こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

上司の許可なく残業するのは法律に触れるのでしょうか

上司の許可なく残業するのは法律に触れるのでしょうか?

上司が不在で残業していいかどうかの許可を得ずに
自己判断で残業した場合、
労働基準法か何かの法に触れるのでしょうか?

就業規則や雇用契約書に「上司の許可なく残業してはいけない」
と謳われてなければ問題ないですか?

投稿日時 - 2012-04-29 23:49:14

QNo.7448566

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

自己判断で残業しても労働基準法違反にはならないのでご安心ください。

仮に、就業規則に「上司の許可なく残業してはならない」と書かれていても労働基準法違反にはなりません。

会社が許可していない残業について残業代を支払う義務があるかどうかはケースバイケースです。

会社が従業員の残業を黙認していたと考えられる場合には支払い義務があります。

また、残業しなければ到底、所定の労働時間内に業務を終えることができないほどの仕事量を命じていた場合にも支払い義務があります。

投稿日時 - 2012-05-04 18:18:37

お礼

>就業規則に「上司の許可なく残業してはならない」と書かれていても労働基準法違反にはなりません。

そうなのですか。

>所定の労働時間内に業務を終えることができないほどの仕事量を命じていた場合にも
支払い義務があります。

ありがとうございました。大変参考になりました。

投稿日時 - 2012-05-23 23:22:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

よく言われることですが、弾力的に、ですね。
特に労働系や民法はそうです。

例えばサ残で逮捕、とかはなりません。
それが過剰に起こって自殺者が出た、とかになって初めて動きがあったりします。


場合によるんですが、例えば君が勝手に残業して君が事故に遭った、会社は保険で何千万もかかる、
場合に拒否される可能性もあります。
そこまでカバーできてなかったりするから。
良かれと思ったことがマイナスになる、けっこうある事例です。

「自分を守るという意味で」
ホウレンソウはキホンですね。

投稿日時 - 2012-05-02 18:46:42

お礼

ホウレンソウは大事ですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-23 23:21:37

ANo.3

業務上の必要性があれば、業務命令が無くとも業務自体の業務命令に時間外命令も含まれていると解釈され、残業として認められます。ケースバイケース。
禁止されている残業でも、会社に無断で忍び込んで勝手に仕事もどきをしていたというような極端な場合でない限り、業務である事には違いないので労災の対象にはなります。
会社にも管理責任がありますので、勝手にやっているのを黙認する方も悪いのです。

投稿日時 - 2012-04-30 11:14:49

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-01 07:49:43

ANo.2

>上司が不在で残業していいかどうかの許可を得ずに自己判断で残業した場合、

残業とはみなされないということです。只働きになるだけでなく、万一事故が起きても、労災とは認定されませんし、電気やガスや水道などの会社の資源を私的に流用したとみなされて、損害賠償請求される可能性もあります。

というのは建前で、実際の運用は業種・業態・職種・社風・慣行・上司との信頼関係によって、もっと弾力的に処理されるのが一般的です。

投稿日時 - 2012-04-30 00:16:28

お礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

投稿日時 - 2012-04-30 00:39:37

ANo.1

 労働基準法などの法律に違反するわけではありませんが,労働者は使用者の指揮監督に服する義務がありますので,上司が残業を禁じているのに,正当な理由なく残業を続ければ職務命令違反となり,会社による懲戒処分の原因になるおそれがあります。
 就業規則や雇用契約書に,残業には上司の許可が必要と明記されている場合にはもちろんそれに従わなければなりませんが,そのような明示の規定がなくても,残業には上司の許可が必要であるという事業所内の慣行が存在する場合には,正当な理由なくそれに従わなければ職務命令違反に問われる可能性があります。

投稿日時 - 2012-04-29 23:59:03

お礼

職務命令違反になるのですね。
ありがとうございました。大変参考になりました。

投稿日時 - 2012-04-30 00:39:05

あなたにオススメの質問