こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

友人が車同士の事故を起こして9:1になりそうです。

先日友人が車同士の交通事故を起こしました。
状況は、友人の方が一旦停止の細い道からメイン道路へ右折しようとしたところ直進してきた車と衝突したという事故です。
幸いお互い大きな怪我はありませんでした。

状況だけですと当然友人の方に非があり悪くなるのは分かりますが、相手の車は無灯火で走っていたのも原因の一つでもあります。
友人は道路ミラーで車のライトを確認したのですが無灯火の車には気が付けず、車の頭を出したところで衝突されたとのことです。

ぶつかってすぐに車から降りた状態で相手の車が無灯火だったのは確認しています。
その場で、「ライトつけていませんよね?」と確認し、相手は謝ったそうなのですが…
警察の人の前では「覚えてない」と言ったそうです。

車はお互いにかなり大きく損傷しており、廃車になるかギリギリのラインのようです。
保険屋さんからの話では相手は人身で立件するつもりのようで、状況からして9:1になりそうだとのことです…

道交法のことだけで言えば友人の分が悪い結果になるのは分かっています。
友人もそれは納得しているのですが、無灯火だった相手のことは加味されず9:1に持っていかれそうな現状には納得できていません。

こちらを有利に働かせたいというわけでは有りません。
せめて損失の比率をどうにかもう少しだけ相手にも負担してもらえるように変える手段は何かないでしょうか。

どうか、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2012-05-21 15:34:36

QNo.7488041

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

事故場所の道路状況が詳しく書かれていませんので、
基本過失割合は判断出来ませんが、
相手が無灯火ですと、時間帯にも寄りますが、
修正要素となり得ますが、せいぜい10%くらいです。
90:10なら80:20になるくらいです。
20%も30%も修正できることはありません。

投稿日時 - 2012-05-21 16:38:38

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

他の回答と重複しますが、過失割合なんて、自腹を切らなければならないとき以外は関係ないでしょう。
過失割合は、当事者間の民事賠償の割合にすぎないと思います。保険加入の場合にはこれらの交渉を代理で行っているのです。ですので、免許の行政処分や人身事故の刑事処分にはあまり関係ないと思います。

人身事故であれば、認める認めない関係なく、それぞれの言い分を調書に起こすことになり、それに従って行政処分や刑事処分となることでしょう。

どうしても過失割合が気になるのでしたら、裁判をすることになると思います。

私は保険会社は営利団体ですし、保険会社大小などによる不満を残したくないため、最後に裁判を起こしました。
しかし、当初の保険会社間の過失割合(相手10:私0)が裁判になると再度裁判上での交渉となり、相手方は裁判などにより賠償額の増額や裁判費用などの負担、訴訟結果が残ることの将来の不利益などを嫌がったためか、調書過失を求めなかった相手側が過失を大きく求め、お互いに立証が難しい虚偽の状況説明による利益の誘導を行われ、反論が難しい状況から裁判官への私の心証を悪くし、裁判をした意味がわからなくなりましたね。

任意保険に弁護士特約があるのでしたら活用されてはいかがですかね。

投稿日時 - 2012-05-21 16:38:59

相手が10でこちらが0なら保険を使わずに済むので、
その点に関して過失を争うなら大いに問題ですが、

こちらの過失が大で保険を使うなら
9対1だろうが、5対5だろうが、
支払うのは双方の保険屋なので、
なぜ、わざわざ話をややこしくするのか
意味が分かりません。

当然、人身にされたら、こちらの負担だけが一方的に増大するので、
それだけは避ける方向で、普通ならいっそのこと、
当方が全面的に悪いので、人身にはしない。というような
交渉にするべきところではないでしょうか。

投稿日時 - 2012-05-21 16:36:22

補足

ややこしくしているわけではありません。
例えば車の修理の問題にしても、保険の種類にも寄るのでしょうが廃車になれば全額保険が降りたり、逆に下手に修理となれば9割負担では当然出費も多くなるわけですよね。
それに友人は車関係の仕事についているため、そういうことに関しては全て仕事にも直結したりしてくるので、、それを考えてのことです。

>当然、人身にされたら、こちらの負担だけが一方的に増大するので、
それだけは避ける方向で、普通ならいっそのこと、
当方が全面的に悪いので、人身にはしない。というような
交渉にするべきところではないでしょうか。

↑このような交渉になった場合はどのような結果になるものなのでしょうか?
勉強不足ですみません。

投稿日時 - 2012-05-21 17:12:58

ANo.1

保険に入っているようですから10.:0でも5:5でも同じことですよ。

保険屋さん同士の交渉で、当事者にとっては比率は問題にならないでしょう。

それに納得できなければ後は裁判するしかないと思いますよ。

投稿日時 - 2012-05-21 16:04:16

あなたにオススメの質問