こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

結婚を辞めるべきでしょうか?

稚拙な長文ですみません。

私には3年付き合った彼女がいます。

しかし、半年前色弱の因子をもっていることがわかり婚約が延期となりました。
正しくは、彼女の父親が色弱であり、彼女は色弱因子を持っていることになるため、結婚した場合子供に遺伝する可能性があります。

私の両親、兄弟、親族は色弱としるや猛反対。彼女の両親は色弱は病気ではないと思っていたそうで、両親どうしの食事会で遺伝病の話になった時も、「うちには遺伝病はありません」と一切色弱にはふれなかったそうです。あるとき、彼女から私に「父親が色弱だ」と話があり、婚約直前にそれを私が両親に話したところから発覚して婚約が延期となった次第です。(彼女一族に遺伝病はないんだってと両親に言われ、色弱は病気ではないんだなと解釈してしまい、話してしまった)

その後、両親や兄弟からは泣きながら説得されましたが、お互い熱くなり話ができないと半年間クールダウンの期間(この間専門書の購入やインターネットで色弱について調べもの等を行っていました)をとりました。

そして、5月から本腰を入れて結婚に向けて動きました。本からだけではなく、色弱について現状を把握するべく、色弱支援NPO団体や専門病院、実際に色弱だが仕事について頑張っている方等、話を聞いたりメールしたりと情報収集を行い実情の把握や、将来色弱を持った子を授かってしまったらどういった障害があるのかを懸命に把握しようと努力を続けました。

また、彼女側の両親にも結局どうするのか?と打診があったため、先週足を運び「彼女の将来を考え、幸せになるように努力する。別れるといった話も含めて彼女と一緒に話し合って検討するが、私自身は彼女と結婚して幸せにするつもりだ。そのための努力をこのようにしている。返事は6月末にするのでそれまで待って欲しい」と伝えました。
 彼女の親も「わかった。結婚はあんたたちで納得して決めた内容なら文句はない」といってくださいました。
 私にとっては、実家をとって別れるか、彼女をとって実家を捨てるかという重大な問題です。二人で話し合って納得する結論を出したいと考えていました。

私のほうでも、色弱について話を聞いているうちに、色弱は日常生活の上では問題ない。将来選択できる職業に多少制限はつくが、幸せになるのは本人なのだから、親はサポートしてやればよい。と思えるようになり、結婚への障害にはならないと結論付けるようになりました。

ところが先日彼女から電話が入り、「友達のお母さんから、彼女母へ、この結婚は不幸になるという話が合った。その話を聞いて、彼女も結婚して幸せになれそうもないと思うようになった。筆者が本当に彼女と結婚したいのか確証がもてない。今月末までにせめて結婚する気があるのか返事が欲しい」と電話がはいりました。また、「色弱を彼女父が持っているか正確な検査してないからわからない。私は色弱じゃないから色弱な子供はうまれないはずだ。筆者が色弱について調べるのは、筆者が筆者両親に説明するためだけの行動であり、彼女家にはなんら意味がない行為だ。本当に筆者は彼女と結婚したいのか?」と問いただされました。

私はショックを受けてしまいました。
以下、私が彼女に憤慨しながら言った内容の要約です。
1、先週ご挨拶に行ったときに、私は彼女と結婚するつもりだといったのに、聞いていなかったのか?
 そちらがいう結婚する意志とはなんなのか?これだけ調査等をしてるのも、我々の結婚後、ひいて  は子供たちのためではないのか。
2、父親が色弱なら、娘である彼女は確実に因子を持っていると説明したのに、それを理解していない のか?この半年、結婚するために彼女はいったい何をしてきたのか?(色弱問題以外含めて)
3、今更色弱ではないとはどういうことか?色弱でないなら検査をして結果を公表してほしい。もし色弱 でないなら初めからこんな問題は起きなかったのに今更何をいっているのか?
4、先週彼女実家で意思表明したのに、友達の母にいわれて結婚する気がなくなってしまうとは、そん なに私が信用できないのか?親が不安になって子も不安になる程度なのであれば、お見合いのほう がよい。

さらに、この日は風邪で寝込んでおり、熱は下がりつつあったのですが、前日に彼女から「お見舞いに行こうか?」と打診があり、「悪いから無理しなくていいけど、もし来てくれるとうれしい」と返信。その後お見舞いの話はなく、電話による上記の会話中に確認すると無言になりました。(忘れていたようである)

上記筆者質問にはほぼ無言であり、後日あやまりには来たのですが、「筆者以外の味方である母に言われて弱気になった」「言い過ぎた。ごめんなさい。」とだけで、その後どうしたいのか建設的な意見もなく、泣いて帰っていきました。

私としては、一度信じるといった彼女母親が友達の母だかに言われ、すぐ意見を変えてしまったことにも腹が立ちますが、何より私の唯一の絆であった彼女に、「結婚していいのかわからない」といわれるともうなす術がありません。これまでの気力や努力が水泡に帰してしまった気持ちです。

泣かれると悪いなと思ってしまうのですが、私はこれまで一家を相手に反対を押し切って交際し、結婚するための努力をしてきました。一方彼女はほぼ何もしておりません。(色弱の方とのお話の場は設けてもtらいましたが今回の件で流れました)。しかも友達の母というほぼ無関係な人に言われて結婚する気がなくなってしまったそうです。(別れるといわれてびっくりしたのか、今はまた結婚したいそうですが)


長文となりましたが、ここからが本題です。


私は彼女との結婚を辞めるべきでしょうか?
彼女がかわいそうというのであれば、そういう意見でも大歓迎です。

色弱を問題としない家族をもった彼氏を見つけたほうが彼女は幸せになれるのではないでしょうか?
それとも、お互い許しあって結婚に向けて努力を続けたほうがよいのでしょうか?



忌憚なき意見を頂ければと思います。

こちらの意見を参考に、週末彼女とまた話し合いたいと思います。

私自身少しまだ混乱しており、日本語になっているか心配です。
稚拙な長文を最後まで読んでいただきありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-22 20:03:05

QNo.7490313

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

既婚、二児の母です。

私は、あなたやあなたのご両親、ご兄弟の反応は、ごく普通だと感じました。

現実はシビアなものです。
自分の子供の結婚を前提とした恋人、その身内に、遺伝的な病気、あるいはその要因があるとなれば、不安に感じるのは当然。
きれいごとだけでは済まされないのが、結婚です。

誰だって、親ならば、無難な何の問題もない相手を子供の結婚相手には望むものです。
それは、結婚生活が、とてもシビアで大変なものだからこそです。
あらゆる可能性がある、1分先も分からない未来を共に家族として、相手の人生と命の全てを背負って、一生過ごしていかなくてはいけない・・・そうなれば、少なくとも、スタートくらいは、出来る限り不安要素のない状態で出発して欲しいと望むでしょう。

障害を持っている人を差別したり、見下したりしているわけでは決してありません。
自分だって、自分の子供だって、障害を持って生まれてくる可能性は十分あったわけですし、今後も、障害を持つ可能性はあるのですから。
妊娠、出産、育児を経験していると、命というものの強さやすばらしさと同時に、怖さも脆さも感じますから。

あなたと彼女のような状況でなくとも、結婚するときには、ありのままの結婚相手を、自分が理解して、受け止め続けていけるのか・・・という覚悟と責任をきちんと何度も何度も確認する必要があるのです。
親の問題や経済的な問題など、家庭によっていろいろあるでしょう。

あなたと彼女の場合、彼女の家系の遺伝的な病気、要因の問題があっただけの話です。

彼女と結婚しようと思うならば、あなたが、そのことについて正しい知識や考えを持ち、ありのままの彼女と彼女のご家族を受け止め、自分の全てをかけて背負っていこうというだけの強い覚悟と責任を持たなくてはいけません。

そのために、いろんな努力も必要でしょうし、いろんな衝突、罵りあい、傷つけあいだって必要です。

あなたは、自分のご両親、ご兄弟に対して、一生懸命向き合っておられるのですね。
自分たちの結婚を認めてもらうための努力、立派だと思います。

あなたのご両親が反対している以上、あなたが一番がんばらなくてはいけません。
ただ、彼女の問題でもあるのですから、彼女だって、あなたに寄り添って、あなたに支えられながら努力する必要があり、あなたのご両親、そして、自分の親と必死になって向き合っていかなくてはいけないはず。

相手に何かを求めてはいけない・・・とよく言われますが、自分の一生懸命な姿、必死の努力、強い気持ちを受け止めてくれない相手とは、結婚なんてできません。

夫婦だって、親子だって、見返りを求めるわけではないけれど、お互いの努力や気持ちを受け止めあって、お互いのために努力できているからこそ、成り立っているのだと思います。
本当に一方的な努力、一方的な気持ちだけでは、成り立ちません。
まして、血のつながりのない他人同士・・・お互いが努力しなくては・・・。

本当にお互いを必要とする関係で、しっかりとした絆を築き上げていける相手なら、結婚しても幸せになれます。
二人の努力で、あなたのご両親、ご兄弟を納得させられたなら、幸せな結婚生活を守っていく努力だってしていけるはず。

彼女と話し合って、また、彼女の態度、対応を見て、あなたが、「この女性となら、どんなことをしても幸せになりたい。この人しかいない。この人のためなら、どんなこともできる。」と思えるかどうか、確認してみてください。

誰が相手でも、あなたの努力と覚悟だけでは、幸せは訪れません。

投稿日時 - 2012-05-23 12:31:24

お礼

回答をいただきまして、ありがとうございました。
まず、お礼が遅くなりましたことをお詫びさせてください。

数ある回答の中で、最も的を射た意見ではないかと思い、熟読させていただきました故、遅くなってしまった次第でございます。

以下、感嘆した部分を抜粋させていただきました。


>あなたと彼女のような状況でなくとも、結婚するときには、ありのままの結婚相手を、自分が理解して、受け止め続けていけるのか・・・という覚悟と責任をきちんと何度も何度も確認する必要があるのです。
>彼女と結婚しようと思うならば、あなたが、そのことについて正しい知識や考えを持ち、ありのままの彼女と彼女のご家族を受け止め、自分の全てをかけて背負っていこうというだけの強い覚悟と責任を持たなくてはいけません。
>あなたのご両親が反対している以上、あなたが一番がんばらなくてはいけません。
ただ、彼女の問題でもあるのですから、彼女だって、あなたに寄り添って、あなたに支えられながら努力する必要があり、あなたのご両親、そして、自分の親と必死になって向き合っていかなくてはいけないはず。
>夫婦だって、親子だって、見返りを求めるわけではないけれど、お互いの努力や気持ちを受け止めあって、お互いのために努力できているからこそ、成り立っているのだと思います。
本当に一方的な努力、一方的な気持ちだけでは、成り立ちません。
まして、血のつながりのない他人同士・・・お互いが努力しなくては・・・。
>彼女と話し合って、また、彼女の態度、対応を見て、あなたが、「この女性となら、どんなことをしても幸せになりたい。この人しかいない。この人のためなら、どんなこともできる。」と思えるかどうか、確認してみてください。

誰が相手でも、あなたの努力と覚悟だけでは、幸せは訪れません。

●思わず唸ってしまいました。こういった質問の場合、どちらかサイドに立った意見が多数となるものですが、客観的で的を得た意見だなと感動しております。自分たちに足りないものはなんだったのかを具体的に指し示していただき、週末に話し合言うべき論点もはっきりと見えてきたように感じます。
本当にありがとうございます。

幸せになるために、覚悟があるのか。
週末、話し合ってきたいと思います。

またアドバイス等ありましたら、ぜひともよろしくお願いしたいです。

回答者様、そして回答者様へのますますのご健勝を願っております。

投稿日時 - 2012-05-25 01:20:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(27)

ANo.27

質問とはかなりずれた単なる感想なのですが。

質問文とかを読んでいると、質問者様は彼女に「お前は子供を作るべきじゃない女だ」と遠まわしに言っているような気がしてなりません。
もし彼女がそう感じているのなら、そんなことを言ってくる男性は自分の事を諦めているのではないかと疑うでしょうし、それなのに相手から本気で結婚したいと思っていると言われれば混乱するでしょう。
そこに理由を求めれば、質問者様が腹を立てている一連の彼女の言動も説明できるような気がします。

これが私の邪推なら良いのですが、彼女が本当にそう思っているのなら、質問者様自身が彼女を「こんないやな遺伝子を引き継いでしまい、自殺したい」と考える方向に追い詰めてしまっている可能性があります。
もし質問者様に思い当たることがあり、今後も彼女と何らかの形で人間関係を続けていきたいのなら、一度謝っておいた方が良いと思います。

将来生まれてくるかもしれない子供を理由に、現在生きている彼女の人格を否定するような人間にはならないでください。

最初から最後まで私の感想で終始してしまってすみません。

投稿日時 - 2012-05-25 14:28:53

お礼

回答ありがとうございます。

頂いた意見を参考に明日話し合ってまいります。

投稿日時 - 2012-05-25 23:11:52

ANo.26

私が申し上げたいことは他の回答者の皆様がほぼ回答してくださっているので、あらためては書きません。
ですが、少し視点を変えて私の考えを書いてみたいと思います。

私は建築を生業にしております。質問者様はいろいろ調べていらっしゃるようですから、色弱についての知識はお持ちでしょう。
なぜ、皆さんが「色弱はそんなに気にすることではない」とおっしゃるのかということです。
一般生活に支障がないというのはご理解いただけていますよね。

色弱といえどその色の見え方は様々です。個人差があります。
消火器の赤が、私たち一般色覚の人間に見えるような赤には見えない。
東京タワーの赤がオレンジ色に見える。
濃い緑と赤の区別がつかない。

とかですね。でもそれって一般色覚にも物の見易さの程度があると思いませんか。
白地に黄色の文字が書かれていてそれを遠目で見るとすごく読みにくかったり。
それを防ぐためにたいていは文字に縁取りをしたり、色を変えたりします。

公共の建築物の文字やサインをよく見てみるとなるほどな、と思うことも多いです。
明度を変えたり、枠で囲んだり、その色自体にも色弱の方のための配慮がされている場合が多いです。
これをカラーユニバーサルデザインといいます。

色弱とは異常なわけではありません。一般大多数の人間が持つ遺伝子と少し違うだけ。
個性といってもいいでしょう。
悲しいかな人間は少数派に対する配慮というのが欠けがちです。色の表示も一般大多数の人の見え方に沿った選択がなされてきました。でも今は違います。
色弱への認知、対策、研究もされています。

職業選択についてはほかの回答者の方がおっしゃってくださっていることにほぼ同意します。
その人の個性によってできることもできないこともあります。
できないことに対しての考え方も人それぞれです。
色弱で死にたいなどという人はそれ相応の環境で育ってきたということです。

いろいろ述べさせていただきましたが、結局は質問者様や質問者様のご家族と彼女さんとの価値観の違い、に尽きると思います。
彼女さんもその家族も色弱なんて気にしない。障害だとも思っていないでしょう。
対して質問者様は理由がないと一緒になろうと考えられない。
質問者様のご家族は…いうまでもなく差別者です。

男女が生活を共にしようとするとき、価値観の違いはその後の結婚生活にも大きく響きます。
結婚はお勧めしません。彼女さんの幸せのために。

投稿日時 - 2012-05-25 09:59:49

お礼

回答ありがとうございます。

貴重な意見を頂きました。

私の意見は前述のとおりなので割愛させていただきます。

皆様の意見を参考に、明日話し合ってまいります。

投稿日時 - 2012-05-25 23:17:12

ANo.25

回答になっていないかもしれませんが。
私、もしかしたら癌になるかもしれません。心臓の病気、脳の病気になるかもしれません。
父方母方の祖父母が上記の病気を患い、結果亡くなりました。

私もそれらを患う可能性があります。
現に検査で引っ掛かっています。

質問者さまのお相手は命に関わる遺伝子をお持ちですか?
色弱ってそんなに拘らないといけない要素ですか?

質問者さまのお話では、私はこの先結婚も子供も無理ですね。


私の相手が貴方でなくて良かった。

投稿日時 - 2012-05-25 09:18:35

お礼

回答ありがとうございます。
貴重な意見を頂き助かります。

>色弱ってそんなに拘らないといけない要素ですか?
命にかかわらないから問題ないとは思えません。


>質問者さまのお話では、私はこの先結婚も子供も無理ですね。
 そうご自分は判断していらっしゃるのでしょうか?それで納得しているならそうなのでしょう。私なら自分のリスク、治療法等勉強し、これからの人生を有意義に過ごせるように努力します。

私としては、回答者様に素敵なパートナーが見つかることを願っております。

投稿日時 - 2012-05-25 23:25:11

ANo.24

No16です。お返事有難うございます。

ここ一連のやり取りを読ませて頂いても、要するに、「全てをなげうって結婚するに値する女性なんだろうかという疑念」、「私は守りたいと思っているのに、向こうは思ってないのではないか」がポイントなのだと思います。

で、どこからこういう気持ちが発生したかと言えば、「俺は2人の為、ひいては2人の将来の子供の為に努力した。が、彼女は何もしておらず、他人からのちょっとした言葉で簡単に流され不安になる。これが俺の苦悩と努力に対する返事か?」という悲しさと憤りなのだと思います。

ですが、まずこの【2人の為に努力した】と思っているのが相談者さんだけだということ。
彼女側にしてみれば問題がないのだから解決方法も要らない。【彼(とその親)がそれを問題だと思うなら、落としどころが見つかるまで、彼なりに納得できるようになるまで、耐えて待とう】
彼女が何をした?と思ってらっしゃるかも知れませんが、自分に非がないことで責められ、ただ「待つ」って、それはそれで努力だと思います。半年の間距離を置いていたわけですから、ネガティブな考えに支配される時だってあった筈。調べる事や、多少は前向きな勢いのある貴方と違い、ただひたすら「待つ」側にとって、暇な時間は不安との戦いです。

思うに、どのカップルでも、どんな人間関係にも登場する、この「自分の方が頑張ってる、苦労してる、尽くしてる」という感覚は、最高の「関係破壊ツール」なんですよね。
自分が一杯一杯な時、ただ受け入れて欲しいだけなのに、こういう時に限って、相手の受け皿も一杯一杯になっていて、それが簡単にはいかない。
「家族に泣きながら反対されても、私と一緒に進む道を探し続ける姿を見て、やっぱり貴方しかいないって思えたよ」とか、「お前に何の責任もない事で、不安にさせてゴメンな。俺の納得がいくまで時間をくれて有難う」とか、お互いに一言言い合えたら、わだかまりも消えてなくなるんじゃないか・・・と思いました。

投稿日時 - 2012-05-25 09:09:08

お礼

重ね重ね貴重なご意見、ありがとうございます。

>、「全てをなげうって結婚するに値する女性なんだろうかという疑念」、「私は守りたいと思っているのに、向こうは思ってないのではないか」がポイントなのだと思います。
●まさにここが今回の肝だと思います。

>半年の間距離を置いていたわけですから
●ここは違います。半年間距離を置いいましたのは、私と私の家族です。
彼女とは普通に交際しておりました。
 とはいえ、待つことも努力のうちという回答者様の意見はなるほどと思います。

>「自分の方が頑張ってる、苦労してる、尽くしてる」という感覚は、最高の「関係破壊ツール」なんですよね。
●なるほど。たしかにそうかもしれません。

>「家族に泣きながら反対されても、私と一緒に進む道を探し続ける姿を見て、やっぱり貴方しかいないって思えたよ」とか、「お前に何の責任もない事で、不安にさせてゴメンな。俺の納得がいくまで時間をくれて有難う」
●こうお互い考えられれば素敵だなと思います。

大変参考になる意見を頂きました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-05-25 23:36:40

ANo.23

すみません。
はじめにお断り申し上げますが、辛口側のコメントです。
また、私の感想はこれまでの文面を読んでのものです。
それは違う、誤解だ、といったことがあるかもしれませんが、
その点はご容赦ください。

結婚の障害がご自身ではなく、ご両親やご家族からの圧力。
いくら調べて、懸命に説得しても
理屈だけではどうにもならない、行き場のない苛立ち。
質問者さんを非難するようなことを言うのは心苦しいのですが、
少しでも冷静に考えるきっかけになればと思い、
あえて申し上げます。

おっしゃっているのを拝見してまず思ったのですが、
半年の冷却期間ってなんだったのですか?
自分の結婚の意思は変わることはない、
ただ、何とか家族を説得したいから1ヶ月待ってくれ
ならわかりますが、
半年って?単に問題を先送りにしているようにしか見えません。

もう一つ違和感を感じたのは、
立ち位置がご自身からのことばかりで、
いま一つ彼女側の視点での発言が見えないことです。

最も当惑しているのは彼女です。
これまで気に留めたこともなく、
全く自分の責任ではないことに突然クレームを付けられ、
目前に迫っていたはずの結婚が半年も宙ぶらりん。
婚約者は、わかったところでどうすることもできないことを
なんだか重大事のように捉えて動き回っているけど
そんなのは結婚してからじゃだめなの?
それとも結果如何では、婚約破棄も考えているの?
不安が芽生えてきても当然かと思います。

質問者さんは、調査やご家族の説得で大変なのはわかります。
でも彼女にしてみてば、「色弱は日常生活の上では問題ない。」
そんなのは調べるまでもなくわかっていること。
それを自分ではどうすることもできず待っているのって、
気持ちの上ではもっと大変なんじゃないでしょうか?
これで前向きに結婚の準備をする気持ちになれるでしょうか?

彼女のご両親の気持ちも複雑です。
大切な娘のことに加え、
実質お父様を差別するような思われ方。
相当苛立っていても不思議はありません。
そんな状態で半年も時間だけが過ぎれば、
友達の母親のちょっとした言葉でも
娘は幸せになれるのか?
不安が膨らむのも当然かと思います。
普通の母娘は、女同士で相当話をしています。
母の不安が娘に移るのもやはり当然でしょう。

もし私が彼女の父親の立場なら、とっくにぶち切れています。
娘の子作りで不安だから検査、ならまだわかります。
思い込みだけの差別のために、検査なんてありえません。

そもそも、半年もいろいろ調べてから結婚を判断するって、
なんだか順番が違うような気がします。

そろそろいい年だからお見合いでもして、
・・・遺伝因子が発覚でちょっとまった、ならまだわかります。
でも、お二人は3年も付き合っていたんですよね?
形式(結婚式)や法律(婚姻届)はまだでも、
結婚しようって二人で決めたときに
気持ちの上では夫婦ではないんですか?

色弱の調査なんて、結婚してからでもよかったはず。
彼女にとっては、結果がどうであれどうすることもできない問題です。
(結局質問者さんのご家族の説得には役立ってないですし)
万一重大な問題だとわかっても、子どもを作らなければいいだけのことです。
妻の因子で子どもがもてないことがわかったら、即離婚もありえる。
なんだかそれと同じことを言っているように思えてしまいます。

質問者さんは、きっと真面目な方なんでしょうね。
何事もきちんと調べて、しっかりと準備をしてから始める。
これは決して悪いことではないです。(むしろほめられるべき事)
ただ、どちらにしてもやらなきゃいけないことは、
走り出してから考えるのもありです。
今回は、真面目さが裏目に出てしまったような気がします。

>色弱を問題としない家族をもった彼氏を見つけたほうが
>彼女は幸せになれるのではないでしょうか?
これは質問者さんの覚悟が全てだと思います。

彼女とご両親には、土下座をしてでも結婚を願う。
質問者さんのご家族に理解してもらえないなら、
無視をしてでも事を進める。
しばらくはご家族と疎遠になるのもやむなし。
そのくらいのお気持ちがなければ無理でしょう。

親は子どもの事が何よりも気になります。
そのあまり、冷静な思考ができなくなることすらあります。
それはどちらのご両親にも言えることです。
質問者さんのご両親は、多少思い込みの激しいところはありますが、
とんでもなく理不尽なわけではありません。
今回はたまたま彼女と相性が悪かったというだけです。

部外者として無責任なことを言わせていただきますが、
これを運がなかったと思ってあきらめるのか、
それとも強い意志で新たな運を切り開くのか、
ご自身でお決めになるしかないと思います。

最後に蛇足ながらもう一つ。
もし、質問者さんの気持ちのどこかに、
彼女に貸しを作ったという思いがあるとしたら、
結婚には賛成できません。
いずれ歪が出てくることになるかもしれません。

失礼な物言い、申し訳ありませんでしたが、
一部でも参考になるようでしたら、ご容赦ください。

投稿日時 - 2012-05-25 00:36:11

お礼

回答ありがとうございます。

回答を拝見致しまして、個人的に重要だと思った部分を抜粋して意見を述べたいと思います。

>彼女とご両親には、土下座をしてでも結婚を願う。
質問者さんのご家族に理解してもらえないなら、
無視をしてでも事を進める。
しばらくはご家族と疎遠になるのもやむなし。
そのくらいのお気持ちがなければ無理でしょう。
●その通りだと思います。

>部外者として無責任なことを言わせていただきますが、
これを運がなかったと思ってあきらめるのか、
それとも強い意志で新たな運を切り開くのか、
ご自身でお決めになるしかないと思います。
●いえいえ、こういった場での意見を鵜呑みにして判断することこそが無責任と考えます。それよりも、自分で判断しろと言って頂けるほうが助かります。

>最後に蛇足ながらもう一つ。
もし、質問者さんの気持ちのどこかに、
彼女に貸しを作ったという思いがあるとしたら、
結婚には賛成できません。
いずれ歪が出てくることになるかもしれません。
●貸しを作ったという思いは全くもってありません。

貴重な意見ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-05-25 23:45:06

ANo.22

結婚しない方がいいよ。

色弱ごときで騒いで、あなたの親は彼女と決定的な亀裂が入る態度をとり、この先うまくいくはずがない。
彼女とあなたの親の溝は一生埋まらないよ。

不妊で子供ができないかもしれないし、できた子供が染色体異常の障害、生まれてきたら病気があったなど色弱よりもはるかに大変な事態はいくらでも起こり得る。

あなたにそういうことを受け止めて、どんな困難・障害があっても彼女を守って愛する覚悟があるのですか?

私はアトピーですがアトピーも遺伝します。
それを夫が結婚前にごちゃごちゃ心配したり夫の親に遺伝したら大変だ!と騒がれたら結婚はしません。
(色弱よりも日常生活大変ですが)

夫はどんな病気でも俺は受け入れるよ、大丈夫!と初めから言ってくれましたよ。

黙って冷静に病気のことを調べて頭に入れるぐらいはしたらいいけれども、騒いだり彼女を責めたり・・・男として情けないです。結婚するには早すぎます。あなたの親は彼女一家に対して大変失礼であり、喧嘩を売っているのだからこれから親戚づきあい大変ですよ。

投稿日時 - 2012-05-24 14:30:28

お礼

回答ありがとうございます。
失礼な言動になりましたら、申し訳ありません。


>色弱ごとき
●こう判断されます、回答者様の判断基準を詳しく説明願えないでしょうか。
回答者様の即決されるその判断基準が、これからこういったケースを迎える可能性がある、我々のような立場の人たちの天啓となるかもしれません。
私も大いに期待します。
ぜひご回答を頂きたと思います。
よろしくお願いします。

>彼女とあなたの親の溝は一生埋まらないよ。
●そうかもしれません

>不妊で子供ができないかもしれないし、できた子供が染色体異常の障害、生まれてきたら病気があったなど色弱よりもはるかに大変な事態はいくらでも起こり得る。
●その通りですが、色弱ですと回答者様のおっしゃる上記内容にさらに色弱といった問題が加わります。すでに高確率で出ると分かっている障害はさけるというのが普通ではないのか?というのが親の意見なのですがどう思いますでしょうか?


>あなたにそういうことを受け止めて、どんな困難・障害があっても彼女を守って愛する覚悟があるのですか?
●結局はお互いがこう思えないと結婚してもだめでしょうね。

>私はアトピーですがアトピーも遺伝します。
それを夫が結婚前にごちゃごちゃ心配したり夫の親に遺伝したら大変だ!と騒がれたら結婚はしません。
(色弱よりも日常生活大変ですが)

夫はどんな病気でも俺は受け入れるよ、大丈夫!と初めから言ってくれましたよ。
●お子さんに遺伝した場合という心配はなかったのでしょうか?
 旦那様の大丈夫という根拠はなんなのでしょうか?

>黙って冷静に病気のことを調べて頭に入れるぐらいはしたらいいけれども、騒いだり彼女を責めたり・・・男として情けないです。結婚するには早すぎます。
●そうなのでしょうか

>あなたの親は彼女一家に対して大変失礼であり、喧嘩を売っているのだからこれから親戚づきあい大変ですよ。
●向こうの親からすればそうかもしれません。ただし、こちらの親から言わせれば詐欺に値するとのことです。(前もって言ってくれればとはよくいわれます)

大変参考になりました
しかし、どうか色弱ごときといっていただいたその根拠を、ご教授いただきたと思います。

よろしくお願いしたいと思います。

投稿日時 - 2012-05-24 23:09:23

ANo.21

あなたが突っ走りすぎ、に1票かなあ…

もちろん大事な問題とは思います
でも、たとえばですが(たとえばですよ)子を持たない選択をすれば問題ない話ですよね?
彼女自身に「今」「現実に」具体的な問題はないのだから

たとえばですが(たとえばですよ)あなた自身の不妊検査はお済みですか?

あなたは自分の体や目の前の彼女を無視して、いもしない子供やその子孫のことまで心配しているけど、
とうの子孫は、あなたの心配など余計なお世話と思うかもしれません
たった2世代上の祖父・祖母のアドバイスですら、孫にとってはありがた迷惑だったりしますね

>私は怖い。
>だから自分が納得するまで調べたい。

でしたら、正直にそれでいいと思います
お見舞いだってそうですよ、きてくれたら嬉しい、などもったいぶらず
お願い!きて!って男泣きすればいい

彼女のほうは(彼女も親も)「気にしない」という結論というか
はじめからそういうスタンスなのだから
(見てればわかりますよね。話のついでにちょろっと出てくるくらいですから)
それを「気にするべきだ」というのはあなたの押しつけですよ
先方は、ある意味、障害をもったことで、障害に対処するスキルをすでに会得してるんです
あなたは今、勉強でそれをカバーしている段階でしょう
立派なことだと思います
私は、ぜひ、ご両親にできなかった(現時点では…)ことを成し遂げてほしい!と思いますよ

投稿日時 - 2012-05-24 14:10:18

お礼

回答ありがとうございます。
失礼な物言いになってしまった場合、お詫びいたします。

>あなたが突っ走りすぎ、に1票かなあ…
●ありがとうございます。参考になります。

>もちろん大事な問題とは思います
でも、たとえばですが(たとえばですよ)子を持たない選択をすれば問題ない話ですよね?
●それも一つの考えでしょうね。なるほど

>彼女自身に「今」「現実に」具体的な問題はないのだから

たとえばですが(たとえばですよ)あなた自身の不妊検査はお済みですか?

●確かに。私は不妊検査をしておりません。
補足しておきたいのですが、私自身は色弱が問題とはならないと結論付けました。親へも、色弱を問題とするならば、私の一族は結婚する際にすべての遺伝子疾患は持っていないことを証明していかねばならぬのか?と発言しました。ただ、親にはそれは極論だと一蹴され、平行線をたどりましたが。

>あなたは自分の体や目の前の彼女を無視して、いもしない子供やその子孫のことまで心配しているけど、
とうの子孫は、あなたの心配など余計なお世話と思うかもしれません
たった2世代上の祖父・祖母のアドバイスですら、孫にとってはありがた迷惑だったりしますね
●その一方で親の言うことが年をとると「なるほど」と思ったということはないでしょうか?どっちにしろ、自分で判断したことであれば、その発言に責任を持てます。自分の判断を後悔しないために根拠が欲しいんですね。
加えて、親のせいにしたくないという気持ちがあります。親の言うとおりにわかれてお見合いしたのに、幸せになれなかった!ということにはしたくないのです。

>でしたら、正直にそれでいいと思います
お見舞いだってそうですよ、きてくれたら嬉しい、などもったいぶらず
お願い!きて!って男泣きすればいい
●確かにそうかもしれません。言わなければ伝わらないこともありますもんね。

>彼女のほうは(彼女も親も)「気にしない」という結論というか
はじめからそういうスタンスなのだから
(見てればわかりますよね。話のついでにちょろっと出てくるくらいですから)
それを「気にするべきだ」というのはあなたの押しつけですよ
●そうかもしれません。ただ、私にはそれが(風邪のこととか重なった挙句)結婚への決意が足りないように見えてしまったのかもしれませんね。

ありがとうございます!
とても参考になりました。
彼女の気持ちをあまり聞けてなかったなと反省する部分もありますので、皆さんの意見を参考に、週末話してきたいと思います。



>私は怖い。
>だから自分が納得するまで調べたい。

でしたら、正直にそれでいいと思います
お見舞いだってそうですよ、きてくれたら嬉しい、などもったいぶらず
お願い!きて!って男泣きすればいい

彼女のほうは(彼女も親も)「気にしない」という結論というか
はじめからそういうスタンスなのだから
(見てればわかりますよね。話のついでにちょろっと出てくるくらいですから)
それを「気にするべきだ」というのはあなたの押しつけですよ
先方は、ある意味、障害をもったことで、障害に対処するスキルをすでに会得してるんです
あなたは今、勉強でそれをカバーしている段階でしょう
立派なことだと思います
私は、ぜひ、ご両親にできなかった(現時点では…)ことを成し遂げてほしい!と思いますよ

投稿日時 - 2012-05-24 23:23:33

ANo.20

 既に、ウィキなどで色覚異常についてお調べになっていると思われますが、
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2%E8%A6%9A%E7%95%B0%E5%B8%B8

 男性22人に対して一人の割合で色覚異常がいるとされております。
 労働安全法には新規採用社員は色覚検査を受ける必要があった。2001年からこの規定は廃止された。

 とありますように、色覚異常については小学校などでも検査が無くなり、遺伝病として深く考えなければならないことが減りました。
 返って、遺伝ではないけれども、母子感染の確立が高い、B型肝炎などのほうがその後の生活に不具合を生じます。
 
>両親に言わせると色弱の人は色弱の人ないし、色弱を気にしない人と結婚すべきだ。

 この言葉が、ご両親の本心でしょう。
 だれもが、自分の子供にはより完璧な人を求めます。結婚費用を親御さんが負担するような話からも、質問者さまは、お若いのではないでしょうか?
 まだまだ、他の出会いがあると思うからこその発言だと思います。
 貴方が、50代だった場合は、ご両親も「お前が良いなら・・」と妥協するかもしれませんね。

>友達のお母さんから、彼女母へ、この結婚は不幸になるという話が合った。

 私も、相談されれば、結婚には賛成しないと思います。
 最初から、質問者さまの両親には彼女を受け入れる気持ちが無いからです。

 我が家の主人も、何か物事があれば、石橋を叩いて渡る・・ともすれば、叩いて壊してしまうのでは?と思えるぐらいできる限り状況を調べ判断するタイプです。
 正直言って、私は、いろいろ判断の根拠を並べて欲しいのではなく、「大丈夫だよ。心配するな」と何度でも耳にタコができるぐらい言って欲しいだけではないでしょうか。

 「頭では理解しているけれど、感情ではついていけない」っていう感じかな。

>その後どうしたいのか建設的な意見もなく、泣いて帰っていきました。

 感情がついていっていないのですから、建設的な意見を求められても、無理です。
 上手く表現できないのですが、「感情だけで、なんの根拠もなく行動ができてしまう」というのでしょうか。

 赤ん坊が、泣いている時、主人はなぜ泣いているのか原因(オムツ?お腹が空いた?など)を探しますけれど、私はまずは、泣いているのだから、お母さんはここにいますよ~~とまずは抱き上げます。

>これだけ調査等をしてるのも、我々の結婚後、ひいては子供たちのためではないのか。

 自分を含めて、彼女側の家族は、色弱が忌み嫌われることとは思っていないので、貴方が細かく調べているのを聞けば聞くほど、貴方が結婚を迷っていると感じるのではないのでしょうか。

>しかも友達の母というほぼ無関係な人に言われて結婚する気がなくなってしまったそうです。

 第三者の意見を聞いたら、迷っちゃった・・っていうことなんでしょうね。

 さて、私は貴方のご質問に対して、答えやすいところ、気になったところから引用しました。
 ランダムで、きっと、順番に回答しろよ・・って思っているかもしれません。
 やっぱり、性格なんでしょうか、気持ちが動いたところから回答してしまうのです。

 貴方のご両親の差別的発言は、けして良いことではありません。
 しかしながら、一度受け入れた時は、できる限りの協力・援助をするタイプのように感じます。
 責任感が強い分だけ、なんでもかんでも深く考えずに承諾できないのでしょう。

 ものの考え方、行動は育ってきた環境が大きいと思います。
 今週末に彼女とお話をするとのこと、結婚すれば、これからも同じようにいろいろな問題が出てくると思います。今回の問題への対処の仕方がこれからも続くと思ったほうが良いかもしれません。
 どちらが、全面的に我慢するような形での決着は無いことを祈ります。
 
>「悪いから無理しなくていいけど、もし来てくれるとうれしい」と返信。

 このように返信がきたら、私だったら、きっと行かないです。
 来ないより来たほうが良いぐらいのニュアンスに感じますから。

 どちらにしても、結婚に不安があるのであればしない方が良いです。
 それに、簡単に親と絶縁するっていうのもね。
 親と距離を置きながら、親の気持ちが変わるのを待つとか、白黒つけるのではなくて、玉虫色の決着も時によっては必要だと思います。
 
 お父様が色弱なのは、彼女の責任ではないし、一昔前と違って社会的にも問題ではないと思うけど、結婚はお遊びではないのだから、彼女にも貴方みたいに親と絶縁しても良い!と言えるぐらいの強い気持ちを示して欲しいなって思ってみたりします。
 

 
 

投稿日時 - 2012-05-24 11:47:06

お礼

回答ありがとうございます。
私の稚拙な文に対する、あたたかい回答、感謝の念を禁じえません。

特に、回答者様の、何を思ってそう書いたのかがわかる素晴らしい文章であったと思います。
また、わたしの不安と思っている部分を的確につかんでくださり助かります。
ありがとうございます。

以下、私が思った感想です。

>男性22人に対して一人の割合で色覚異常がいるとされております。
 労働安全法には新規採用社員は色覚検査を受ける必要があった。2001年からこの規定は廃止された。

 とありますように、色覚異常については小学校などでも検査が無くなり、遺伝病として深く考えなければならないことが減りました。
●そのとおりです。しかし、その一方で自分が色弱だと認識できる場がなくなってしまい、就活の時に困るという意見がありました。

>返って、遺伝ではないけれども、母子感染の確立が高い、B型肝炎などのほうがその後の生活に不具合を生じます。
●それは知りませんでした。後日調べてみたいと思います。
 
>この言葉が、ご両親の本心でしょう。
 だれもが、自分の子供にはより完璧な人を求めます。結婚費用を親御さんが負担するような話からも、質問者さまは、お若いのではないでしょうか?
 まだまだ、他の出会いがあると思うからこその発言だと思います。
 貴方が、50代だった場合は、ご両親も「お前が良いなら・・」と妥協するかもしれませんね。
●確かに。まだ20代です。そのとおりかもしれません。

>私も、相談されれば、結婚には賛成しないと思います。
 最初から、質問者さまの両親には彼女を受け入れる気持ちが無いからです。
●確かにそのとおりですね。

>正直言って、私は、いろいろ判断の根拠を並べて欲しいのではなく、「大丈夫だよ。心配するな」と何度でも耳にタコができるぐらい言って欲しいだけではないでしょうか。

 「頭では理解しているけれど、感情ではついていけない」っていう感じかな。
●そうなんでしょうね。私は理系だったこともあると思うのですが、根拠を大事にします。結果、「根拠はこうだ。だから大丈夫だよ、心配するな。」と考えないと、無責任な気がしてしまうのです。

>感情がついていっていないのですから、建設的な意見を求められても、無理です。
 上手く表現できないのですが、「感情だけで、なんの根拠もなく行動ができてしまう」というのでしょうか。

 赤ん坊が、泣いている時、主人はなぜ泣いているのか原因(オムツ?お腹が空いた?など)を探しますけれど、私はまずは、泣いているのだから、お母さんはここにいますよ~~とまずは抱き上げます。
●なるほど。男女の考え方の差というか。理系と文系の違いというか。価値観が異なる部分をどう折衷するかというのが結婚なんでしょうね。

>自分を含めて、彼女側の家族は、色弱が忌み嫌われることとは思っていないので、貴方が細かく調べているのを聞けば聞くほど、貴方が結婚を迷っていると感じるのではないのでしょうか。
●そうかもしれません。ただ、私が親と話し合った時に、「どんな障害がでるかしらないで、それで結婚したいというのは、子供に、子孫にとって無責任だろう」といわれたため、親をせっとくしたいがために勉強してきましたので、後悔はありません。

>第三者の意見を聞いたら、迷っちゃった・・っていうことなんでしょうね。
●確かに迷うことは悪いことではありませんし、責めることではなかったですね。
 


>どちらにしても、結婚に不安があるのであればしない方が良いです。
 それに、簡単に親と絶縁するっていうのもね。
 親と距離を置きながら、親の気持ちが変わるのを待つとか、白黒つけるのではなくて、玉虫色の決着も時によっては必要だと思います。
●玉虫色の決着ですか。考えもしなかったです。目からうろこの気分です。
ありがとうございます。

>お父様が色弱なのは、彼女の責任ではないし、一昔前と違って社会的にも問題ではないと思うけど、結婚はお遊びではないのだから、彼女にも貴方みたいに親と絶縁しても良い!と言えるぐらいの強い気持ちを示して欲しいなって思ってみたりします。
●そうなんです。彼女にそんな気持ちを見せてほしいなと思ってしまいます。


ありがとうございます。
玉虫色の答えも年頭に入れ、週末話し合ってきますね! 

投稿日時 - 2012-05-24 23:46:03

ANo.19

再々。

ちょっと皆さんの回答を、よく考えながら、読み返してみてください。
私に、箇条書きで質問されていますが、その答えはもう充分過ぎるほど、皆さんの真剣な回答の中にあります。
それを読み取れない人に、どんな答え方をしたらいいか、私ももうわかりません。

>他の方は何とも思ってないようで、逆に驚きを禁じえません。
>子供の人生とは、そんなに軽いのでしょうか?
こんな答えを拝見しますとね。
どんなに一生懸命考えて答えても、結局分からない人は分からない。
ただの無駄かな・・・そう思うのは、私だけでしょうか?

>初めからリスクが分かっているのであれば避けるのが普通だと思います。
約290万の人達の親も、その親たちも、みなさん避けるべきことを避けて来なかったと言うことですね。
もちろん、彼女の父親も、その親も入りますね。
つまりは、普通に避けなかったから、彼女はこの世に産まれてしまった、ということでしょうか?

それに、あなたが悩んでして来たことはね。
結局は、君との子どもを持つのは不安だ、と言ってきたのと同じです。
そんな相手との子どもは、普通の女性なら、とても産む勇気は持てないです。
そんな不幸な結婚を、彼女に勧める人はいないでしょう。


まあご両親も、そんなに重大に扱う人たちでなかったら、あなたもあまり深く考え込まずに結婚できたでしょう。
産まれて来た子どもが色弱だったとしても、前向きに考えて行けたでしょう。
多少のハンディを、もっと現実的に受け入れられて、不幸なこととは捉えなかったでしょう。
多くの色弱の人が、幸せに生きているようにね。
そういう面では、私もあなたに、同情する気持ちはありますが。

最後に私の両親場合。
父と母は、お見合い結婚です。
色弱の人が世の中に何割かいるのは、ごく当たり前のことなのでね。
それで結婚するかしないかということは、本人も周囲も、全く考えもしなかったようです。
母は、そんな子どもが出来る可能性は承知で、娘を三人産みました。
でも三人とも遺伝が出なかったので、多分孫には出るだろうと言っていました。
そのうち二人は結婚しました。
両親も私達も、子どもに対する考えが軽かったのでしょうか?

投稿日時 - 2012-05-24 10:56:30

お礼

何度も回答を頂きありがとうございます。

>ちょっと皆さんの回答を、よく考えながら、読み返してみてください。
私に、箇条書きで質問されていますが、その答えはもう充分過ぎるほど、皆さんの真剣な回答の中にあります。
それを読み取れない人に、どんな答え方をしたらいいか、私ももうわかりません。
●私は、今回の質問で何も多数決で決めようとはしていません。統計学的に見ても、多数決で決めるには数も、意見を聞く場所としてもここはふさわしくないでしょう。
私はhime14様のご意見が頂きたいのです。みんなが言ってるであろう部分は貴重なご意見として重々承っております。hime14様のお考えがどういう経緯で導かれ、皆様と同じになったのかが重要であると私は考えています。

>どんなに一生懸命考えて答えても、結局分からない人は分からない。
ただの無駄かな・・・そう思うのは、私だけでしょうか?
●ただの無駄とは思いません。回答は出ないのかもしれませんが私は納得できました。

>約290万の人達の親も、その親たちも、みなさん避けるべきことを避けて来なかったと言うことですね。
もちろん、彼女の父親も、その親も入りますね。
つまりは、普通に避けなかったから、彼女はこの世に産まれてしまった、ということでしょうか?
●そういう見方もあるでしょう。
他にも色弱であるという部分を上回る良いファクターあったのかもしれません。
ただ、その中には悩んでいる人もいるということを考えねばなりません。
色弱を持って子供を作るのは親のエゴだという文を拝見したことがあります。その方はパイロットを目指してもなれないことを悩んでおりました。

>それに、あなたが悩んでして来たことはね。
結局は、君との子どもを持つのは不安だ、と言ってきたのと同じです。
そんな相手との子どもは、普通の女性なら、とても産む勇気は持てないです。
そんな不幸な結婚を、彼女に勧める人はいないでしょう。
●不安でないはずがないです。何しろ私は色弱ではありませんから。
結果勉強の末、私は色弱は問題ではないと結論を得るに至りました。

>両親も私達も、子どもに対する考えが軽かったのでしょうか?
●回答者様がおいくつかわかりかねますが、私の父と母(大体60前後)が学生だった時代、色弱への偏見はそれはそれはひどいものだったと聞いております。そういった話を聞いていますので、回答者様の発言した内容は驚きを禁じえません。私としてはお子さんに意見を聞いてみたいですね。

どうもありがとうございました。
参考になりました。

投稿日時 - 2012-05-25 00:10:34

ANo.18

こんにちは。40代既婚女性です。

私は色弱に対する知識はなく、
他の方の回答のなかの
お身内が色弱だという内容を拝見していて感じたのですが、
これは障がいというものではなくて、
髪の色や肌の色、
手足が長いとか、骨格の差、身長の高低とか
そういうものと大差ないのでは?
そういう認識になりました。


色弱の方はつける職業に制限があるとのことですが。

あなた様のご実家は代々、職業軍人の家系?
絵画とか染物などの職人で
店を継ぐ家とかですか?

皆が皆希望の仕事に就けるのではない。
そうでしょう。
つきたい仕事に必ずつけるとは限らない。
サッカー選手になりたくても、体格が、体力が、能力が・・・
私なんか、身長が低く(155)
手足が短いお尻のデカイ昭和の女ですので、
モデルになりたくてもなれない。
洋服の袖もいつも長くて、たくしあげてます。
Gパンは沢山裾の布を切ります。股下短い!
(あ、顔かたちは子供の頃から美少女で通っていましたよ!てへ!)
「これだけ美人なのだから、もうちょっと背が高く、
手足がすらっとしていたら、モデルになれたのに。」と
まさに「親の遺伝子」を恨みますよ。(笑)
親には「次に産む時は、顔は不細工でいいから
手足を長く、背を高く産んで。
顔は整形できるけど、背は整形できないから。」と言ってます。

「親の遺伝子のせいで、少しでも子供に将来悲しい思いをさせるなど、
親としてあってはならない!」
などということなら、
世の親はほとんど子どもを持てないでしょう。

「思春期に壁にぶち当たるのは可哀想・・・。」
いえいえ、ぶちあたってくださいと、私なら思います。
壁の一枚二枚ぶち当たらないでどうします。
いつまでも親が道の石をどけるのですか?
壁にぶち当たらないで、悔し泣きをしたことがない人間なんて、
鼻持ちならない嫌味な大人になることでしょう。


でも、これは価値観の違いですからね。
私の価値観ですので。


私はご両親の反対理由には
引っ掛かりを感じますが、
あなた様の努力も一定の評価はしますよ。

でも、反対の理由よりも、
とにかく「反対があった」「それを知った」という所で
もうこの結婚は彼女にとっては不安なのです。

結婚初めに100点の評価でも、
夫実家の嫁への査定方法は減点法ですからね。
一つの不足があったらそれを厳しく指摘されるのです。
遺伝の問題ではなく、
生まれたお子さんの言葉が遅い、
立つのが遅い
ささいなことで「うちの息子は早く話したのに。」
勉強が苦手だと「誰に似たんだか」

とにかく生まれてくる孫のいいところは
すべて「うちの家系おかげ」
すこしでも不足の部分は「ママに似てしまって。」と相手のせいにする。

それが結局は、夫婦仲を悪くし子供への悪影響になる。
不幸な結婚になるかもという予測です。


だれだって生まれてくる我が子は
五体満足、その上に美しく、賢く、気立てよく
人間の欲は尽きないのです。

あなた様の親御さんは欲が尽きないタイプでしょう。
いえ、いいのですよ。
それで幸せに生きてきたのですから。

でもその欲に答えられないと、嫁は辛いだけ。

彼女に遺伝子ウンヌンの問題がなくても
「もっと高学歴のほうが」
「もっと美人の方が」
「いやいや美人過ぎても、男が言い寄るから心配」
「高学歴と言っても息子より上だと、息子が可哀想」
「働いてくれないと」
「家事は息子にさせないで」
「不妊治療などもってのもか。自然に産んで。」
「犬みたいに次から次へ子供を産むな」
「息子には栄養バランス考えて食事を!」
「無農薬にこだわりすぎて神経質なのもどうかしら」と
次から次へ欲が出るのです。

あなた様はそのままの彼女を受け入れようと準備している。
けれど、親御さんはそれが出来ない。
一度全否定されてしまって
「やっぱり許す」って何?
「許す許さないレベルの女」と言う烙印。

将来夫婦での問題解決にあたり
夫婦が対等でないという懸念。

私は母子家庭の育ちです。
それを特別に前夫の親に「認めて許してもらって」結婚しました。
しかし、何かにつけて垣間見える
「片親だから」「こっちは大目にみてやっている」という肌合い。
人間に上と下をつけて
上からの人間の支配と干渉に甘んじる生活。
その苦しみを理解できない前夫。
(前夫も母子家庭で貧乏人の娘と結婚して、損した!と
我が親に言う始末)
娘が婚家で肩身の狭い想いをしないようにと、苦心する実家の親の姿を見て、
申し訳なく悲しく思う。
そういう結婚生活です。

まあようするに、彼女はこのまま結婚しても
肩身の狭い想いをして生きないといけないだろうということ。


私は離婚後、38で再婚しました。(夫同い年、夫は初婚)
離婚歴あり、子どもは産めない、とうの立ったオバハンの私。
私の親は「何を好き好んで、よりによって、うちの娘を?」と夫に聞くほど。
私は夫の親が反対するだろう・・・と考えていた。
うちの夫ならいくらでも若い初婚の娘さんと結婚できるから。

あ~夫の名誉のために書きますが、夫はブス遺伝子ないです。
美形男子です。


ところが夫親は本音は知らないけれど、
諸手をあげて大歓迎。
「息子が選んだ女性ならば、絶対間違いない!
どうかどうか、息子の事をよろしくお願いします!」
私の過去、傷のこと
夫は親には、結婚前にきちんと話していたけれど、
そのことについて結婚10年経っても、
夫親は何一つ言わないし聞いてこない。
ただただ、夫婦が仲良く息子が幸せならそれでいいというスタンス。

本当は孫が抱きたかっただろう、
もっと若い嫁がよかったろう。
親だって夢があるだろう。
我が子の連れてくるお嫁さんを
想像しては夢見みていたであろう。

その欲望を私の前では、見せません。

そして、婚家で肩身の狭い想いは一度もしたことがないです。
夫には、夫親は何か言ったかもしれない。
私の知らないところで愚痴っているかもしれない。
けれど、夫は仮にそれを聞いていても、
私に一切聞かせてないし、
そのそぶりも見せない。
我が親は君を大事に思っていると。常に言ってくれている。
全身盾になって守ってくれているのです。

あなた様は結婚後、奥さんを全身盾になって守れますか?
守りたいと思える関係ですか?

投稿日時 - 2012-05-24 10:54:45

お礼

長文にわたる回答ありがとうございます。
様々な意見を拝見したい私からすると、回答者様のような意見はとても参考になります。

貴重な意見として胸にとめておきます。

>あなた様は結婚後、奥さんを全身盾になって守れますか?
守りたいと思える関係ですか?

最終的にはここなんですよね。
守るために根拠が欲しいなと感じてしまうのです。

今回の件で、私は守りたいと思っているのに、向こうは思ってないのではないかと疑念が湧いてしまったのがここに投稿するきっかけでした。

私も、回答者様のような幸せな家庭を築ければと切に願わずにはいられません。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-25 00:16:50

ANo.17

面倒だから、やめればいいんじゃない、あんたは男として、最低だけど。

投稿日時 - 2012-05-24 05:00:07

お礼

もう少し詳しくお願いできません?

投稿日時 - 2012-05-25 00:19:26

ANo.16

どちらの気持ちも分かるな、と思いながら読みました。

一番気になったのは、貴方の
>私にとっては、実家をとって別れるか、彼女をとって実家を捨てるかという重大な問題です。
この気持ちを、彼女は知っていたのか、という事です。ここが、私なら要となる部分だからです。

自分の側では「重要な疾患」だと思っていない事を、生死に関わるような大問題にして取り上げるご家族。
それこそ「もし赤子に異常があったら殺せ」と言えるご家庭。
「縁を切る覚悟がある」と聞かなければ、私なら結婚を迷います。

そしてまた、嫁と姑はただでさえ難しいのに、これで「欠陥品をもらってやった」などと思われようものなら(実際に居ます、こういう姑)苦労は目に見えています。

なので、もしも彼女が貴方の決意を知らなかったとしたら、不安になる気持ちは分かるのです。
申し訳ないですが、長い家族づきあいをしていくには大変なご家庭の印象なので。
ですが、これがもし、彼女が貴方の決意を知っていて、簡単に不安になっているのだとしたら、ちょっと情けないというか頼りないというか・・・こんなフラフラしてる彼女で大丈夫ですか?と言いたくなるところではあります。

投稿日時 - 2012-05-23 23:02:55

お礼

回答ありがとうございます。
大変参考になります。

>もしも彼女が貴方の決意を知らなかったとしたら、不安になる気持ちは分かるのです。
●この部分は私も疑問に思います。よく「私は結婚するにあたってうちの親と縁を切れるというのならば切るよ」と言ってはいるのですが、現実味がないのです。向こうの親はこれまで反対はしておりませんでしたので、実際に縁を切る可能性はないでしょう。いやな言い方をすると、安全な場所からの物言いなんですよね。私の立場を理解してくれているといいのですが。

>申し訳ないですが、長い家族づきあいをしていくには大変なご家庭の印象なので。
●返す言葉もありません。

>ですが、これがもし、彼女が貴方の決意を知っていて、簡単に不安になっているのだとしたら、ちょっと情けないというか頼りないというか・・・こんなフラフラしてる彼女で大丈夫ですか?と言いたくなるところではあります。
●そのように私には見えてしまったのです。全てをなげうって結婚するに値する女性なんだろうかと疑念が湧いてしまったんです。ただ、彼女の意見を聞いてあげられませんでしたので、間週末は皆様の回答を参考に、彼女の気持ちを確かめたいと思います。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-05-25 00:31:03

ANo.15

遺伝子因子の病気に対する偏見が
とても強いように感じます。

あなたのご両親含め
あなた自身も
もし色弱子供が産まれたらどうしようって
そのことについて
悲観的な感情をお持ちですね。

私は、結婚しようと思った相手が
鬱っぽくなり
しまいには、彼の母親が鬱であること
祖母も鬱であることを打ち明けられました。

結果、彼とはお別れしましたが
理由は鬱が遺伝するからではありません。

彼とお互いに
お互いのことを考えられず
自己本位でしか居られなくなった為です。

私は、彼や彼の母親、祖母が鬱だと聞いて引きませんでした。
確かに、親しい人には鬱は遺伝的なものもあるから
将来子供が心配って言われたりもしました。

でも、
遺伝以外でも鬱にはなるじゃないですか。

私がなるかもしれない。
そう考えた時に、特別視するのがおかしいと思った。

そういう世間的にはリスクかもしれないことがあっても
お互いに思いやりを持てさえすれば
幸せな生活だってできるって思って
ずっと私も彼と頑張ってきました。

結果、彼の症状がようならないことに対して
彼自身が嫌気がさしてきて
自分本位にしか物事を考えられなくなり

私も、理解してきたけど
そろそろ我慢できなくなってしまい
私も自分本位になってしまった為

話し合いの結果
一旦、別れることになりました。


言いたいのは、彼女じゃない別の
遺伝的な病気の因子のない人と結婚しても
子供がなんらかの障害を持って生まれる可能性がゼロではないということです。

確立とか
そういう細かいこと言ったらキリないけど

結局は、病気になろうが
どうであろうが
お互いがお互いを思いやって
一緒に生きていこうと思えるかが重要だと思います。

その件で
そんなに気持ちが揺らぐなら
別れたらいいかもしれないですね。

そんな風に
偏見の目でみられ
もしなんらかの障害をもって子供が生まれた場合

あなたのご両親は
彼女や彼女の家系を責めるのでしょう。

それをあなたもかばえない。

だったら、
彼女がかわいそうなだけです。

あなたの考えが
物の見方が変わらないのなら

そーゆうのもひっくるめて
彼女を大事にしてくれる人と
一緒になった方が
彼女の為ではないかと思ってしまいます。

投稿日時 - 2012-05-23 17:45:21

お礼

回答ありがとうございます。
参考例をいただき、大変ありがたく思います。

>お互いがお互いを思いやって
一緒に生きていこうと思えるかが重要だと思います。
●最終的にはこの部分なんですよね。
向こうにはその気があるのか自信がなくなってました。週末はもう少しお互いのことを思いやった話ができればなと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-25 00:51:12

ANo.14

No.2です。
失礼な表現が含まれていると思いますが、私なりに真剣に考えてお答えさせて頂いている結果だとお考えくださるとありがたいです。

> 彼女とであり、彼女の遺伝子ではない。だから結婚は問題ないはずだとおっしゃいたいのでしょうか?

はい。その通りです。その他の事は枝葉末節であると考えています。
結婚と言うものはパートナーとのお互いの努力で築き上げていくものですよね。結婚後はいろいろな問題が発生してくると思います。
乗り越えないといけない問題はこれからも多数出てくるのに、この問題だけに振り回されている感があるのはある意味覚悟が足りないって事では?と感じました。
質問者様の書かれている事を読ませて頂きますと、子供の事ばかりを心配されて肝心の彼女への配慮が多少おろそかになっているのでは?という印象を受けます。

> 子孫に色弱が伝わった際、子孫もおそらく、就職、結婚、さらに子孫へも同様の問題を受け継がせてしまう。

色弱を持っている人は知り合いにも複数います。と言うか割とおられるんだなと思ったりしています。
どの方もちゃんとした社会的にも立場のある仕事をしておられる方です。
色を専門に扱う職業を望むのでしたら難しいでしょうけど、そのような事を言い出したら大なり小なり職業等には向き不向きがあると思っています。
結婚への影響でしたら、どちらかと言うと質問者様の両親のような考え方の方がおられるのが問題なのでは?と私は感じました。
# 失礼な言い方で申し訳ない。ただ、純粋にそう思いましたので。

> OKwebの他の色弱者様の質問には「こんないやな遺伝子を引き継いでしまい、自殺したい」とおっしゃっている方もいます。

自殺したいというような境遇になる原因は色弱だけではないですし、色弱だからそうなるとも限りません。
生まれながら人それぞれ条件が違うのは全てにおいてある訳で、その問題を克服して行くのは本人の問題だと思っています。

言ってみれば理由はどうであれ自殺するようなら自殺する程度の人生だったという事です。
どちらかと言うとそういうネガティブな考え方に陥らないような、と言うと言い過ぎかもしれませんが、いろいろな難関を乗り越えていこうと思うような考えをするようなお子様を育てて行こうと考える方に労力を使われた方が建設的では?と思いますがいかがでしょうか?

投稿日時 - 2012-05-23 17:01:49

お礼

何度も回答を頂き、大変助かります。
ありがとうございます。

以下私の考え。

>質問者様の書かれている事を読ませて頂きますと、子供の事ばかりを心配されて肝心の彼女への配慮が多少おろそかになっているのでは?という印象を受けます
●そういった部分はあったかもしれません。週末は彼女の意見にもっと耳を傾けたいと思います。

>色弱を持っている人は知り合いにも複数います。と言うか割とおられるんだなと思ったりしています。
どの方もちゃんとした社会的にも立場のある仕事をしておられる方です。
色を専門に扱う職業を望むのでしたら難しいでしょうけど、そのような事を言い出したら大なり小なり職業等には向き不向きがあると思っています。
●私の会社の上司も色弱なんですよね。意識の持ちようということなのでしょう。私も勉強した上で、そのような結論に至りました。

>どちらかと言うと質問者様の両親のような考え方の方がおられるのが問題なのでは?と私は感じました。
# 失礼な言い方で申し訳ない。ただ、純粋にそう思いましたので。
●私もそう思います。ただ、親の言い分も間違いではありませんので困ってしまうのです。

>いろいろな難関を乗り越えていこうと思うような考えをするようなお子様を育てて行こうと考える方に労力を使われた方が建設的では?と思いますがいかがでしょうか?
●現在はそっち方面も含めて勉強中です。いろいろな将来の道を子に指示してやることで、可能性を広げてあげたいと思う所存です。

回答者様の意見、大変参考になりました。
生意気だと感じる部分もありましたでしょうが、お付き合いいただき大変申し訳なく思います。

週末は良い話し合いができると思います。

ありがとうございました。
回答者様のますますのご健勝をお祈りしております。

投稿日時 - 2012-05-25 01:03:27

ANo.12

素早いお礼をありがとうございます。

普通…ね。
誰しも人間、自分の普通は相手の普通と必ずしも一緒とは限らないのですよ。
ご存知でしょうが。
なのでこの案件でしたら単に「ご質問者さんと彼女さんの価値観の相違」ということでまとめられてしまうような気がしますが。
互いに生まれ育ってきた環境はみなそれぞれに違う、それを受け入れられない、認められないというならばそれは「他人の排除」となんら変わらない。要するに結婚の意味がない。(結婚は血縁のない、他人同士がすることですから)
互いに主張し、妥協し、認め合って譲り合って結婚、なのだと思いますが…違いますかね?

うーん、既に「過去形」でお話されてることからして、質問者さんの中では結論が出ていそうですが…(苦笑)
そうですね…私が若干、彼女さんの方に肩入れしてしまったのは、私が結婚するにはなかなか不適合な部分が多かったのですが、それでも主人が私の手を取ってくれたから、という…身びいき、の部分も多かったかもしれません。そこはごめんなさいね。

投稿日時 - 2012-05-23 12:24:45

お礼

こちらこそありがとうございます。

価値観が違うのは当たり前で、主張、妥協、等プロセスを経て、お互いを理解してするのが結婚だという回答者様の意見、なるほどなと思います。

今週末、こちらで頂きました意見を参考に、お互いの将来について話し合ってくるつもりです。

まず、お互いの冷静な対話が必要ですね。


また、過去形で書きましたのは今後どうなるかまだ気持ちの整理がついていませんでしたので、ああいった書き方になりました。

きちんと話し合いで解決したいと思います。

回答者様は素敵な旦那様に巡り会えたようで、うらやましい限りです。
回答者様一家のますますのご健勝をお祈りしております。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-24 00:01:55

ANo.11

うーん正直、
「肝っ玉のちいせえ男だなあ」
という印象しか浮かばないですよ。

や、頑張ってるのはわかります。
わかりますけどね、それで彼女を不安にしちゃってどうすんの…と。
互いに健康な男女がいて、望んで子供をもった場合でも、「生きにくい子供」がうまれる場合がある。それを覚悟出来ない限りは、子供をもつべきではない、というのをどっかの質問の回答で見たような気がしますよ…なるほど、と私は思いました。
彼女さん自身が、ご自分の身体についてハンディと思っていない訳が無い、と私はとらえます。だってそれをあなたに結婚前に話してくれたから。
もしも本当に「なんでもない」ことだと思ってたり、悪く取れば(かくしておきたい)と思う人ならば、結婚後に話すと私は思うのです。もしくは、ほんとうに子供が出来た時とかね。(そういえばお父さんは…という感じで)
日常の意識の上にはのぼってこないことだけど(付き合う前とかには言われなかったんでしょう)、深層にはいた訳だから、何かの拍子であなたにぽろっと話した。
それをてんてこ舞いにしちゃった……(用法間違っているかもしれません、でもなんだかそんな印象…)

特に4。
これを言ったんだったら。
じゃあお見合いすればいいじゃない、と私なら思ってしまうでしょうね。
どんな危ない因子も、要素も排除して無菌状態のお嬢さんを迎えればそれで良いじゃない満足なんでしょ、と啖呵をきってしまいそう。

他の回答者さんへのコメントを読みましたが、「自分はこれだけしてあげたのに彼女は同じだけをかえしてくれない」ってそれじゃまるで駄々っ子かある種クレーマーですよ、私にとっちゃ。
何か見返りがないといけないんですか?人を好きになるってどんなことですか?
私にもまだいないのでわかりませんが、子供は同じだけ返してくれるとは限らないですよ。迷惑の方が多いと、よく聞きます。それでもたえられますか?愛し続けられますか?

投稿日時 - 2012-05-23 11:02:39

お礼

回答ありがとうございます。

肝っ玉がちいさい。
という点は確かにそうかもしれません。
結婚は初めてです。色弱について考えたことも初めてです。
回答者様はパートナーが遺伝子疾患をもっているとしっても調べませんか?
治療法はあるのか?
子孫へは影響ないのか?
パートナーは長生きできるのか?
等。

私は怖い。
だから自分が納得するまで調べたい。
そう思って勉強を始めました。

>>互いに健康な男女がいて、望んで子供をもった場合でも、「生きにくい子供」がうまれる場合がある。それを覚悟出来ない限りは、子供をもつべきではない、というのをどっかの質問の回答で見たような気がしますよ…なるほど、と私は思いました。

とありますが、私のほうはその気持ちがあります。
彼女のほうは正直わかりません。

>>彼女さん自身が、ご自分の身体についてハンディと思っていない訳が無い、と私はとらえます。だってそれをあなたに結婚前に話してくれたから。

とありますが、これは彼女の口から否定されましたことを補足しておきます。
彼女はハンディとは思っておりません。

結婚後にお話とありましたが、それは聞いていないと離婚するケースもあり、法的に離婚できてしまいます。人によっては詐欺だ!といわれたというケースもあるのですが、本当に黙っていていいのでしょうか?

お見合いについては確かにそうでしょうね。私の母もしきりにすすめてきます。
しかし、自分が選んだ女性ですからなんとか結婚したいと考えていました。

愛の見返りについては昔からいろいろ議論されているみたいですが、無償の愛は神だけだということみたいですよ。価値観はそれぞれと意見が出ております。

見舞いにこなかったことも悲しいですが、来るといってたのを忘れてたいうのが信じられません。

人を好きになるっていうのはどんなことなのか?これは私も聞きたいですね。
対等の見返りを私はいつも求めてはいません。
しかし、あまりにも一方的な愛が続くと、片思いと変わらないと思いませんか?

たとえば何かしてもらったらありがとうというのが普通でしょう?
お見舞いに行くと言ったら、いかないにしても都合が悪くなったとか連絡を入れるべきでは?

これらも見返りだからいりませんか?

子供は同じだけ返すとは限らない。とありますが、そのとおりでしょう。しかし、「でも、知らず知らず、母親も赤ちゃんから愛をもらっているのです。」という回答をしている方がいらっしゃいますし、私もその通りだなと思うのです。

それでも、私は彼女と結婚したいと考えていました。


とても参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-05-23 11:34:16

ANo.10

再度。

他の回答者さんから「突っ張りすぎ」という言葉が出ましたが、私から見たら、方向を間違えて突っ張りすぎですね。

sectionoさんは、色弱の子どもが生まれることが、実はとても不安なんですね。
自分にどれだけのことが出来るか自信がないんですね。
では、色弱でなければ、遺伝でなければ、いいんでしょうか?
障害のある子どもが生まれても、しっかり二人で育てるという気持ちがあるのでしょうか?
オロオロしているだけのご自分に、気づかれないのでしょうか?

彼女に身近な人なら、あなたとは結婚はしないほうがいいと言うのは、ごく当たり前です。
それがわからないとは、いったい何を勉強されていたのか。
何のための知識なんでしょうか?

投稿日時 - 2012-05-23 07:55:30

お礼

回答いただきありがとうございます。
失礼な内容になってしまいましたら申し訳ありません。
回答者様の文章を引用して回答、質問をしたいと思います。

>方向を間違えて突っ張りすぎですね。
●ここがわかりません。
 まちがってない方向とは何かご教授頂きたく思います。

>sectionoさんは、色弱の子どもが生まれることが、実はとても不安なんですね。
●現状、まだ不安な要素は拭いきれません。

>自分にどれだけのことが出来るか自信がないんですね。
●明確な答えが出ていれば迷いませんし、調べることもしなかったでしょう。

>では、色弱でなければ、遺伝でなければ、いいんでしょうか?
●遺伝しないのであれば、それにこしたことはないでしょう。

>障害のある子どもが生まれても、しっかり二人で育てるという気持ちがあるのでしょうか?
●私にはあります。そのためにもいろいろ勉強してきたつもりです。私が思うに、ただ口だけで「あります」と答えることは、無責任と同意義だと思いますがどうでしょうか?私はどう責任取るつもりなのか具体案を出すところまでして、初めて「しっかりと育てる気持ちがある」というのだと思います。
一方、彼女からは具体的な話は聞いたことがありません。

>オロオロしているだけのご自分に、気づかれないのでしょうか?
●?すみません。意味が分かりません。
  遺伝のことは気にせず結婚しろという意味なのでしょうか?

>彼女に身近な人なら、あなたとは結婚はしないほうがいいと言うのは、ごく当たり前です。
●結婚しないほうがいいと思った理由を具体的に明記していただけないでしょうか?

>それがわからないとは、いったい何を勉強されていたのか。
●?すみません。意味が分かりません。
 
>何のための知識なんでしょうか?
●二人が結婚した場合、私の両親サイドから詰問を受けます。(実際言っていました)
 「子供へ遺伝したらどうする」「色弱がもとで就活できなかったら」「色弱がもとでいじめられたら」「結婚が破談になったら」
 回答者様でしたらなんとお答えになるでしょうか?
 
 知識がなければ、彼女を、子供を、これから直面するであろう上記の事実から守ることはできないと思うのですがいかがでしょうか?

ぜひ回答者様へは、意見を頂きたいと思います。

投稿日時 - 2012-05-23 23:42:07

ANo.9

追記ですが‥‥将来、産まれてくるであろうこどもは、本人が就けない仕事がある以外にも、こども自身が結婚するときにまた壁にぶつかります。遺伝性の疾患とはそういうものなのです。だから、結婚となると慎重になる人が多いんだと思います‥‥それなりの家柄なら、なおさらです。

結婚後に交通事故に遭うとか、病気になるとかとは、別次元の問題です。あらかじめ、リスクが分かっているなら避けようとするのが人として自然かと。

もし、私なら、夫婦とちらかに遺伝性の疾患がある場合、こどもをもつのは親のエゴな気がします。悩むのは、こども自身になりますからね‥‥あなたの彼女のように。あなたの彼女は、結婚となるとかなりのハンデを背負っていると思いますよ。気の毒だと思いますが、恨むなら親や祖先であり、あなたではないと思います。

投稿日時 - 2012-05-23 06:18:05

お礼

追記をわざわざありがとうございます。
失礼を承知で、回答者様の文を引用しながら私の意見を書きたいと思います。

>追記ですが‥‥将来、産まれてくるであろうこどもは、本人が就けない仕事がある以外にも、こども自身が結婚するときにまた壁にぶつかります。遺伝性の疾患とはそういうものなのです。
●私も回答者様と同意見です。実際の色弱の方とお話をすると、年配の方は「ああいうこともあったなあ」というスタンスですが、思春期、結婚、就活と壁にぶつかる方は多いと聞きます。

>結婚後に交通事故に遭うとか、病気になるとかとは、別次元の問題です。あらかじめ、リスクが分かっているなら避けようとするのが人として自然かと。
●同意見です。一般の方と比較しますと、事故や病気にかかる確率+αが色弱です。初めからリスクが分かっているのであれば避けるのが普通だと思います。

>夫婦とちらかに遺伝性の疾患がある場合、こどもをもつのは親のエゴな気がします。悩むのは、こども自身になりますからね
●まさにこの部分が、私の勉強しようと思った根幹の部分です。
他の方は何とも思ってないようで、逆に驚きを禁じえません。
子供の人生とは、そんなに軽いのでしょうか?

とても参考になります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-05-23 23:52:16

9296です。
あなたが彼女に憤慨したこと全てに共通しているのは、俺がこんなに努力してるのに、お前は何をしてるんだ!って感じですよね。
お見舞いの件もそうです。
俺は、こんなに苦労して行ったのにお前は…
見返りを求めないのが愛情ではないでしょうか。
半年間、勉強してきたこと、ここでの質問、回答文を見て、正直、重い、突っ走りすぎかなと思います。
その一方で、あなたが大変ご苦労されていることも分かります。
御両親の態度は、偏見というかもう差別です。説得できそうにないですよね。
身内に、病気の方、ハンディキャップを持たれている方はいないのでしょうか?
それとも、そういう方に理解はあっても、遺伝病だけは駄目ということでしょうか?
あなたの彼女への思いが変わらないなら、縁を切る覚悟がいりますね。
只、あなたは今、頭に血が昇ってる、彼女は不安定になってる、期限を決めずに、ゆっくり話し合う、冷却期間が必要だと思います。
彼女にしてみれば、結婚すれば、自分を差別的に見ている御両親と、お付き合いしなければいけないのですから。

投稿日時 - 2012-05-23 04:25:38

お礼

9296様
二度にわたる回答、重ね重ねありがたく思います。


>>あなたが彼女に憤慨したこと全てに共通しているのは、俺がこんなに努力してるのに、お前は何をしてるんだ!って感じですよね。
お見舞いの件もそうです。
俺は、こんなに苦労して行ったのにお前は…

この部分に関しては、その通りに思っております。
5月に入り、真剣に考えようねとお互い意思の確認をしました。しかし、もう五月も終わろうかという段階で、何もしていないと彼女の口からききました。
色弱に関する内容でなくてもいいのです。我々の結婚について何も動いていないということがショックなのです。

見返りを求めないものが愛だというのならば、それは片思いと同じではないでしょうか?何もレスポンスが帰ってこないと悲しくないでしょうか?

結婚とは幸せも苦労も二人で分かち合うと誓って行うものではないのでしょうか。

ちなみに見返りを求めないのが愛情ではないでしょうかという質問は、ヤフー知恵袋等でもよくとりだたされている問題で、見返りを求めない愛は神のみが持つもので、人間の愛は価値観により異なるそうです。

>御両親の態度は、偏見というかもう差別です。説得できそうにないですよね。
身内に、病気の方、ハンディキャップを持たれている方はいないのでしょうか?
それとも、そういう方に理解はあっても、遺伝病だけは駄目ということでしょうか?

おそらく差別ですね。
身内に障害者がいますが、遺伝はしませんので一族で面倒を見るそうです。
こういった遺伝しないケースなら、神様が遣わした運命とのことで受け入れるといっておりました。

>只、あなたは今、頭に血が昇ってる、彼女は不安定になってる、期限を決めずに、ゆっくり話し合う、冷却期間が必要だと思います。

私もそう思います。
しかし、皆様の意見を拝見していますと、とても考えさせられますね。
親身に相談に乗ってくださり、助かります。

>彼女にしてみれば、結婚すれば、自分を差別的に見ている御両親と、お付き合いしなければいけないのですから。
まさしくその通りです。しかし、実際に彼女と結婚するとなると私がこちらの家族、一族を切ることになるでしょうから、その心配は無用かもしれません。

失礼な内容になっているかもしれません。
しかし、つい先日の出来事に加え、今週末に一応の決着をつけることとなりましたので焦りもあり、まとまった内容になっていないことをお詫びいたします。

大変参考になります。
アドバイス等ありましたら気兼ねなくコメント頂ければと思います。

投稿日時 - 2012-05-23 20:53:46

ANo.7

私から見ると、相談者さんや相談者さんのご家族・ご親戚の反応や感じ方が普通だと思います。
デリケートな問題ではありますが、結婚となると遺伝性の病気に関しては避けては通れない道です。なぜなら、やはり将来こどもに関わってくることを考えなければならないからです。
色覚の検査は、私がこどもの頃(約20年前)は小学校でも全員検査しました。就職してからも同じ検査をした記憶があります。
確かに日常生活ではさほど支障はないのかもしれませんが、一部なれない職業もありますし、ハンデになる場合もあるということは分かっておく必要があると思います。

他の回答者の方々が、彼女さんの気持ちが分かるという方が多くてビックリしました。厳しい言い方になりますが、彼女さんはご自分のことなのに、こどもに色覚異常が出る可能性があることすら分かっていなかったら話になりません。

個人的には、今回はご縁がなかったんだと思います。
相談者さんがご自分の家族の反対を押し切ってでも…と考えてくれていることが、どんなに大変なことかを分かってくれる相手でないと結婚は難しいと思います。

相談者さんは、色覚異常についていろいろ調べているのに、当の本人やその家族が分かっていないとは…信じられないです。。

お互いのために、結婚はやめた方がいいと思います。
遺伝性の病気が片側だけにある場合は、破談になることが多いと思いますよ。誰のせいでもありません。お互いの価値観、両家の価値観が違いすぎたのです。
結婚は、二人だけの問題で済む話じゃありませんしね。

投稿日時 - 2012-05-23 04:06:52

お礼

回答ありがとうございます。

こういった彼女サイドに立った意見が多い中、参考になります。
ありがとうございます。
(怒り心頭だった時のために書いた文章だったため、中立性を欠いた内容になってしまったことが原因ですが)

私も皆さまの回答を見てびっくりしました。
遺伝にかかわる内容で、子供に伝わる問題だと思っていたのですが、「それくらいのこと」「懐が狭い」「理解できない」との内容が多かったためです。

他の回答者様の意見をまとめると、「あなたは遺伝について過剰になっている。そんなことは考えるに値しない。むしろ彼女にもっと意識を向け、遺伝のことは考えずに結婚すべき。」といっているようにとれます。

結婚は初めてなので、よくわかりませんが、結婚とはそんな簡単なことなんでしょうか?

もっと家族計画含め将来を考えて結婚するものだと思っていましたが、私の認識はズレていたのかな?と不安に思いました。

もし、子供が色弱で結婚が破談になった。就職できなかった。
こういった場合、何が我々にできるか?こうならないためにはどうすればいいのか?考えれば不安になるのが普通ではないのでしょうか?

子孫とパートナーの幸せについて、考えるよりも、考えることを放棄して結婚しろとは、人生を、子孫を、あまりにもお粗末にしてるのではないのでしょうか?

と他の回答者様の意見を拝見しながら感じていた次第です。

そんな中、回答者様の意見を頂き、少し助けられたような気がします。

それでも、彼女を守る。この人でないとだめだ。と決心がつかないと、とてもじゃないですが結婚はできないと思います。

また、彼女も私にそう思わせてくれたらと切に願わずにはいられません。

ご意見ありがたく頂戴いたします。

投稿日時 - 2012-05-23 20:31:44

不愉快なことを言いますが、一体なにを大騒ぎしてるんだって感じです。
私の父は色弱、私は大丈夫、兄は色弱、弟も色弱、弟の子供2人は大丈夫。
家族一緒に暮らしている時、何の問題もありませんでした。しいてあげれば、色の違う靴下を履いているのを見つけて、みんなで大笑いしたぐらいです。
母も含め家族みんな、病気だなんて思っていません。
そういう意味では、彼女の御家族と同じだと思います。
生まれる前から子供の将来の職業の心配してどうするの?
色弱で大騒ぎしてるんだから、妊娠中に赤ちゃんに障害が見つかったら、あなたの御両親はおろせというんじゃないでしょうか?
御家族のことを悪く言って申し訳ないけど、いいお年なんだから、世の中には、いろんな人がいるってことを分かってもらわないと。
いくら結婚前に健康でも、その後、大きな病気をするかもしれない、交通事故に会うかもしれない、それはあなたかもしれない、だからそんなこと、いちいち確認し合ったって無意味なんだって。
あなたも、もう少し頭を冷やして、彼女を責めるのは止めて下さい。大好きな彼の家族から、何の落度もないことで反対されて、普通でいられるわけがないでしょう。

投稿日時 - 2012-05-22 23:49:09

お礼

回答ありがとうございます。
色弱の方からの意見とはとてもありがたいものです。

妊娠中に子供に障害がでたら~というくだりですが、それが遺伝的なものであれば、間違いなく私の両親はおろせというでしょう。
遺伝しなければ、神さまが遣わしたということで一族で面倒見るそうです。(この辺はわたしも理解に苦しみますが・・・)

ちなみに、いろんな人が世の中にいるというくだりですが、両親に言わせると色弱の人は色弱の人ないし、色弱を気にしない人と結婚すべきだ。なぜ正常な遺伝子をもっている我々が、負の遺産をわざわざ背負い、子孫を延々と苦しめなければならないのか。もし結婚するなら先代に申し訳が立たないから自殺する・とまでいってのけた人です。(別に貴族、豪族ではないのですが)

私は色々学んだ上で色弱は問題ないと考えているのは前述のとおりです。
しかし、実際色弱ではないので、問題なかったといってもらえると励みになります。

ありがとうございます。


しかし、一番へこんだのがお見舞いに来てくれなかったことですね。
私は彼女が風邪をひいたとき大雪警報の中、車で1時間半かけてお見舞いに行きました。
しかし、今回はお見舞いに行くといったのに忘れてて、なおかつ結婚しないかもという相談。責めないでいられようかといったところがことの発端です。

週末は皆様の意面を合わせて少しお話してこようと思います。

投稿日時 - 2012-05-23 00:15:17

ANo.5

とにかく彼女は今不安なのだと思います。
自分だけでなく自分の父親にまで何か悪いレッテルを貼られたような気になるし、
自分が頑張れば治るとかいう問題でもないし、
一番側で支えて欲しい人はレッテルの原因究明に忙しいし、たとえその原因究明が終わったとしても結果が悪ければ捨てられかねない勢いだし、と。


色弱に大きな問題はないようだと結論が出たのであれば、もっとそういうような障害を持っていらっしゃる方に配慮のある言葉が出てもいいと思います。
「調査」とか「結果を公表しろ」とか・・・・正直、あんまり聞いてて気持ちのいいものでは・・・。


週末は彼女のメンタルケアから入られてはいかがですか?

投稿日時 - 2012-05-22 23:39:49

お礼

回答ありがとうございます
参考になります。

調査とか結果を公表~といった表現は、まあそういったニュアンスのことを彼女に言ったってことです。

それでも語気は荒くなりましたが。

家族と縁を切る勢いで交際してきたのに、唯一の縁があっさり切られて怒ってしまったんだと思います。

でも、今回の騒動の根幹の部分なんです。やっぱり色弱じゃありませんでした!と今更なってももう修復はできません。

ことが露見した際に、色弱じゃないとわかれば問題なかったのですが・・・。


レッテルの原因究明に関しては、遺伝ですし、将来の子供と彼女のケアができればいい。そのためにも勉強しておこうという心構えだったのです。

しかし、意見をうかがってみると、彼女へあまりベクトルが向いてなかったのかもしれません。週二回会うときは一緒に楽しい時間を過ごしていたのですが。

ここで意識の共有化を図っておいたほうがよかったのかもしれませんね。

週末はここの意見をもとにじっくり今後について話してみます。

投稿日時 - 2012-05-22 23:55:19

私の父は、色弱だったそうです。
だったそうですと言うのは、そのために日常生活にどうこうということがなく、気にしたこともないからです。
ですから、sectionoさんの質問文は驚きです。
他愛もないことを、あまりに重大問題に扱いすぎてる印象です。

彼女の気持ちはよくわかります。
あなたは、これまで彼女には何でもなかったことを、大きなハンディにしてしまいました。
彼女に負い目を持たせてしまったのです。
これでは、二人の関係は対等ではなくなります。
彼女は、結婚を考え直さざるを得ないです。
壊したのはご自分だとは、sectionoさんごはまだお気づきではないようですが。

私は、自分がてんかんであることを、結婚前に夫に伝えました。
彼は「うん、わかった」だけでした。
両親には何も言わなかったようです。
父が色弱であったことを言ったのは、多分、何かのついでだったと思います。
彼はこれも、「ああそうか」だけでした。
もうすっかり忘れているかも知れません。

相手の幸せを考えるとは、こういうことです。
こんな風に受け入れられない女性との結婚は、あなたも考え直したほうが良さそうです。
ご両親やご兄弟やご親族の方々が、どうこう言う以前の問題です。

投稿日時 - 2012-05-22 22:32:08

お礼

回答ありがとうございます。
大変参考になりました。

回答者様は女性の方でしょうか?
当方は男性ですので女性の意見はとても参考になります。
ありがたいです。

さて、失礼なことを言うようですが、お父上が色弱だったということは、あなた様にも因子があり、お子様がいらしたら2分の1の確率で色弱が遺伝します。(てんかんはほぼ遺伝しないはずですが)

お子さんがもしいらっしゃり、色弱であればそのことについて何か言っていますでしょうか?

OKwebでの色弱者の質問でも「こんないやな遺伝子を受け継いで自殺したくなる」と書かれてる方もいらっしゃいます。
パイロットや自衛隊をなくなく諦めたというかたのブログ等も拝見しました。

本当に他愛のないことでしょうか?
なるほど、彼女は因子を持っているだけで色弱ではありません。なんでもないことだったのでしょう。
しかし、色弱が発現する我々の子供となるとそうではないはずです。


調べてみると、本当に人様々ですが思春期にとても悩むそうです。

彼女にこういう思いをさせたくないと考えることは、相手の幸せを考えることではないのでしょうか?

私も回答者様のようにパートナーが遺伝しない病気であれば支えていく自信はあります。ですが、子供に色弱のことで悩まれ、それを受けて彼女が悲しむことはなるべくなら避けたい。
避けられないなら、子供と、奥さんのために的確にアドバイスしたいと思っている所存でございます。

どうか回答者様のご意見をお伺いしたいと思います。
よろしくおねがいします。

投稿日時 - 2012-05-22 22:55:08

ANo.3

彼女さんとの未来をとても真面目に考えておられるんですね。

ただ、ちょっと真面目すぎかな。
重いっていうか。

彼女さんやご家族は今まで気にせず、又気にする必要性もなく暮らしていたのでしょう。
それが急にいやそれは遺伝病だ(本当は病気じゃなくて障碍だけど)結婚反対だって話になって、結婚延期にまでなって……

なんか「無駄に」大事になってるというか。

もちろん貴方の言い分も分かりますよ。
確かに色弱は遺伝しますし、視聴覚の機能障碍です。
子供にも影響します。
急に聞かされて驚かれたのも分からなくはないです。
真面目に色弱のことを勉強して気持ちの整理をつけようとされたのだろうと思います。

ただ忘れてはいけないのは、何のために貴方は色弱を勉強しているのか?ということです。
そもそも貴方は、彼女と結婚して幸せに暮らすために勉強を始めたはずです。

色弱を敢えて意識して暮らすことは、貴方がたの幸せに繋がるのでしょうか?

元々当のお父さんもさほど不自由なく暮らしていたことを思い出してください。
そして将来子供が生まれたら、彼らもお父さんと同じ感覚で暮らしていくであろうことも。

ご両親を説得する必要もあっての結婚延期と勉強期間なのでしょう。
しかし端から見ると、そこまで熱心に勉強されると貴方自身も迷ってるのかなあという印象を持たざるを得ないです。

それと色弱とは別の話ですが、貴方のご両親には話さず貴方だけが知ってたほうがよかったかもね。

我が家は相手が持病持ちでしたが、うちの親には内緒にして結婚しました。
聞けば親ってのは何でも心配しますからね。
いくら小さい事で子供が大丈夫だと言ってもダメなんです。

配偶者の情報をどこまで伝えるor伝えないか判断するのも、独立して新しい家庭を持つには必要なことだと思います。
その点でも貴方はミスっちゃったのかなあというのが正直な感想です。

彼女と続けていいのか、お別れがいいかは私には分かりません。
ただ、彼女さんの不安は他人に口を挟まれたからだけではないように感じます。

投稿日時 - 2012-05-22 22:09:40

お礼

回答ありがとうございます。
とても参考になりました。

まず勉強なのですが、
1、両親等に反対された際、「生まれてくる子供の将来を、両親が原因で少しでもつぶすようであるなら、それは親としての自覚が足りない」と散々言われました。
そのため、ここまで勉強して、こういったことがいえるから大丈夫だ!と親に対しての理論武装と、家族を捨て、彼女を選ぶことへの根拠づくりのため。
2、将来遺伝した際の心構え(彼女と子供へのアドバイス等のため)
勉強しているつもりです。

また、延期といった話ですが。恥ずかしながら東北大震災により両親が早く結婚しろということになりまして、出資者が親だったのです。出資者の反対により延期となりました。(本当は二人でお金を貯めるつもりでした)

親に色弱について話したのは、今となっては失敗だったかなと思います。
当時は私も悩んだのですがOKweb等を見たうえで、遺伝に関する内容はきちんと言ったほうがよいという意見を参考にしていったらこうなった。という感じで、難しい状態となってしまいました。

しかし、とても参考になる意見です!
職場や近い人に話すと皆別れたほうがいい、といいますのでこういった意見は助かります。

ありがとうございました!

投稿日時 - 2012-05-22 23:12:55

ANo.2

質問者様には申し訳ないですが、彼女が結婚に対して自信を無くしてしまった気持ちの方が私としてはしっくり来ます。
質問者様は何と結婚されたいのですか?彼女ですか?彼女の遺伝子ですか?彼女との間の子供ですか?
彼女からすれば質問者様は彼女本人に対して愛情を持っているように見えなくなるのではないかと感じました。

勿論、質問者様にも言い分はあるかと思います。ご家族も大事にされているかとは思います。
しかし、家族から反対されたから結婚を延期っていうのも私の感覚からするとどうかという気持ちです。
そういう事があると、質問者様が家族から何か言われるたびに悩んでいろんな事で引っ掻き回されるような結婚生活になるかもしれない。と思ってしまうのも自然な気がします。

正直、何故色弱がどうのという事で彼女との間の結婚をそこまで躊躇うのかが私としては理解が出来ませんでした。
結婚って確かに親戚がどうのってのが絡んでくるのは事実ですが、最終的には2人の間の事ではないか?と思うのです。
質問者様も子供ではないのですから、親の意見よりも御自身の意見を重視されるべきではないかと思います。
でもその「御自身の意見」の中に家族も大事なのだから、結婚はそれが解決してから。という思いがおありなのでしたら、かなりの可能性でお相手は嫌な思いをするでしょうね。
と言うのも、相手からすれば質問者様のご家族の「勝手な意見」に質問者様が振り回されている訳ですからね。

だから問題は色弱がどうのではないと思っています。
この程度の事と言ってはなんですが、このような事で結婚を躊躇ってしまっている質問者様の決心の弱さに一番の問題があると思います。

気分を害されてしまうかもしれませんが、失礼を承知で率直な気持ちを書かせて頂きました。
決して悪気があって書いた訳ではありませんのでご了承ください。

投稿日時 - 2012-05-22 21:21:36

お礼

回答ありがとうございます。

●何と結婚するのか?
という質問ですが、彼女とであり、彼女の遺伝子ではない。だから結婚は問題ないはずだとおっしゃいたいのでしょうか?
もちろん結婚したいのは彼女です。
しかし、その彼女を将来悩ませるかもしれないと思い勉強を始めました。

●結婚を延期としたのは、恥ずかしい話ですが、東北大震災の影響で、親が金を出すから結婚しろといった運びになり、出資者がいなくなったため延期となった次第です(本当は2人でお金を貯めて式を挙げるつもりでした)

●回答者様は色弱をこの程度、戸惑うのが理解できないとあります。

本当に理解できませんか?

子孫に色弱が伝わった際、子孫もおそらく、就職、結婚、さらに子孫へも同様の問題を受け継がせてしまう。

色弱を受け継いだわが子は悩むかもしれません。
苦しむかもしれません。

OKwebの他の色弱者様の質問には「こんないやな遺伝子を引き継いでしまい、自殺したい」とおっしゃっている方もいます。

そんなとき、回答者様はどうされますか?
そんな先のことはその時考えればいいのでしょうか?

ぜひご意見を頂ければと思います。

投稿日時 - 2012-05-23 11:11:06

ANo.1

ちょっと彼女の気持ちもわかります。
彼女の一家は色弱は病気という認識がないくらいで、あまりたいしたことじゃないと思っているふしがあります。
ですから、質問者様の一所懸命に調べたりする姿もなんでそんなに大げさにするのだろうくらいに思ってるかもしれませんね。
そんなことくらい(色弱の因子がある)で質問者様の家族が婚約を破棄したほうがいいとかいってくるということは、
もし色弱の子供ができでもしたら・・・彼女はあまり幸せにならないのではないかといわれたのでは。
他にもなにかあったときには、そのつどいろいろいわれてしまうんじゃない?などどいわれると、これからを心配になったのも理解できます。
これから先にもいろいろなことが起きるのが人生ですから、そのたびに別れたほうがいいなどと言われては大変。と思われたのでは。


でも、質問者様の気持ちもとてもよくわかります。
ものすごくがんばって色弱を理解して家族を説得して、相手のご家族さえ安心してもらえるように話し合ったりしてきたのに
彼女やその家族との温度差を感じますし、彼女のあなたへの理解が浅かったということは結婚秒読みだったことを思えばショックはとっても大きかったでしょう。

今回のようなことは、これからも起きると思います。
人間はあんまり変わらないからです。
なにか問題があったとき、質問者様は理論的に思考と行動なさるでしょうし、
彼女は理論みたいな難しいのは苦手というか、情緒的というか、ひとの意見を聞いたり経験を聞いたりして自分の考えや行動を決めるようですね。
それぞれを理解しあえれば問題ないように思いますし、
理論的な思考ができないひととは生活できないようでしたら結婚をとりやめられてはいかがでしょうか。
でもせっかくのご縁ですし、質問者様の誠実さがにじみ出てます。
彼女ともよりよい関係になられるのでは。
がんばってください。

投稿日時 - 2012-05-22 20:35:15

お礼

正直びっくりしました!
まさに回答者様のおっしゃる通りです。

私は理論的、彼女は直感的に動きます。

私自身は色弱ではないため、どうにも将来のヴィジョンが見えてきません。
色弱とはどんなもので、子供はどんな障害を乗り越えねばならないのか。
などなど、考えていくときりがありません。
しかし、これから結婚する人との将来を良いものにしたいと考える以上、「わかりませんでした」では無責任と思い、勉強に励むこととなりました。

NHKの白熱教室でもやっていましたが、幸福になるにはといった題材で、幸福になるための判断は難しく、似たケースを探し参考にするべき。とのことでした。

ゆえに、今回の勉強は無駄だとは思っていません。
また、様々な方から意見を頂けてありがたいと思います。

しかし、回答者様のおっしゃるとおり、にたような状況は結婚後続くと思われます。

こういった生活は耐えられないというんであれば別れるのも、彼女のためかもしれません。
この件を含めて話し合いをしたいと思います。

非常に的を得た回答をいただきありがとうございます。

回答者様のますますのご健勝をお祈りします。

投稿日時 - 2012-05-23 00:28:51

あなたにオススメの質問