こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本中の神社巡り 寺との対比

日本において、四国のお遍路や、
西国、東国の33?88?箇所めぐりのように
寺院では、あちこちのお寺を巡るということで
ご利益を求める慣習が確立していると思います。

これに対して、神社の場合、
日本中の神社を訪問したいという人は極めてまれで、
地元の神社のみに強い信仰をしている人が多いと思います。

このことについて、理由の分析などを教えてください。

投稿日時 - 2004-01-13 18:23:53

QNo.750045

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

仏教(寺院)に比べて神道(神社)が縛りが少ない、もしくは、あいまいである点に原因があると思います。西国、東国の33箇所は、観音さまを本尊とする寺院を巡るものですし、四国88箇所は、弘法大師所縁の寺院を巡るものです。また、各宗派ごとにその宗派の開祖や祖師に所縁寺院を巡るものもあります(例:浄土宗、日蓮宗)。一方、神社の場合は、そのような縛りが一般的でないため、諸国の神社を巡り歩こうとする人が少ないように見えるのではないでしょうか。

もっとも、私の仄聞するところでは、3大八幡社と称して鎌倉、京都、宇佐を巡拝する旅行の企画などもあるようです。また、全国の一宮と言われる神社を巡拝されている方も多いらしく、参考URLに挙げたような会もあります。

結論として、繰り返しになりますが、神社どうし、寺院どうしの関係が明らかであるかどうかということが、巡拝(巡礼)するかどうかという理由になってくるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.ichinomiya.gr.jp/index12.htm

投稿日時 - 2004-01-14 13:21:40

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

神社とは、現在の役所みたいなものです
それに神社は巡るひつようはありません
神が必要なら今ある神社に分神を置けばよろしいのです
普通でも主神と脇神と裏にも分神があるのが
普通です
仏教でも神の保護がないと置けなかったのです
今でも、その名残で神の支配力は強いです
神社は、今の市役所であり県庁、国会なのです

投稿日時 - 2004-01-13 21:28:28

ANo.1

こんばんわ

>神社の場合、
日本中の神社を訪問したいという人は極めてまれで、地元の神社のみに強い信仰をしている人が多いと思います。

神道以前にシャーマニズム(巫女信仰)
http://www.iwata-shoin.co.jp/bookdata/ISBN4-87294-278-7.htm
があったからでしょう。
仏教伝来はもっと後で聖徳太子の頃神仏融合となったと記憶しています。
ご参考まで。

投稿日時 - 2004-01-13 18:53:29

あなたにオススメの質問