こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

歯科治療の機械について

今日虫歯の痛みで歯医者に行きました。麻酔をかけ、歯をドリルで削り終わった後に、
(私が治療している歯は右側です)
左側の唇に釣り針のようなものをひっかけ、先生は何かピロピロ音の鳴る機械?メーター?を見ながら、針金のような細い金属を私の歯茎の中に差し込み、ゴシゴシ動かしていました。この作業はなんの治療なんでしょうか??
歯の中の深い所の治療なのは分かりますが、一体なにをしているのか気になります。

分かりやすく教えて下さい。

投稿日時 - 2012-06-02 23:30:54

QNo.7511131

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

メーターは歯根(歯髄)の長さを測定しているためです。

長ければその細いドリル状の金属が歯根から突き出して歯根膜(組織)を傷つけてしまうし、短ければ感染した歯の神経を取り残してしまいます。

人によって(歯の種類によって)長さは違います。

最初は尖ったドリル状金属で神経を取り出し、順に鈍なドリル状金属に変えて神経のあった歯髄(空洞)を、綺麗に形成させて薬で密閉・充填してしまいます。

(途中、薬に浸した綿花で仮密閉し、中が綺麗になるまで繰り返します。)

最後にしっかりと歯根の先まで充填できたか、確認のレントゲンを撮影します。

それが終われば歯の修復作業(土台作成)へと進みます。

投稿日時 - 2012-06-04 13:45:48

歯の神経をとってるのです。神経があると痛いのでとって痛くないようにしてるのです

投稿日時 - 2012-06-03 06:12:11

あなたにオススメの質問