こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

年金支給額を減額された

父の年金についてです

昭和21年生まれです。
昨年65歳になったのを基に国民年金の請求をしました。

36.7年位は掛け金をきちんと納めていました。
その内、5年くらいは厚生年金を納めていた期間があり。

また、数年前に共済年金を掛けていた(25年間)母を亡くしました。

国民年金請求よりも約1年位早く、遺族年金を請求しました。
60歳からもらえるものだったので、受け取っていない期間分をさかのぼって
支給されました。

そして、昨年65歳を迎えてから国民年金を請求しました。
そして今月、国民年金+厚生年金と遺族年金が振り込まれました。

内訳は  国民年金+厚生年金で 28万=2ヶ月分(1ヶ月当り14万)
      遺族年金で       6万=2ヶ月分(1ヶ月当り3万)

たしか国民年金は40年完納して支給額は78万/年(6.5万/月)だったかと思います。
そうだとすると支給される額が多すぎると思うのですが????
厚生年金の掛け金も5年ぐらいでそんなに多く掛けていたわけではありません。

また、遺族年金部分ですが国民年金が支給される前はもっと多かったです。
約半分に減額されました。これって国民年金+厚生年金が支給されたから
減額されたという事でしょうか?

遺族年金は一人1年金をいっても別枠なので
支給が停止される事はないのですよね?

それにしても遺族年金の減額は痛い!です。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-04-16 22:38:02

QNo.7425043

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

確かにお父さんの年金加入期間が厚生5年のみであとは国年であるならば、2カ月分とすれば、金額的に違和感があります。

確認しますが、
65歳で国民年金の請求をしたとありますが、ひょっとしてそれまではご自分の年金手続きはなさってなかったのでしょうか?60歳から65歳は遺族を選択されたのでしょうね。
お父さんの生まれ月はいつでしょうか?
例えば、12月生まれであれば、4月支払い分は1から3月までの3か月分が入ってることも考えられます。

そして、金額を確認してもらうには、年金証書の金額及び額変更通知書、振込通知書を確認してください。
あるいはおわかりになりにくければ、年金事務所にいつのぶんか確認してください。

投稿日時 - 2012-04-17 12:27:06

ANo.2

厚生年金保険に入っていた期間は、同時に国民年金に入っていたこととなるので、額はむしろこんなものだと思いますよ。
また、遺族年金ですけれども、自らの(お父様自身の)老齢年金が受けられるようになると、そちらが全額支給されることとなるので、その分だけ遺族年金を減らすというしくみになっています。
平成19年度からそうなりました。以下の日本年金機構のページをみて下さい。
遺族共済年金と遺族厚生年金はおんなじようなものだと考えていただいてかまいません。
http://www.nenkin.go.jp/n/www/faq/detail.jsp?id=1695

ですから、遺族年金単独で見ると、一見、額が減ってしまったように見えます。
ですが、老齢基礎年金+老齢厚生年金+遺族共済年金という形で受けられていると思いますから、トータルで見れば、月17万円という金額はおかしいとは思えませんけれど。
(老齢基礎年金や老齢厚生年金と、遺族厚生[共済]年金は、特例的に併給できるのです。通常は1人1年金の原則があるので、種類[老齢・遺族・障害]が違うもの同士を組み合わせることはできません。)

以上のことを踏まえて、年金事務所なり共済組合なりに確認されたほうがよいと思います。

なお、ここで聞いてもどうたら、という、正直、味もそっけもない回答が付くこともあります(^^;)。
これは、率直に言って一理あります。
たいへん失礼な言い方を承知の上で言いますけれど、聞くほうがよくわかってないまま質問することもありますし、間違った思い込みで質問されていたりするときもあるからです。
ただし、年金(年金だけじゃないですけど)のしくみを知っていたらある程度までは答えられるものもあるので、回答に限界があることを踏まえていただいた上で、それ以上のことは、やはり、年金事務所などにお尋ねになったほうがいいと思います。

投稿日時 - 2012-04-17 00:51:29

ここに質問することでは全くありません。

直接、支給されている先へ問合せすれば解決することとしか思えません。

投稿日時 - 2012-04-16 23:35:44

あなたにオススメの質問