こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

結婚後の仕事に対する価値観の違いで彼と別れました。

先日4年半付き合った彼と別れました。
結婚生活の理想が違いすぎたことが原因です。
どうにもならないのでしょうか?

長文ですが、読んでいただけたらと嬉しいです。


私は現在25歳、彼は30歳でお互い地元で社会人です。
私が彼と付き合い始めたのは、地元の大学でデザインを学んでいて、将来は都会に出てデザインの仕事がしたいと就活していた時でした。
結局その時就職活動がうまくいかかず、今は地元で事務の仕事をしながら転職活動中(デザイン関係)です。

彼とずっと一緒いたい、でも夢を諦めきれない、なんだか中途半端な状態だったと思います。

そんな時、彼から結婚するか、やりたいことがあるなら別れて本気で頑張るかはっきりさせようと言われました。

私の地元は田舎でデザインのような求人はありません。でも、車で1時間ほどの所まで出れば数件ですがそういった仕事もあります。
通勤1時間だけどデザインの仕事を探して結婚という選択肢はないの?と彼と話し合いました。
その結果じゃあ頑張って仕事探してみてもいいから、と結婚の約束をしました。
その話をしてから半年ほどたってしまいましたが今最終選考までいっている会社が1社あります。

ですが最近また結婚の話になったとき、「一度は通勤1時間圏内の場所で転職も許したが本心じゃなかった。家の近くでパートなどして自分を支えてほしい」と言われてしまいました。

彼の住んでいるところは島なのでスーパーのレジくらいしか仕事がありません。
もちろんわざわざ橋代を払って遠くまで仕事に行く、彼より帰りも遅くなる、近くで働いてほしいという彼の気持ちもわかります。

彼は今までやりたいことや夢がなく仕事はなんでもいいという考えの人だったので私の考えは理解しづらいところがあると思います。
私は仕事も自分の人生において重要で子供を産んでもまた復帰して続けていきたいと思っていたし、家庭と仕事の両立をする結婚生活を昔から思い描いていたので島でパートというとすごく抵抗を感じてしまいました。

その話合いのあと、彼から別れを告げられてしまいました。

それからもう一度話しあう機会がありました。
彼の考えは変わらず、やはり譲れないようでした。
私も苦しかったですが振り絞って「全部諦める、結婚しよう」と話しました。

もちろん彼にも私の考えを受け入れる努力はして欲しいと伝えました。
本当に大好きで離れられないと思ったから。
仕事のこともきっといつかチャンスがあるかもと。
でも正直覚悟が甘かったと思います。

彼は私の選択を驚いていたけど、そこまで覚悟してくれたのなら今受けている会社の選考はそのまま受けて受かったら行っていいと言ってくれました。

それはすごく嬉しかったし希望が持てたのですが、もし落ちたらどうするの?と話になって「じゃあ子供ができるまでは頑張れば何とかなると思うし私はもう少し転職活動させてほしい」と言ってしまいました。

彼は落ちたら島で探せばいいじゃないかと言います。
彼と結婚するってことはそういうことだって分かっていたはずなのに、今すぐそうなると思うとやっぱり嫌だと思ってしまいました。

結局また同じような話し合いになってしまい平行線。。。結果別れることになってしまいました。



今彼を失って自分の幸せの基準がよくわからなくなっています。
はじめは結婚してパートをして彼の帰りを待つのが幸せでも、おばさんになったとき自分はきっと後悔する、そう思っていました。
でも今彼を失ってまでしたかったことってなんだろう。
彼とならどんな苦労してもいい、って思えるのに。。。
平凡な生活の中で仕事と家庭を両立している人を見て後悔しないか、やりたいことやってる人を見て嫉妬するんじゃないかってその不安が消えません。
やりたいことやってから結婚のほうが幸せなのはわかるんですが。。。

頑張らなきゃ、前を向かなきゃと思っても彼と結婚して一緒に生活してる想像が頭から消えません。
今週最終選考の結果が出ます。もし受かれば彼のもとにいけばいいじゃないかと甘い考えの自分もいます。
でもそんな中途半端な考えでは彼が仕事を辞めてくれと言った時またもめるんじゃないかと考えてしまいます。
つまり自分が今からでも仕事を諦める覚悟がないと彼とは結婚できないのかなって。。。

結婚は好きだけじゃできないといいます。それもすごくわかります。
彼も私も頑固で価値観の違いは大きいと思います。
そんな結婚は難しいのでしょうか?

だらだらと書いてしまったのですが、率直な意見、アドバイスいただけたらと思います。

投稿日時 - 2012-05-14 19:48:02

QNo.7475624

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

何度もすいません。

>私の経営者
ではなく、
私も彼女と同じ経営者の立場
の間違えでした。

失礼します。

投稿日時 - 2012-05-16 10:55:55

ANo.11

お礼ありがとうございます。

>しかもお若い時にできちゃった結婚ってことは就職して企業で働かれた
>経験もない方なのでしょうか。

そうですね。企業で働いた経験はなし。
人を使った事もなければ、人に使われた事もありません。
一応、私の経営者なんですが、彼女に弱音を話すといつも活を
いれられます。
何事もできるって思ったことは、できる!って。

デザイン会社を経営している友達、
個人で仕事をしている友達もいますが、
手に職を持っているのはすばらしいと思います。

個人でやっている友達は、区役所のチラシやパンフレットの
デザインや知り合いの会社に外注で仕事を頼まれたり
(主に商品パッケージや通販カタログ)と忙しく仕事を
しているようです。

どこの業界も人脈が大切だと思います。
今はネット社会なので、いろんな情報がすぐに手にはいります。
まずは、少しずつでも自分なりに動いてみてはどうですか?
少しでも結果がでれば、励みになりますし、やりがいも出てくると
思います。

私は、今の彼と結婚して、少しずつでもやりたい仕事に近づくことが
出来る事を祈っています。
まだ、25歳。何かあきらめるには、まだ早いと思います。
ちなみに私と友人は、41歳ですが、まだまだ何か新しい事を
見つけて行こうと思っています。

投稿日時 - 2012-05-16 10:54:28

お礼

>何事もできるって思ったことは、できる!
本当にその通りですね。
その方はまさに有言実行されてるからかっこいいですね!

hanajennyさんも会社を経営されてる方なんですね。
まわりのご友人も生き生き仕事されているかたが多いんでしょうね。

私も結婚しても出産をしてもそのような生き方がしたいし、
そのために絶対自分の人生諦めない!そう思いました。
もちろん、甘いもんじゃないと思いますが、田舎だからとか、
結婚してるからとか関係ないなって思いました。


でもやはり人脈は大切ですよね。
まず身近なところから探ってみたいと思います。

今受けている企業も受かったら働いてみようと思いますが
常に一人でやれる準備はしておこうと思いました。

>私は、今の彼と結婚して、少しずつでもやりたい仕事に近づくことが
>出来る事を祈っています。
ありがとうございます。
どうなるかはわかりませんが、そうできるように頑張ってみようと思います。

素敵な40代の方がいると知って、私もそんな風に30代、40代目指して頑張ろうと
思いました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-16 11:49:38

ANo.10

>結婚後の仕事に対する価値観の違いで彼と別れました。

まだ体の関係がまだないのであれば結婚はしないほうがいいでしょう。

彼が結婚に同意するのであれば結婚すれば良いとおもいます。

 結婚は同居しなければならないというものではありません。

 

投稿日時 - 2012-05-15 18:03:16

ANo.9

No.7です。お礼ありがとうございます。

少しでも励みになればと思い、
友達の経験を書きます。

最初は、趣味のガーデニングから始まりました。
小さな花屋さんをするのが夢でしたが、
まだ子供が小さかったので
HPで寄せ植えなどを販売することから始めました。
日に日に興味が深まり、短期のスクールに通って
勉強をしたり、週に2,3回花屋さんにパートに
行ったりしながら、日々勉強。

子供に手がかからなくなってから、
会社を立ち上げました。
会社は、花屋さんもしていますが、メインはブライダルです。
今は国家試験も取得し、スクールの講師も頑張っています。
仕入先との交渉、式場との契約。毎日、飛び込みで走り回って、
普通の主婦がここまでくるのは、本当に大変でした。

質問者さんも今の環境で、就職先を見つけるのは簡単な事では
ないと思いますが、
諦めず、視野を広げて頑張って下さい。

投稿日時 - 2012-05-15 16:34:55

お礼

わざわざ具体的な経緯まで教えていただき本当にありがとうございます。

主婦の方が会社を立ち上げるまでにはすごい努力をされたんでしょうね。

しかもお若い時にできちゃった結婚ってことは就職して企業で働かれた
経験もない方なのでしょうか。
本当に尊敬します。
ご家族のご協力もあってのことなんでしょうね。

デザインの仕事は田舎では需要自体少ないですが自分のやってることを
生かすことはきっとできると思うし、ネットが発達している今色々な方法が
ありそうですね。
おっしゃるように視野を広げて、彼との結婚も本当に不可能なのかもう一度
自分の考えを整理してみようと思います。

本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-15 19:00:00

ANo.8

こんにちは。
とてもお悩みの様子、お察しいたします。
人はいろんなターニングポイントに立つ時に、どちらを選ぶべきか、どの道を選択することが幸せに繋がるかと思い悩みます。しかしどの選択をしても後悔(または反省)をするのが人の心というものではないでしょうか。

今のあなたはご自分の望む未来と彼の望む未来との違いに苦しんでおられるのでしょうね。
あなたがそれだけ悩み考え続けている事は、すなわち彼も同じだけ悩み苦しんでいた事なのだということでしょう。そうして二人で出した答えが「別れ」ということなのだと思います。

あなたはご自分の心の葛藤に振り回されていて、今の彼の心情をどう思っていらっしゃいますか。
彼を愛しているというお気持ちなのでしょうが、自分のやりたいことを全うしたいという欲を捨てることができず、また彼との未来に未練があるというのは、子供が両手に持った御菓子を両方欲しいとダダをこねているようですよ。
自分の思うような形にならないのが人生というものです。人が二人いれば考えに色々と違いは出てくるのは当然です。愛していれば譲り合えることもありますが、どうしても譲れないことがあって当然で、その部分で妥協することができない以上、無理をしてもこの先はないという結論に達したのではないでしょうか。愛する彼の心に沿うことができない以上、一日も早くご自分の道を前を向いて歩まれる事こそが幸せへの第一歩ではないでしょうか。

「愛」そして「幸せ」とはなんであるかは永遠の命題です。
その定義は人それぞれにより異なりますが、個人的には自分のことよりも他のことを思う気持ちを私は「愛」と呼びたいと思います。また相手が幸せを感じてくれることが私の幸せです。
相手は恋人であったり子供であったり、自分が大切に思う人などが幸せを感じてくれることが私にはとても大切なことです。
私は古い人間ですので、自己犠牲の精神が旺盛なのだと思いますし、自分が正しいとも思いません。ですが、自分がどんなことに幸せを感じるかが分かっているということです。

女性は人生においていろいろと節目があり、男性よりも制限があるのが現実です。
妊娠や出産、子育てにより自分の思うままにならないことが必ず出てきます。
人生は長いとはいっても、それでも時間には限りがあります。
仕事をしたくてもできない、したくなくても働かなくてはならない時も出てきます。
あなたの場合も例え就職できたとしても、成功するかしないか、キャリアが自分に幸せを必ずもたらしてくれるものではないでしょう。
そう、いろんなターニングポイントがこれからも待っているのです。
生きていればどこかで必ず妥協しなくてはならない時がくるのです。
どこで妥協するかはその時の状況で変わりますが、望まなくても選択をしなくてはなりません。

ここで一番最初にお伝えしたことに戻ります。
どんな道を選んでも後悔や選ばなかったほうの未来に思いを馳せることは必ずあるのです。
ですから今選んだ道を信じて前を向いて歩くことで、あなたの幸せが見えてくるのではないでしょうか。
振り返ることはあっても選ばなかった未来に執着するのは愚かだし、今選んだ現実をこれから幸せに導けるのはあなた自身なのですよ。現実にはない未来に幸せの幻を見ることはただの妄想です。幸せの基準や幸せの何たるかは道の途中でなかなか分かるものではありません。通ってきて初めて気付くものです。

私がお話したいのは以上です。
別れという結論が出ていても、更にやり直したければそうなさるのも良いでしょう。
でも二度と彼にこのことで苦しみを与えてはならない。そう肝に銘じなければなりません。
現実は一つしかなく、なかったことは無限大に想像を広がらせるものです。
だからこそ後悔をしがちですが、現実を幸せにするか否かはあなた自身にかかっていることです。

投稿日時 - 2012-05-15 14:06:36

お礼

ご回答ありがとうございました。


>選ばなかった方に執着するのは愚か
そうですね。それではどちらを選んでも幸せにはなれませんよね。

なんだかその2つの選択しかないのか、まだ他に道はあるんじゃないかって
考えてばかりで、欲張りなんでしょうね。
彼が妥協できないとはっきり意思を示している限り私が妥協できるかどうか、
ですよね。

なんだか自分のしたいことがはっきりあるようでぼんやりしてるのかも
しれません。
もう一度何が本当にしたいことなのか、考える必要もあるのかもですね。


やり直すと決めたら彼をこれ以上苦しめない覚悟は持とうと思いました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-15 14:33:23

ANo.7

結婚って「タイミング」ってよく言いますよね。

価値観の違いというより、タイミングが合わなかったでは
ないでしょうか?

私は、17歳ぐらいから10年近く付き合った彼がいましたが、
結局、結婚しませんでした。
もちろん、私も結婚したい時期もあったし、
彼もあったみたいだし、お互いの両親、友達もみんなが
結婚すると思っていました。
彼は、私と別れてから、2年後ぐらいに結婚をしました。
質問者さんの彼と同じで、結婚したかったみたいです。

もし、今質問者さんが結婚しても通える職場で働いていれば、
すんなり結婚ができたと思うし、
彼に結婚願望がそんなになければ、気長に質問者さんの就職活動を
快く応援できたんじゃないかと思うと、「タイミング」としか
いいようがないと思います。

私の友人は、できちゃった結婚で若い時に結婚をしましたが、
どうしてもやりたい仕事があり、最初は、自分でHPを作成し、頑張ってきました。
まったく、未経験でしたが、学校に通ったり、本を読んだりしながら
勉強をし、今は、子供が大きくなったので、会社を設立しバリバリ仕事をしています。
やろうと思えば、本人次第でどうにでもなると思います。
きつい言い方ですが、質問者さんの質問を読んでいると、
ないものねだりのような気がします。
今の彼と結婚しながら、仕事を続けるのは、不可能なのでしょうか?

投稿日時 - 2012-05-15 12:18:21

お礼

ご経験等交えてご回答していただきありがとうございます。

価値観の違いではなくタイミングの違い。
そうですね。
なんかすごく納得しました。

友人の方は結婚しても努力して起業までされるなんてすごいですね。

起業やフリーでするにしても数年は企業やデザイン事務所などで経験を
積まないと難しいと言われるのでその固定概念もありました。

結婚に対しても結婚すれば自分のことは二の次でやりたいことがとか
言ってること自体結婚する覚悟がないのかなとか。。。

結婚しても私のやりたいことは努力次第でできるのかも、そんな風に思えました。

少し情報収集もしながら考えたいと思います。
貴重なご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-15 14:00:52

今結婚しなくても相談者様がフリーランスで仕事ができるようになるまでデザイン会社で頑張って、フリーでいけるようになったら彼と結婚して家で仕事すればいいだけでは?
私の仕事がそっち方面でまわりにデザイナーさんがいっぱいいますが皆始め会社勤め、その後フリーでという方がほとんどのような気がします。都内でフリーで仕事してた方が旦那様の転勤で地方に行きましたが仕事してらっしぃます。

投稿日時 - 2012-05-15 10:59:39

お礼

ご回答いただきありがとうございます。

一番の理想はそうですね。
在宅でフリーデザイナーになるのが最終的な目標でもあります。

一度そのように話したこともあるのですが、
彼がもう待てない、答えを出したいという感じだったので
説得は難しいかもしれません。
そのようにいくらでも方法はある気がするからあきらめきれない
んだと思います。

でもダメもとで彼ともう一度連絡をとってみようかという気になってきました。
このままじゃなんだかどっちにも踏み出せません。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-15 11:53:06

こんにちは。

ご相談、じっくり拝見致しました。

あなたに限らず、女性は一度男性を好きになると、
相手の愛情が自分に向いている限り、余程の事が
ないと「好きで仕方が無い」という欲求を抑えられない
生き物です。

女性は、唯一無二の、私のためのペアの相手だ、と
本能的に思い込んでしまう・・・女は子宮で考えると言われる
ゆえんですが、男性は攻略した、手に入れた、ゲットした、
オトコとしての履歴の一部にオンナを組み入れるような
考え方をしがちです。

勿論、一派一からげにオトコはみんなそうだ、などと乱暴な
ことを言うつもりもないのですが、女性は特に、盲目の恋心に
堕ち込んで何も見えなくなる傾向がとても高い、ということを
言いたかったのです。

たった今のあなたは、漠然と、趣味の延長にクリエイティブで
ハッピーな人生、などという夢想に浸りながら、ご自身の子宮が
言い募る「好きなオトコと番いたい(つがいたい)」という肉体的な
本能とにはさまれてもみくちゃになっていますが、十年後、二十年後に
ちゃんと続いているという、根拠も何もお持ちではないはずです。

島を離れれば、お気に入りのデザインで生活が出来るかどうか、
確かめたことはありますか?

デザイン関係の会社に就職して、という発想ではクリエイティブな
世界で長年に渡って安定した収入を得続けることは困難でしょう。

美大を卒業し、様々な作品を作ってきた人でも、現実には
圧倒的多数の仕事がスーパーのチラシのレイアウトだったり
コンビニのポップの作成だったりするものですし、世の中に
残る写真を撮ろうとしても、現実に来る仕事の大部分は
100gいくらのお肉の写真や特売品の写真などの商品撮影が
大半だったりします。

多くのクリエイターが「才能」について語ることは多いものですが、
社会が認めるものを生み出す才能が凡庸な感覚や思考に宿ることは
多分、ありません。

凡庸でも、脚光を浴びる演出やタイミングのよいアピールなどで
成功している人は無数にいるでしょうけれど、そういう人にしても
行動や考えは普通の人とはかなり異なります。

売れるためなら嫌な奴にも抱かれることもあるでしょう。

名を売るために、多額の賄賂を掴ませることも無数に在るはずです。

奇麗事が言われる裏側で、吐き気を催すような欲望が渦巻く
芸能界などではないにせよ、幾人かのアーティストの知己と
話をするたびに、「あなたは自分が想う美意識のために、狂人
足りえるか?」という点にいつも意見や考えが集約されて
行きます。

売れなくて売れなくて、他人の心を打つ何の作品も創れぬまま、
結婚もせず安定した収入も無く、孤独に苛まれて自死を選ぶ。
そんな人の話を、どこか自分には関係ないアサっての世界の
ことだと感じてしまうのが普通の凡人というものです。
例えば、ゴッホだって生きている間はそりゃ、悲惨なものでした。

毎日ご飯を食べて、子供を産んで、育てて、お金を貯めて家を建てて
老後の蓄えを備える。

若者が、時折つまらない人生だと指弾する、凡庸極まる人生を
実際に築いていくのがどれ程「遠大な持続」なのかを、もう少し
理性的に考える必要があるのではないでしょうか。

理性的に考える、というのは、メディアが喧伝する「自己実現」だとか
夢を叶えるだとかの浮ついた夢想ではないのです。

出来ること、しなくちゃならないこと、止めてはいけないことを
ふうふう言いながら、ひたすらひたすらノッシノッシと続けていくことに
他なりません。

恋愛中の二人であれば、夢を見るのは仕方が無いことですが、
あなたが例えば都会に出ればたちどころに今の夢想は消滅します。
あなたはまず、家賃の高さに驚くでしょう。

人々の他人に対する関心度の低さや、表面だけ常識的に付き合うが
他人がどうなろうと知ったことじゃないんだな、と驚くこともあるでしょう。

思い描いていた、頭では判っていた筈の、「好きなことで生活する」と
いうことが、毎日毎日少しづつ裏切られ、削られ、心の中の柔らかな
感受性や楽しさが萎み、枯れてガサガサしていくことに心を痛める
でしょう。

宝くじにでも当らぬ限り、夢想は早急に醒めます。
例外は殆どありません。

それでもお金は掛かりますから、あなたが若くてそこそこ可愛ければ
すぐに夜の仕事の誘いがくるでしょう。 最初は単にカウンターの中に
いるだけの仕事から、接待の仕事に、そしてもっともっと稼げる仕事にも
アレッ?という間に転身出来るものです。

何かの弾みで、何かの勢いで、体を預けてしまって男がアパートに
居座ってしまったり、DVを受けたりと、今のあなたにとっては別世界の
それこそ夢想にしか思えない悲惨な人たちの現実も、ほんの数ヶ月、
ほんの数年後のあなたの現実にも容易く重なるものなのです。

或いは、街で他の恋人を見つけて「とても相性が良い」と感じることが
あれば、あなたは自分でも驚く位、今の彼のことを遠く感じることに
なるでしょう。 もはや、その時点での恋人しかあなたの頭には
いなくなってしまう。

子宮で考える、というのは そういうことでもあるんです。

デザインで何がしかの収入を得たいと考えるならば、小島にお住まいでも
ネットで作品を発表したり投稿したり、或いは仕事を探してあちこちの
サイトにアクセスしたりも出来るはずです。

そうして、どの位簡単に行かないのか、或いは行くのか、知ることも
とても必要なことでしょう。

貯金も必要だし、十年後、二十年後に何を手に入れているか、
そのためには何が出来るのか、出来そうもないのか。

オトコがどうのこうのではなくて、恋は恋としておいといて、自分の生計を
自分で支えられることを目指さなければ、「やりたいこと」はただの
世間知らずの少女の夢想に過ぎません。

それで喰って行きたいと本気で願うなら、一生スーパーのチラシを
書いたり切り貼りしたりするばかりでも構わない、そのうち全く依頼が
こなくなり、勤める会社が潰れ、それでも築いた人脈に縋って
エロ本のカット一枚でも、トンデモ企画の取材ルポでも、何でも
やって金にする位、自分はそれしか能が無い人間だと追い詰める
(本人が言うには、成り下がる、だそうですが)

・・・ことが必要なスタンスではないかと思います。

だから、「したいことのために狂えるか」という話になるのです。

さて、オトコは、というと、ほぼ100%、結婚したらあなたの思い描く
ような夫も、家庭も無い、ということを思い知らされるでしょう。

そして、別に脅すわけではなくて、どの夫婦も大なり小なり若い時の
夢想を一袋づつ、燃えないゴミの日に出しながら いつしかよくいる
中年のオヂサン、オバサンに変わって行くものなのです。
結婚生活は御伽噺ではなく、「同居生活」なのですから。

極端なことを言えば、愛など無くても結婚は出来るし、凡庸な幸せは
強い恋心など無くても掴めます。

さもなければ、つい数十年前まで、お見合いで会うまで顔も知らないで
結婚した夫婦達・・・特に女性達が、辛い辛い地獄の人生を生きて
いるはずでしょう?

でも、現実には一緒に何十年も暮らしていく間に、そこそこの人生の
幸せは掴んでいたりするものです。(半分位はね)

酷いことを言うようですが、夢からお醒めなさいな。

・・・まあ、そうは言っても、眠りから醒めるようにはいかないでしょう。

だから近くの町ではなく、遠くの大きな街に出て暮らしてみることを
お勧めします。

あなたが今悩んでいるのは、あなたの長い人生の中で、
本当に、若いときだけのつかの間のことなのですから。

でも、好きなことをして生きていくかどうかは、男の問題よりも大きな
ことです。

次の恋を見つければ、あなたは悩んでいたことさえ忘れてしまいますが、
叶える為の必死の努力をしないままの夢想は、いい年の中高年に
なっても燃え残り、普通の人生を「つまらない」と罵りながら、不満を
抱えて暮らしてしまうことに繋がるからです。

あの時こうしていれば。

あの時チャレンジしていたら。

いつの時代も「タラレバ」を食いすぎると人生を食い潰してしまう。

子宮ではなく、頭を冷静に保ち、自分が何をしてどう生きたいのか。
いくら考えても、リスクを考える限り、夢を捨てて凡庸に生きるとしか
答えはでないでしょう。

そうではなく、狂えるのか、無茶できるのか、を自分に問うことです。

「現実」に弱いくせに「夢」を止めることが出来ない、どうしても
諦めきれないと思われるならば、夢が叶わずに苦しむ未来を
何十回も考えて考え抜いて、惨めな老後でも、それでもやっぱり
したいことをしている時が幸せだ、と思えるならば、狂える資格は
あるかも知れません。

そしたら、やってみるだけです。

そして、始めたら、上手く行くことだけ考える。

結局、夢を何よりも優先する、狂える程の我侭やスピードのある
勢いや踏み切り。

そういうバカが出来るかどうかが、結局人生の分かれ道になります。

そして、何度も何度もバカをやり続けられるか、その世界で
挑戦をやめずにいたものの何パーセントかにチャンスはきっと
訪れるのでしょう。

人生は、賭けだ。

そう思えるほどにあなたが狂えないならば、趣味は趣味として
凡庸な人生の大変さに身を投じることが、数十年後のあなたに
つつましい幸せを予約してくれるでしょう。

長々と済みませんでした。

ダラダラと思考を停める事が出来ない私もどこか狂っているのです。
最後まで読んでくださって、どうも有難う御座いました。

投稿日時 - 2012-05-14 21:24:43

お礼

大変ご丁寧な回答ありがとうございました。
何度も読み返しています。
色々ハッとさせられることがあってまだ整理しきれていませんが。



デザインの世界で私たちが目にするような華やかな仕事ができるのは
ほんの一部の人たちであることは十分わかっているつもりです。
自分がいきなりやりたいデザインができるとも思っていません。

狂えるのか、無茶できるのか?といわれると
正直わかりません。
結局そこまでなのかもしれません。

ただ、チャレンジもしていないことでおっしゃるように
あの時こうしていれば、あの時チャレンジしていたらと思いながら生きていく
ようには絶対なりたくはないです。


結婚については「同居生活」であり、現実なのだとわかってはいるつもりでも
なかなか割り切れないというか、周りにいる熟年のご夫婦をみればだいたい
想像はつくものの難しいですね。
やっぱり「夢」見ちゃってるんでしょうね。

>自分が何をしてどう生きたいのか
まだ彼との思い出に苦しめられてしまいますが、冷静にこのことを考えてみようと
思います。

貴重なご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-15 11:42:38

ANo.4

一番大切な事は

貴方が大事にしてる事を達成すること。

彼は待っててくれますか?いろいろな仕事の資格を取って
納得をしたうえで次を(結婚について)考えるようにしないと

地味な結婚生活で後々、後悔する姿が見えるように分かります。

その結婚がダメになっても貴方は仕事を選びその中で価値観の合う人を
選ぶことも可能ではないでしょうか?

私はデザインの仕事を諦めて就職して、主婦になりました。
学校の同窓会で素敵だったのにどうして?
と、良く言われます。
とてもショックで、あのとき。。。と後悔しました。

そうおもうと、
貴方は今重大な選択を手にしていますが、彼は貴方と子育て終わって後悔しないか
資格やキャリアがあればといった将来を見据えた選択を持っては頂けないか聞く必要があり
そうした時、納得して子育てに専念しても後からやっとけばよかったという事にはならないかもしれません。

人は病気になったり事故に遭ったり思わぬ事故があります。その時に
資格があれば何とかパートに出るより一家を支えて行けるので、
ただ単に結婚をすると、仕事を辞めなきゃではないような気がしますがいかがですか?

投稿日時 - 2012-05-14 20:51:25

お礼

ご回答いただきありがとうございます。

>その結婚がダメになっても貴方は仕事を選びその中で価値観の合う人を選ぶことも可能ではないでしょうか?
それはごもっともで自分でも思います。。。
両方得ることも可能だって。
わかってるんですが、彼のことが心から好きなので彼となんとかならないか。。。考えてしまうんですよね↓

デザインの仕事を諦めたご経験があるのですね。
やはり後悔は残りますよね。私も後悔は少なからずすると思います。
諦めたことによって得たものもあるとは思うのですが。

>彼は貴方と子育て終わって後悔しないか
>資格やキャリアがあればといった将来を見据えた選択を持っては頂けないか聞く必要があり
>そうした時、納得して子育てに専念しても後からやっとけばよかったという事にはならないかもしれません。
もう一度話し合う価値はあるのでしょうか。。。
結局同じことになってしまいそうで彼に待ってと言えなくなっています。

今後のことはわからないし選択肢が多い方がいいとは思います。
彼は女にそこまで求めてないみたいですが。
結婚=仕事を辞める、では確かにないかもしれませんね。
彼の務めている会社もこの先どうなるかわからないし。
なんとかもう一度話し合ってみようかな。。

投稿日時 - 2012-05-14 21:34:12

ANo.3

最初に申しあげさせて頂きますが「そんな結婚は難しいでしょうね」というお返事が来たらどうされるおつもりでしょうか?
もし、それで気が変わってしまう程度のものであれば私は結婚はおやめなさいと言います。

結婚は好きだけじゃできないっていう事がどの程度お分かりになっておられるかって事が一番気がかりではありますが、見返りもないのに相手にどれだけのものを与え続けられるかを考えてください。
結婚ってお互いにそう思いながら生きていくものだと私は考えています。相手は自分に何も与えてくれないけど、自分は相手の為に与え続ける事が出来るとお思いならうまく行くでしょうね。そしてその意識は双方が持つ必要があるとも考えています。

後、大事なことは、結婚すると相手と一緒にいる時間は日常になります。
今は特別な時間でしょうから、その間だけなら苦痛があってもお互いに思いやりを持って過ごすことが出来ますが、その状態が延々と続くものだと考えられてください。そしてその覚悟ができるかどうかも考えられてください。

と、悪い点ばかり書きましたが、結婚によって得るものも大きいと思っています。
結婚前から不安がある状態でしたらとりあえずその不安は2人の間できっちり納得がいくまでお話しされた方が良いと思います。
その場の感情に流されずに客観的な視点で考えてですね。
そうやって価値観の違うお互いが理解し合って、お互いが成長していくのも結婚の素晴らしさの1つであると私は考えていますので。

投稿日時 - 2012-05-14 20:39:36

お礼

ご回答いただきありがとうございます。

>「そんな結婚は難しいでしょうね」というお返事が来たらどうされるおつもりでしょうか?
そうですね、確かにそれで気が変わることはないなと思いました。

>見返りもないのに相手にどれだけのものを与え続けられるかを考えてください。
彼のためならなんでもしてあげたいです。
与え続けるというのは私の想像を超える大変さがあるのかもしれませんが、彼をほんとに愛しているしできるって思います。

>後、大事なことは、結婚すると相手と一緒にいる時間は日常になります。
>今は特別な時間でしょうから、その間だけなら苦痛があってもお互いに思いやりを持って過ごすことが出来ますが、その状態が延々
>と続くものだと考えられてください。そしてその覚悟ができるかどうかも考えられてください。
そうですよね。これは自分でも未知の世界で彼と一緒にいることが日常になったらどうなるのか、たまに想像してみたりします。
彼は自分をよく見せようとかする人ではないので色々オープンだし、多分毎日一緒でもそんなに変わりそうにないな~と思うしうまくいくとは思うんですが、こればっかりはどうなるかわかりませんよね。

なんだか冷静な意見がいただけて自分も少し冷静に考えられそうです。
結婚という日常を想像して、後悔しないかどうか考えて見ようと思います。
違う価値観をお互いが理解しあえて成長できればそれはすごい素敵なことですね。
そんな関係になりたいです。

貴重なご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-14 21:17:34

文章からすると今のあなたは仕事も彼も
同じくらい大事だと感じました。
彼と結婚しても今感じておられるような
後悔が残るような気がします。
おっしゃる通り仕事を諦める覚悟がないと
彼と結婚するのは難しいと思います。

投稿日時 - 2012-05-14 20:37:44

お礼

回答いただきありがとうございます。

確かに今まではどちらも天秤にかけられないくらい
大事でした。
でも今はよくわからないです。。。

やっぱり結婚するなら仕事を諦める覚悟は必要ですよね。
感情だけに流されず見極めたいと思います。

投稿日時 - 2012-05-14 21:02:22

ANo.1

夢を取るか…彼を取るか…難しい選択ですよね。

価値観の違いも永くつきあう上では悩みの種です。ただ片方が自分の基準を相手に合わせればうまくいくんですけどなかなかそうもいかないですよね。

最後に決めるのは貴女です。貴女の人生だから後悔しない道を選んで下さいね(^_^)v

投稿日時 - 2012-05-14 20:31:46

お礼

お答えいただきありがとうございます。

この価値観の違い以外は本当に相性がいいと思うので
ほんと悲しいです。。。
そうですね、自分の人生後悔ないようにしたいです。

なんとか納得のいく答えを出したいと思います。

投稿日時 - 2012-05-14 21:00:20

あなたにオススメの質問