こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

効果的な節税方法(会社員+大家+副業)

お世話になっております。

現在外資系メーカーにおいて普通の会社員をしております。
(副業OK確認済み)
また一方で、父親経営の小規模な会社も手伝い、給与を得ております。
且つ大学等での定期的な少額講義収入もあります。(個人名義)
そして現在の住まいである購入済みのマンション一室を今後貸しに出したいとも考えております。

会社員としての収入に比較すると他どれも小粒なので、
特に節税等をしておりませんが、
(ストックオプションがあるので確定申告はしております。)
”個人事業主として経費と損益合算”などなど、合法的節税策があると耳にし、
自分のケースではどのような効果的な節税方法があるのだろう、
と是非皆様のお知恵を拝借させて頂きたいと考えております。

独身でありマンションの35年ローンは現在支払い中です。
(ただ35年掛けるつもりは毛頭なく、繰り上げ邁進中です。
できれば10年程度で返済したいと考えております。)

この度職場近くへ引越しを考えており、
この期にいろいろ整理したいと思い立ち、
投稿させていただいております。

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2012-05-19 16:14:53

QNo.7484385

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

減価償却費を忘れない。
ローンの利息分を経費にする。
あなたの言う「効果」がどれほどの効果を期待してるか不明ですが、以上は漏らさないようにしましょう。
修理したり、なんやかんやで出費がでたら、領収書を取っておくことです。
既に常識的なことばかりで、申し訳ない。

それよりも「いいのかな?」と感じた点は、ローンで購入した自宅でしたら、住宅ローン控除(税額控除)を受けてませんか?
賃貸マンションにしてしまうと、ローン控除が受けられなくなりますよ。住宅ではなくなるからです。
あとローン会社との契約違反にならないかどうかも調べる必要があります。
自宅を購入する際にはローン控除だけでなく、あれやこれやと事業用家屋の取得より条件が良くなってるはずです。
自宅として購入したが、実は事業用貸付不動産になってたとして、話が違うと言い出されると、てっぺんから計画が「パー」になりかねません。

なお個人事業主として経費と損益合算については「損益通算」という所得税法上の制度です。
ウダウダ説明するよりも、URLを貼っておきますね。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2250.htm

投稿日時 - 2012-05-21 00:15:39

お礼

ご回答ありがとうございます。
ご指摘の通り、住宅用ではないにも関わらず住宅ローンおよびその控除を受けるのは良くないですね。
自宅兼事務所としたいと考えています。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-05-21 16:25:53

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問