こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

真空管アンプはやっぱり音がいいのでしょうか?

真空管を使ってあるアンプは値段が高いイメージがあるのですが、
やはり真空管を使っているといい音が出るのでしょうか?
真空管を使っていないアンプと比べた場合、どのような違いがあるのでしょうか??
分かる方がいらっしゃいましたら是非教えて下さいm(__)m

投稿日時 - 2004-01-04 03:19:59

QNo.741627

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

30代♂です。私が10代の頃に、オーディオのコンポーネントブームがありました(たぶん戦後の何度目かのブームだと思います)。

コンポーネントということで、プレーヤー(当時はレコードプレーヤーやカセットデッキ)、プリアンプ、メインアンプ(パワーアンプ)、イコライザー、3ウェイスピーカー、などのように、機能別に装置が分かれており、最近多いプレーヤー部分とアンプの部分が一緒になった一体型は、安くてダサいイメージがありました。

プリアンプとは、実際にスピーカーを鳴らすメインアンプの前に、プレーヤーから入ってきた信号を制御して音量調節やトーンなどを整えるものでした。
そのうしろにメインアンプがあり、音量はプリ(前の)アンプで調整するため、メインアンプには音量ボリュームもなにもない、ただの箱=増幅器でした。

このメインアンプが、当時でもトランジスターでできたアンプか、真空管で構成されたアンプかで、音が違うといわれていました。(プリアンプはいろいろ制御するため、トランジスタがほとんどでした)

当時はいまほどデジタル技術は進んでいなかったと思いますが、トランジスタで処理する音は信号の制御がきちっとしているため、メリハリやキレもよく固めの音がすると言われていました。

反対に真空管アンプは、プリアンプから制御された信号がきちっと入って来ても、真空管の中で信号が処理されるとき、真空管はいわゆる電流流しっぱなしのアナログ管で、トランジスタほどのきちっとした処理が行えないため、いわゆる処理が甘くなり、それが逆にソフトでありメローな音になると言われていました。

あと大きなスピーカーで音を鳴らす場合、真空管アンプほど低音域のドライブ感(ベースの弦のうねりとかバスドラムの響きの深さなど)があるといわれていました。

当時、銀在のソニービルに真空管むきだしのアンプがありましたが、アンプの音の違いなのか、スピーカーの性能の違いなのか実はよくわかりませんでした。

投稿日時 - 2004-01-04 04:57:41

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

真空管のギターアンプは大きく2つに分けられます。
1つはオールチューブアンプでプリアンプ、パワーアンプ
共に真空管で、もう1つはプリアンプのみ真空管でパワー
アンプはトランジスタです。
akiko7さんの補足に書いてあるような大音量で使うなら
理論上はプリアンプだけ真空管のタイプでしょう。
しかし実際は最高出力が大きければオールチューブでも
ノイズは少なくなるでしょうし、メーカーによっても
違うと思うのでスタジオなどで弾いて確かめてみるの
がいいと思います。

投稿日時 - 2004-01-05 19:24:40

ANo.8

ギターアンプとかの事ですよね。
トランジスタ(今時こう言うのかは疑問だが・・。)回路のアンプとは音が大分ちがいます。ただいい音かと言う質問には好みがあるので何とも答えようがありません。
シャキっとした音を求めているのに真空管アンプを使ってもよい結果はでないですし・・・。

でかい音でハードロックなどプレイするには向いてるかもしれませんが、いつもいつも大音量でプレイするのでなければ(家で弾くとか)、かえって向いていないですし・・。

楽器との組み合わせもありますし、どんな音楽をプレイするかによって変わってきますので、その辺がわかればもっと回答がつくかも。

投稿日時 - 2004-01-05 01:01:36

補足

ご返答ありがとうございました!
新たに質問したいことがあるのですが、
真空管のギターアンプは、大音量(ライブハウスとか)の場合はトランジスタより音が悪くなるのでしょうか?
もしよろしければご回答下さい☆

投稿日時 - 2004-01-05 17:56:13

ANo.7

amo

なんか皆さんオーディオの話をしているようですが、
ギターアンプやベースアンプの質問ではないのでしょうか?
ベース、ギターアンプに関してはものすごく違いがはっきりしてますよ。

投稿日時 - 2004-01-04 15:29:14

ANo.6

もう、うろ覚えですが、真空管アンプは
A級動作という回路で入力信号がなく
ても電流が流れっぱなしです。それから
出力トランスがあります。トランジスタ
アンプは、B級動作で、出力トランスが
ありません。

出力トランスは、音質に大きな影響が
あります。トランジスタアンプはトラン
スがないから音がいいと言われてました。
A級かB級かということでは、A級動作
の方が音は良いとされています。トラン
ジスタアンプでAB級動作というのを使っ
ていたことがあります。

真空管アンプの特徴はハム(交流の50
Hzあるいは60Hzをひろう「ブーン」
というノイズ)が出ることです。回路の
設計で、消すこともできますが、その代わ
り音が死んでしまいます。

つまるところ、素材ですから、回路の設計
と部品の質によって音はいくらでも変わり
ます。

投稿日時 - 2004-01-04 11:30:50

ANo.5

真空管アンプが、半導体アンプと音が違うのは、確かなようです。
でも、普通の人には違いが分からない程度です。

真空管アンプの方が音が良いというのは、主観の問題です。
技術的には、真空管アンプの方が「クセのある」音になり、半導体アンプの方が入力信号に忠実な音になると言われています。
だし、人間が聞いて心地よく感じるのはかならずしも入力に忠実な方とは限りませんので…
この場合、測定器ではなくて、人間が聞くための物なのですから。

ちなみに、30年以上前の時代には、半導体アンプの方が音は良いというのが常識でした。
ダンピングファクターという性能の数値があるのですが、半導体アンプは真空管の10~500倍でしたし。

なお、高級な(高価な)製品ならば抵抗とかコンデンサーとかトランスとかに良い(高い)部品を使っているので、それで音が良いという事はあります。

投稿日時 - 2004-01-04 06:52:52

ANo.4

私には違いは解りませんが
半導体アンプと真空管アンプでは音が違うと言う方が居るのは事実の様です
但し余程のマニアで無いと区別出来ない模様です 又何が違うのかと聞かれても答えられないのです
つまり大変微妙な音の違いであって普通人には無理のようです
音が違うと言う知り合いが一人おりました 更に後に人から聞いて知ったのですが某有名大学の音響学の当時助教授も言っておったそうです 
この話を聞いて先の知り合いの話は本当かも知れないと思いました 
それまではそんな事 在るわけ無いと思ってました 三十年前の事です 
私自信は半導体アンプと真空管アンプ(立派な物ではありませんでしたが)共に作った事があります。

投稿日時 - 2004-01-04 05:18:28

ANo.2

素人ですが、真空管アンプについて一般的に言われていることについて述べさせていただきます。

まず初めに、真空管は消耗品で、しかも故障しやすいと言われています。また、代わりを調達するのに時間がかかる可能性も高いようです。また、振動に弱いと言う弱点があります。消費電力も大きい。

音質に関しては、音量の増加に伴うひずみ率も大きく、クセのある音を与えます。
正直、欠点だらけだと思いますが、趣味の問題なのでお金に余裕がある方でしたらチャレンジしてもいいのではないでしょうか。ただし、本来のクリアな音とは違うと言うことを認識したうえでですが。

投稿日時 - 2004-01-04 04:34:29

補足

ご回答ありがとうございました!
新たに質問なのですが、真空管アンプは使えば使うほど音質は悪くなるのでしょうか?
もしよろしければ、ご返答よろしくお願いします☆

投稿日時 - 2004-01-05 18:04:47

ANo.1

好みの問題ですね。
クラッシック、ジャズなんかだと確かに真空管アンプの方が音が柔らかい気がしますが今時の曲を聴くのだったらあまりさはありません。
というか「真空管を使っていないアンプと比べた場合、どのような違いがあるのでしょうか?? 」とのことですが自分の耳で聞き比べてみるしか方法はないですよ。

投稿日時 - 2004-01-04 04:16:22

あなたにオススメの質問