こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

管理職でなくても自分より役職が上の人は

管理職でなくても自分より役職が上の人は自分にとっての上司でしょうか?

例えば自分が平社員で
課長や部長は「上司」ですが
主査や係長など管理職じゃない人も、平社員の自分にとっては上司なのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-04-17 21:15:32

QNo.7426668

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

一部上場企業に勤務して6年目になります。
出世が早い方なので、社内では係長の肩書きです。

しかし、私には部下はいません。後輩はいますが。。

上司というのは部下に対し指示・命令を行える人を言います。

係長や主任?(うちの場合は主査は課長と同列)が上司なんて聞いたことありませんね。

社内の割合にもよるのかもしれません。うちの会社で一番多い役職は「係長」です。
彼らが上司になってしまうと全体社員の3/4ぐらいが上司の扱いとなってしまいます。

会社によって違うのかもしれません。他の方々の意見を見て、びっくりしています。

投稿日時 - 2012-04-18 16:54:13

お礼

私の会社と似ています。わが社も係長が一番多いです。参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-04-18 20:18:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

会社や官庁の役職にはラインとスタッフの二種類があります。上司というのは前者の職種についての言葉で、ラインでは木の枝のような構造になっており根元へ行く程上級な職種であり、自分の位置から見てより根元に近い職種にある人が上司です。通常新入りはラインの最下位に放り込まれますから、一緒に放り込まれた同期の友人を除いてすべてのラインの人達が上司になります。ラインには管理職の人もいれば非管理職の人もいるのは当然です。

一方、スタッフと呼ばれる職種の人はラインのツリー構造から外れ、外から仕事を眺めて適切な助言を行なう役目を担います。この人達は先輩であっても上司ではありません。通常は貴方の人事考課に関与することもないし、命令を下すこともありません。

 だからと言ってスタッフの人達をないがしろにしてもいいということにはなりません。多くのスタッフは一時的にラインから外れているだけで、またラインに復帰し、貴方の上司になる可能性が高い人達ですから、その積もりで接することを忘れてはなりません。

 定年間近かになるとスタッフになる人もいますが、この人達の意見はラインにある人に大きな影響を与えます。もう復帰することはないからと軽んじると酷い目に遭う可能性がありますよ(^_-) 

投稿日時 - 2012-04-17 21:40:43

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-04-17 22:49:37

ANo.3

自職場の職制表を見てください。
そこに書いてあるのが指揮命令系統です。

投稿日時 - 2012-04-17 21:38:22

お礼

見てみます。

投稿日時 - 2012-04-17 22:02:10

ANo.2

本人に聞いてみたら?

「あなたは私の上司ですか?」

「仕事だけじゃなくそんなこともわかんねぇのか~」笑

投稿日時 - 2012-04-17 21:31:25

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-04-17 22:01:57

回答するのも馬鹿馬鹿しい質問ですが、

主査や係長も、あなたの上司です。

投稿日時 - 2012-04-17 21:26:03

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-04-17 22:01:44

あなたにオススメの質問