こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

教育資金について

3歳と0歳の子どもがおります。
今日までなんとなくで貯金していましたが、教育資金としてきっちり貯めてあげたいと思いご相談いたします。

現在の私たち夫婦の合計年収は480万くらいです。
家は賃貸マンションです。
少し狭いですがあと6年くらいはここに住もうと思っています。

子どもは現在保育園児です。
公立の小・中・高校、大学はできれば国立を目指して欲しいですが、私立でもいいです。
都内在住なので自宅から通える範囲に進学してもらいたいです。

以上のことからネットなどで調べた情報を元に、子どもが高校卒業までに1人あたり600万円用意してあげたいです。

現在考えている計画は以下です。

1.児童手当を全額貯金(約200万円)
2.毎月1万円ずつ貯金(約200万円)
3.満期200万円の学資保険
合計で600万円です。

学資保険の掛け金は上の子が月12000円、下の子が10000円くらいです。

保険はかんぽ生命を予定しています。
入院などの特約付きにしようと思っていますが、必要でしょうか?
小学生のうちは医療費は無料です。
でも中学、高校と部活などで怪我とかするかもしれないし…と思うと特約があったほうがいいかなと思ったのですがどうでしょうか?

学資保険は増やすという意味よりは途中で使ったりせずに貯められるという位置づけです。
あと万が一、主人が死亡した場合には保険金の支払いがなくなります。

児童手当と毎月1万円の貯金は現在はゆうちょ銀行の普通口座に入れてあります。
ゆうちょ銀行の積立用口座(赤い通帳のやつ)には祖母が別途積立をしてくれているようです。
通帳を預けているので金額は知りません。
普通口座よりは定期口座などにしたほうがいいのでしょうか?

あと小・中・高の学費ですが、家計費から捻出できる範囲なのでしょうか?
それともみなさん、教育資金から下ろして使うのでしょうか?
その頃の私たちの年収にもよりますが、できれば家計費から出して、貯金はとっておきたいです。


まとまりのない文になってしまいましたが、アドバイスお願いします。
わかりにくい部分があれば補足いたします。

投稿日時 - 2012-05-08 20:55:02

QNo.7465206

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

3才、1才のママです。

私も教育費に関して興味があります。
年収は500万弱のサラリーマン。

なので質問主さんとほとんど一緒ですね。


ウチは3才息子を国立大学6年、1才娘を結婚資金として教育費と習い事をすべてあわせて1500万として考えています。
高校まではすべて公立です。

仮に私立大学4年に行っても、2人とも国立大に行っても大丈夫なようにしてるつもりです。
2人とも私立6年はありえませんが(汗


毎月のやりくりですが

3万を貯金しています。
習い事、ドリル代はここから下しています。
幼稚園が始まったらここから使うつもりです。


あと子ども手当を学資保険に充てています。
15年後に200万です。
月に1万の支払いです。

私はこんなものです。。。

高校の学費は無料のはずです。
入学資金は別として交通費などは生活費から出せると思います。
15年後は年収も上がってるでしょ(笑


保険は乳幼児医療証が終わってからでも加入は遅くないと思いますが
お子さんの体が弱かったりしたら入院後加入はできないなど
審査が厳しいのがあったりしますから、状況によると思いますよ。

ウチは後から加入します^^


サラリーマンなんで減給になったら計画がパーですが
今あるボーナスは旅行を我慢して、ある程度になるまで貯めておくつもりです。


やりくり、がんばりましょうね。

投稿日時 - 2012-05-08 21:40:37

お礼

ありがとうございます。
乳児医療証のあるうちはそんなに保険をかけなくても良いのかもしれませんね。
学資とは別として考えてみます。
純粋に高校卒業時の受取額で考え、医療保険は中学生くらいになったら考えます。
参考にします。

投稿日時 - 2012-05-09 00:16:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

 質問者様にとって、ショックだったかも…。読ませていただきました。

 でも落ち込まないでね。銀行は用意できなかった親御さんのために学資ローンなるものを売り出しているのはご存知ですよね。けれど、これも審査があるの!他にローンがあれば(住宅ローンなど)その分、支払額が…とういことで希望額が借りれない場合も出てくるわけ。
 600万で大学がOKなら(国公立、私立も含め)誰も苦労はしません。高校の先生ならご存知ですが、受験するにも1校いくらくらいかかるか?ご存知ですか??東大オンリー現役で、予備校なし、楽勝合格できるくらい偏差値があるならまだしも、数校受験すれば、あっという間に100万くらいは吹っ飛びます。600万だと入学式には出れるかな。けれど卒業は無理だよ~。
 だから、足りなかったら銀行などから融資を受けて定年まで頑張るんだよ。ローンが通ることを祈っています。

投稿日時 - 2012-05-12 08:28:39

ANo.7

私ももうすぐこどもが生まれるので、教育費が気になっています。

うちは夫と話し合い、0歳から8万/月積み立てをしていく予定です。
児童手当なんていつまであるかわからない代物も、もらえる間は貯めます。あてにしていません。
12歳までに1200万くらいになるはずなので、とりあえず中高の間カツカツにならざるとも何とかなるんじゃないかなと。
こどもに「公立にいけ」とかガタガタ言わずに済みそうな気がします。

まぁ実際いくらかかるかわかりません。私自身にかかった学費は1000万くらいですが、夫はフェラーリなんてかるく買えそうな額かかってますし。

投稿日時 - 2012-05-10 11:04:20

ANo.6

 お返事ありがとうございます。

 親の年齢(特にお父さん)と奨学金は大いに関係あります。ご存じないですか?厳しいですよ!例えば、お父様が40歳過ぎてご結婚、奥様がご出産されたとしましょう。上のお子様が18歳になられたとき、お父様が63歳(定年60歳)だとしたら?奨学金はよほどのことがない限り(たとえば評定平均が2.0とか)無条件で無利子の奨学金はおります。銀行に1億どころか10億の預金残高があってもです。どうして?お父様が無職だから…。いくら退職金があったとしても、前年度の所得も定年後3年ですから0円です。
 質問者様の旦那様は上のお子様が18歳の時、現役でお仕事しているはず。多分ね。もし、無職で前年度も収入が0円だったら、進学どころではないですよね。
 ここで、よく言われる年収300万では結婚はできない!とか、結婚できても子供は持てない、と昨今言われる所以です。普通は、国公立大学にに進学するお子様の親の年収は、お父様おひとりの年収で700万以上と言われています。私も子育てして本当にその通りだと思います。ご存知だとばかり思っていました。
 今の社会の現実がそうですから、お子様を一人しか持てないお母様、お父様がいかに多いか。それどころか教育費を考えたら、お子様を諦める30代のご夫妻も、今は普通です。

 私立でもいいわよ!とも取れる書き込みだったので、おじい様、おばあ様からの支援でもあるのかなぁ~とも思ったのですが、そうでもないようですね。総額600万円では4年制大学、理系でしたら、国立でも厳しい現実があります。受験だけでも(受験に至るまで)どれだけ要るか?ご自身が体験されていれば、よくわかるのですが、受験されたご経験はないのかな?厳しいです。

投稿日時 - 2012-05-09 21:34:16

補足

再度、ありがとうございます。
無知でお恥ずかしい限りです。

私たち夫婦は20代後半です。

夫は国立大を出ているのですが、一度夢を追って脱線しているので夫の同級生との年収にだいぶ差があります。
夫の父は年収700万もなかったそうですが、兄弟2人とも国立大を卒業しています。
なので、単純に大丈夫だと思っていました。

夫の実家の教育資金をどうしていたかの細かい部分は夫はしらないそうです。
今度聞けそうな感じだったら聞いてみます。

私の実家は年収800万くらいだったようですが、兄弟2人は私立の大学(文系)を卒業しています。
私の兄弟は予備校や塾には通ったことがありません。
学校と自宅での勉強のみで進学しました。←無謀ですか?

要は大学そのものにも資金はかかるけれど、入るまでの費用も馬鹿にならないということですよね?



またサラリーマンの平均年収は400万ちょっとだと思うのですが、結婚していない人がいることを差し引いても年収700万以上ないと大学に行けないなんてことがあるのでしょうか?
これだけ聞いても信じられない気持ちでいっぱいです。
大学に通っている人の親御さんは皆さん700万以上の年収なのですか?

夫の年収が上がったらもう1人くらい子ども欲しいと思っていたのですが…。
残念です。

投稿日時 - 2012-05-09 22:13:08

 保険でどうのこうの言ってる場合じゃないですよ。

 今から月額10万づつでも用意しなきゃ。本気で大学云々言うのならね。月額10万でも上のお子様が18歳になるまでたった15年しかないんです。順調に用意できて1800万でしょう。利息で教科書くらいは買えるかも。
 2人分だから1人900万。これならお子様1人学費として1000万円の準備も可能でしょう。今から15年でいくら現金を用意できるかでお子様の将来が決まります。最低限このくらいは必要ですから、お母様、しっかり頑張ってくださいね。中高一貫校でも高校卒業までは塾も予備校も、スイミングスクールその他もろもろは普段の生活費から出して当然、当たり前。
 上のお子様が18歳になって進学されたら(1年予備校おまけなしとして)それ以降、下のお子様のための預貯金増額は無理だと思ってください。とにかくあと15年でどこまで現金残高を増やせるかです。生命保険の保険証書を大学に提示しても入学許可はおりません。銀行の残高がすべてです。なので、世のお母さんたちは自分のため&子供のため、ご主人に保険を掛けるのです。死んだら1億とかね。
 保険に貯蓄性を求める方もいますが、家計に余裕がないならナンセンスです。本末転倒。定期保険(掛け捨て)で保険料の割に保障の大きい保険を大黒柱には掛けるのです。

 もう少し冷静に電卓を置いて計算してみましょう。

投稿日時 - 2012-05-09 12:52:59

補足

ありがとうございます。

今の生活からは子ども一人当たりに月3万円の貯蓄(保険にせよ、貯金にせよ)が限界かなと思います。
引っ越しや何かあった時のための家の貯金もありますし。
そんなに贅沢はしていない生活なので…。

けっこう皆様からの回答が「そんなんじゃ足りない!」って感じですが、年収500万円程度で子どもが2人の家庭でも教育資金に1人1000万円も用意されているのでしょうか?
もしそうなら内訳を知りたいです。
今の私の家計のやりくりが下手なのでしょうか?

投稿日時 - 2012-05-09 17:20:13

ANo.4

一点だけ口出しさせて下さい。

学資保険は本当に必要でしょうか?
仮に子供さんが亡くなったとして、保険金が必要ですか?
学資保険にはその分の費用も含まれていますから割高ですよ。
「主人が死亡した場合には保険金の支払いがなくなります」とのことですが、だったらご主人の生命保険を増額した方が、よほど掛け金と受け取る保険金の額の割は良くなりませんか?

投稿日時 - 2012-05-09 10:55:08

補足

ありがとうございます。

貯めるタイプの学資保険は子どもの死亡時の保険金があるんですか?
ないと思っていました。
昨日ネットで見積もりをしたところは払い込みの合計銀額より満期受け取りの金額が10%程度増えるというものでした。
メリットは貯金よりも利率が高いことと、契約者が死亡した場合の保証があることで、デメリットは保険会社の倒産だと理解していますが正しいでしょうか?

また、夫の生命保険の増額についてですが、死亡した場合を考えると確かに生命保険をたくさんかけていた方がいいのでしょうが、健在だった場合は保険にかけていた分は教育資金としては使えないですよね?
いつか、死亡した際には保険金が下りるのでしょうけど、大学の学費が目的なら生命保険の増額よりは現金の貯金の方が良いかと思いましたが、間違っていますか?

保険のことや学費のことは最近調べ始めたので知らないことが多いのでよろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-05-09 17:11:52

ANo.3

 学費600万!?全然足りないですよ~。冗談でしょうって感じです。文系ならまだしも理系だったら完全にアウトだよね。いくら国立でも大学はタダではありません。600万を4年+2年の6年で割ったら100万。初年度負担金を考えたら、年間数十万でやっていけると思ってるわけ?文章が幼いので、質問者様はお若いんでしょう?少なくとも40代じゃない。ということは、ある意味奨学金の可能性がグンと低くなってくることも、お忘れなく。無利子の奨学金なんて資格なしとして書類すら出せない可能性が大きいってこと。

 小中高は生活費で間に合わせます。これ常識。質問者様の場合、保険貧乏になりそう。掛けないよりマシだけれど、某生命保険会社が破たんして貯蓄性の保険がどうなったか?ご存じないのかな???
 
 とにかく本気で現金を貯めること。目を覚まして、頑張れ!

投稿日時 - 2012-05-09 10:42:10

補足

ありがとうございます。

学費は下記のサイトを参考にしました。
http://www.happy-mama.com/04_spc/fuankaiketsu/04_19002.html

教育資金は多いほうが良いことはわかっていますが、質問文にも書きましたように、現在の年収から試算すると目標額が600万円というのも少し無理をしないと貯められない額だと思っています。
もちろん、この先年収が上がっていけばその分教育資金の目標額を高めることもできると思います。

奨学金は親の年齢が関係あるのですか?

投稿日時 - 2012-05-09 16:58:10

ANo.2

学資保険をかんぽ生命にする理由がわかりません。
医療特約を除いて、支払い総額と受け取り総額を計算してください。
医療特約を付ければ、当然、リターンは100%を下回ります。

リターンを考えるならば、アフラックがソニー生命でしょう。
医療保障は、別途、終身保険を掛ければ良いでしょう。
高校までは保障が必要で、大学は不要ですか?
学資保険に付加しておけば、満期と同時に、保障もなくなりますよ。
保険は、目的に応じて、別々に契約するというのが基本です。
学資と医療では、目的が違うでしょう。

(Q)ゆうちょ銀行の積立用口座(赤い通帳のやつ)には
祖母が別途積立をしてくれているようです。
(A)贈与税に注意しましょう。
このような贈与は、毎年の贈与ではなく、
通帳を受け取ったときの総額に対して課税される可能性があります。
(「連年贈与」で検索してください)

(Q)小・中・高の学費
(A)高校は、授業料が公費負担となって、一気に平均が下がりましたが、
これは、多くの高校生が進学しない=予備校などの費用の平均が下がる
ためです。
進学するならば、中学と同じ、一人当たり、
年額50万円を考えておくべきです。
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/1316220.htm

上のお子様が高校生、
下のお子様が中学生
という3年間が、教育費の負担が非常に大きくなります。
年額100万円ですから。
この期間は、奥様がパートに出る傾向が強くなります。

投稿日時 - 2012-05-08 22:03:37

補足

ありがとうございます。
夫の保険をかんぽ生命にしているので、なんとなく見積もりを出してみました。
医療特約が必要ないのであればソニー生命が良さそうですね。
払った額よりももらう額が増えるんですね。
知りませんでした。

連続贈与は初耳です。
年間110万以内なら…というのは聞いたことがありましたが。
でもたぶん月々数千円の積立だと思うので、15年後でも100万円いかないと思います。
(それなら大丈夫ですよね?すみません、無知で)

小・中・高の学費はほとんどかからないのだと思っていましたが違うのですね。
また調べ直します。
私が塾とか予備校行かなかったので、行かなくても大丈夫かなとなんとなく思っていました。

教育費のために私も仕事頑張らないといけませんね。

投稿日時 - 2012-05-09 00:28:09

あなたにオススメの質問