こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

東京電力について

震災があってから、ずいぶん東京電力は責められていますね。

まぁ、原発は、東京電力の管理だから、仕方がない。

そう思う人がほとんどだと思います。

しかし、今回の災害は、地震の被害であって、東京電力個別の責任ではないと思います。

たしかに、作った側に責任はあると思いますが、それにしても、ちょっとやり過ぎだと思います。
よく
原発をやめろ!このように言われる方が多いですね。

本当に、原発がない方がいいのでしょうか?

おかげで、電気料金の値上げにつながりました。

電気とは何か?みなさんが生活していくなかで、必要不可欠ですね?

水力、火力、この二つは、限りがあります。原子力にも限りがありますが、1番力が強く、

多くの電力を蓄えることが出来ます。

なぜ、あそこに作ったのか?

それは仕方がないですね。他のところに作っても、みなさん同じことを言うでしょう。

みなさん、もう一度言います。

今回の災害は、東京電力だけの責任ではありません。

地震がなければ起こらなかったことです。

違いますか?

責めすぎだとは思いませんか?

あまり責めると、日本は電力がなくなってしましますよ?

みなさん、よく考えてください。

投稿日時 - 2012-05-05 03:29:44

QNo.7458390

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

もう 下らん質問、辞めなさい! 先日 モーニングバードでも 関電自ら暴露したように 原発の電力は余っているので必要ないと発表したのです。何故 原発必要あるのかの質問に 関電は 経営の為の原発と答えてます。つまり関電、他 東電に関わらず日本の原発は、 全国の至る所に造りまくった箱物群や使われない飛行場を狭い日本に90も作るなど、不必要な道路やダム等、環境破壊してまで無理して地元の為、にと言いながら、血税を使いまくって、採算の取れない施設群をおびただしいほど造っております。そして一旦造れば天文学的な血税を施設群の維持費に使われ赤字たれ流し状態です。つまり原発は天下り等が自分自身の食いぶちを作る為、日本中に造られた施設群の構図と同じです。過疎地域に押し付け、周辺の人達を利用したものです。わずか一ヶ月や数か月で年収を何千万円や億を越える収入をとっているのです。電力の30パーセントが原発と言いますが 全て止まっても日本経済は廻っているように初めから原発等必要ないのです! 余りに余っているのです。原発は原爆材料、プルトニウムを造るだけの機械。関電にしても正直に数字を出せないのです。
東西500キロ、内陸部に数キロも建物群をぶっこわし、半径30キロ以上が逃げ周り、誰も住んでいない東北の街に 電気が要りますか?足りないですか?
子供でも解る事です。東電の嘘の話しの土俵に上げられ、値上げ等、ふざけるのも言いかげんにしろ~~!国民が馬鹿だから 下らんと言ってるんです。 地震国、火山国、断層上にありながら今回、大事故になったのは専門家の忠告を無視した結果で、第二第三の福島がないとは言えんだろう~!。堤防さえも無い原発地域は無茶苦茶な話しである。チェルノブイリ事故は26年以上立つが今だに立入禁止!! 全国で100回以上の事故隠しを二回もやり、火災事故で死者や放射能あびた人達等が闇に片付けられ、とうとう原発の大事故をやってしまったのだ~! 想定外と逃げ廻り責任取れない人間の犠牲に大多数国民があってはならない。解体し官民一体で次世代エネルギーを急ぎ、最大限の安心、安全を優先しない限り再稼動は認めない W ~! 当たり前の話しである!

投稿日時 - 2012-05-09 10:25:19

ANo.12

今回の災害は、東京電力だけの責任ではありません。
地震がなければ起こらなかったことです。
違いますか?

地震があっても災害が起きないような対策が原発の運営者には必要なのです。
ですが東電は安全対策を無視して、今回の災禍を招いたのです。
もちろん危険な東電を野放しにした政府にも一定の責任はあります。
ですがどう考えても今回の主たる責任は東電にあります。

にもかかわらず、現在東電の責任者はなんら民事責任を負っていません。
善管注意義務を怠り会社に損害を与えた経営者には賠償責任があります。

責めすぎ?どこがですか?あまりに手ぬるいです。これでは彼らは必ずや再び事故を起こすでしょう。
よく考えてください、地震は起きるものです、それを当然想定して、各国全電源喪失に備えた訓練を行っているのです。
東電が何をしましたか?非常用発電機の適切な設置さえ怠り、いざ地震が起きたら逃げ出そうとするだけです。
本来東電は解体して新たな電力会社を作るくらいが適切な対応でしょう。
甘いとしか言いようがありません。

電気は必要です。原発も必要です。原発そのものに罪があるわけではありません。明確に悪いのは東電です。
話をすり替えないでほしいと思います。

投稿日時 - 2012-05-06 11:53:46

ANo.11

エネルギー政策は経済面でけでなく、国家安全保証の問題です。

太平洋戦時中は油に一滴を求めて、南方戦線に戦域を拡大する
という戦略上のミスをおかした。
日本は松の根から油を取れないかというところまで追い詰められた。

独ソ線はヒトラーの領土的野心もあったが、石油をどう確保するか
が課題であった。油のなくなったドイツ軍は撤退でも悲惨であった。
連合軍でも政治的理由から英国のモンゴメリー軍に兵站が優先され
たため、パットン率いる第3軍は、快進撃をつづけていたにも関わらず
油きれで戦車が止まった。

上記のような戦争だけでなく、1973年と1979年に起こった石油
ショックは日本経済を大きく混乱させた。このとき、省エネルギー
政策と石油備蓄が進められた。

しかし、現在の石油の備蓄量は、国、民間とも100日をきっている。
また原発推進は特にこのオイルショックを契機に進められた。

原発事故によりエネルギー政策を多様化することは戦略上非常に
大切となると思います。
しかも日本の石油の90%はホルムズ海峡を通過する。これをイランが
海上封鎖したら、日本経済は終わりでしょう。

だから、天然ガス、石炭など火力発電の燃料と供給国の多様化を
はかるとともに再生可能エネルギー比率を徐々に上げるていくことが
重要となる。

また日本周辺の大陸棚にある豊富なメタンハイドレードを今後確保
していくことも必要である。
ただし、この場合、竹島・李承晩ラインで韓国、尖閣諸島で中国と
利権が重なるので、防衛体制の増強が必要となる。
いずれにしても時間がかかります。

再生可能エネルギーで特定の企業に利益誘導を画策した前首相、
イランへとんでもない外交を行った前々首相の行動は一体なん
でしょうか。

原発は単に危険だ。東電には結果責任がある。
電力自由化により発電事業者はいくらでもある。
そういう単純な構図でしょうか。

電力供給が開始されて125年、東京電力も他の電力会社も一朝一夕
でできたわけではありません。
リベラルな考え方でいろいろ議論することも必要とは思いますが、
一民間企業をどうこうするときではないと思います。

投稿日時 - 2012-05-05 14:00:35

補足

あなたは、何が言いたいの?

私の質問に答えてください。

投稿日時 - 2012-05-05 16:01:06

ANo.10

責任者を列挙します。
(1)東電
 東電を責めすぎではないかとの質問ですが、責められるだけで責任を果たすつもりは東電にはありません。事故の原因解明とは別に、被災地住民に対する補償は全く進んでいません。家を捨て、農地や家畜を捨てて、今日明日の生活にも困る状況が、一年を経てもまだ続いています。責められるだけで「可哀想」なんて思っていたら、故郷を離れた人はどうするのつもりですか?
 原子力がなくなれば、いつ、どれだけの電力が不足するのかのデータがまだ隠蔽されています。これはちょうど事故直後にスピーディが公表されなかったのと同じ構図です。あの時も盛んに「公表せよ」との声が上がりましたが、一顧だにしませんでした。発表すれば自分達に都合の悪い点が明白になるからです。つまり、電力には余裕があるのです。

(2)御用学者
 東電が原発を危険な場所に建てた理由づけをしたのが、金脈にまみれた御用学者です。学会で発言力のある学者が、現地視察の際「この場所では地震は起きない」とつぶやくと、それまでに集めた危険地域のデータがすべて闇に葬られたのです。今回は断層の真上に原子炉が設置されていることが発表されましたが、あのような情報は、まともな学者の書いた本の中では、福島の事故の何年も前に指摘されていたことです。そのような書物に触れることをお勧めします。

(3)政治
 地震の有無を政「治判断する」なんて力が自分達にあるかのような勘違いをしています。『自然災害は起こることを禁ず。』なとど、法律で禁止したら断層が動くことを自主規制すると思っているのでしょうか?大飯原発にしても、「耐震工事をする検討をした」だけで、地震が恐れをなして止まるかのような大錯覚をしています。
 北朝鮮のミサイル発射の時も、情報を得ているのに公表しませんでした。つまり、いざという時には責任を取らないのが政府なのです。再び原発事故が起こったらどういうのかは明らかです。「一万年に一度の大津波で、想定外でした。」

(4)マスコミ
 節電をニュースにするのなら、まずは自分達が放送時間の短縮をして、危険情報はラジオで統一すれば大きな啓発活動になる筈ですが、そのような動きはありません。昨年、関東ではテレビ局は停止しましたか?たとえ節電をしなくても大丈夫であるとの情報がマスコミに伝わっていたのです。それに加えて、鉄道など大企業が節電に協力しましたので、マスコミだけは安泰だったのです。

※どこに造っても同じなら、どこにも造ってはいけないのです。質問者さん自身が原発廃止の理由を述べておられます。

※原発に隣接している町では補助金がないため、自力で町作りを進めてきました。そのため原発がなくなった後でも、独自の経済活動で町作りを進めていくことができます。それを見習う時期にきています。福島の事故から我々は何かを学ばなければなりません。そうしなければ悲劇が無駄に終わってしまいます。

※日本から電力がなくなる筈はありません。東電が発電から手を引けば、それに代わる企業が必ず発電に参入します。発電はビッグビジネスですので、電力がなくなるのを指をくわえて見逃す筈はありません。むしろ新規参入があれば、周波数の統一などが行われ、便利になる可能性があります。

投稿日時 - 2012-05-05 12:24:19

補足

震災なのだから、国で保障すればいい。

税金は、捨てるほどあるのだから。

無駄に使ってる税金がありすぎる。

投稿日時 - 2012-05-05 16:03:06

再生可能エネルギーは、例えば八丈島の発電のように
ベースを地熱発電とし、残りを風力発電、火力発電
(なるべく輸送の伴う燃料は後回し)
とする方法があります。

ただし、これは八丈島くらいの規模であればできる
ということです。

原発は1基110万KW、新設は25%増量の138万KWと
出力が全然違います。

ただし、今回の原発事故による放射能汚染と津波
の塩害地域は、土地利用が制限される一方で再生
可能エネルギーよる有効活用が考えられます。
(高波非難地域も同じ)

いずれも、例えば土地使用料が安いので、メガー
ソーラーなどを置けば、有効活用できるわけです。

ソーラー発電しながら、放射能汚染地域は除線を
少しづつ行い、塩害地域も同じくソーラ発電しながら
塩吸収植物(綿花、アイスプラント他)を植えて
土地改良を続けます。寒冷地域適用の植物の品種
改良も必要ですが、25年、50年単位で実施します。

上記なことは期待はできるわけですが、要は時間が
かかるということです。

政府は再生エネルギー買取り法案を成立させようと
していますが、電気料金がさらに上がります。

理想はあっても、基本は大きく変えられません。
原発0でもいけるという学者はいますが、もし
イランがホルムズ海峡を簡単な機雷で封鎖したら
日本経済はメチャクチャになるでしょう。

東京電力だけでなく、日本全体の電力会社は頑張って
欲しいと思います。

投稿日時 - 2012-05-05 11:17:52

ANo.8

原発について話題沸騰 廃止だ再稼働だと云ってお互いにせめぎ合っていますが 
もう少し冷静に考える事は出来ないのでしょうか
確かに電力問題は国の存亡に関わる大問題です そして造った人の責任や管理を
責めて見ても 終わった事です 後で考えましょう

いずれ原子力は両刃の刃のような物ですから 廃止する事が今後の国民にとって
必然と思われます

しかし代替えエネルギーが出来る迄 この経験を元に原発の安全性を確保し 再稼働の道を
お互いの知恵を出し合って詰めましょう

新潟地震の時配管の接続部が壊れ停止事故がありました 今回も地震で送電線が壊れたり
発電機の浸水で止まったので大惨事を起こしたわけですよね

今回原子炉本体が壊れたのは これに起因した物で安全性は立証されています 
問題は地盤や周辺機器の災害対策です

全面的に廃止しても 跡地はその儘 使用済み燃料の保管その他危険は残ります

戦争の事を云うと嫌われますが 一線部隊は必死で守っていても 大本営は絵空事の作戦会議で後方支援もなく散って行きました
戦争は大嫌いですが 思い出します 大本営でアーだコ-だと議論している間に戦局が変わります

民営が駄目で官営にすればとのご意見も有りますが これまで官営で良かった物が有ったのでしょうか もっと危険です

東電の管理者が言う事を聴かないのであれば 株主さんが頚にすれば済む事でしょう
皆さん力を合わせて下さい

投稿日時 - 2012-05-05 11:09:41

ANo.7

結果は管理責任でしょう、予見して設備管理が義務
鉄塔も倒壊してる、発電機の前に送電線倒壊が問題では?
でも解決は倒産させて、国有化して国が面倒見るのが当然と思う
スリム化して経費をへらし、高く買ってるガスを外国並の価格で輸入して、電気料金の値上げ抑える
それから今回の買い取り価格は可笑しい、単価は競争が基本で無いの!!。。




日本が一番地熱発電を行政の縦割りでなく協力して構築一番重要です
技術は世界一資源は世界第三位
初期投資は高額ですが、後は無料です(輸入の心配が無い)
温泉の低温廃熱でも発電出来ます
霧島のホテルが構築して、健康施設も併用して利用してる
元はすぐ取れる様です

大規模一局発電無く、資源無駄にせず小規模発電所増やす必要が有る

地熱とは
http://www.dir.co.jp/souken/asia/asian_insight/110701.html
http://www.lohasclub.org/1000/1300/1306.html
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120321/trd12032120320015-n1.htm
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110426/268275/
http://www.tepco.co.jp/hachijojima-gp/hachijo/index-j.html
http://www.dailymotion.com/video/x9hv4n_yyyyyyyyyyyyyyyyy_news
http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/electoric/electoric_hybrid01.htm
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110426/268275/
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120403/biz12040313040017-n1.htm

http://www.google.co.jp/search?q=%E5%9C%B0%E7%86%B1%E7%99%BA%E9%9B%BB&hl=ja&rlz=1T4GGIH_jaJP263JP263&prmd=ivnsl&source=univ&tbm=vid&tbo=u&ei=rGCaT42nI4_PmAXhy_2VDg&sa=X&oi=video_result_group&ct=title&resnum=14&ved=0CFEQqwQwDQ
家庭用はは普及が進めば売電出来無い方が増えます
一番下の図参考(自宅消費でピークカットに協力になるでしょう)
http://jyu-denkou.com/soora/so_ra1.html
小規模は、蓄電池が高額でペイし無いでしょう
スマートグリット網も家庭用の場合は蓄電池が高額で設置出来ない故に自宅消費でピークカットに協力に
スマートグリット網はメガソーラー等規模が大きく無ければ無理
孫さんはその通信網も狙ってる??(赤字のウイルコム)かもね!!
節電管理は
スマートメータで
http://www.oki.com/jp/press/2011/09/z11054.html

投稿日時 - 2012-05-05 10:10:16

電力事業は公益事業であり、1民間企業が市場に基づいて営業
している訳ではありません。
原子力発電所の立地・建設は国が許可し、原子力・保安院が認可
して、発電事業を開始・運転しています。

今回の福島原発の事故処理について、補償・復旧問題、電気料金
値上げについて政府が責任を取らず、民間企業にほぼ丸投げして
いるのは、異常な事態と考えられます。

福島第一原発の沸騰水型原子炉(BWR)は米国GE社製で、特に
原子炉や安全装置はブラックボックスとなっています。
例えば30年以上前、配管の応力腐食割れで放射能漏れが
起こった時には、GE社から派遣された多数のワーカ(多くは有色人種)
で浪江町が溢れました。

事故当日、政府がすぐ対応しなければならなかったのは、
米国政府・軍とGE社に緊急支援要請をすることでした。
ところが政府は全て断ってしまったのです。
横須賀港に停泊中の米軍空母ジョージワシントンへの救援要請も
実施されませんでした。
それどころか、名古屋から自衛隊機で飛び立った東電の清水社長を
20分後にUターンさせることを行っています。

さらに菅直人前首相のパフォーマンスで、翌日のヘリコプター原発
視察を強行したり、東電本社の乗り込んで大混乱を引き起こしました。

もし、非常電源が確実に段取りでき、ベントの電動弁を適切に開操作
できていれば、水素爆発は起こらず、現在のような放射能をバラまく
事態は避けられていた可能性があります。

事故の1年前に政府は原発防災訓練を実施していましたが、菅直人
前首相はマニュアル通りに行動しませんでした。
さらにSPEEDIの存在も知っていたにも関わらず、適切な情報
公開を怠りました。

私は、事故で単純に撤退するのは、技術立国を標榜している日本の
将来はないと思います。英知を結集して技術に打ち勝って、さらに
安全な原発を構築すべきではないでしょうか。

政府事故調の畑村教授は一体何をしているのでようか。
失敗学ではなく、単に失敗していませんか。

今日原発が全て停止します。それにも関わらず、原発交付金を要求
する市町村も理解できません。(単なる利権構造)

確かに再生エネルギーを推進することもエネルギーの多様化として
必要とは思います。しかしある特定の企業に利権を供与するような
政府の動きは批判されなければならないと思います。

東京電力にも確かに問題はあるかもしれません。

しかし、電力の鬼といわれた「松永安左エ門」の存在を思い出し、
強い意志を持って、東京電力には頑張って欲しいと思います。

(私は東京電力及び他の電力関係者ではありません)

投稿日時 - 2012-05-05 09:40:21

ANo.5

津波がきたら発電機が使えなくなる危険性は震災以前から指摘されていたことです。

東電はそれを無視してきた結果が今回の災害です。

これは人災ですよ。

投稿日時 - 2012-05-05 08:33:41

ANo.4

言うまでもなく、「原賠法」では、原発の持ち主というか運営者に無過失責任
絵尾求めていますが、「異常に巨大な天災地変」による場合は免責と書いています。
今回の地震はそれまでの想定の10倍以上のエネルギーのものですから、
日本語の分かる人であれば当然「異常に巨大」に該当し、東電は免責されると
考えたのですが、時の官房長官「エダノ」なる人物は、高々2年余りの弁護士経験しか
ないくせに「法律の専門家」として免責はありえないといったのです。
当然財界は、猛反発したのですが、お上の圧力に屈したといわれていまが、
真偽のほどはわかりません。ただ、異常に巨大に該当するかについて、今からでも、
裁判を起こせば勝つ可能性は十分あるといわれています。

ということで、ここは本当に法治国家なのかといいたくなるような話ですが、
事故の直後に「異常に巨大」なので、東電にも政府にも責任はありませんと
宣言すれば、暴動が起きて、政府退陣は避けられなかったでしょうから、
「エダノ」さんとしても他の選択は無かったのでしょう。

民主党もそろそろ降りることが決まったわけですから、今から「東電に賠償責任はありません」
といってしまえばいいのにと思っています。

投稿日時 - 2012-05-05 07:55:22

ANo.3

まあ、東京電力については、過剰に叩かれすぎでしょうね。原子炉からの汚染を防ぐために、アメリカの9.11での消防士さんたちと同様の英雄的な行動をした方々も多数いらっしゃいましたし、東京電力はがんばったと思います。

日本人って、冷静に論理的にものごとを見れない傾向があるし、決断ができない人種だと思いますからね。

原発については、30年以上も前に原発反対運動で、勉強会に参加して、原発の専門書を読んだり、反対運動の行事を主催したこともあるので、電力会社や政府、マスコミのやってきたことは分かっているつもりです。
でも、トータルとして、現在の日本の独立や経済などを維持するには、停止している原発を再稼働させるしかないと思っています。
最愛の娘が人質にとられているので、しかたなく犯人の要求に応じて、囚人を出獄させるって気分でしょうか?まあ、「要求にガンとして応じず、娘が殺されるに任せる」ってスタンスもあります。
つまり、「日本がこの夏に、計画停電が実施され、大手企業が日本から逃げ出し、雇用の場が無くなって失業者があふれ、経済的に衰えて、中国支配下になるのもやむをえない」という未来までも想定内にして決断をするなら、それは「自滅の道を自ら選ぶ」ってことで、それも「有り」だと思います。

投稿日時 - 2012-05-05 07:48:44

ANo.2

日本は地震国です。
更に、活断層は2,000本以上有り、未だ新しい活断層が
発見されています。

一部、活断層の真上に原子炉が建設されています。

この様な日本が、ヨーロッパや北米と同じように原子炉を
建設していいのでしょうか。(活断層の本数は、単位面積当たり
日本の数百分の一~数千分の一)

活断層の影響が判った原子炉は、即時停止して、中の燃料棒を
即時抜き去り、安全な保管場所に安全に隔離することが出来れば、
貴方の考えに賛成しても良いです。
燃料棒の抜き去り後、廃炉にするのに約30年と言われています。
中間貯蔵施設、最終処分施設も活断層の上に建設される可能性を
考えると、原子力に頼らない電力の確保が重要で、
速やかに原子力発電からさようならをすべきです。

投稿日時 - 2012-05-05 04:17:30

電力がなくなるということはありません。
使える量が減るだけです。

隣の家で、燃えるごみを燃やしていて、その煙や、熱が自分の土地まで燃え広がり、自分宅が燃えてしまったとしましょう。
その時、貴方は、これは風向きが悪かったのだから、仕方ないと言って火を出したお隣さんが、また燃えるごみを燃やしているのを、寛大なこころで、許せる人なのでしょうね。

責め過ぎて、責め過ぎることはないはずです。
東京電力の隠蔽体質も、政府の説明もめちゃくちゃな時代です。

瀬戸内(尼)さんが怒るのも無理ないと思います。

電気があっても、住む場所がなければ。。。意味がないと思いますけど・・・

投稿日時 - 2012-05-05 03:45:27

あなたにオススメの質問