こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

センター試験の文法問題から質問があります

センター試験の文法問題より
You can use a large plastic bottle,() cut off,as a pot to glow young plant in.
1 the top is
2 the top of which
3 whose top
4 with its top
答え4

選択の2番について、the top of which cut off では間違いなのでしょうか?
the top of which being cut off という分詞構文のbeingを省略したものとかんがえれば
上部を切られたボトルと、という意味になって文が成り立つと思ったのですが、
どうして違うのでしょうか。

よろしくお願いいたします

投稿日時 - 2012-05-14 16:22:08

QNo.7475277

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

is が必要というのは単に be 動詞が必要という意味ではありません。

the the top of which being cut off
こういう分詞 being にすること自体が許されない。

is という述語動詞でないといけない。

英語では節構造というのがあって,
that 節,if/whether 節,wh- 節という名詞節,
because/when/though などの副詞節,
そして,関係詞節(形容詞節)。

副詞節の場合は if (it is) possible, when (I am) young
のような S と be セットで省略というのはあり。
while ~ing のような形も可です。

しかし,名詞節・形容詞節でこういう省略は許されません。
分詞にするなら,is/was をおいて進行形・受身の文とする必要がある。

あるいは関係詞自体を使わない。
関係詞も,疑問詞を使った間接疑問文としての名詞節も,
SV という節構造が必要で,分詞のみは許されない。

being にするのも,それを省略するのもだめで,
is cut という受身としての節構造が必要。

話がややこしくなりましたが,
the window broken by him
the window which was broken by him
が正しい。

the window which broken by him は誤り。
the window being broken by him も誤り。
the window was broken by him とすると,修飾関係でなく,
文になってしまう。

投稿日時 - 2012-05-14 20:37:20

お礼

大変詳しい解説ありがとうございました
とても勉強になりました

投稿日時 - 2012-05-16 21:31:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

>the window being broken by him も誤り。

受験英語ではあまり出てきませんが,
これは可でした。
受身の進行形的な意味合いで window を修飾。
これは無視してください。

これも the window which is being broken by him という形は可でも,
the window which being broken by him は不可です。

投稿日時 - 2012-05-14 20:42:17

2も3も同じですが、どちらも正しくありません。
関係代名詞を用いると
is という動詞が
必要になります。
関係代名詞と分詞構文は相容れません。

the boy who is running over there
the boy running over there
関係代名詞を用いるなら is が必要。
分詞で名詞を修飾したり、分詞構文の場合は is なく、ing をいきなり持ってくる。

こういう発想を必ず教師は教えますし、
得点する生徒は皆、知っています。

投稿日時 - 2012-05-14 18:24:37