こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

図形について

例えば、「一辺の長さ1の正方形ABCDがあるとする、このときADの長さはいくつか」という問題があるとします
このとき、左下の頂点がAで反時計回りに頂点に名前をつければADの長さは√2になりますが、時計回りに名前をつければADの長さが1になります
このように、頂点の名前を変えれば答えが変わるのにただ正方形ABCDとだけ書いて図を書かなかったりして頂点の名前が分からない問題があります
こういうとき、自分で頂点をつけて答えを書いていいんですよね?相手の考えた答えと違っても、問題文に不備がある相手のミスですし

投稿日時 - 2012-05-15 19:19:23

QNo.7477434

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

左下の頂点がAで反時計回りに頂点に名前をつければADの長さは√2になりますが
>なりません。反時計回りも時計回りもADは1です。
普通は左上をAとして反時計回りにBCDとすることが多いようです。

投稿日時 - 2012-05-15 19:57:32

お礼

長さ√2は私の間違いです

反時計回りなのですか ありがとうございました

投稿日時 - 2012-05-15 20:03:25

ANo.2

まあ、立体図形の場合はさすがに図が付くでしょうね。

投稿日時 - 2012-05-15 19:47:44

お礼

分かりました ありがとうございます

投稿日時 - 2012-05-15 19:55:01

ANo.1

頂点の振り方は常識的に(暗黙の了解として)時計回りだった気がします……。
ところで例題はどちらに回転させてもADは1だと思うのですが私の理解が足りないのでしょうか。

投稿日時 - 2012-05-15 19:32:52

お礼

確かに例題は間違いです 失礼しました
解答ありがとうございます
立体図形の場合はどうするのでしょうか?

投稿日時 - 2012-05-15 19:35:45

あなたにオススメの質問