こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「仕入」の仕訳について

弊社は食品卸をしていますが、自社に在庫は持たず、
受注があった場合製造工場(仕入先)へ発注し、
そこから直接受注先へ納品しています。


【質問】
  月末に製造工場(仕入先)から「商品原価+送料(発送費)」が請求されます。
  その時、
  「商品原価+送料(発送費)」の全額を"仕入"として仕訳してもよいものでしょうか?
  それとも「商品原価」を"仕入"、「送料(発送費)」を"荷造運賃"と
  分ける必要があるでしょうか?


<補足>
 自分で調べた所、商品仕入に伴う送料は"仕入"に含めてもよいという事を知りました。
 今回の場合は商品仕入に伴う送料には当たらないとも思ったのですが、
 都合よく考えれば仕入先から請求されるものなので、"仕入"に
 含まれると考えられなくも無いと思い質問いたしました。

投稿日時 - 2012-04-22 06:31:13

QNo.7434413

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

弊社(年商100億円程度)では

自社の所有になるまでの運賃諸掛かりはすべて「仕入」で計上しております

仕入計上=「商品代金」+「運賃諸掛かり」

メーカーなどからの直送の場合は弊社が運賃を支払っても届け先までの運賃諸掛かりも仕入で計上しています

投稿日時 - 2012-04-22 11:32:49

お礼

ご回答ありがとうございます。
具体的で分かりやすかったです。
個人事業の経理素人の為、"諸掛"という科目も知りませんでした。
"諸掛"で調べれば今回の回答も見つける事ができました。
 http://www.get-boki.com/archives/27/28/000036.html

投稿日時 - 2012-04-22 16:54:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

それ、逆や。含めるんが原則で、含めなくてもええ。

仕入れた商品は棚卸資産になるやろ。送料を含めるかどうかは、リクツやと棚卸資産の取得原価の範囲に入るかどうかの話になる。

ほいで、その基準はこれ。長くて面倒やもの、うrl貼るわ。(苦笑)
http://www.k3.dion.ne.jp/~afujico/siwake/swk1106.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/05/05_01_01.htm

あと、質問内容に何も書かれとらんのに振込手数料の話を長々としとるお人おるけど(苦笑)、振込手数料は購入手数料でなく購入対価の決済手数料やもの、取得原価に含めないのが原則。通常は棚卸資産ゆえ性質上の重要性は高いものの金額的重要性が寡少であるため、含めてもおけ。聞かれてもいない間違いを長々と垂れ流すのて何やろな。(苦笑)

投稿日時 - 2012-04-22 13:42:58

ANo.1

送料や代金振込手数料を含んだ取得に要した費用は資産価格を形成する、が考え方。

仕入原価を他店と比較するさいには、取得費用を控除した額でおこない、その後取得費用を加えて判断するでしょう。

Aはロット1万円で売ってる、Bは10,500円で売ってる、どちらを選ぶかという選択時に「送料を抜いた額」でまず比べてみる必要があります。
その上で送料を加算して「ドッチがよいかな」と選択するわけです。
代金振込手数料も考えるべきです。
Aは安いが振込手数料が630円、Bは高いが振込手数料が105円という情報も「どっちから仕入れるか」の判断材料です。


荷造運賃にしても損益計算は変わりませんので、
ドッチでもいいですが、選んだ方法で統一すべきです。

処理の方法が、コロコロ変わるのを「やだなぁ」というのが会計様だと思ってください。
「ドッチでもいいらしいぞ」というと「ドッチでもいいけど、どちらかにしてくれないと、お付き合いをお断りします」
と言い出すお嬢様です。
お前を選んだと口にしておいて、他の女に手をだし「ドッチでも同じだ」と言い訳したら、ぶん殴られて振られますよね。
会計処理でも浮気はご法度です。

投稿日時 - 2012-04-22 07:47:30

あなたにオススメの質問