こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パニック障害とトラウマ

よくパニック障害は、ストレスが原因といわれていたり、つまり、リラックスできないからなどと、
言われていますが、
それが原因で発作などが起きたとはいえ、
それがトラウマになった場合に、予期不安が起きるので、「トラウマ」の解消を訓練すること、認知療法ということになるのでしょうか?

ただ、1度発作が起きただけで、連続性はないと思っていても、なぜか発作が起きてしまう場合もあるので、病状の経過時期による

という考えであっていますか?

投稿日時 - 2012-05-02 21:29:26

QNo.7453887

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

パニック発作の傾向のある民間心理カウンセリングの資格を持つ者です。


パニック障害には身体的要因として遺伝性がある場合や極度のストレス、不安、トラウマなど、心理的な要因で起きることがわかっています。
パニック障害の効果的な治療方法は認知行動療法(CBT)と呼ばれています。

例を挙げると以下のようなイメージになります。
カウンセラーさんや臨床心理士さんにより考え方は異なってくるかもしれません。

・ご自身のパニック障害について特徴を理解すること
・あらゆる証拠から自身の不安の原因を特定すること
・不安となる場に身を置き、恐怖感を克服すること
・過呼吸にならないようにスローペースでの呼吸を行えるように訓練すること

記載した情報は不十分だと思いますので、カウンセラーさんやおられれば主治医にご相談ください。
薬での対処法もあります。
私は別に処方されている薬がパニック発作にも効くものだったようで今は治まっております。


早く克服できるとよいですね。

投稿日時 - 2012-05-02 23:30:13

お礼

回答ありがとうございます。
とても参考になりました。

書いていただいたトラウマ対処術を試してみたいと思います。

投稿日時 - 2012-05-08 19:44:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

パニック発作を起こしたんですね。
それには原因があったと思います。
まずはそこをちゃんと把握することですよね。
そして理解し認知する。
もし良かったら何故パニックが起きたのか考えますよ。
次に発作がトラウマになった時の予期不安
これは実際に起きた訳じゃない
自分で不安になりパニックが起きると怖がっているものですよね。
これは前回どんな時にパニックが起きたのか
また同じような場面に慣れること
少しずつその場面に近づき
その場面がきた時パニックを防ぐ。
この2つでパニック障害とトラウマは克服出来ると思います。
これが認知行動療法になると思いますが
内容を教えて貰えればもっとよくわかると思うのですが。

投稿日時 - 2012-05-04 03:48:42

お礼

ありがとうございます。

場面は、色々です。
また、疲れていたり、体調が悪くてもなりやすいらしいのですが、
襲ってくるというかんじがあります。勝手に体がいう事を効かなくなり、落ち着かなくなって、体や脳に異変を感じます。
その時は、いくらなにを考えようと、それ以上のパワーで、
まるで向かい風に向かって歩いているようなかんじで、
負けてしまいます。

特定の場面でいえば、電車が特に苦手です。
また、不安になっていなくても、大丈夫と思っていたり、病識がない時などにも、先ほど書いたように勝手に体が異変を起したりもします。
まず、病気になるのは、それがきっかけであり、
最初から、「あそこに行くと発作が起きるから行きたくない」と思っているわけではないのです。
それをきっかけに、繰り返し発作が起きると、学習してしまい、「あそこに行けば、またなるかも」というふうに段階を追います。

今はその段階なので、トラウマ対処術が有効かと思っています。

ご存知でしたらすみません。
詳しくとあったので、参考になればと思い書いてみました。

そして、その場所に行かなくても、行ったとイメージ(行く事になった、電車に乗る用事がある)だけで、苦しく感じるので、実際にその場所に行かなくても、練習は出来そうです。逆に、実際に行けば、「やっぱりムリだった。」という事実だけが残りそうです。これは段階によるようですが、それを、先生が判断して、『(今はまだ安定していないから、)まだ練習しないほうがいい』とか、『(大丈夫のようだから、)練習してみてご覧』と時期を見計らってくれるのが治療のようです。

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-05-08 20:01:29

ANo.2

パニック障害は脳の誤作動と言われてます。

目の前に具体的な不安や恐怖の実体がないのに脳があたかもその実体があるかのように認識してしまい、動悸などの身体的症状が出ます。

身体的異常でないことをしっかり認識していけば、パニック障害は克服出来ます。

動悸がする→心臓がおかしいんじゃないか→死ぬんじゃないか→さらに動悸を増幅させる、他の身体症状が出るなどのパターンを踏みます。

まさにパニックになってしまう訳です。

先ず、身体的異常じゃないんだ、すぐに収まる(せいぜい20分ほど)それを強く認識すること。また、「どうにでもなれ!」と開き直る事が出来れば克服出来ます。

私はその「開き直り」で何とか克服しました。パニック発作で死ぬ事はありません。

発作が起きたら「あぁ~また脳が誤作動してる!」くらいに思えれば、思う練習をすれば大丈夫です。

投稿日時 - 2012-05-03 05:49:24

お礼

ありがとうございます。
大丈夫といくら思っても、それ以上に襲ってきます。
脳の誤作動の理由を知りたかったのです。
それがトラウマという事かと思いまして。

20分くらいで治まれば、楽なのですが、数時間続きます。;;
治し方は10人10色のようですね。
開き直りは難しいです。。。

投稿日時 - 2012-05-03 13:55:38

あなたにオススメの質問