディに伝えるための機構が付いたレンズで、マニュアルフォーカスの「Ai」と付くレンズがこれにあたります。

外見上の区別としては、
(1)絞りリングがある。
(2)絞りリングに、ボディと連動させるための突起が付いている。
(3)MFレンズでは、カニ爪と呼ばれる金具が、絞りリングに付いている。(ないものもあります。またAiタイプのAFレンズには、カニ爪は付いていません。)

※ここでカニ爪というのは、レンズとボディを連動させるための、Aiよりも古い初期型のしくみです。Aiと直接の関係はありませんが、ほとんどのAiレンズに付けられています。古い中古レンズの中には、カニ爪が付いていてもAiタイプではないレンズがありますから注意が必要です。

Aiタイプのレンズは、デジタル・フイルムいずれのボディにも装着でき、撮影も可能です。
私が知る限りでは、Fマウントのカメラであれば、ほぼすべてのボディで使用可能です。
ただし、ボディによっては露出計は作動しません。AFレンズにもAiタイプはありますが、AFの動作するボディは限られています。

次に、デジカメ用のレンズをフィルム一眼に付けられるかについて
Fマウントに限ってのことですが、装着はできます。ですが、絞りを操作できなかったり、DXタイプのレンズでは画面の周囲が黒くなってしまい (ケラレといいます)、使えない組み合わせも多いです(使えるものもあります)。

逆に、フィルム一眼用のレンズ (Fマウント) は、デジタル一眼でも使用できます。Aiタイプ以前の古いレンズさえも、一部のデジタル一眼には装着でき、撮影も可能です。Aiタイプより新しいレンズなら、ほとんど使用可能です(ただし、機能は限られます)。

また、他社製カメラ用のレンズは、Fマウントに装着しても使えないことが多いです。従ってマウントアダプターもあまり出回っていません。
たとえば、M42マウント (プラクチカマウント、一眼レフの古典的マウントです) のレンズを、アダプターを使ってFマウントに取り付けた場合、ピントの合う範囲は数メートル程度と言われています。
これはご質問の、「無限遠が出ないレンズ」のひとつで、撮影は可能ですがピントの合う距離が限られてしまうと言うことです。
これは、Fマウントのフランジバック (マウントと画像面までの距離) に起因するもので、残念ながらアダプター等で修正することはできません。

投稿日時 - 2012-04-14 11:11:17

お礼

的確な回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-04-14 15:34:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.7

此方は 多くの変換アダプターを、揃えておられるようです
以外にも マウント変換アダプターを、出しているとこが 有りますが同じような感じです
ニコンボディの所で 対象レンズマウントが有るか見て下さい
http://www.ne.jp/asahi/discoverphoto/co/dpc/Foradapter/ForadapterA.htm
電気的接続がないので とても使い難いです

非Aiボディでは露出計が使えない
Aiボディも露出計が使えるか使えないのかが不明 使えても絞り込み測光になると思われます

F3時代のマニュアルレンズならAiレンズなので 取り付けは可能
現行機種では
D3100とD5100は非Aiボディなので 非CPU(殆どのマニュアルレンズ)は 露出計が使えない

D7000とフルサイズ機のD4及びD800Eは Aiボディなので AとMモードで使用可能
 ピントが合えば分かるフォーカスエイドも機能します

現行レンズでは
APS-C用のDXレンズ群は すべて非Aiレンズです

フルサイズ用では レンズ名の先頭にAiが付いています
またAF-Sと有る物は 絞りリングが無いので F3では Aモードで使用できるはず

私も 混乱しそう

投稿日時 - 2012-04-13 19:01:41

お礼

ありがとうございます。
ちょっと難しいですねぇ。

投稿日時 - 2012-04-14 15:33:44

ANo.6

訂正
4番で書いた IXレンズは Fマウントでも別扱いされている特殊な物でした
APSフイルムカメラ専用で 普通のFマントに付けようとすると 電気接点の位置違いで
レンズかボディまたは両方を、壊す恐れがあります

投稿日時 - 2012-04-11 15:32:27

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-04-11 19:13:18

ANo.5

レンズマウントを使うなら、AiかAi以外かは、単に
「マウントに入るか入らないか」ってだけの話です。

この2つ、マウント形状は全く同じなんですが、絞り
連動爪の形状が違うので、マウントの設計次第で
入る・入らないがあります。実際、D7000などはAi
以降のレンズじゃないと入りませんが、D3100など
は何故か、Ai以前のレンズもそのまま入ったりする
んですよね。

本来、Ai以降のレンズは「絞り連動の自動露出」が
出来るってのが「売り」なんですが、マウントアダプタ
を使う場合、んなもん出来るわけがないので、その
ヘンは考える必要は無いです。

むしろ「G」以降のレンズは「絞りリングが無い」という
問題があったりするんですよね・・・。


Nikonはレンズの歴史をしっかり理解してないと、自分
のカメラでは使えそうで全く使えないレンズ、ってのが
存在しますから、注意が必要なんですよ。

投稿日時 - 2012-04-11 12:13:42

お礼

ありがとうございます。

やっぱりややこしいですねぇ。

投稿日時 - 2012-04-11 19:12:41

ANo.4

追記
Fマウントは複雑なので 記載漏れがあるかも知れません
フイルムカメラ
デジタル用 DXレンズは一回り小さい(面積で約1/2)撮像センサー用なので 周辺部が欠けられたり暗くなります
また これらのレンズはAiレンズでは有りません(取り付けは可能)

完全マニュアルカメラに、装着可能でも使えないもの
DXレンズは使えません(絞りリングが無い)
フルサイズレンズでも 絞りリングの無い
IXレンズ(現在製造されていません)やGタイプレンズは使えません

マニュアルフォーカスのAEカメラでは 絞りリングが無くっても オート露出で使用可能

余談
ニコンさんも ペンタックスのように 規格の一部変更に合わせて記号や番号などを付けて貰えば 少しは分り易くなるかも

ペンタックスの(Kマウント)例
Kマウント・・・開放測光用
KFマウント・・・・AE用電気接点追加
KAマウント・・・・電気接点を、さらに増やす
これ以降デジタルカメラにも採用されています
KAFマウント・・・・AF駆動用カプラ追加 AF用の電気接点も増える
KAF2マウント・・・・レンズ内モーター用電源設定を、追加 フイルムカメラではオートズム対応 デジタルカメラではレンズ内AF駆動モーター用
KAF3マウント・・・・KAF2マウントからAFカプラを、省いたもの(ボディ内AFモーターを、無くす)

投稿日時 - 2012-04-11 01:14:18

お礼

ありがとうございます。
一般的にAiレンズは現行のデジタル一眼のレンズなんでしょうか?
http://www.nikon-image.com/products/lens/system/
こちらに体系図があるのですが、良く分かりません。

投稿日時 - 2012-04-11 19:06:38

ANo.3

FマウントのAI化迄について
初期Fマントでは まだボディ内蔵露出計が無く 後に露出計が 内蔵されるようになり ましたが
特許の関係で 俗にカニ爪と云われる物で レンズの絞り値を、ボディに連携させていました
東京光学の特許切れ後 AI化されます
カニ爪に変りレンズ外枠に 絞り連動用の切れ込みを、付け 簡単に絞り値を、連携できるようになりました
実際には この切れ込みの他 解放値用切れ込みやマウント内にもピンが付けられています
ボディ側には マウントの縁に 連携用ピンの出っぱりがあり AI化以前のレンズは、このピンが壊れるため取り付けできません

マウントアダプターと無限遠が でないものについて
ニコンのカメラに 他社マウントのレンズを、取り付けるには 0.5倍程度の拡大レンズ内蔵アダプターを、使うと無限遠までピントが合います
この内蔵レンズがないものを、使うと 接写リングを、取り付けたときと同じように 無限遠で ピントが合いませんが
近くの物にピントを、合わせることが出来ます

デジタル一眼レフについて
デジタル一眼レフの入門機~中級機(AI用連動ピンが無いもの)では 非CPU(MF)レンズを 取り付けても 露出計が使えず とても不便です
同じように  ボディ内にAF駆動用モーターが 内蔵されていない物では AFレンズでもAFが使えず MFになります
AF駆動モーター内蔵レンズは 問題なく使えます

投稿日時 - 2012-04-10 22:22:58

お礼

ありがとうございます。

「ニコンのカメラに 他社マウントのレンズを、取り付けるには 0.5倍程度の拡大レンズ内蔵アダプターを、使うと無限遠までピントが合います」
とありますが、アダプタ有るのですか?
もし分かれば、URLって教えていただけませんか?

また、F3時代のマニュアルレンズを現行デジタル一眼には取り付けできるのでしょうか?
http://www.nikon-image.com/products/lens/system/
Fマウントレンズ体系図があるのですが、
どの時代の物がどれに当たるのかが良く分かりません。

投稿日時 - 2012-04-11 19:03:14

ANo.2

追記

>AIレンズ対応のマウントを付けて、他社のレンズを付けたいと思います。

嵌合径・フランジバックの関係で他社のレンズをFマウントに変換するアダプタはありません。

投稿日時 - 2012-04-10 21:13:02

お礼

ありがとうございます。
勉強になります。
他社のレンズをFマウントに変換するどうやら無いのですね。
ニコンのFマウントボディーでは他社の製品が使えないのですねぇ。

Fマウントレンズを他社のカメラでは使えるアダプタはあるようですが…
なぜその逆は発売されないのでしょうか?

投稿日時 - 2012-04-11 18:53:16

ANo.1

>AIってどのような意味合いになるのでしょうか?

今となっては、Aiは深く考える必要はありません。
初期のFマウントレンズは、自動絞りながら、1段絞り込むのにストロークの半分以上を費やしていました。
これでは、AE化に伴い、カメラ側から正確な絞り値の制御はできません。
そこで、絞り制御のストロークを適正化したレンズにAiの符号を付けるようになりました。
なお、Gタイプの絞り環が無くなったレンズやDX専用レンズには、この符号は付きません。


>Fマウントのレンズであれば全て使えるという事でしょうか?

Fマウントは、長い歴史があり、その間嵌合形状は不変ながら、進化を進めた結果、カメラにより使えなかったり機能制限が付くレンズがあります。
※詳細は、カメラの仕様表参照


>デジカメ用のレンズをフィルム一眼に、フィルム用のレンズをデジタル一眼に付けるとどうなりますか?

DXレンズでは、周辺がケラレる場合があります。


>無限遠が出ない物を使うと具体的にどのような写りになるのでしょうか?

Fマウントレンズのフランジバックは不変。不良でない限り全て無限遠は出ます。
仮に、無限遠の出ないレンズは、無限遠にピントが来ませんがピントの合う撮影距離内なら使えます。

投稿日時 - 2012-04-10 20:57:20

お礼

ご丁寧にありがとうございます。
無限遠の出ないレンズの場合、レンズによって違うと思いますが一般的にどの程度の距離ならピントが合うのでしょうか?

投稿日時 - 2012-04-11 18:43:20

あなたにオススメの質問